最近のトラックバック

お気に入りブログ

  • 真紅のthinkingdays
    広範な映画をご覧になっていて、レビューの内容も充実。たっぷり読み応えがあります。
  • 京の昼寝〜♪
    僕がレンタルで観る映画のほとんどを映画館で先回りしてご覧になっています。うらやましい。映画以外の記事も充実。
  • ★☆カゴメのシネマ洞☆★
    細かいところまで目が行き届いた、とても読み応えのあるブログです。勉強になります。
  • 裏の窓から眺めてみれば
    本人は単なる感想と謙遜していますが、長文の読み応えのあるブログです。
  • なんか飲みたい
    とてもいい映画を採り上げています。短い文章できっちりとしたレビュー。なかなかまねできません。
  • ぶらぶらある記
    写真がとても素敵です。

お気に入りブログ 2

お気に入りホームページ

ゴブリンのHPと別館ブログ

無料ブログはココログ

カテゴリー「映画」の記事

2019年11月 2日 (土)

先月観た映画 採点表(2019年8~10月)

「顔たち、ところどころ」(2017、アニエス・ヴァルダ、JR監督、フランス)★★★★★
「グリーンブック」(2018、ピーター・ファレリー監督、アメリカ)★★★★☆
「秋日和」(1960、小津安二郎監督、日本)★★★★
「幸せなひとりぼっち」(2015、ハンネス・ホルム監督、スウェーデン)★★★★
「5時から7時までのクレオ」(1961、アニエス・ヴァルダ監督、フランス)★★★★
「チャイルド44」(2014、ダニエル・エスピノーサ監督、米)★★★★
「八つ墓村」(1996、市川崑監督、日本)★★★★
「記者たち 衝撃と畏怖の真実」(2017、ロブ・ライナー監督、アメリカ)★★★★
「鷲は舞いおりた」(1976、ジョン・スタージェス監督、アメリカ)★★★★
「血を吸うカメラ」(1960、マイケル・パウエル監督、イギリス)★★★★
「娘・妻・母」(1960、成瀬巳喜男監督、日本)★★★★
「サーミの血」(2016、アマンダ・シェーネル監督、スウェーデン・ノルウェー・他)★★★★
「アガサ・クリスティー ねじれた家」(2017、ジル・パケ=ブランネール監督、英)★★★★
「暁の脱走」(1950、谷口千吉監督、日本)★★★☆
「バーニング・オーシャン」(2016、ピーター・バーグ監督、アメリカ)★★★☆
「病院坂の首縊りの家」(1979、市川崑監督、日本)★★★☆
「エルミタージュ美術館」(2014、マージー・キンモンス監督、イギリス)★★★☆
「ロイヤル・ナイト」(2015、ジュリアン・ジャロルド監督、イギリス)★★★☆
「狼/男たちの挽歌・最終章」(1989、ジョン・ウー監督、香港)★★★☆
「コールド・キラー」(2017、ステファン・ルツォヴィツキー監督、ドイツ)★★★☆
「共犯」(2014、チャン・ロンジー監督、台湾)★★★☆
「炎のメモリアル」(2004、ジェイ・ラッセル監督、アメリカ)★★★
「妖魔伝 レザレクション」(2012、ウー・アールシャン監督、中国)★★★
「フォックスキャッチャー」(2014、ベネット・ミラー監督、アメリカ)★★☆

 

主演男優
 5 ヴィゴ・モーテンセン「グリーンブック」
   マハーシャラ・アリ「グリーンブック」
   ロルフ・ラッスゴード「幸せなひとりぼっち」
 4 トム・ハーディ「チャイルド44」
   マイケル・ケイン「鷲は舞いおりた」
   JR「顔たち、ところどころ」

 

主演女優
 5 アニエス・ヴァルダ「顔たち、ところどころ」
 4 原節子「秋日和」
   原節子「娘・妻・母」

 

助演男優
 5 小沢栄太郎「暁の脱走」
   森雅之「娘・妻・母」
 4 佐分利信「秋日和」

 

助演女優
 5 桜田淳子「病院坂の首縊りの家」
 4 グレン・クローズ「アガサ・クリスティー ねじれた家」

 

 

これから観たい&おすすめ映画・BD(19年11月)

【新作映画】公開日
10月18日
 「ガリーボーイ」(ゾーヤー・アクタル監督、インド)
 「駅までの道をおしえて」(橋本直樹監督、日本)
10月25日
 「ゴッホとヘレーネの森」(ジョヴァンニ・ピスカーリャ監督、イタリア)
 「ジェミニマン」(アン・リー監督、アメリカ)
 「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」(アレクセイ・シドロフ監督、ロシア)
 「108 ~海馬五郎の復讐と冒険~」(松尾スズキ監督、日本)
10月26日
 「一粒の麦 荻野吟子の生涯」(山田火砂子監督、日本)
 「この星は、私の星じゃない」(吉峯美和監督、日本)
11月1日
 「閉鎖病棟―それぞれの朝―」(平山秀幸監督、日本)
 「マチネの終わりに」(西谷弘監督、日本)
 「人生、ただいま修行中」(ニコラ・フィリベール監督、フランス)
 「IT / イット THR END」(アンディ・ムスキエティ監督、アメリカ)
 「マイ・ビューティフル・デイズ」(ジュリア・ハート監督、アメリカ)
11月2日
 「少女は夜明けに夢をみる」(メヘルダード・オスコウイ監督、イラン)
 「トイ・ストーリー4」(ジョシュ・クーリー監督、アメリカ)
11月8日
 「夕陽のあと」(越川道夫監督、日本)
 「残された者-北の極致-」(ジョー・ベナ監督、アイスランド)
 「永遠の門 ゴッホの見た未来」(ジュリアン・シュナーベル監督、英・仏・米)
 「グレタ」(ニール・ジョーダン監督、アメリカ)
 「ひとよ」(白石和彌監督、日本)
11月9日
 「ラフィキ:ふたりの夢」(ワヌリ・カヒウ監督、ケニヤ・南アフリカ・仏・レバノン・他)
11月15日
 「エンド・オブ・ステイツ」(リック・ローマン・ウォー監督、アメリカ)
 「アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール」(マイケル・ラドフォード監督、イタリア)
 「LORO 欲望のイタリア」(パオロ・ソレンティーノ監督、イタリア)
 「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」(ユー・フェイ監督、中国・日本)
 「ベル・カント とらわれのアリア」(ポール・ワイツ監督、アメリカ)

 

【新作DVD・BD】レンタル開始日
10月23日
 「ノー・サレンダー」(ピーター・ミミ監督、エジプト)
11月2日
 「幸福なラザロ」(アリーチェ・ロルヴァケル監督、イタリア)
 「パペット大捜査線 追憶の紫影」(ブライアン・ヘンソン監督、アメリカ)
 「たちあがる女」(ベネディクト・エルリングソン監督、アイスランド・仏・他)
 「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」(レイフ・ファインズ監督、英・露・仏)
 「ヒトラーVSピカソ 奪われた名画のゆくえ」(クラウディオ・ポリ監督、伊・仏・独)
 「若い女」(レオノール・セライユ監督、フランス)
11月6日
 「ナポリの隣人」(ジャンニ・アメリオ監督、イタリア)
 「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」(ブレット・ヘイリー監督、アメリカ)
 「パリの家族たち」(マリー=カスティーユ・マンシヨン=シャール監督、フランス)
 「町田君の世界」(石井裕也監督、日本)
 「ローリング・ストーン -時代の精神-」(アレックス・ギブニー、他、監督)
 「ザ・フォーリナー」(マーティン・キャンベル監督、英・中国・米)
 「ライ麦畑で出会ったら」(ジェームズ・サドウィズ監督、アメリカ)
 「オンネリとアンエリのふゆ」(サーラ・カンテル監督、フィンランド)
 「ディヴァイン・ディーバ」(レアンドラ・レアウ監督、ブラジル)
 「バースデー・ワンダーランド」(原恵一監督、日本)
11月20日
 「ベン・イズ・バック」(ピーター・ヘッジズ監督、アメリカ)
 「パパは奮闘中!」(キヨーム・セネズ監督、ベルギー・フランス)
 「パラレル・ワールド・ラブストーリー」(森義隆監督、日本)
 「ダンスウィズミー」(矢口史靖監督、日本)
11月22日
 「ゴールデン・リバー」(ジャック・オーディアール監督、仏・スペイン・ルーマニア・他)
 「新聞記者」(藤井道人監督、日本)
12月3日
 「無双の鉄拳」(キム・ミンホ監督、韓国)
 「きばいやんせ!私」(武正晴監督、日本)
12月4日
 「あなたはまだ帰ってこない」(エマニュエル・フィンケル監督、仏・ベルギー・スイス)
 「家族にサルーテ!イスキア島は大騒動」(ガブリエレ・ムッチーノ監督、イタリア)
 「誰もがそれを知っている」(アスガー・ファルハディ監督、スペイン・フランス・イタリア)
 「パピヨン」(マイケル・ノアー監督、アメリカ)
 「僕たちは希望という名の列車に乗った」(ラース・クラウメ監督、ドイツ)
 「いちごの唄」(菅原伸太郎監督、日本)
12月6日
 「長いお別れ」(中野量太監督、日本)
12月11日
 「ワイルドスピード/スーパーコンボ」(デヴィッド・リーチ監督、アメリカ)
12月18日
 「今日も嫌がらせ弁当」(塚本連平監督、日本)

 

【旧作DVD・BD】発売日
10月25日
 「裁かるるジャンヌ」(28、カール・テオドール・ドライヤー監督、フランス)
 「文学の映画化作品」(34~51、W.S.ヴァン・ダイク、他、監督)
  収録作品:「影なき男」「拳銃貸します」「殺人者」「暗黒街の巨頭」「セールスマンの死」
10月30日
 「シャイニング 北米公開版」(80、スタンリー・キューブリック監督、イギリス)
11月6日
 「蜘蛛女のキス」(91、ヘクトール・バベンコ監督、アメリカ)
11月8日
 「王の男」(05、イ・ジュンソク監督、韓国)
11月20日
 「ジャッカルの日」(73、フレッド・ジンネマン監督、英・仏)
12月11日
 「イングマール・ベルイマン 黄金期 Blu-ray BOX ④」(61、62、72、スウェーデン)
  収録作品:「鏡の中にある如く」「沈黙」「鏡の中の女」

 

*色がついているのは特に注目している作品です。

 

 

2019年10月 1日 (火)

これから観たい&おすすめ映画・BD(19年10月)

【新作映画】公開日
9月13日
 「記憶にございません!」(三谷幸喜監督、日本)
9月20日
 「帰ってきたムッソリーニ」(ルカ・ミニエーロ監督、イタリア)
 「レディ・マエストロ」(マリア・ベーデルス監督、オランダ)
9月27日
 「ホテル・ムンバイ」(アンソニー・マラス監督、豪・米・インド)
 「サラブレッド」(コリー・フィンリー監督、アメリカ)
 「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」(キム・グエン監督、米)
 「任侠学園」(木村ひさし監督、日本)
 「パリに見出されたピアニスト」(ルドヴィク・バーナード監督、仏・ベルギー)
 「シネマ歌舞伎特別編 幽玄」(坂東玉三郎演出、日本)
9月28日
 「エセルとアーネスト ふたりの物語」(ロジャー・メインウッド監督、英・ルクセンブルク)
10月4日
 「ジョーカー」(トッド・フィリップス監督、アメリカ)
 「ジョン・ウィック:パラベラム」(チャド・スタエルスキ監督、アメリカ)
 「エンテベ空港の7日間」(ジョゼ・バジーリャ監督、英・米)
 「蜜蜂と遠雷」(石川慶監督、日本)
 「”樹木希林”を生きる」(木寺一孝監督、日本)
10月9日
 「アラジン」(ガイ・リッチー監督、アメリカ)
10月11日
 「イエスタデイ」(ダニー・ボイル監督、英・米)
 「真実」(是枝裕和監督、日本)
 「ボーダー 二つの世界」(アリ・アッバシ監督、スウェーデン・デンマーク)
 「トスカーナの幸せレシピ」(フランチェスコ・フラスキ監督、イタリア)
 「第三夫人と髪飾り」(アッシュ・メイフェア監督、ベトナム)
10月12日
 「天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント」(ハーマン・ヴァスケ監督、独)
10月14日
 「ブルーアワーにぶっ飛ばす」(箱田優子監督、日本)
10月18日
 「フッド:ザ・ビギニング」(オットー・パサースト監督、アメリカ)
 「マレフィセント2」(ヨアヒム・ローニング監督、アメリカ)
 「楽園」瀬々敬久監督、日本)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
10月2日
 「ガルヴェストン」(メラニー・ロラン監督、アメリカ)
 「記者たち 衝撃と畏怖の真実」(ロブ・ライナー監督、アメリカ)
 「グリーンブック」(ピータ・ファレリー監督、アメリカ)
 「12か月の未来図」(オリヴィエ・アヤシュ=ヴィダル監督、フランス)
 「マローボーン家の掟」(セルヒオ・G・サンチェス監督、スペイン・アメリカ)
 「半世界」(阪本順治監督、日本)
 「希望の灯り」(トーマス・スチューバー監督、ドイツ)
 「金子文子と朴烈」(イ・ジュンイク監督、韓国)
 「柴公園」(綾部真弥監督、日本)
10月4日
 「アガサ・クリスティー ねじれた家」(ジル・バケ・プレネール監督、イギリス)
10月9日
 「バイス」(アダム・マッケイ監督、アメリカ)
 「ブラック・クランズマン」(スパイク・リー監督、アメリカ)
 「轢き逃げ-最高の最悪な日-」(水谷豊監督、日本)
10月11日
 「芳華-Youth-」(フォン・シャオガン監督、中国)
 「The Crossing」(ジョン・ウー監督、中国)
10月16日
 「ウトヤ島、7月22日」(エリック・ボッペ監督、ノルウェー)
 「THE GUILTY ギルティ」(グスタフ・モーラー監督、デンマーク)
 「レプリカズ」ジェフリー・ナックマノフ監督、アメリカ)
 「ドント・ウォーリー」(ガス・ヴァン・サント監督、アメリカ)
10月18日
 「スノー・ロワイヤル」((ハンス・ペデル・モランド監督、アメリカ)
10月23日
 「ある少年の告白」(ジョエル・エドガートン監督、アメリカ)
 「魂のゆくえ」(ポール・シュレイダー監督、アメリカ)
10月25日
 「アメリカン・アニマルズ」(バート・レイトン監督、アメリカ)
 「さよならくちびる」(塩田明彦監督、日本)
11月2日
 「幸福なラザロ」(アリーチェ・ロルヴァケル監督、イタリア)
 「パペット大捜査線 追憶の紫影」(ブライアン・ヘンソン監督、アメリカ)
11月6日
 「ナポリの隣人」(ジャンニ・アメリオ監督、イタリア)
 「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」(ブレット・ヘイリー監督、アメリカ)
 「パリの家族たち」(マリー=カスティーユ・マンシヨン=シャール監督、フランス)
 「町田君の世界」(石井裕也監督、日本)
11月20日
 「ベン・イズ・バック」(ピーター・ヘッジズ監督、アメリカ)

【旧作DVD・BD】発売日
10月9日
 「明日よさらば」(69、ジュリアーノ・モンタルド監督、イタリア)
 「スタンド・バイ・ミー」(86、ロブ・ライナー監督、アメリカ)
10月30日
 「シャイニング 北米公開版」(80、スタンリー・キューブリック監督、アメリカ)

*色がついているのは特に注目している作品です。

 

2019年8月30日 (金)

これから観たい&おすすめ映画・BD(19年9月)

【新作映画】公開日
8月10日
 「マイ・エンジェル」(ヴァネッサ・フィロ監督、フランス)
 「鉄道運転士の花束」(ミロシュ・ラドヴィッチ監督、セルビア・クロアチア)
8月23日
 「二ノ国」(百瀬義行監督、日本)
 「ドッグマン」(マッテオ・ガローネ監督、イタリア・フランス)
8月24日
 「ディリリとパリの時間旅行」(ミッシェル・オスロ監督、仏・ベルギー・独)
 「無限ファンデーション」(大崎章監督、日本)
8月30日
 「ブラインドスポッティング」(カルロス・ロペス・エストラーダ監督、アメリカ)
 「ガーンジー島の読書会の秘密」(マイク・ニューウェル監督、イギリス・フランス)
 「トールキン 旅のはじまり」(ドメ・カルコスキ監督、アメリカ)
 「やっぱり契約破棄していいですか!?」(トム・エドモンズ監督、イギリス)
 「ブルー・ダイアモンド」(マシュー・ロス監督、カナダ・アメリカ)
8月31日
 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」(クエンティン・タランティーノ監督、米)
9月6日
 「アス」(ジョーダン・ピール監督、アメリカ)
 「SHADOW / 影武者」(チャン・イーモウ監督、中国)
 「ヒンディ・ミディアム」(サケート・チョードリー監督、インド)
 「ラスト・ムービースター」(アダム・リフキン監督、アメリカ)
 「荒野の誓い」(スコット・クーパー監督、アメリカ)
 「帰れない二人」(ジャ・ジャンクー監督、中国・フランス)
 「フリー・ソロ」(エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ監督、アメリカ)
9月13日
 「僕のワンダフル・ジャーニー」(ゲイル・マンキューソ監督、アメリカ)
 「プライベート・ウォー」(マシュー・ハイネマン監督、イギリス・アメリカ)
 「人間失格 太宰治と3人の女たち」(蜷川実花監督、日本)
 「マイ・ビューティフル・ランドレット」(1985、スティーヴン・フリアーズ監督、イギリス)
9月14日
 「サウナのあるところ」(ヨーナス・バリヘル、他、監督、フィンランド)
9月20日
 「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」(ボー・バーナム監督、アメリカ)
 「アイネクライネナハトムジーク」(今泉力哉監督、日本)
 「葬式の名人」(樋口尚文監督、日本)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
9月3日
 「荒野にて」(アンドリュー・ヘイ監督、イギリス)
 「リヴァプール、最後の恋」(ポール・マクギガン監督、アメリカ)
9月4日
 「ちいさな独裁者」(ロベルト・シュペンケ監督、独・仏・ポーランド)
 「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」(ジョージー・ルーク監督、イギリス)
 「ラ・ヨローナ ~泣く女~」(マイケル・チャベス監督、アメリカ)
 「この道」(佐々部清監督、日本)
 「斬、」(塚本晋也監督、日本)
 「夜明け」(広瀬奈々子監督、日本)
9月6日
 「ワイルド・ウエスト 復讐のバラード」(ジャレッド・モシェ監督、アメリカ)
9月11日
 「アリータ:バトル・エンジェル」(ロバート・ロドリゲス監督、アメリカ)
 「七つの会議」(福澤克維監督、日本)
9月18日
 「僕たちのラストステージ」(ジョン・S・ベアード監督、英・米・カナダ)
 「シシリアン・ゴースト・ストーリー」(ファビオ・グラッサドニア監督、伊・仏・スイス)
9月25日
 「まく子」(鶴岡慧子監督、日本)
9月27日
 「金子文子と朴烈」(イ・ジュンイク監督、韓国)
10月2日
 「ガルヴェストン」(メラニー・ロラン監督、アメリカ)
 「記者たち 衝撃と畏怖の真実」(ロブ・ライナー監督、アメリカ)
 「グリーンブック」(ピータ・ファレリー監督、アメリカ)
 「12か月の未来図」(オリヴィエ・アヤシュ=ヴィダル監督、フランス)
 「マローボーン家の掟」(セルヒオ・G・サンチェス監督、スペイン・アメリカ)
 「半世界」(阪本順治監督、日本)
10月4日
 「アガサ・クリスティー ねじれた家」(ジル・バケ・プレネール監督、イギリス)
10月9日
 「バイス」(アダム・マッケイ監督、アメリカ)
 「ブラック・クランズマン」(スパイク・リー監督、アメリカ)
 「轢き逃げ-最高の最悪な日-」(水谷豊監督、日本)
10月11日
 「芳華-Youth-」(フォン・シャオガン監督、中国)
10月16日
 「ウトヤ島、7月22日」(エリック・ボッペ監督、ノルウェー)
 「THE GUILTY ギルティ」(グスタフ・モーラー監督、デンマーク)
 「レプリカズ」ジェフリー・ナックマノフ監督、アメリカ)

【旧作DVD・BD】発売日
8月26日
 「懐かしいイタリア映画」(42~51、ヴィットリオ・デ・シーカ、他、監督)
  収録作品:「子供たちは見ている」「にがい米」「越境者」「オリーヴの下に平和はない」「ミラノの奇跡」
9月3日
 「私が棄てた女」(69、浦山桐郎監督、日本)
9月4日
 「グローリー」(89、エドワード・ズウィック監督、アメリカ)
9月6日
 「シャロウ・グレイブ」(94、ダニー・ボイル監督、イギリス)
 「鍵」(59、市川崑監督、日本)
9月19日
 「ギャラクシー・クエスト」(99、ディーン・バリソット監督、アメリカ)
 「48時間」(82、ウォルター・ヒル監督、アメリカ)
9月27日
 「ビクトル・エリセBlu-ray BOX」(69,73,83、ビクトル・エリセ監督、スペイン)
  収録作品:「挑戦」「ミツバチのささやき」「エル・スール」
10月9日
 「明日よさらば」(69、ジュリアーノ・モンタルド監督、イタリア)
 「スタンド・バイ・ミー」(86、ロブ・ライナー監督、アメリカ)

*色がついているのは特に注目している作品です。

 

 

2019年8月 8日 (木)

これから観たい&おすすめ映画・BD(19年8月)

【新作映画】公開日
7月19日
 「天気の子」(新海誠監督、日本)
7月20日
 「存在のない子供たち」(ナディーン・ラバキー監督、レバノン・フランス)
7月26日
 「ペット2」(クリス・ルノー監督、アメリカ)
 「アルキメデスの大戦」(山崎貴監督、日本)
 「よこがお」(深田晃司監督、日本)
7月27日
 「隣の影」ハーフシュテイン・グンアル・シーグルズソン監督、アイスランド・他)
 「ブレス あの波の向こうへ」(サイモン・ベイカー監督、オーストラリア)
 「パラダイス・ネクスト」(半野喜弘監督、日本・台湾)
 「北の果ての小さな村で」(サミュエル・コラルデ監督、フランス)
8月2日
 「ワイルドスピード/スーパーコンボ」(デヴィッド・リーチ監督、アメリカ)
 「世界の涯ての鼓動」(ヴィム・ヴェンダース監督、独・仏・米・スペイン)
 「あなたの名前を呼べたなら」(ロヘナ・ゲラ監督、インド・フランス)
 「守護教師」(イム・ジンスン監督、韓国)
 「風をつかまえた少年」(キウェテル・イジョフォー監督、イギリス・マラウイ)
8月9日
 「ライオン・キング」(ジョン・ファヴロー監督、アメリカ)
 「ピータールー マンチェスターの悲劇」(マイク・リー監督、イギリス)
 「シークレット・スーパースター」(アドベイト・チャンダン監督、インド)
8月16日
 「ダンスウィズミー」(矢口史靖監督、日本)
 「永遠に僕のもの」(ルイス・オルテガ監督、アルゼンチン・スペイン)
 「ホット・サマー・ナイツ」(イライジャ・バイナム監督、アメリカ)
 「イソップの想うツボ」(浅沼直也、上田慎一郎、他、監督、日本)
8月23日
 「ロケットマン」(デクスター・フレッチャー監督、アメリカ・イギリス)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
8月2日
 「サンセット」(ネメシュ・ラースロー監督、ハンガリー・フランス)
 「天国でまた会おう」(アルベール・デュポンテル監督、フランス)
 「バジュランギおじさんと、小さな迷子」(カビール・カーン監督、インド)
 「ビリーブ 未来への大逆転」(ミミ・レダー監督、アメリカ)
 「私は、マリア・カラス」(トム・ヴォルフ監督、フランス)
 「サタデーナイト・チャーチ」(デイモン・カーダシス監督、アメリカ)
 「ともしび」(アンドレア・パラオロ監督、仏・伊・ベルギー)
8月7日
 「移動都市/モータル・エンジン」(クリスチャン・リヴァーズ監督、アメリカ)
 「グレイテスト・ショーマン」(マイケル・グレイシー監督、アメリカ)
 「ナチス第三の男」(セドリック・ヒメネス監督、仏・英・ベルギー)
 「バーニング 劇場版」(イ・チャンドン監督、韓国)
 「こんな夜更けにバナナかよ 悲しき実話」(前田哲監督、日本)
 「鈴木家の嘘」(野尻克己監督、日本)
 「マスカレード・ホテル」(鈴木雅之監督、日本)
8月9日
 「ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~」8ケヴィン・マクドナルド監督、イギリス)
 「米軍が最も恐れた男~その名は、カメジロー」(佐古忠彦監督、日本)
8月14日
 「ビューティフル・ボーイ」(フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督、米)
8月21日
 「ハンターキラー 潜航せよ」(ドノバン・マーシュ監督、イギリス)
 「ビール・ストリートの恋人たち」(バリー・ジェンキンズ監督、アメリカ)
 「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(大森立嗣監督、日本)
8月28日
 「天才作家の妻―40年目の真実―」(ビョルン・ルンゲ監督、アメリカ)
9月3日
 「荒野にて」(アンドリュー・ヘイ監督、イギリス)
 「リヴァプール、最後の恋」(ポール・マクギガン監督、アメリカ)
9月4日
 「ちいさな独裁者」(ロベルト・シュペンケ監督、独・仏・ポーランド)
 「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」(ジョージー・ルーク監督、イギリス)
 「ラ・ヨローナ ~泣く女~」(マイケル・チャベス監督、アメリカ)
 「この道」(佐々部清監督、日本)
 「斬、」(塚本晋也監督、日本)
9月11日
 「アリータ:バトル・エンジェル」(ロバート・ロドリゲス監督、アメリカ)
 「七つの会議」(福澤克維監督、日本)

【旧作DVD・BD】発売日
7月31日
 「リトル・ニモ」(羽多正美監督、日本・アメリカ)
8月2日
 「生きるべきか死ぬべきか」(1942、エルンスト・ルビッチ監督、アメリカ)
 「カビリアの夜」(1957、フェデリコ・フェリーニ監督、イタリア)
 「第三の男」(1949、キャロル・リード監督、イギリス)
 「二つの世界の男」(1953、キャロル・リード監督、イギリス)
 「ホブスンの婿選び」(1954、デヴィッド・リーン監督、イギリス)
 「桜の園」(1990、中原俊監督、日本)
 「12人の優しい日本人」(1991、中原俊監督、日本)
8月7日
 「まぼろしの市街戦」(1966、フィリップ・ド・ブロカ監督、仏・英)
 「オアシス」(2002、イ・チャンドン監督、韓国)
 「さらば、わが愛 覇王別姫」(1993、チェン・カイコー監督、中国・香港・台湾)
 「ペパーミント・キャンディー」(1999、イ・チャンドン監督、韓国)

*色がついているのは特に注目している作品です。

 

2019年8月 6日 (火)

先月観た映画 採点表(2019年5~7月)

「ガザの美容室」(2015、タルザン・ナーセル&アラブ・ナーセル監督、パレスチナ・他)★★★★★
「晩菊」(1954、成瀬巳喜男監督、日本)★★★★☆
「馬を放つ」(2017、アクタン・アリム・クバト監督、キルギス・仏・独・オランダ・日本)★★★★☆
「蛇のひと」(2010、森淳一監督、日本)★★★★☆
「クレイジー・イン・アラバマ」(1998、アントニオ・バンデラス監督、アメリカ)★★★★☆
「落としもの」(2010、ショーン・タン&アンドリュー・ラーマン監督、豪・英)★★★★☆
「すれ違いのダイアリーズ」(2014、ニティワット・タラトーン監督、タイ)★★★★
「驟雨」(1956、成瀬巳喜男監督、日本)★★★★
「日日是好日」(2018、大森立嗣監督、日本)★★★★
「黄金のメロディ マッスル・ショールズ」(2013、グレッグ・キャマリア監督、米)★★★★
「ウォーターボーイズ」(2001、矢口史靖監督、日本)★★★★
「私はあなたのニグロではない」(2016、ラウル・ペック監督、米・仏・ベルギー・スイス)★★★★
「ヒズ・ガール・フライデー」(1940、ハワード・ホークス監督、アメリカ)★★★★
「ウエスト・オブ・メンフィス 自由への闘い」(2012、エイミー・バーグ監督、米・他)★★★★
「ブルゴーニュで会いましょう」(2015、ジェローム・ル・メール監督、フランス)★★★★
「犬ヶ島」(2018、ウエス・アンダーソン監督、アメリカ)★★★☆
「スウィング・ガールズ」(2004、矢口史靖監督、日本)★★★☆
「おいしいコーヒーの真実」(2006、マーク・フランシス&ニック・フランシス監督、英・米)★★★☆
「フェスティバル・エクスプレス」(2003、ボブ・スミートン監督、イギリス・オランダ)★★★
「未来を花束にして」(2015、セーラ・ガヴロン監督、イギリス)★★★
「レイズ・ザ・タイタニック」(1980、ジェリー・ジェームソン監督、アメリカ・イギリス)★★★
「事件」(1978、野村芳太郎監督、日本)★★★

主演男優
 4 ケイリー・グラント「ヒズ・ガール・フライデー」
   アクタン・アリム・クバト「馬を放つ」
   佐野周二「驟雨」

主演女優
 5 杉村春子「晩菊」
   ヒアム・アッバス「ガザの美容室」
   メラニー・グリフィス「クレイジー・イン・アラバマ」
   永作博美「蛇のひと」
   ロザリンド・ラッセル「ヒズ・ガール・フライデー」
   原節子「驟雨」
 4 黒木華「日日是好日」

助演男優
 5 ルーカス・ブラック「クレイジー・イン・アラバマ」
 4 西島秀俊「蛇のひと」

助演女優
 5 細川ちか子「晩菊」
 4 樹木希林「日日是好日」
   望月優子「晩菊」

 

 

2019年2月28日 (木)

これから観たい&おすすめ映画・BD(19年3月)

【新作映画】公開日
2月2日
 「眠る村」(斎藤潤一監督、日本)
2月9日
 「洗骨」(照屋年之監督、日本)
2月16日
 「金子文子と朴烈」(イ・ジュンイク監督、韓国)
2月22日
 「サタデーナイト・チャーチ」(デイモン・カーダシス監督、アメリカ)
 「あの日のオルガン」(平松恵美子監督、日本)
 「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(大森立嗣監督、日本)
 「ビール・ストリートの恋人たち」(バリー・ジェンキンズ監督、アメリカ)
 「あなたはまだ帰ってこない」(エマニュエル・フィンケル監督、仏・ベルギー・スイス)
 「アリータ:バトル・エンジェル」(ロバート・ロドリゲス監督、アメリカ)
 「THE GUILTY ギルティ」(グスタフ・モーラー監督、デンマーク)
 「パペット大捜査線 追憶の紫影」(ブライアン・ヘンソン監督、アメリカ)
3月1日
 「グリーンブック」(ピータ・ファレリー監督、アメリカ)
 「移動都市/モータル・エンジン」(クリスチャン・リヴァーズ監督、アメリカ)
 「天国でまた会おう」(アルベール・デュポンテル監督、フランス)
 「君の結婚式」(イ・ソックン監督、韓国)
3月8日
 「運び屋」(クリント・イーストウッド監督、アメリカ)
 「シンプル・フェイバー」(ポールフェイグ監督、アメリカ・カナダ)
3月8日
 「ウトヤ島、7月22日」(エリック・ボッペ監督、ノルウェー)
3月9日
 「家族のレシピ」(エリック・クー監督、シンガポール・日・仏)
3月15日
 「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」(ジョージー・ルーク監督、イギリス)
 「サンセット」(ネメシュ・ラースロー監督、ハンガリー・フランス)
 「まく子」(鶴岡慧子監督、日本)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
3月2日
 「チューリップ・フィーバー」(ジャスティン・チャドウィック監督、アメリカ・イギリス)
 「妻の愛、娘の時」(シルヴィア・チャン監督、中国・台湾)
 「英国総督 最後の家」(グリンダ・チャーダ監督、イギリス)
 「ヒトラーと戦った22日間」(コンスタンチン・ハベンスキー監督、ロシア・ドイツ・他)
 「生きる街」(榊英雄監督、日本)
3月6日
 「嘘はフィクサーのはじまり」(ヨセフ・シダー監督、イスラエル・アメリカ)
 「オーケストラ・クラス」(ラシド・ハミ監督、フランス)
 「ガザの美容室」(タルザン&アラブ・ナーセル監督、パレスチナ・フランス・カタール)
 「くるみ割り人形と秘密の王国」(ラッセ・ハルストレム、他、監督、アメリカ)
 「search/サーチ」(アニーシュ・チャガンティ監督、アメリカ)
 「サバービコン 仮面を被った街」(ジョージ・クルーニ監督、アメリカ)
 「判決、ふたつの希望」(ジアド・ドゥエイリ監督、レバノン・フランス)
 「寝ても覚めても」(濱口竜介、日本)
 「響 HIBIKI」(月川翔監督、日本)
 「正しい日 間違えた日」(ホン・サンス監督、韓国)
 「夜の浜辺でひとり」(ホン・サンス監督、韓国)
3月8日
 「コーヒーが冷めないうちに」(塚原あゆ子監督、日本)
 「花筐/HANAGATAMI」(大林亘彦監督、日本)
3月20日
 「泣き虫しょったんの奇跡」(豊田利晃監督、日本)
 「ちいさな英雄~カニとタマゴと透明人間」(米林宏昌、他、監督、日本)
4月2日
 「華氏119」(マイケル・ムーア監督、アメリカ)
 「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」(ステガノ・ソッリマ監督、アメリカ)
 「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」(バノス・コスマトス監督、ベルギー)
 「教誨師」(佐向大監督、日本)
4月3日
 「500ページの夢の束」(ベン・リューイン監督、アメリカ)
 「最初で最後のキス」(イヴァン・コトロネーオ監督、イタリア)
 「タリーと私の秘密の時間」(ジェイソン・ライトマン監督、アメリカ)
 「ビリオネア・ボーイズ・クラブ」(ジェームズ・コックス監督、アメリカ)
 「パーフェクトワールド 君といる奇跡」(柴山健次監督、日本)
 「万引き家族」(是枝裕和監督、日本)
4月10日
 「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」(デヴィッド・カー監督)
 「散り椿」(木村大作監督、日本)
4月17日
 「スマホをおとしただけなのに」(中田秀夫監督、日本)

【旧作DVD・BD】発売日
2月22日
 「赤線地帯」(56、溝口健二監督、日本)
2月25日
 「アメリカ時代のフリッツ・ラング」(36~53、フリッツ・ラング監督、アメリカ)
  収録作品:「激怒」「真人間」「マンハント」「飾り窓の女」「ブルー・ガーディニア」
2月28日
 「コーリャ愛のプラハ」(96、ヤン・スヴェラーク監督、チェコ)
 「ジャンヌ・ダルク裁判」(62、ロベール・ブレッソン監督、フランス)
3月2日
 「幕末太陽伝」(1957、川島雄三監督、日本)
3月6日
 「アッバス・キアロスタミ ニューマスター Blu-ray Box ②」(1974-99、アッバス・キアロスタミ)
  収録作品:「トラベラー」「ホームワーク」「風が吹くまま」「桜桃の味」
 「おしゃれ泥棒」(66、ウィリアム・ワイラー監督、、アメリカ)
 「オルランド」(92、サリー・ポッター監督、英・ロシア・伊・仏・オランダ)
 「ヤング・フランケンシュタイン」(74、メル・ブルックス監督、アメリカ)
3月8日
 「ミリオンダラー・ベイビー」(2004、クリント・イーストウッド監督、アメリカ)
3月13日
 「津軽じょんがら節」(73、斎藤耕一監督、日本)

*色がついているのは特に注目している作品です。

2019年1月31日 (木)

これから観たい&おすすめ映画・BD(19年2月)

【新作映画】公開日
1月5日
 「迫り来る嵐」(ドン・ユエ監督、中国)
1月12日
 「未来を乗り換えた男」(クリスティアン・ペッツォルト監督、ドイツ・フランス)
1月18日
 「夜明け」(広瀬奈々子監督、日本)
 「ライ麦畑の反逆児」(ダニー・ストロング監督、アメリカ)
 「バジュランギおじさんと、小さな迷子」(カビール・カーン監督、インド)
1月19日
 「バハールの涙」(エヴァ・ユッソン監督、フランス・ベルギー・ジョージア・スイス)
 「牧師といのちの崖」(加瀬澤充監督、日本)
1月25日
 「サスペリア」(ルカ・グァダニーノ監督、イタリア・アメリカ)
 「ジュリアン」(グザヴィエ・ルグラン監督、フランス)
 「サイバー・ミッション」(リー・ハイロン監督、中国・香港)
 「十二人の死にたい子供たち」(堤幸彦監督、日本)
 「そらのレストラン」(深川栄洋監督、日本)
 「ナチス第三の男」(セドリック・ヒメネス監督、仏・英・ベルギー)
 「愛唄―約束のナクヒト―」(川村泰佑監督、日本)
1月26日
 「天才作家の妻―40年目の真実―」(ビョルン・ルンゲ監督、アメリカ)
2月1日
 「メリー・ポピンズ リターンズ」(ロブ・マーシャル監督、アメリカ)
 「フロントランナー」(ジェイソン・ライトマン監督、アメリカ)
 「バーニング 劇場版」(イ・チャンドン監督、韓国)
 「七つの会議」(福澤克維監督、日本)
 「ナディアの誓い」(アレクサンドリア・ボンバッハ監督、アメリカ)
2月2日
 「ともしび」(アンドレア・パラオロ監督、仏・伊・ベルギー)
2月8日
 「ファースト・マン」(デイミアン・チャゼル監督、アメリカ)
 「ちいさな独裁者」(ロベルト・シュペンケ監督、独・仏・ポーランド)
2月9日
 「ナポリの隣人」(ジャンニ・アメリオ監督、イタリア)
2月15日
 「女王陛下のお気に入り」(ヨルゴス・ランティモス監督、アイルランド・英・米)
 「半世界」(阪本順治監督、日本)
2月22日
 「あなたはまだ帰ってこない」(エマニュエル・フィンケル監督、仏・ベルギー・スイス)
3月1日
 「グリーンブック」(ピータ・ファレリー監督、アメリカ)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
2月2日
 「輝ける人生」(リチャード・ロンクレイン監督、イギリス)
 「皇帝ペンギン ただいま」(リュック・ジャケ監督、フランス)
 「スターリンの葬送狂騒曲」(アーマンド・イアヌッチ監督、アメリカ)
 「ヒトラーと戦った22日間」(コンスタンチン・ハベンスキー監督、ロシア・ドイツ・他)
 「ミスエデュケーション」(デジリー・アッカヴァン監督、アメリカ)
 「パリ、憎しみという名の罠」(オリヴィエ・マルシャル監督、フランス・ベルギー)
2月3日
 「苦い銭」(ワン・ビン監督、フランス・香港)
2月6日
 「イコライザー 2」(アントワン・フークア監督、アメリカ)
 「クワイエット・プレイス」(ジョン・クラシンスキー監督、アメリカ)
 「スカイスクレイパー」(ローソン・マーシャル・サーバー監督、アメリカ)
 「リグレッション」(アレハンドロ・アメナーバル監督、スペイン・カナダ)
 「2重螺旋の恋人」(フランソワ・オゾン監督、フランス)
 「クレイジー・リッチ!」(ジョン・M・チュウ監督、アメリカ)
 「ボリショイ・バレエ 2人のスワン」(ヴァレーリー・トドロフスキー監督、ロシア)
 「バンクシーを盗んだ男」(マルコ・プロゼルピオ監督、イギリス・イタリア)
 「1987、ある闘いの真実」(チャン・ジュナン監督、韓国)
 「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」(セバスチャン・ローデンバック監督、仏)
2月20日
 「検察側の罪人」(原田眞人監督、日本)
 「心と体と」(イルディコー・エニュディ監督、ハンガリー)
 「花筐/HANAGATAMI」(大林亘彦監督、日本)
2月22日
 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」(湯浅弘章監督、日本)
3月2日
 「チューリップ・フィーバー」(ジャスティン・チャドウィック監督、アメリカ・イギリス)
 「妻の愛、娘の時」(シルヴィア・チャン監督、中国・台湾)
3月6日
 「嘘はフィクサーのはじまり」(ヨセフ・シダー監督、イスラエル・アメリカ)
 「オーケストラ・クラス」(ラシド・ハミ監督、フランス)
 「ガザの美容室」(タルザン&アラブ・ナーセル監督、パレスチナ・フランス・カタール)
 「くるみ割り人形と秘密の王国」(ラッセ・ハルストレム、他、監督、アメリカ)
 「search/サーチ」(アニーシュ・チャガンティ監督、アメリカ)
 「サバービコン 仮面を被った街」(ジョージ・クルーニ監督、アメリカ)
 「判決、ふたつの希望」(ジアド・ドゥエイリ監督、レバノン・フランス)
 「寝ても覚めても」(濱口竜介、日本)
 「響 HIBIKI」(月川翔監督、日本)
3月8日
 「コーヒーが冷めないうちに」(塚原あゆ子監督、日本)
3月20日
 「泣き虫しょったんの奇跡」(豊田利晃監督、日本)

【旧作DVD・BD】発売日
1月25日
 「悲しみは空の彼方に」(1959、ダグラス・サーク監督、アメリカ)
1月30日
 「プロヴァンス物語 マルセルの夏&マルセルのお城」(1990、イヴ・ロベール監督、フランス
2月2日
 「殺しのドレス」(1980、ブライアン・デ・パルマ監督、アメリカ)
2月8日
 「アッバス・キアロスタミ ニューマスターBlu-ray BOX①」
  収録作品:「友たちのうちはどこ?」「そして人生はつづく」「オリーブの林を抜けて」  
 「ヤング・ゼネレーション」(1979、ピーター・イエーツ監督、アメリカ)
 「ローズ」(1979、マーク・ライデル監督、アメリカ)
3月2日
 「幕末太陽伝」(1957、川島雄三監督、日本)
3月8日
 「ミリオンダラー・ベイビー」(2004、クリント・イーストウッド監督、アメリカ)

*色がついているのは特に注目している作品です。

2019年1月27日 (日)

2018年に観た映画 マイ・ベスト65

【新作 マイ・ベスト25】
「ロープ/戦場の生命線」(2015、フェルナンド・レオン・デ・アラノア監督、スペイン)★★★★★
「わたしは、ダニエル・ブレイク」(2016、ケン・ローチ監督、英・仏・ベルギー)★★★★★
「ウィンストン・チャーチル」(2017、ジョー・ライト監督、イギリス)★★★★☆
「セールスマン」(2016、アスガー・ファルハディ監督、イラン・フランス)★★★★☆
「セブン・シスターズ」(2016、トミー・ウィルコラ監督、英・米・仏・ベルギー)★★★★☆
「ウィンド・リバー」(2017、テイラー・シェリダン監督、アメリカ)★★★★
「女神の見えざる手」(2016、ジョン・マッデン監督、フランス・アメリカ)★★★★
「スペースウォーカー」(2017、ドミトリー・キセレフ監督、ロシア)★★★★
「ダイ・ビューティフル」(2016、ジュン・ロブレス・ラナ監督、フィリピン)★★★★
「シェイプ・オブ・ウォーター」(2017、ギレルモ・デル・トロ監督、アメリカ)★★★★
「リトル・フォレスト 夏・秋」(2014、森淳一監督、日本)★★★★
「リトル・フォレスト 冬・春」(2014、森淳一監督、日本)★★★★
「メアリと魔女の花」(2017、米林宏昌監督、日本)★★★★
「ドリーム」(2017、セオドア・メルフィ監督、アメリカ)★★★★
「スリー・ビルボード」(2017、マーティン・マクドナー監督、アメリカ・イギリス)★★★★
「サリュート7」(2016、クリム・シペンコ監督、ロシア)★★★★
「白夜のタンゴ」(2013、ヴィヴィアーネ・ブルーメンシャイン監督、アルゼンチン・他)★★★★
「トレイン・ミッション」(2018、ジャウマ・コレット=セラ監督、アメリカ・イギリス)★★★★
「目撃者 闇の中の瞳」(2017、チェン・ウェイハオ監督、台湾)★★★★
「ペンタゴン・ペーパーズ」(2017、スティーヴン・スピルバーグ監督、アメリカ)★★★★
「希望のかなた」(2017、アキ・カウリスマキ監督、フィンランド)★★★★
「マイ・ビューティフル・ガーデン」(2016、サイモン・アバウド監督、イギリス)★★★★
「ダンケルク」(2017、クリストファー・ノーラン監督、英・米・仏)★★★★
「92歳のパリジェンヌ」(2015、パスカル・プザドゥー監督、フランス)★★★★
「リリィ、はちみつ色の秘密」(2008、ジーナ・プリンス=バイスウッド監督、アメリカ)★★★★
次点「カメラを止めるな!」(2018、上田慎一郎監督、日本)★★★★

【旧作 マイ・ベスト40】
「闇の列車、光の旅」(2009、ケイリー・ジョージ・フクナガ監督、メキシコ・アメリカ)★★★★★
「春にして君を想う」(1991、フリドリック・トール・フリドリクソン監督、アイスランド)★★★★☆
「砂の器」(1974、野村芳太郎監督、日本)★★★★☆
「パピヨン」(1973、フランクリン・J・シャフナー監督、フランス)★★★★☆
「ひまわり」(1970、ヴィットリオ・デ・シーカ監督、イタリア)★★★★☆
「セントラル・ステーション」(1998、ヴァルテル・サレス監督、ブラジル)★★★★☆
「父を探して」(2013、アレ・アブレウ監督、ブラジル)★★★★☆
「ドン・キホーテ」(1957、グリゴーリ・コージンツェフ監督、ソ連)★★★★☆
「泥の河」(1981、小栗康平監督、日本)★★★★☆
「第三の男」(1949、キャロル・リード監督、イギリス)★★★★☆
「赤ひげ」(1965、黒澤明監督、日本)★★★★☆
「三姉妹 雲南の子」(2012、ワン・ビン監督、香港・フランス)★★★★☆
「頭上の敵機」(1949、ヘンリー・キング監督、アメリカ)★★★★☆
「東京暮色」(1957、小津安二郎)監督、日本)★★★★☆
「お茶漬けの味」(1952、小津安二郎監督、日本)★★★★☆
「幕末太陽傳」(1957、川島雄三監督、日本)★★★★☆
「ALWAYS三丁目の夕日」(2005、山崎貴監督、日本)★★★★☆
「めし」(1951、成瀬巳喜男監督、日本)★★★★
「ブレンダンとケルズの秘密」(2009、トム・ムーア監督、仏・ベルギー・アイルランド)★★★★
「早春」(1956、小津安二郎監督、日本)★★★★
「疑惑」(1982、野村芳太郎監督、日本)★★★★
「六月燈の三姉妹」(2013、佐々部清監督、日本)★★★★
「長く熱い週末」(1980、ジョン・マッケンジー監督、イギリス)★★★★
「殺しが静かにやって来る」(1968、セルジオ・コルブッチ監督、イタリア・フランス)★★★★
「暖流」(1939、吉村公三郎監督、日本)★★★★
「大いなる幻影」(1937、ジャン・ルノワール監督、フランス)★★★★
「シェナンドー河」(1965、アンドリュー・V・マクラグレン監督、アメリカ)★★★★
「チャイナ・シンドローム」(1979、ジェームズ・ブリッジス監督、アメリカ)★★★★
「間違えられた男」(1957、アルフレッド・ヒッチコック監督、アメリカ)★★★★
「ニノチカ」(1939、エルンスト・ルビッチ監督、アメリカ)★★★★
「風前の灯」(1957、木下恵介監督、日本)★★★★
「シャレード」(1963、スタンリー・ドーネン監督、アメリカ)★★★★
「メアリー&マックス」(2008、アダム・エリオット監督、オーストラリア)★★★★
「雨の訪問者」(1970、ルネ・クレマン監督、フランス)★★★★
「星空」(2011、トム・リン監督、中国・台湾)★★★★
「誰でもない女」(2012、ゲオルク・マース監督、ドイツ・ノルウェー)★★★★
「ウィンター・ウォー/厳寒の攻防戦」(1990、ペッカ・パリッカ監督、フィンランド)★★★★
「CEO」(2002、ウー・ティエンミン監督、中国)★★★★
「グリーン・デスティニー」(2000、アン・リー監督、アメリカ・中国)★★★★
「巴里の屋根の下」(1930、ルネ・クレール監督、フランス)★★★★

主演男優
 5 スティーヴ・マックィーン「パピヨン」
   ゲイリー・オールドマン「ウィンストン・チャーチル」
   ボブ・ホスキンス「長く熱い週末」
   ギスリ・ハルドルソン「春にして君を想う」
   デイヴ・ジョーンズ「わたしは、ダニエル・ブレイク」
   グレゴリー・ペック「頭上の敵機」
   ベニチオ・デル・トロ「ロープ/戦場の生命線」
   ジェレミー・レナー「ウィンド・リバー」
   フランキー堺「幕末太陽傳」
   三船敏郎「赤ひげ」
   パオロ・バレステロス「ダイ・ビューティフル」
   シャハブ・ホセイニ「セールスマン」
   堤真一「ALWAYS三丁目の夕日」
 4 ジェームズ・スチュワート「シェナンドー河」
   佐分利信「お茶漬けの味」
   ピエトロ・ジェルミ「刑事」
   チョウ・ユンファ「グリーン・デスティニー」
   ヴラディミール・ヴドヴィチェンコフ「サリュート7」
   アルバート・フィニー「オリエント急行殺人事件」(1974)
   チャールズ・ブロンソン「雨の訪問者」
   フランク・シナトラ「三人の狙撃者」
   ヘンリー・フォンダ「間違えられた男」
   カイザー・チュアン「目撃者 闇の中の瞳」
   スー・リャン「CEO」
   ジャン=ルイ・トランティニャン「殺しが静かにやって来る」
   サニー・パワール「ライオン ~25年目のただいま~」
   阪東妻三郎「破れ太鼓」
   山村聡「あした来る人」
   佐分利信「暖流」
   リーアム・ニーソン「トレイン・ミッション」
   ソン・ヒョンジュ「ありふれた悪事」
   濱津隆之「カメラを止めるな!」
   ヴィニシウス・デ・オリヴェイラ「セントラル・ステーション」

主演女優
 5 ソフィア・ローレン「ひまわり」
   小暮美千代「お茶漬けの味」
   グレタ・ガルボ「ニノチカ」
   原節子「東京暮色」
   フランシス・マクドーマンド「スリー・ビルボード」
   フェルナンダ・モンテネグロ「セントラル・ステーション」
   ノオミ・ラパス「セブン・シスターズ」
   原節子{めし}
   桃井かおり「疑惑」
   クイーン・ラティファ「リリィ、はちみつ色の秘密」
   チャン・ツィイー「グリーン・デスティニー」
   タラジ・P・ヘンソン「ドリーム」
   サリー・ホーキンス「シェイプ・オブ・ウォーター」
   吹石一恵「六月燈の三姉妹」
   橋本愛「リトル・フォレスト 夏・秋」
   田中裕子「天城越え」
 4 タラネ・アリドゥスティ「セールスマン」
   淡島千景「早春」
   エリザベス・オルセン「ウィンド・リバー」
   ダコタ・ファニング「リリィ、はちみつ色の秘密」
   有馬稲子「東京暮色」
   オードリー・ヘプバーン「シャレード」
   シュー・チャオ「星空」
   グイ・ルンメイ「藍色夏恋」
   エラ・バレンタイン「赤毛のアン」
   ジェシカ・チャステイン「女神の見えざる手」

助演男優
 5 加藤嘉「砂の器」
   オーソン・ウェルズ「第三の男」
    ピエール・フレネー「大いなる幻影」
   笠智衆「東京暮色」
   ダスティン・ホフマン「パピヨン」
   ジャック・レモン「チャイナ・シンドローム」
   ディーン・ジャガー「頭上の敵機」
   マイケル・シャノン「シェイプ・オブ・ウォーター」
   ウディ・ハレルソン「スリー・ビルボード」
   テノッチ・ウエルタ・メヒア「闇の列車、光の旅」
   須賀健太「ALWAYS三丁目の夕日」
   緒方拳「わるいやつら」
 4 ケヴィン・コスナー「ドリーム」
   加藤剛「砂の器」 山崎努「赤ひげ」
   クラウス・キンスキー「殺しが静かにやって来る」
   トム・ウィルキンソン「マイ・ビューティフル・ガーデン」
   クリスチャン・バブレス「ダイ・ビューティフル」
   サム・ロックウェル「スリー・ビルボード」
   三國連太郎「あした来る人」
   ティム・ロビンス「ロープ/戦場の生命線」

助演女優
 5 山田五十鈴「東京暮色」
   杉村春子「赤ひげ」 岸恵子「早春」
   高峰三枝子「暖流」
   ミシェル・ヨー「グリーン・デスティニー」
   薬師丸ひろ子「ALWAYS三丁目の夕日」
   小雪「ALWAYS三丁目の夕日」
   岩下志麻「疑惑」
   田村秋子「風前の灯」
   しゅはまはるみ「カメラを止めるな!」
   オルガ・キュリレンコ「ロープ/戦場の生命線」
 4 オクタヴィア・スペンサー「ドリーム」
   ヘイリー・スクワイアーズ「わたしは、ダニエル・ブレイク」
   クリスティン・スコット・トーマス「ウィンストン・チャーチル」
   月丘夢路「あした来る人」
   新珠三千代「あした来る人」
   ヘレン・ミレン「長く熱い週末」
   ニコール・キッドマン「ライオン ~25年目のただいま~」
   サカリ・クオスマネン「希望のかなた」
   真魚「カメラを止めるな!」
   アリシア・キーズ「リリィ、はちみつ色の秘密」

2019年1月 4日 (金)

先月観た映画 採点表(18年12月)

「ロープ/戦場の生命線」(2015、フェルナンド・レオン・デ・アラノア監督、スペイン)★★★★★
「ひまわり」(1970、ヴィットリオ・デ・シーカ監督、イタリア)★★★★☆
「セントラル・ステーション」(1998、ヴァルテル・サレス監督、ブラジル)★★★★☆
「父を探して」(2013、アレ・アブレウ監督、ブラジル)★★★★☆
「ウィンド・リバー」(2017、テイラー・シェリダン監督、アメリカ)★★★★
「リリィ、はちみつ色の秘密」(2008、ジーナ・プリンス=バイスウッド監督、アメリカ)★★★★
「カメラを止めるな!」(2018、上田慎一郎監督、日本)★★★★

主演男優
 5 ベニチオ・デル・トロ「ロープ/戦場の生命線」
   ジェレミー・レナー「ウィンド・リバー」
 4 濱津隆之「カメラを止めるな!」
   ヴィニシウス・デ・オリヴェイラ「セントラル・ステーション」

主演女優
 5 ソフィア・ローレン「ひまわり」
   フェルナンダ・モンテネグロ「セントラル・ステーション」
   クイーン・ラティファ「リリィ、はちみつ色の秘密」
 4 エリザベス・オルセン「ウィンド・リバー」
   ダコタ・ファニング「リリィ、はちみつ色の秘密」

助演男優
 4 ティム・ロビンス「ロープ/戦場の生命線」

助演女優
 5 しゅはまはるみ「カメラを止めるな!」
   オルガ・キュリレンコ「ロープ/戦場の生命線」
 4 真魚「カメラを止めるな!」
   アリシア・キーズ「リリィ、はちみつ色の秘密」

より以前の記事一覧