最近のトラックバック

お気に入りブログ

  • 真紅のthinkingdays
    広範な映画をご覧になっていて、レビューの内容も充実。たっぷり読み応えがあります。
  • 京の昼寝〜♪
    僕がレンタルで観る映画のほとんどを映画館で先回りしてご覧になっています。うらやましい。映画以外の記事も充実。
  • ★☆カゴメのシネマ洞☆★
    細かいところまで目が行き届いた、とても読み応えのあるブログです。勉強になります。
  • 裏の窓から眺めてみれば
    本人は単なる感想と謙遜していますが、長文の読み応えのあるブログです。
  • なんか飲みたい
    とてもいい映画を採り上げています。短い文章できっちりとしたレビュー。なかなかまねできません。
  • ぶらぶらある記
    写真がとても素敵です。

お気に入りブログ 2

お気に入りホームページ

ゴブリンのHPと別館ブログ

無料ブログはココログ

カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2020年9月20日 (日)

ゴブリンのこれがおすすめ53 アメリカとその他の国々のテレビ・ドラマ

【アメリカ】
「刑事コロンボ」(1967-03) ★★★★★
  ピーター・フォーク、ジーン・バリー、ロバート・カルプ、レイ・ミランド、キム・ハンター
  スーザン・クラーク、エディ・アルバート、パトリック・オニール、ロディ・マクドウォール
  ジャック・キャシディ、リー・グラント、リチャード・ベースハート、マーティン・ランドー
  レナード・ニモイ、ローレンス・ハーヴェイ、ジョン・カサヴェテス、アン・バクスター
「ER 緊急救命室」(1994-2009) ★★★★★
  アンソニー・エドワーズジョージ・クルーニー、シェリー・ストリングフィールド
  ジュリアナ・マルグリーズノア・ワイリーエリック・ラ・サルローラ・イネス
  グロリア・ルーベン、アレックス・キングストン、ゴラン・ヴィシュニック、ミン・ナ
  パーミンダ・ナーグラ、モーラ・ティアニー、シャリフ・アトキンス、メキ・ファイファー
  リンダ・カーデリーニ、シェーン・ウェスト、スコット・グライムズ、アンジェラ・バセット
「アリー my Love」(1997-2002) ★★★★☆
  キャリスタ・フロックハート、グレッグ・ジャーマン、ピーター・マクニコル、ギル・ベローズ
  コートニー・ソーン=スミス、ジェーン・クラコウスキー、リサ・ニコル・カールソン
  ヴォンダ・シェパード、ルーシー・リュー、ポーシャ・デ・ロッシ、ロバート・ダウニー・Jr
「LOW & ORDER:性犯罪特捜班」(1999-) ★★★★
  マリスカ・ハージティ、ケリー・ギディッシュ、アイス・T、ピーター・スカナヴィーノ
  ラウル・エスパーザ、フィリップ・ウィンチェスター
「24 シーズン1」(2001-02) ★★★★☆
  キーファー・サザーランド、レスリー・ホープ、サラ・クラーク、エリシャ・カスバート
  デニス・ヘイスバート、ペニー・ジョンソン・ジェラルド、カルロス・バーナード
「ザ・シールド ルール無用の警察バッジ」(2002-08) ★★★★☆
  マイケル・チクリス、ウォルトン・ゴギンズ、ケネス・ジョンソン、デヴィッド・リース・スネル
  ベニート・マルティネス、CCH・パウンダー、ジェイ・カーンズ、キャサリン・デント
  グレン・クローズ、フォレスト・ウィティカー、アンソニー・アンダーソン
「コールドケース」(2003-10) ★★★★☆
  キャスリン・モリス、ダニー・ピノ、ジョン・フィン、ジェレミー・ラッチフォード
  トム・バリー、トレイシー・トムズ、メレディス・バクスター、マリソル・ニコルズ
「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」(2003~) ★★★★☆
  マーク・ハーモン、コート・デ・パブロ、マイケル・ウェザリー、デヴィッド・マッカラム
  ショーン・マーレイ、ポーリー・ペレット、ロッキー・キャロル、ジョー・スパーノ
  サッシャ・アレクサンダー、ダイアン・ニール、デュアン・ヘンリー、エミリー・ウィカーシャム
  ブライアン・ディーツェン、ロバート・ワグナー、ウィルマー・バルデラマ、アラン・デイル
  マリア・ベロ
「ヴェロニカ・マーズ」(2004-7) ★★★★
  クリスティン・ベル、エンリコ・コラントーニ、パーシー・ダッグス、ジェイソン・ドーリング
  テディ・ダン、エリカ・ギンペル、アマンダ・サイフリッド、フランシス・キャプラ
「ドクター・ハウス」(2004-12) ★★★★☆
  ヒュー・ローリー、ロバート・ショーン・レナード、リサ・エデルシュタイン、オマー・エップス
  ジェニファー・モリソン、ジェシー・スペンサー
「LOST」(2004~10)★★★★☆
  マシュー・フォックス、エヴァンジェリン・リリー、ジョシュ・フォロウェイ、ホルヘ・ガルシア
  ダニエル・デイ・キム、キム・ユンジン、テリー・オクィン、ヘンリー・イアン・キュージック
  マイケル・エマーソン、エリザベス・ミッチェル、ジェレミー・デイヴィス、ケン・レオン
  レベッカ・メイダー、ドミニク・モナハン、
「クリミナル・マインド」(2005-) ★★★★
  ジャー・マンテーニャ、マシュ・グレイ・ギュブラー、カーステン・ヴァングスネス
  A・J・クック、バジェット・ブリュースター
「クローザー」(2005-12) ★★★★☆
  キーラ・セジウィック、J.K.シモンズ、コリー・レイノルズ、マイケル・ポール・チャン
  トニー・デニソン、G.W.ベイリー、レイモンド・クルツ、ロバート・ゴセット
  ジーナ・ラヴェラ、ジョン・デニー、フランシス・スターン・ハーゲン、メアリー・マクドネル
「BONES 骨は語る」(2005-17)★★★★
  エミリー・デシャネル、デヴィッド・ボレアナズ、ミカエラ・コンリン、エリック・ミレガン
  T・J・サイン、ジョナサン・アダムズ、タマラ・テイラー、ライアン・オニール
  ジョン・フランシス・デイリー、パトリシア・ベルチャー
「マッドメン」(2007-15)  ★★★★
  ジョン・ハム、エリザベス・モス、ヴィンセント・カーシーザー
「フリンジ」(2008-13) ★★★★
  アナ・トーヴジョン・ノーブル、ジョシュア・ジャクソン、ランス・レディック
  ジャシカ・ニコル、カーク・アセヴェド、マーク・バレー、レナード・ニモイ
  ブレア・ブラウン、セス・ガベル
「ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間」(2009-11) ★★★★
  ティム・ロス、ケリー・ウィリアムズ、モニカ・レイモンド、ブレンダン・ハインズ
  メキ・ファイファー、ジェニファー・ビールス、ヘイリー・マクファーランド
「フラッシュフォワード」(2009-10) ★★★★
  ジョセフ・ファインズ、ジョン・チョー、ジャック・ダヴェンポート、ドミニク・モナハン
  ソーニャ・ヴァルゲル、コートニー・B・ヴァンス、クリスティーン・ウッズ、竹内結子
「グッド・ワイフ」(2009-16)  ★★★★☆
  ジュリアナ・マルグリーズ、ジョシュ・チャールズ、マット・ズークリー、アーチー・パンジャビ
  タイタス・ウェリヴァー、クリス・ノース、グラハム・フィリップス、マッケンジー・ヴェガ
  クリスティーン・バランスキー、メアリー・ベス・ペイル、クシュ・ジャンボ
  ジェフリー・ディーン・モーガン
「サウスランド」(2009-13)  ★★★★
  ベン・マッケンジー、マイケル・カドリッツ、レジーナ・キング、トム・エヴェレット・スコット
  マイケル・マグレイディ、ケヴィン・アレハンドロ、ショーン・ハトシー、アリヤ・バレイキス
  クリフトン・コリンズ・Jr
「ホワイトカラー」(2009-14)  ★★★★
  マット・ボマーティム・ディケイ、ティファニー・ティーセン、ウィリー・ガーソン
  マーシャ・トマソン、シャリフ・アトキンス、マーク・シェパード、ダイアン・キャロル
  アレクサンドラ・ダダリオ、グロリア・ヴォトシス、ヒラリー・バートン
「リゾーリ&アイルズ」(2010- ) ★★★★
  アンジー・ハーモン、サッシャ・アレクサンダー、ブルース・マクギル、ロレイン・ブラッコ
  リー・トンプソン・ヤング、チャズ・パルミンテリ
「THE EVENT/イベント」(2010-2011)★★★★☆
  ジェイソン・リッター、サラ・ローマー、ローラ・イネス、ブレア・アンダーウッド
  イアン・アンソニー・デイル、ジェリコ・イヴァネク、スコット・パターソン、テイラー・コール
  ビル・スミトロヴィッチ、クリフトン・コリンズJr、ジュリア・キャンベル
「HAWAII FIVE-0」(2010-) ★★★★
  アレックス・オローリンスコット・カーンダニエル・デイ・キムグレイス・パーク
  シャイ・マクブライド、ホルヘ・ガルシア、マシ・オカ、ローレン・ジャーマン、ミシェル・ボース
  テリー・オクィン、クリスティーン・ラーティ、マーク・ダカスコス
「SUITS/スーツ」(2011-17) ★★★★★
  ガブリエル・マクト、パトリック・J・アダムス、リック・ホフマン、ジーナ・トーレス
  メーガン・マークル、サラ・ラファティ、トム・リピンスキー、ヴァネッサ・レイ
「パーソン・オブ・インタレスト」(2011-16) ★★★★☆
  ジム・カヴィーゼルマイケル・エマーソン、タラジ・P・ヘンソン、ケヴィン・チャップマン
  サラ・シャヒ、エイミー・アッカー、
「ミッシング」(2012)  ★★★★☆
  アシュレイ・ジャッド、クリフ・カーティス、ショーン・ビーン、ニック・エバースマン
  アドリアーノ・ジャンニーニ、テレザ・ヴォリスコヴァ、キース・キャラダイン、ジーナ・マッキー
「Major Crimes~重大犯罪課」(2013-) ★★★★★
  メアリー・マクドネル、G・W・ベイリー、トニー・デニソン、マイケル・ポール・チャン
  レイモンド・クルツ、フィリップ・P・キーン
「NCIS:ニュー・オリンズ」(2014-17) ★★★★
  スコット・バクラ、ルーカス・ブラック、ゾー・マクラーレン、ロブ・カーコヴィッチ
  CCH・パウンダー、ジェームズ・マクダニエル
「ザ・ブック/CIA大統領特別情報官」(2014-15) ★★★★
  キャサリン・ハイグル、アルフレ・ウッダード、アダム・カウフマン、シェイラ・ヴァンド
  クリフ・チェンバレン、トミー・サヴァスデヴィッド・ハーパー、クリスティーン・エスタブルック
「ザ・ラストシップ」(2014-16) ★★★★★
  エリック・デイン、アダム・ボールドウィン、チャールズ・パーネル、クリスティーナ・エルモア
「シカゴP.D.」(2014- )  ★★★★
  ジェイソン・ベギー、ジョン・セダ、ソフィア・ブッシュ、ジェシー・リー・ソファー
  マリーナ・スコーシアーティ、パトリック・ジョン・フリューガー、ラロイス・ホーキンズ
  アーチー・カオ、イライアス・コティーズ、メリッサ・サージミラー、アメリカ・オリーヴォ
  エイミー・モートン、ブライアン・ジェラティ、ステラ・メイヴ
「STALKER:ストーカー犯罪特捜班」(2014-15) ★★★★☆
  ディラン・マクダーモット、マギー・Q、ジャニス・ローレンス、アマンダ・テイラー
  ベン・コールドウェル
「ストレイン」(2014-17) ★★★★
  コリー・ストール、デヴィッド・ブラッドリー、ミア・マエストロ、ジョナサン・ハイド
  ケヴィン・デュランド、リヒャルト・サメル、ショーン・アスティン、ジャック・ケシー
  ルタ・ゲドミンタス、ナタリー・ブラウン、ミゲル・ゴメス、ベン・ハイランド
「TAXI ブルックリン」(2014)  ★★★★★
  カイラ・リー、ジャッキー・イド、ジェームズ・コルビー、ホセ・ズニーガ、アリー・ウォーカー
  ジェニファー・エスポジート、ビル・ヘック
「マダム・セクレタリー」(2014-) ★★★★
  ティア・レオーニ、ティム・デイリー、パティーナ・ミラー、ジェフリー・エアンド
  エリック・バーゲン、キャスリン・ハーザー、エヴァン・ロー、ビービー・ニューワース
  ウォーリス・カリー=ウッド、ジェリコ・イヴァネク
「シカゴ・メッド」(2015-) ★★★★
  ニック・ゲルファス、ヤヤ・ダコスタ、トーレイ・デヴィート、レイチェル・ディピロ
  コリン・ドネル、ブライアン・ティー、S・エパサ・マーカーソン、オリヴァー・プラット
  マーリン・バーレット、サム・エイブラムス、マーク・グレイピー、アレックス・ワイズマン
「ナイト・シフト 真夜中の救命医」(2015-) ★★★★
  オーエン・マッケン、ジル・フリント、ケン・レオン、ブレンダン・フェア、ジーナン・グーセン
「バトル・クリーク 格差警察署」(2015-) ★★★★☆
  ジョシュ・デュアメル、ディーン・ウィンタース、オーブリー・ダラー、ジャネット・マクティア
「ウェイワード・パインズ 出口のない街」(2015-6)★★★★
  マット・デイモン、ジュリエット・ルイス、テレンス・ハワード、メリッサ・レオ、カーラ・グギノ
  トビー・ジョーンズ、シャニン・ソサモン
「ザ・フォロイング シーズン3」(2015) ★★★★☆
  ケヴィン・ベーコン、ジェームズ・ピュアフォイ、ショーン・アシュモア、ヴァロリー・カリー
  サム・アンダーウッド、ジェシカ・ストループ、ズレイカ・ロビンソン、グレッグ・ヘンリー
  マイケル・イーリー、ヴァレリー・クルス、ベンガ・アキナベ、フェリックス・ソリス
  ルース・カーニー、クリステン・ブッシュ、ハンター・パリッシュ、グレン・フレシュラー
「シェイズ・オブ・ブルー ブルックリン警察 シーズン1」(2016)★★★★
  ジェニファー・ロペス、レイ・リオッタ、ドレア・ド・マッテオ、ウォーレン・コール
  ダイオ・オケニイ、ハンプトン・フルカー、ヴィンセント・ラレスカ、サラ・ジェフリー
「ラッシュ・アワー」(2016) ★★★★
  ジャスティン・ハイアーズ、ジョン・フー、エイミー・ガルシア、リンジー・コール、ジェラルド
「グッド・ドクター 名医の条件」(2017~2018) ★★★★
  フレディ・ハイモア、ニコラス・ゴンザレス、アントニア・トーマス、チュク・モデュー
  ボー・ガレット、タムリン・トミタ、ヒル・ハーパー、リチャード・シフ
「ザ・ファイブ -残されたDNA-」(2017) ★★★★
  トム・カレン、O・T・ファグベンル、リー・イングルビー、サラ・ソルマーニ
  ハンナ・アータートン、ジェラルディン・ジェイムズ、マイケル・マロニー
「コンドル ~狙われたCIA分析官~」(2018) ★★★★
  マックス・アイアンズ、ウィリアム・ハート、リーム・リューバニ、アンヘル・ボナニ
  ボブ・バラバン、クリステン・ヘイガー、ミラ・ソルヴィノ、ブレンダン・フレイザー
  クリストファー・ポラーハ、キャサリン・カニンガム、クリスティーナ・モーゼス
「ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ」(2018~2019)★★★★☆
  ライアン・エッゴールド、ジャネット・モンゴメリー、フリーマ・アジェマンアヌパム・カー
  ジョッコ・シムズタイラー・ラビーン、ザブリナ・ゲバラ、リサ・オヘア、ジョージ・ワイナー
「マーズ火星移住計画2」(2018) ★★★★
  ジヘ、アルベルト・アンマン、クレマンティーヌ・ポワダッツ、アナマリア・マリンカ
  サミ・ロティビ、グンナール・コーザリー、アクバール・クルサ、コジマ・ショウ、ハンガリー
  ジェフ・ヘフナー
「9-1-1:LA救命最前線」(2018-) ★★★★
  アンジェラ・バセット、ピーター・クラウス、オリヴァー・スターク、アイシャ・ハインズ
  ケネス・チョイ、ロックモンド・ダンバー、コニー・ブリットン
「マニフェスト 828便の謎 シーズン1」(2019)★★★★
  メリッサ・ロクスバーグジョシュ・ダラス、アシーナ・カーカニス、J・R・ラミレス
  ルナ・ブレイズ、ジャック・メッシーナ、パルヴィーン・カウル

 

【その他の国】
「ザ・キリング」(2007-13) デンマーク ★★★★★
  ソフィー・グローベール、ラース・ミケルセン、マリー・エスケハヴ、ソーレン・マリン
  トロールス・ムンク、モーテン・スアバレ、ミカエル・モリツェン、ジュリー・オェルガード
「コンバット・ホスピタル 戦場救命」(2011)  カナダ・イギリス ★★★★
  ミシェル・ボース、イライアス・コーディアス、テリー・チェン、ルーク・マブリー
  デボラ・カーラ・アンガー、アーノルド・ピノック
「スニッファー ウクライナの私立探偵」(2013-) ウクライナ ★★★★☆
  キリル・カロ、イワン・オガネシアン、マリヤ・アニカノヴァ、ニーナ・ゴガーエヴァ
「THE BRIDGE/ブリッジ」(2011-15) スウェーデン・デンマーク ★★★★★
  ソフィア・ヘリーン、キム・ボドゥニア、ダグ・マルンベルグ、トゥーレ・リントハート
「ジェネレーション・ウォー」(2013) ドイツ ★★★★★
  フォルカー・ブルッフ、トム・シリング、カタリーナ・シュットラー、ミリアム・シュタイン
  ルドウィッグ・トレプテ
「トップ・オブ・ザ・レイク ~消えた少女~」(2013、ジェーン・カンピオン監督)豪・他 ★★★★
  エリザベス・モス、デヴィッド・ウェンハム、ピーター・ミュラン、ホリー・ハンター
  トーマス・M・ライト
「ヘビー・ウォーター・ウォー」(2015) ノルウェー  ★★★★★
  エスペン・クロウマン=ホイネル、クリストフ・バック、アンナ・フリエル
  ピップ・トレンス、ソーレン・ピルマーク、スタイン・ヴィンゲ、デニス・ストーロイ
「ノー・セカンドチャンス~身代金の罠~」(2015) フランス ★★★★
  アレクサンドラ・ラミー、パスカル・エルベ、リオネル・アベランスキ、
  シャルロット・デ・ジョルジュ
「Swell 堤防が決壊するとき」(2016) オランダ・ベルギー ★★★★
  ハイス・ショールテン・ヴァン・アシャット、ヤニ・ゴスリンガ、シモーン・ミルスドクター
  セリン・ウトゥル、ルーク・ペータース、スーザン・フィッサー、ロース・ディックマン
「バルタザール 法医学者捜査ファイル」(2018) フランス ★★★★
  トメル・シスレー、エレーヌ・ドゥ・フジュロール、イァング・サモ、フィリパ・フェニックス
  コーム・ルヴァン
「RIG45 絶海に潜む闇」(2018) スウェーデン ★★★★
  リサ・ヘンニ、ゲイリー・ルイス、ソーレン・マリン、ヤーコブ・オフテブロ
  ダーヴィッド・デンシック、キャサリン・ウォーカー
「8デイズ」(2019) ドイツ ★★★★
  クリスティアーネ・パウル、マルク・ヴァシュケ、レナ・クレンケファビアン・ヒンリヒス
  ノラ・フォン・ヴァルトシュテッテン、ヘンリー・ヒュプヒェン、ムラタン・ムスル
  デイビット・シュッター、デーヴィト・シュトリーゾフ
「RIG45 絶海に潜む闇 シーズン2」(2020) スウェーデン ★★★★☆
  リサ・ヘンニ、ゲイリー・ルイス、ヨイ・ヨハンソン、キアラン・マクメナミン、ナタリー・グメデ
  ローカン・クラニッチ、マリア・エルウォルター

*特に素晴らしい演技を残した俳優、あるいは魅力的だった人には色を付けてあります。ただし早い時期に観たものは俳優のチェックをしていないので、色が付いていないからといって必ずしも注目すべき役者がいなかったというわけではありません。

 

 テレビ黎明期のアメリカのテレビ・ドラマを別にすれば、地上波で観たものはほとんどない。「刑事コロンボ」と「ER 緊急救命室」くらいだろうか。ともかく観たいものを地上波で流してくれないのだからどうしようもない。だからここに挙げているもののほとんどはユーネクストで観たものである。一時期はかなり集中して観たが、一通り面白そうな物を観てしまうとほとんど観なくなってしまった。とにかく韓国のテレビ・ドラマが面白くてそればかり観ている。それに日本やイギリスのドラマを時たま観るという感じだ。

 もちろんまだまだ見逃がしているものは多いはずだ。それに有料のテレビ・ドラマはまず観ない。映画は単発だが、ドラマはシリーズなのでシリーズ全部観るととんでもない料金がかかるからである。だから無料になるまでひたすら待つ。どこの国のテレビ・ドラマであれ、新しいのが少ないのはそういう事情である。地上波で放送したものがちらほらあるだけである。

 後ろにいろいろな国のドラマを付け加えたが、さすがに数は少ない。しかし選び抜かれているせいか、全体に出来は良い。とはいえ、どこの国でも自国制作のテレビ・ドラマぐらいありそうなものだが、アメリカ、イギリス、韓国以外の国から入ってくるドラマがこうも少ないのはどいうことだろうか。リストに挙げたものもほとんどはヨーロッパ製だ。外国文化輸入大国である日本では、ほぼ世界中の映画が観られるのに、テレビ・ドラマはごくわずかの国に限られている。なんでだ?よほどレベルが低いのか、あまりに文化が違い過ぎて日本では受けないと敬遠されているのか、それとも単に関心がないため調査すらしていないだけなのか。中でもとりわけ不思議なのはフランスのテレビ・ドラマがほとんどないということである。映画では数々の名作を生んだ国なのに、どうしてテレビ・ドラマはこうも少ないのか。

 新書版でいいので、各国のテレビ番組事情が分かる本をだれか書いてくれないものか。もっとも、テレビ番組だと長いことその国に住んでいないと詳しい事情は分からないだろうから、とても一人では書けない。共著と言うことになるだろう。ともかく、どうしてこれほど偏っているのか事情が知りたいものだ。

 

2020年8月29日 (土)

ゴブリンのこれがおすすめ52 日本のテレビ・ドラマ

「どたんば」(1956) ★★★★★
  三國連太郎、加東大介、西村晃、多々良純、飯田蝶子、津島恵子、藤間紫、殿山泰司、千石規子
  河野秋武、織田政雄
「私は貝になりたい」(1958) ★★★★★
  フランキー堺、桜むつ子、平山清、高田敏江、佐分利信、大森義夫、原保美、南原伸二、小松方正
  坂本武、十朱久雄、垂水悟郎、織本順吉、ジェリー伊藤
「三匹の侍」(1963-69) ★★★★★
  丹波哲郎,加藤剛平幹二朗長門勇
「中央流沙」(1975) ★★★★
  川崎敬三、佐藤慶、内藤武敏、中村玉緒、中原ひとみ,加藤嘉、日下武史
「未来少年コナン」(1978)  ★★★★★
  (声)小原乃梨子、信沢三恵子、青木和代、永井一郎、吉田理保子、山内雅人、家弓家正
「3年B組金八先生」(1979-07) ★★★★☆
  武田鉄矢、倍賞美津子、名取裕子、上條恒彦、吉行和子、赤木春恵、森田順平、野村義男
  田原俊彦、近藤真彦、杉田かおる、土屋かおり、三原順子、小林聡美、佐藤オリエ、沖田浩之
  川上麻衣子
「不帰水道」(1982) ★★★★★
  田中邦衛、平幹二朗、倍賞美津子、近藤洋介、江藤潤、嵯峨善兵、坂上味和、山口美也子
  浜村純、小林哲子、大村波彦、長塚京三、小笠原良知
「北の国から」(1981, 83, 84, 87, 89, 92, 95, 02) ★★★★★
  田中邦衛吉岡秀隆中嶋朋子竹下景子地井武男宮沢りえ岩城滉一、美保純、笹野高史
  いしだあゆみ、清水まゆみ、ガッツ石松、緒形直人、横山めぐみ、裕木奈江、内田有紀、岸谷五朗
  大地康雄、大滝秀治、布施博、児島美ゆき、村井国夫、大友柳太郎
「裸の大将放浪記」(1981-97) ★★★★☆
  芦屋雁之助、森繁久彌、高見知佳、山本學、横山やすし、千石規子、日高澄子、中条静夫
「おしん」(1983) ★★★★
  乙羽信子、田中裕子、小林綾子、渡瀬恒彦、長岡輝子、並木史朗、泉ピン子、伊東四朗
  渡辺美佐子
「花へんろ」(1985、早坂暁脚本) ★★★★★
  桃井かおり、河原崎長一郎、加藤治子、藤村志保沢村貞子中条静夫、小林亜星、樹木希林
  渥美清(語り)、森本レオ、佐藤友美、小倉一郎、永島暎子、渡辺えり子、イッセー尾形、下條正巳
  殿山泰司、三田村邦彦、田武謙三、斉藤洋介、谷村昌彦、黛ジュン
「父の詫び状」(1986、向田邦子原作) ★★★★☆
  杉浦直樹、吉村実子、長谷川真弓、沢村貞子、大塚ちか子、藤田龍美、米沢由香、市川染五郎
「今朝の秋」(1986) ★★★★
  笠智衆、杉村春子、倍賞美津子、杉浦直樹、樹木希林、名古屋章、五大路子、加藤嘉、貴倉良子
「大地の子」(1996、原作:山崎豊子) ★★★★★
  仲代達矢、上川隆也、宇津井健、チュウ・シュイ、蒋文麗、永井真理子、盖麗麗、田中好子
  呂中、西村晃、渡辺文雄、十勝花子
「すずらん」(1999) ★★★★
  遠野凪子、柊瑠美、倍賞千恵子、橋爪功、石倉三郎、萬田久子、うじきつよし、冨士眞奈美
  小野武彦、三原じゅん子、内山理名、今福将雄、東てる美、唐渡亮、夏八木勲、中村玉緒
「花村大介」(2000) ★★★★
  ユースケ・サンタマリアいしだ壱成水野美紀、川島なお美、中山仁、佐戸井けん太
  仁科克基、山口紗弥加、岡田義徳、橋龍吾、奥菜恵、水川あさみ、寺田農、梨花、佐藤仁美
  でんでん、横山めぐみ、山下容莉枝、秋本奈緒美、戸田菜穂、マイケル富岡、石田ひかり
  北村総一朗
「ちゅらさん」(2001)★★★★☆
  国仲涼子、小橋賢児、堺正章、田中好子、平良とみ、ゴリ、山田孝之、余貴美子、村田雄浩
  菅野美穂、丹阿弥谷津子、北村和夫
「交渉人」(2003、三池崇史監督)★★★★
  三上博史鶴田真由佐野史郎、中村久美、小木茂光、田中要次、伊武雅刀、石橋蓮司
「さとうきび畑の唄」(2003)★★★★☆
  明石家さんま、黒木瞳、坂口憲二、仲間由紀恵、上戸彩、勝地涼、大平奈津美、我妻泰熙
  オダギリジョー
「すいか」(2003、脚本:木皿泉)★★★★★
  小林聡美ともさかりえ浅丘ルリ子、市川実日子、小泉今日子白石加代子、高橋克実
  金子貴俊、片桐はいり、もたいまさこ
「笑顔の法則」(2003)★★★★
  竹内結子阿部寛野際陽子陣内孝則、西島秀俊、宮地真緒、高橋克実、柴田理恵
  櫻井淳子、ブラザー・トム、新谷真弓、戸田昌宏、斉藤陽一郎、滝沢沙織、升毅
「きららの仕事」(2005)★★★★
  国仲涼子、保坂尚輝、田中邦衛、勝村政伸、鹿内孝、波乃久里子、東貴博、長門裕之
  服部幸應、小林カツ代、六平直政、浅利香津代、飯田基祐、麻生真友子、春田純一、和泉ちぬ
「瑠璃の島」(2005)★★★★
  成海璃子、緒形拳、竹野内豊、小西真奈美、小日向文世、岸部一徳、井川遥、西山繭子
  塩見三省、平泉成、市毛良枝、倍賞美津子、西田尚美、勝村政信、さくら、吉田妙子、賀集利樹
「深夜食堂」(2007-)★★★★
  小林薫、綾田俊樹、不破万作、宇野祥平、金子清文、山中崇、須藤理彩、小林麻子、吉本菜穂子
  オダギリジョー、中山祐一朗、玄覺悠子、岩瀬亮、田畑智子、でんでん、光石研、松重豊
  田口トモロヲ、風間トオル、岩松了、あがた森魚
「働きマン」(2007)★★★★
  菅野美穂速水もこみち、平山あや、佐田真由美、荒川良々、吉瀬美智子、野仲イサオ、伊武雅刀
  沢村一樹、夏木マリ、釈由美子、笹野高史、甲本雅裕、羽場裕一
「スキャンダル」(2008) ★★★★
  鈴木京香、長谷川京子、吹石一恵、桃井かおり、沢村一樹、光石研、遠藤憲一、石原良純
  滝沢沙織、小浜正寛、荒井萌
「リミット -刑事の現場2」(2009) ★★★★☆
  森山未來武田鉄矢、杉本哲太、加藤あい、細田よしひこ、ARATA、若村麻由美、伊武雅刀
  森本レオ、甲本雅裕、黒川芽以、純名りさ、モロ師岡
「ギルティ 悪魔と契約した女」(2010)★★★★
  菅野美穂玉木宏、吉瀬美智子、水上剣星、滝沢沙織、唐沢寿明、吉田鋼太郎、横山めぐみ
  RIKIYA、モロ師岡、岩本多代、石丸謙二郎、岩佐真悠子、紺野まひる、津嘉山正種
「ゲゲゲの女房」(2010)★★★★
  松下奈緒、向井理、大杉漣、古手川祐子、野際陽子、風間杜夫、竹下景子、有森也実、星野真理
  大倉孝ニ、杉浦太陽、南明奈、平岩紙、梶原善、うじきつよし、光石研、村上弘明、松坂慶子
「チェイス 国税査察官」(2010)★★★★☆
  江口洋介ARATA麻生久美子、斎藤工、佐藤二朗、石橋蓮司、中村嘉葎雄、水野絵梨奈
  木村多江、奥田瑛二、田中圭、木下ほうか、町田マリー、長谷川朝晴、大浜直樹、益岡徹
「なぜ君は絶望と闘えたのか」(2010)★★★★
  江口洋介眞島秀和、ミムラ、木村多江、田口浩正、田山涼成、角替和枝、北見敏之、小澤征悦
  志賀廣太郎、勝部演之、矢島健一、、市毛良枝、田中こなつ、佐藤B作、高橋克実、草笛光子
  西岡徳馬、益岡徹、柄本明、徳井優
「龍馬伝」(2010)★★★★
  福山雅治、香川照之、大森南朋、広末涼子、真木よう子、寺島しのぶ、貫地谷しほり、武田鉄矢
  里見浩太朗、近藤正臣、渡辺いっけい、高橋克実、夏八木勲、中尾彬、生瀬勝久、児玉清
  杉本哲太、松原智恵子、島崎和歌子、升毅、前田敦子、蟹江敬三、倍賞美津子、佐藤健、大泉洋
  奥貫薫、谷原章介、草刈民代、田中泯、菅井きん、要潤、ピエール瀧、リリー・フランキー
  蒼井優、原田泰造、余貴美子、滝藤賢一
「悪党~重犯罪捜査班」(2011)★★★★
  高橋克典、小泉孝太郎、内山理名、鈴木浩介、平山浩行、村上弘明、梅沢富美男、大森暁美
  滝沢沙織、八神蓮、宇梶剛士、斎藤洋介、有村架純、石丸謙二郎
「神様の女房」(2011)★★★★
  常盤貴子筒井道隆津川雅彦、野際陽子、松本利夫、秋野暢子、石倉三郎、山下規介
  笹野高史、悠木千帆、石川紗彩、今村美乃
「胡桃の部屋」(2011、向田邦子原作)★★★★☆
  松下奈緒竹下景子蟹江敬三原田泰造、井川遥、西田尚美、臼田あさ美、瀬戸康史、徳井優
  江口のりこ、松尾諭、小林正寛、東てる美、黄川田将也、粟田麗
「見知らぬわが町」(2011)★★★★☆
  忽那汐里、杉本哲太、高橋一生、山野海、小林勝也、いしだあゆみ
「マグマ」(2012、監督:香月秀之、鈴木浩介)★★★★
  尾野真千子、谷原章介、石黒賢、津田寛治、甲本雅裕、袴田吉彦、釈由美子、仁科亜季子
  上川隆也、渡辺いっけい、長塚京三、大杉漣、笛木優子、升毅
「孤独のグルメ」(2012-)★★★★☆
  松重豊、螢雪次朗、田中要次、うじきつよし、松居直美、小沢真珠、美保純、モト冬樹、中山エミリ
  斉木しげる、ガッツ石松、ともさかりえ、温水洋一、山口美也子、長谷川博己、とよた真帆
  清水ミチコ、石倉三郎、あめくみちこ、蛭子能収、濱田マリ、大杉漣、小倉久寛、朝加真由美
  久住昌之、目黒真希、横山めぐみ、富田靖子、YOU
「推定有罪」(2012)★★★★
  仲村トオル、黒木薫、ミムラ、陣内孝則、本仮屋ユイカ、寺島進國村隼、竜雷太、光石研
  草笛光子、柴俊夫、松尾スズキ、中村俊介、相島一之、袴田吉彦、霧島れいか
「名古屋行き最終列車」(2012-18)★★★★☆
  松井玲奈笹野高史、渡辺哲、白石美帆、六角精児、山崎樹範、片岡信和、中間淳太、増井みお
  塙宣之、土屋伸之、佐藤ありさ、山崎樹範、西岡徳馬、鶴田真由田山涼成ラサール石井
  谷花音、山村紅葉、増井みお、湯江健幸、今野浩喜、吉川正洋、田村侑久、大杉漣、波岡一喜
  滝沢沙織、小野武彦、野間口徹、小林豊、吹越満、宮﨑香蓮、松下由樹、石野真子、黒川芽以
  いとうあさこ、浜野謙太、入山法子、堀内敬子、宇野実彩子、内山信二、日比美思、狩野健斗
  手塚とおる、岡山天音、渡辺いっけい、矢本悠馬
「ナサケの女Special~国税局査察官~」(2012)★★★★
  米倉涼子、塚本高史、勝村政信、鈴木浩介、飯島直子、泉谷しげる、速水もこみち、伊東四朗
  小市慢太郎、武田鉄矢、柳葉敏郎、マツコ・デラックス、夕輝壽太、齋藤めぐみ、高岡早紀
  甲本雅裕、はるな愛、マギー、大和田伸也、鹿沼憂妃、三上真史、松川貴弘、二瓶鮫一
「あなたに似た誰か」(2013、原作:藤原新也)★★★★
  大杉漣、佐藤夕美子、本仮屋ユイカ、笹野高史、江波杏子、山本耕史、中越典子、山本學
  宅間孝行、奥貫薫、徳永えり,泉ピン子
「あまちゃん」(2013)★★★★
  能年玲奈、小泉今日子、橋本愛、宮本信子、杉本哲太、渡辺えり、ピエール瀧、尾美としのり
  小池徹平、薬師丸ひろ子、蟹江敬三、福士蒼汰、有村架純、荒川良々、八木亜希子
「かなたの子」(2013、大森立嗣監督、角田光代原作)★★★★★
  坂井真紀井浦新宮崎将、鶴田真由、永瀬正敏藤村志保満島ひかり
  広澤草、池内万作、原田麻由、石橋けい、伊佐山ひろ子、比留川游、大西礼芳、鈴木晋介
  岩崎未来、菅原麗央、大橋律、大西春翔、近藤礼貴、奥森皐月
「大空港2013」(2013、監督:三谷幸喜)★★★★★
  竹内結子香川照之、生瀬勝久、戸田恵梨香、池松壮亮、梶原善、青木さやか、石橋杏奈
  綾田俊樹、甲本雅裕、神野三鈴、オダギリジョー
「パンとスープとネコ日和」(2013、監督:松本佳奈)★★★★★
  小林聡美、伽奈、もたいまさこ、光石研、塩見三省、美波、市川実和子、加瀬亮、岸惠子
  内田慈、平岩紙
「震える牛」(2013、監督:鈴木浩介、権野元)★★★★
  三上博史吹石一恵、小林薫、佐野史郎、羽場裕一、小野寺昭、白石美帆、木村文乃、遠藤要
  古田新太、温水洋一、奥田恵梨華、床嶋佳子、竜雷太、蛍雪次郎
「足尾から来た女」(2014)★★★★☆
  尾野真千子鈴木保奈美柄本明藤村志保、北村有起哉、渡辺大、岡田義徳、松重豊
  國村隼、原沙知絵、綾田俊樹、尾上寛之、玄覺悠子、金井勇太、佐藤みゆき、河原健二
「Nのために」(2014) ★★★★☆
  榮倉奈々窪田正孝賀来賢人小出恵介三浦友和、原日出子、小西真奈美、徳井義実
  モロ師岡、光石研、山本未來、織本順吉、山中崇、伊藤裕子、柴本幸、福田転球、美保純
  葉山奨之、中越典子、財前直見
「お家さん」(2014) ★★★★
  天海祐希小栗旬生瀬勝久、相武紗季、黒川智花、泉ピン子、西村雅彦、松重豊
  大和田健介、猪野学、窪塚俊介、伊東四朗、梅沢富美男
「珈琲屋の人々」(2014)★★★★
  高橋克典木村多江、倉科カナ、八嶋智人、小林稔侍壇蜜、美山加恋、秋元龍太朗、岩松了
  津田寛治、渡辺えり、吉行和子
「緊急取調室」(2014)★★★★☆
  天海祐希、田中哲司、小日向文世、大杉漣、でんでん、草刈正雄、篠井英介、眞島秀和
  速水もこみち、鈴木浩介、杉咲花,高嶋政伸、林家正蔵、安達祐実
「昨夜のカレー、明日のパン」(2014)★★★★☆
  仲里依紗、鹿賀丈二、溝端淳平、星野源、小倉一郎、筒井真理子、ミムラ、小野ゆり子
  片桐はいり、マキタスポーツ、趙民和、美保純、吉田羊
「ゼロの真実 ~監察医・松本真央~」(2014) ★★★★
  武井咲佐々木蔵之介真矢みき、生瀬勝久,でんでん、和田正人、六角精児、橋爪功
  尾美としのり、水沢エレナ、小松和重、宮崎香蓮、青柳翔、あめくみちこ、モロ師岡、柄本時生
  床嶋佳子、木野花、霧島れいか
「芙蓉の人 ~富士山頂の妻」(2014)★★★★
  松下奈緒、佐藤隆太、三浦貴大、余貴美子、勝村政信、苅谷俊介、平田満、市毛良枝、堀内正美
  古川凛、林凛果、石田佳央、立石涼子
「ペテロの葬列」(2014、宮部みゆき原作)★★★★☆
  小泉孝太郎長谷川京子、国仲涼子、ムロツヨシ、高橋一生、青山倫子、細田善彦、岡本玲
  室井滋長塚京三、平幹二朗、峰竜太本田博太郎、映美くらら、千葉哲也、清水富美加
  渋川清彦、水橋研二、柴俊夫、安蘭けい、中尾ミエ、かとうかず子、大杉漣、安藤玉恵
  冨士真奈美、山口果林
「BORDER」(2014)★★★★
  小栗旬、青木崇高、波瑠、遠藤憲一、古田新太、野間口徹、浜野謙太、山口祥行、大森南朋
  春輝、渡辺早織、奥間唯、北見敏之、滝藤賢一、升毅
「マッサン」(2014)★★★★
  玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス、前田吟、泉ピン子、西川きよし、夏樹陽子
  西田尚美、早見あかり、相武紗季、白井晃、江口のり子、高橋元太郎、堤真一、濱田マリ
「私という運命について」(2014)★★★★★
  永作博美、江口洋介、宮本信子、森山良子、塩見三省、池内博之、三浦貴大、太田莉菜
  藤澤恵麻、宮本大誠、山路和弘、小川涼
「石の繭 殺人分析班」(2015、監督:内片輝)★★★★
  木村文乃、渡辺いっけい、青木崇高、北見敏之、平岳大、小柳友、神野三鈴、仲村トオル
  段田安則
「女くどき飯」(2015-)★★★★
  貫地谷しほり、安藤玉恵、福士誠治、加治将樹、桐山漣、碓井将大、升毅、伊嵜充則、大東駿介
「誤断」(2015)★★★★
  玉山鉄二小林薫、蓮佛美沙子、柳葉敏郎、小市慢太郎、甲本雅裕、泉谷しげる、中村敦夫
  市毛良枝、中田喜子、奥貫薫、大空祐飛、足立梨花、堀内正美
「下町ロケット」(2015)★★★★
  阿部寛、土屋太鳳、吉川晃司、立川談春、安田顕、和田聰宏、今野浩喜、山崎育三郎
  小泉孝太郎、世良公則、杉良太郎、今田耕司、石倉三郎、真矢ミキ
「だから荒野」(2015)★★★★
  鈴木京香、高橋一生、品川徹、YOU、杉本哲太、前田公輝、濱田龍臣、でんでん、笹野高史
  原史奈、小野ゆり子、泉谷しげる、豊原功補
「天使のナイフ」(2015)★★★★
  小出恵介、倉科カナ、藤本泉、千葉雄大、町田啓太、村上虹郎、北村匠海、清水尋也、和田正人
  ラサール石井、若村麻由美、手塚とおる、高橋ひとみ、桜井玲香、西野七瀬、松村沙友理
「十月十日の進化論」(2015)★★★★
  尾野真千子、田中圭、佐藤仁美、森谷文子、でんでん、りりィ、小池里奈、志賀廣太郎、嶋田久作
  佐々木すみ江、斉木しげる、矢柴俊博
「闇の伴走者」(2015)★★★★☆
  松下奈緒古田新太、田中哲司、要潤、平田満、藤井美菜、温水洋一、野間口徹、前野朋哉
  森本レオ、真野響子、ベンガル、石丸謙二郎、藤田弓子、モロ師岡、池田鉄洋
「ランチのアッコちゃん」(2015)★★★★
  蓮佛美沙子、戸田菜穂、成田凌、野呂佳代、真野恵里菜、鶴見辰吾、田山涼成、しおつかこうへい
  堀内敬子、西尾まり、朝倉あき
「鴨川食堂」(2016)★★★★☆
  忽那汐里萩原健一岩下志麻、吉沢悠、財前直見、幹てつや、町野あかり、豊原功補、大地康雄
  酒井美紀、いしのようこ、すみれ
「クロスロード」(2016)★★★★
  舘ひろし神田正輝、高島礼子、徳重聡、西村雅彦、ミッキー・カーチス、大後寿々花
  中村玉緒、平泉成、小野武彦、宮下裕治、飯沼千恵子、古村比呂、モロ師岡、倉田てつを
「検事の本懐」(2016)★★★★
  上川隆也、松下由樹、本仮屋ユイカ、和泉崇司、山口馬木也、上田耕一、黒田福美
  寺田農、中原丈雄、伊武雅刀、手塚とおる、矢島健一、正名僕蔵
「地味にスゴイ!!校閲ガール・河野悦子」(2016)★★★★☆
  石原さとみ、菅田将暉、本田翼、和田正人、江口のりこ、岸谷五朗、田口浩正、芳本美代子
  青木崇高、足立梨花、伊勢佳世、曽田茉莉江、松川尚瑠輝、杉野遥亮
「重版出来!」(2016)★★★★☆
  黒木華、オダギリジョー、坂口健太郎、小日向文世、松重豊、滝藤賢一、要潤、永山絢斗
  生瀬勝久、高田純次、ムロツヨシ、安田顕、濱田マリ、荒川良々、野々すみ花、永岡佑
  前野朋哉、最上もが、高月彩良、蒔田彩珠
「水晶の鼓動 殺人分析班」(2016)★★★★☆
  木村文乃青木崇高、渡辺いっけい、北見敏之、藤本隆宏、小柳友、勝村政信、仲村トオル
  神野三鈴、古川雄輝、山本浩司、高橋努、柳憂怜、柴田次郎、前川泰之、盛隆二、手塚真生
「ちかえもん」(2016)★★★★☆
  松尾スズキ青木崇高優香富司純子岸部一徳、高岡早紀、小池徹平、北村有起哉
  早見あかり山崎銀之丞、徳井優、佐川満男、茂山逸平、村上かず
「トットてれび」(2016)★★★★
  満島ひかり、中村獅童、ミムラ、濱田岳、菊池亜希子、小松和重、安田成美、岸本加世子、松重豊
  大森南朋、武田鉄矢、藤澤遥、吉田栄作、吉田鋼太郎
「とと姉ちゃん」(2016)★★★★★
  高畑充希木村多江唐沢寿明大地真央、向井理、片岡鶴太郎、相楽樹杉咲花
  西島秀俊、秋野暢子、山口智充、及川光博、吉本実憂、伊藤淳史、奥貫薫、悠木千帆、
  ピエール瀧、平岩紙、石丸幹二、片桐はいり、矢野聖人、佐藤仁美、内田未来、須田琥珀、
  古田新太、志賀廣太郎、野間口徹、螢雪次朗、筧利夫、高橋ひとみ、真野響子、モロ師岡
  ふせえり、寺田農、小倉一郎、笠原秀幸、西尾まり、青木さやか、斎藤洋介、ラサール石井
「逃げる女」(2016)★★★★★
  水野美紀仲里依紗遠藤憲一、賀来賢人、田畑智子、原田美枝子、でんでん、黒沢あすか
  水崎綾女、加藤雅也、高橋克典、古谷一行、高橋努、山崎潤、生島勇輝
「ヒポクラテスの誓い」(2016)★★★★
  北川景子柴田恭兵古谷一行、尾上松也、濱田マリ、佐藤めぐみ、橋爪遼、大塚良重
  稲健二、相島一之、金田明夫、内田未来、遠山俊也、藤田宗久
「富士ファミリー」(2016)★★★★
  薬師丸ひろ子、小泉今日子、ミムラ中村ゆりか、片桐はいり、吉岡秀隆、細田善彦、小倉一郎
  マキタスポーツ、仲里依紗、深水元基、鴇田蒼太郎、青木和代、西慶子、高橋克実
「まかない荘」(2016)★★★★
  清野菜名菊池亜希子、山崎裕太、内田慈、山野海、藤村真優、鈴之助、福士誠治,柳沢慎吾
「山女日記 ~女たちは頂を目指して~」(2016、湊かなえ原作)★★★★★
  工藤夕貴、黄川田将也、夏菜、かたせ梨乃、萩原聖人、馬渕英里何、上原多香子、南野陽子
  温水洋一、田島令子、佐藤藍子、井上晴美、佐藤めぐみ、片岡礼子、丘みつ子、山田紗椰
  山下容莉枝、螢雪次朗、武田航平、高橋洋、大橋吾郎
「アキラとあきら」(2017)★★★★☆
  向井理斎藤工、小泉孝太郎、田中麗奈、石丸幹二、賀来賢人、尾美としのり、松重豊
  木下ほうか、堀部圭亮、石堂夏央、宮川一朗太、森田甘路、瀧本美織、永島敏行、品川徹
  床嶋佳子、長野里美、羽場裕一、鶴見辰吾、螢雪次朗、温水洋一
「石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」(2017)★★★★☆
  佐藤浩市江口洋介北村一輝萩原聖人、飯豊まりえ、真飛聖、菅田俊、矢島健一、小野了
  細田善彦、佐野史郎、津嘉山正種、笹野高史、田中健、羽場裕一、石崎なつみ、三浦誠己
「悦ちゃん 昭和駄目パパ恋物語」(2017、獅子文六原作)★★★★★
  ユースケ・サンタマリア平尾菜々花門脇麦石田ニコル、安藤玉恵、峯村リエ、大島蓉子
  相島一之、堀内敬子、村川絵梨、矢野聖人、岡本健一、矢崎由紗、紺野美沙子、西村まさ彦
  中村靖日、本村健太郎、石母田美里、片岡愛之助(語り)
「過保護のカホコ」(2017)★★★★
  高畑充希黒木瞳竹内涼真、時任三郎、三田佳子、濱田マリ、西尾まり、中島ひろ子
  梅沢昌代、夙川アトム、久保田紗友、横山歩、佐藤二朗、西岡徳馬、平泉成
「監獄のお姫さま」(2017)★★★★
  小泉今日子満島ひかり,伊勢谷友介、夏帆菅野美穂、坂井真紀、森下愛子、塚本高史
  乙葉、雛形あきこ、猫背椿、赤堀雅秋、高田純次、筒井真理子、あびる優、河井青葉
「緊急取調室 第2シーズン」(2017)★★★★☆
  天海祐希、田中哲司、小日向文世、大杉漣、でんでん、速水もこみち、鈴木浩介、三上市朗
  眞島秀和、中村静香、生島勇輝、川井つと、青柳尊哉、酒井美紀、矢田亜希子、森尾由美
  鶴田真由
「クロスロード~声なきに聞き形なきに見よ~」(2017) ★★★★★
  舘ひろし神田正輝、栗山千明、竹中直人、高島礼子、中村玉緒、勝野洋、平泉成、若林豪
  野村真美、渡辺めぐみ、神田穣、神保悟志、飯沼千恵子、黒田福美、河相我聞、ルウト
  水橋研二、金児憲史、松原夏海、神納愛子、嶋尾康史、森下能幸、小松利昌、小田桐一、楠見薫
「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」(2017)★★★★
  貫地谷しほり岸谷五朗、中村俊介、西岡徳馬、津川雅彦、野際陽子、丘みつ子、吹越満
  でんでん、阿部進之介、木下ほうか、神尾佑、床嶋佳子、ミッツ・マングローブ
「社長室の冬 -巨大新聞社を獲る男-」(2017) ★★★★
  三上博史、福士誠治、北乃きい、笹野高史、シャーロット・ケイト・フォックス、小市慢太郎
  渡辺いっけい、田中泯、岸部一徳、森本レオ、中村敦夫、南沢奈央、原日出子、正名僕蔵
「全力失踪」(2017)★★★★
  原田泰造、緒川たまき、勝村政信、鈴木梨央、西尾まり、楊原京子、野口かおる、手塚とおる
  辻萬長,江波杏子、釈由美子、泉谷しげる
「小さな巨人」(2017)★★★★
  長谷川博己岡田将生、芳根京子、香川照之、三田佳子、梅沢富美男、和田アキ子、市川実日子
  安田顕、駿河太郎、手塚とおる、神尾佑、竜星涼、夏緒、加藤晴彦、佐々木希、春風亭昇太
  ユースケ・サンタマリア、中村アン、高橋英樹、桂文枝、木場勝己、吉田羊、神野三鈴
  長江英和
「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」(2017、小川糸原作)★★★★
  多部未華子倍賞美津子、高橋克典、奥田瑛二、江波杏子、上地雄輔、片瀬那奈、草村礼子
  原日出子、大島蓉子、新津ちせ、小倉一郎
「トットちゃん!」(2017)★★★★☆
  清野菜名松下奈緒山本耕史小澤征悦、三宅健、高岡早紀、豊嶋花、新納慎也、凰稀かなめ
  黒坂真美、隈部洋平、八木亜希子、佐藤B作、里見浩太朗、真瀬樹里、山崎樹範、高橋克典
  浅野ゆう子、近藤真彦、趣里、山田真歩
「母になる」(2017)★★★★
  沢尻エリカ、藤木直人、中島裕翔、道枝駿佑、高橋メアリージュン、藤澤遥、望月歩、成田偉心
  中山優貴、板谷由夏、風吹ジュン、小池栄子
「ひよっこ」(2017)★★★★
  有村架純、沢村一樹、木村佳乃、古谷一行、峯田和伸、宮本信子、佐々木蔵之介、羽田美智子
  遠山俊也、佐久間由衣、泉澤祐希、白石加代子シシド・カフカ、菅野美穂、峯田和伸、柴田理恵、
  和久井映見、松本穂香、藤野涼子、小島藤子、八木優希、三宅裕司、竹内涼真、光石研
「ブランケット・キャッツ」(2017、重松清原作)★★★★
  西島秀俊、吉瀬美智子、島崎遥香、唐田えりか、蓮佛美沙子ともさかりえ、奥貫薫、伊武雅刀
  富田靖子、朝加真由美、水原ゆき、酒井美紀、美保純
「宮沢賢治の食卓」(2017)★★★★☆
  鈴木亮平石橋杏奈、山崎育三郎、平田満市川実日子、井之脇海、畦田ひとみ、荒田悠良
  柳沢慎吾、堺翔太、濱田海斗、神野三鈴、おかやまはじめ、竹財輝之助
「山女日記 ~山フェスに行こう/アルプスの女王~」(2017、湊かなえ原作)★★★★☆
  工藤夕貴、黄川田将也、夏菜、かたせ梨乃、黒谷友香、黒川芽以、舞羽美海、利重剛
  山根和馬、大橋吾郎、大塚良重、窪田ミナ、湊かなえ、市橋直歩
「居酒屋ぼったくり」(2018)★★★★
  片山萌美、高月彩良、福田彩乃、黒羽麻璃央、イッセー尾形、久保酎吉、高山猛久、大方斐紗子
  佐野史郎、村田秀亮
「クロスロード3 群衆の正義」(2018)★★★★
  舘ひろし、神田正輝、風間俊介、志田未来、神田穣、根岸季衣、塚本高史、徳重聡,橋本マナミ
  中村玉緒、飯沼千恵子、神保悟志、松村北斗、相島一之、利重剛、山口翔悟、奥田圭悟
「指定弁護士」(2018)★★★★
  北川景子、北村一輝、えなりかずき、真飛聖、矢柴俊博、中村梅雀、石橋蓮司、羽田美智子
  松重豊、生瀬勝久、正名僕蔵、相島一之、林泰文、螢雪次朗
「ダイアリー」(2018)★★★★
  蓮佛美沙子、菊池桃子、中村蒼、大塚寧々、濱田マリ、西田尚美、緒形直人、神保悟志
  入山法子、山本陽子、山村紅葉、越後はる香、田中日奈子、山内優子,北川美穂
「探偵物語」(2018)★★★★
  斎藤工、二階堂ふみ、長谷川京子、國村隼、夏木マリ、吹越満、正名僕蔵、庄野崎謙
  稲葉友、山下容莉枝、山本亜依、大河内浩、鈴木貴之
「dele(ディーリー)」(2018) ★★★★
  山田孝之、菅田将暉、麻生久美子、余貴美子、高橋源一郎、円城寺あや、柴咲コウ、橋本愛
  霧島れいか
「白日の鴉」(2018)★★★★
  伊藤淳史、遠藤憲一、福田沙紀、寺尾聰、益岡徹、きたろう、逢沢りな、姜暢雄、相築あきこ
  戸田昌宏、三浦誠己、小松利昌、桜井聖、斉藤暁
「半分、青い。」(2018)★★★★☆
  永野芽郁佐藤健、松雪泰子、滝藤賢一、風吹ジュン、中村雅俊、原田知世、谷原章介、余貴美子
  豊川悦司、井川遥、清野菜名、志尊淳、中村倫也、斎藤工、キムラ緑子、麻生祐未、須藤理彩
  嶋田久作、有田哲平、小西真奈美、佐藤江梨子
「ミス・シャーロック」(2018)★★★★
  竹内結子、貫地谷しほり、小澤征悦、中村倫也、大谷亮平、滝藤賢一、斉藤由貴
  伊藤蘭、水川あさみ
「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(2018)★★★★
  米倉涼子向井理、林遣都、菜々緒、小日向文世、高橋英樹、勝村政信、安達祐実、荒川良々
  内藤理沙、宮本茉由、寛一郎、勝野洋、三浦翔平、志垣太郎、斉藤由貴、竜雷太、YOU
  東ちづる、速水もこみち
「イノセンス 冤罪弁護士」(2019) ★★★★
  坂口健太郎、川口春奈、趣里、小市慢太郎、正名僕蔵、杉本哲太、市川実日子、草刈正雄
  藤木直人、赤楚衛二、中島広稀、鈴之助、伊藤梨沙子、吉田栄作、仙道敦子、山本耕史
  ともさかりえ、吹越満、須賀健太、川島海荷、片岡鶴太郎、螢雪次朗、酒井美紀、佐藤B作
「緊急取調室 第3シーズン」(2017)★★★★☆
「少年寅次郎」(2019) ★★★★
  井上真央、毎熊克哉、藤原颯音、井上優吏、石丸幹二、岸谷五朗、きたろう、泉澤祐希、山時聡真
  岸井ゆきの、山田真歩、落井実結子、野澤しおり、井頭愛海
「スカーレット」(2019) ★★★★
  戸田恵梨香北村一輝、富田靖子、松下洸平大島優子、佐藤隆太、水野美紀、三林京子
  羽野晶紀、財前直見、桜庭ななみ、林遣都、マギー、イッセー尾形伊藤健太郎、福田麻由子
  西川貴教
「凪のお暇」(2019) ★★★★☆
  黒木華高橋一生中村倫也市川実日子三田佳子、吉田羊、片平なぎさ武田真治
  瀧内公美、大塚千弘、藤本泉、水谷果穂、唐田えりか、中田クルミ、西田尚美、鷲尾真知子
「なつぞら」(2019) ★★★★
  広瀬すず、岡田将生、草刈正雄、松嶋菜々子、藤木直人、清原翔、福地桃子、安田顕、高畑淳子
  平尾菜々花、仙道敦子、山田裕貴、戸次重幸、小林綾子、吉沢亮、犬飼貴丈、柄本佑、鈴木杏樹
  中原丈雄、北乃きい、山口智子、比嘉愛未、近藤芳正、水谷果穂,戸田恵子、辻萬長、中川大志
  リリー・フランキー、井浦新、貫地谷しほり、染谷将太,角野卓造、工藤阿須加
「ノーサイド・ゲーム」(2019) ★★★★
  大泉洋、松たか子、高橋光臣、上川隆也、中村芝翫、渡辺裕之、大谷亮平、盛永晶月、西郷輝彦
  尾藤イサオ、凰稀かなめ、濱津隆之、川田裕美、市川右近、眞栄田郷敦、笹本玲奈、入江甚儀
  松尾諭、石川禅、村田雄浩、藤原光博、佐伯大地、阿部純子
「螢草 菜々の剣」(2019) ★★★★
  清原果耶、町田啓太、北村有起哉、谷村美月、南沢奈央、苅谷俊介、松尾諭、濱田マリ、宇梶剛士
  イッセー尾形、石橋蓮司、中原丈雄、本田博太郎、高田翔、松大航也、中山麻聖、川口覚
「メゾン・ド・ポリス」(2019) ★★★★
  高畑充希、西島秀俊、西田尚美、近藤正臣、角野卓造、野口五郎、小日向文世、佐野史郎
  竜星涼、中山エミリ、橋本マナミ、木村了
「やすらぎの刻~道」(2019) ★★★★★
  石坂浩二、浅丘ルリ子、加賀まりこ、ミッキー・カーチス、橋爪功、山本圭、風吹ジュン
  上條恒彦、草刈民代、いしだあゆみ、板谷由夏、伊吹吾郎、大空眞弓、丘みつ子
  倉田保昭、笹野高史、ジェリー藤尾、名高達男、藤竜也、松原智恵子、高橋由美子
  渡辺早織、岡本智礼、酒井波湖、渡邉甚平、秋元才加、田中哲司、菅谷哲也
  駿河太郎、梅宮辰夫、水野久美、八千草薫、草刈麻有、清野菜名、岸本加世子
  マイク眞木、里見浩太朗、奈良岡朋子
「教場」(2020) ★★★★☆
  木村拓哉工藤阿須加大島優子、川口春奈、村井良大、三浦翔平、味方良介、葵わかな
  林遣都、井之脇海、西畑大吾、富田望生、小日向文世、高橋ひとみ、佐藤仁美
「私刑人~正義の証明」(2020) ★★★★
  遠藤憲一、北村有起哉、内山理名、光石研、竹中直人、酒井美紀、長谷川純、濱津隆之
  浅野和之、竹野谷咲、井田國彦、沢井美優、星奈優里
「スイッチ」(2020) ★★★★
  阿部サダヲ、松たか子、眞島秀和、中村アン、石橋静河、岸井ゆきの、高畑淳子、尾美としのり
  岡部たかし、嶋田久作、原日出子、井之脇海、迫田孝也、篠原悠伸、阿南敦子
「そして、ユリコは一人になった」(2020) ★★★★
  玉城ティナ、岡本夏美、小越勇輝、紺野彩夏、柴田杏花、森迫永依、天野はな、大原梓
  中尾有伽、野々村はなの、松井健太、小平大智、福澤重文、平岡祐太
「半沢直樹」(2020)  ★★★★☆
  堺雅人香川照之、北大路欣也、柄本明片岡愛之助筒井道隆江口のりこ、森田順平
  三浦浩一、古田新太、段田安則、市川猿之助、及川光博、滝藤賢一、上戸彩、児嶋一哉
  尾上松也、西田尚美、石黒賢、井川遥、賀来賢人、木場勝己、志垣太郎

*特に素晴らしい演技を残した俳優、あるいは魅力的だった人には色を付けてあります。

 

 テレビ・ドラマはアメリカ・イギリス・韓国の3大国がそのレベルの高さにおいて群を抜いている。それに比べると日本のテレビ・ドラマは情けないほど貧弱だと思わざるを得ない。とりわけ、サスペンス・ドラマ、刑事・犯罪ドラマのジャンルでの彼我の差は絶望的なほど大きい。日本にもその分野に優れたものがないわけではないが、総じて事件の背後にある社会の矛盾や腐敗に対する切込みが弱い。英米の場合テロリストが絡んだ事件の場合荒唐無稽になりがちで興をそぐが、次から次へと新たな犯罪の手口を考え出す力量は日本の比ではない。それだけ犯罪がはびこり深刻な状態にあると言うことだろう。日本では本物の銃を見たことすらない人がほとんどで、殺人事件の現場や銃撃戦など一生縁のない人ばかりという安全な社会に住んでいるわけだから、確かにリアルな犯罪ドラマは作りにくい。犯罪ドラマのジャンルで最も充実しているのはすぐ隣の韓国である。甚だしい格差社会になった現状を反映した犯罪ドラマが多く、日本のドラマに比べるとリアリティが天と地ほども違う。それに何といっても悪党役が凄い存在感だ。簡単につかまらない。さすがにここまで追い詰めればと思うと予想もしない手口でするりと逃げおおせてしまう。常に先手を打って容易に尻尾をつかませない。韓国ドラマに多い復讐劇も同じで、追うものと追われるものの果てしのないつばぜり合いが逆転、また逆転という波乱の展開でこれでもかと続く。無理に引き延ばしていると感じることもしばしばあるが、それでもとにかくぐいぐいと最後まで引っ張ってゆく演出力と脚本力は称賛に値する。「半沢直樹」のように不自然なほどの「顔芸」で引き付けようなどと安易な演出はしていないところが良い(「半沢直樹」がつまらないと言っているわけではなく、あのドラマの魅力はそこにあるわけではないと言いたい)。

 ただ、最近ユーネクストで浴びるほど観ているうちに、日本にもすぐれたドラマが結構あると見直している。僕は衛星放送の契約をしていないので、ユーネクストに入るまでは地上波のドラマしか観られなかった。何度も言うように、良いものはほとんど衛星放送で流し、地上波は碌に観るものがないという状態が長いこと続いている。良いのを観たければ別料金を払え、という高飛車な態度に我慢がならないので衛星放送は観る気になれない。これからも絶対に契約するつもりはない。ただそのために多くのすぐれた番組を見逃がしてきたことも事実だ。これまで見逃してきた膨大な作品群(テレビ・ドラマに限らずあらゆるジャンルを含めて)の一部をユーネクストでようやく観ることができるようになったわけだ。

 70年代に映画に夢中になって以来、テレビ・ドラマはほとんど観なくなった。しかしその前は結構観ていた。「七人の刑事」、「キイハンター」、「若者たち」、「泣いてたまるか」、「てなもんや三度笠」、「三匹の侍」、「銭形平次」、「素浪人月影兵庫」、「人形佐七捕物帳」、「鞍馬天狗」(大瀬康一版)、「白馬童子」、「忍者部隊月光」、人形劇の「ひょっこりひょうたん島」等々。しかし何せ50年以上も前に観たので、評価がつけられない。ほとんどは今観たらがっかりする可能性大である。したがって映画版を観てやっぱり面白いと思った「三匹の侍」以外は外した。

 むしろ当時一番面白かったのはアメリカ製のドラマだった。調べてみるとあるわ、あるわ!自分でもびっくりするほどいくらでも出て来る。「ローン・レンジャー」、「ローハイド」、「コンバット」、「ライフルマン」、「ララミー牧場」、「名犬ラッシー」、「名犬リンチンチン」、「とつげき!マッキーバー」、「かわいい魔女ジニー」、「奥さまは魔女」、「アイ・ラブ・ルーシー」、「パパ大好き」、「パパは何でも知っている」、「ルート66」、「ベン・ケーシー」、「逃亡者」、「スパイ大作戦」、「怪傑ゾロ」、「じゃじゃ馬億万長者」、「サンセット77」、「わんぱくフリッパー」、「0011ナポレオン・ソロ」、「原子力潜水艦シービュー号」、「宇宙家族ロビンソン」、「タイムトンネル」、「弁護士ペリー・メイスン」、「ミスター・エド」、等々。そういえば、「ヒッチコック劇場」や「木下恵介アワー」など監督名を冠した番組もあった。これらも今観たらがっかりするのが少なくないかもしれないが、総じて日本製ドラマよりは出来が良かったと思う。

 70年代以降は「北の国から」を除いてほとんどまともに観たものはない。NHKの連続テレビ小説も長いこと観なかった。あまりにも演出がひどすぎて観るに堪えなかったのである。学芸会のようなわざとらしい演技や演出、カット前に顔の表情を長々と映す不自然さ。無知な大衆相手だからこの程度で良いんだと言わんばかりのいい加減な作り。それはひどいものだった。国民を馬鹿にするなと腹が立ったものだ。「おしん」もヒロインが子供のころは日本映画の名作を思わせる出来で素晴らしかったが、大人になってからは観る気がしなくなった。しかしさすがに最近の物はかなり改善されている。演技も演出も格段に自然になってきた。連ドラを観直すようになったのは、「あまちゃん」の総集編を観てからだ。放送時は観ていなかったが、総集編は面白かった。それ以降は割とコンスタントに観ている。最初の4,5回を観て面白いと感じたら最後まで観るというパターンですべて観ているわけではないが。この何年かは傑作と呼べるものも少なくないと思う。

 なお、リストは四つ星以上付けたものだけを載せてあります。まだまだ見逃がしているものは多いはずですが、多少でも参考になれば作った甲斐があります。

2016年8月 3日 (水)

先月観た映画 採点表(16年7月)

「独裁者と小さな孫」(2014、モフセン・マフマルバフ監督、ジョージア・他)★★★★☆
「エベレスト 3D」(2015、バルタザール・コルマウクル監督、アメリカ)★★★★
「草原の実験」(2014、アレクサンドル・コット監督、ロシア)★★★★
「オデッセイ」(2015、リドリー・スコット監督、アメリカ)★★★★
「ひつじ村の兄弟」(2015、グリームル・ハゥコーナルソン監督、アイスランド)★★★★
「岸辺の旅」(2015、黒沢清監督、日本)★★★★
「バードマン」(2014、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督、米)★★★★
「尚衣院-サンイウォン-」(2014、イ・ウォンソク監督、韓国)★★★★
「母と暮せば」(2015、山田洋次監督、日本)★★★★
「非常線の女」(1933、小津安二郎監督、日本)★★★☆
「キングコング対ゴジラ」(1962、本多猪四郎監督、日本)★★

主演男優
 5 ジェイソン・クラーク「エベレスト 3D」
   マット・デイモン「オデッセイ」
   ミシャ・ゴミアシュヴィリ「独裁者と小さな孫」
 4 マイケル・キートン「バードマン」

主演女優
 4 エレーナ・アン「草原の実験」
   吉永小百合「母と暮せば」

助演男優
 5 加藤健一「母と暮せば」
 4 キウェテル・イジョフォー「オデッセイ」

2016年7月26日 (火)

これから観たい&おすすめ映画・BD(16年8月)

【新作映画】公開日
7月16日
 「いしぶみ」(是枝裕和監督、日本)
 「生きうつしのプリマ」(マルガレーテ・フォン・トロッタ監督、ドイツ)
7月22日
 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」(ジェイ・ローチ監督、アメリカ)
 「ヤング・アダルト・ニューヨーク」((ノア・パームバック監督、アメリカ)
7月23日
 「ラサへの歩き方 祈りの2400km」(チャン・ヤン監督、中国)
 「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」(クーロ・サンチェス監督、スペイン)
 「ロスト・バケーション」(ジャウマ・コレット・セラ監督、アメリカ)
 「ミモザの島に消えた母」(フランソワ・ファヴラ監督、フランス)
 「シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ」(アンドレア・ツルコヴァー監督、チェコ)
7月30日
 「ロング・トレイル」(ケン・クワビス監督、アメリカ)
 「アンフレンデッド」(レヴァン・ガブリアゼ監督、アメリカ)
 「ヒップスター」(デスティン・ダニエル・クレットン監督、アメリカ)
 「ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~」(イ・ソクフン監督、韓国)
 「めぐりあう日」(ウニー・ルコント監督、フランス)
8月5日
 「ニュースの真相」(ジェームズ・ヴァンダービルト監督、米・オーストラリア)
8月6日
 「神のゆらぎ」(ダニエル・グルー監督、カナダ)
 「ハイ・ライズ」(ベン・ウィートリー監督、イギリス)
 「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」(マリー・カスティーユ、他、監督、フランス)
 「ルドルフとイッパイアッテナ」(湯山邦彦、榊原幹典監督、日本)
8月11日
 「ジャングル・ブック」(ジョン・ファヴロー監督、米・英)
 「栄光のランナー/1936ベルリン」(スティーヴン・ホプキンス監督、米・独・カナダ)
8月13日
 「きみがくれた物語」(ロス・カッツ監督、アメリカ)
 「ストリート・オーケストラ」(セルジオ・マシャード監督、ブラジル)
 「ソング・オブ・ラホール」(シャルミーン・ウベード・チナーイ、他、監督、アメリカ)
8月19日
 「ゴーストバスターズ」(ポール・フェイグ監督、アメリカ)
8月20日
 「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」(トム・ムーア監督、アイルランド・ベルギー・仏・他)
 「イレブン・ミニッツ」(イエジー・スコリモフスキ監督、ポーランド・アイルランド)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
7月22日
 「スリーピング・ボイス~沈黙の叫び~」(ベニト・サンブラノ監督、スペイン)
7月29日
 「の・ようなもの のようなもの」(杉山泰一監督、日本)
8月2日
 「ビューティー・インサイド」(ペク監督、韓国)
 「僕たちの家に帰ろう」(リー・ルイジュン監督、中国)
 「最愛の子」(ピーター・チャン監督、中国・香港)
 「COP CAR/コップ・カー」(ジョン・ワッツ監督、アメリカ)
 「砂上の法廷」(コートニー・ハント監督、アメリカ)
8月3日
 「あの頃エッフェル塔の下で」(アルノー・デプレシャン監督、フランス)
 「オートマタ」(ガベ・イバニェス監督、ブルガリア・米・スペイン・カナダ)
 「僕だけがいない街」(平川雄一朗監督、日本)
 「特捜部Q -キジ殺し-」(ミケル・ノガール監督、デンマーク・独・スウェーデン)
 「虹蛇と眠る女」(キム・ファラント監督、オーストラリア・アイルランド)
 「これが私の人生設計」(リッカルド・ミラーニ監督、イタリア)
 「裁かれるは善人のみ」(アンドレイ・ズビャギンツェフ監督、ロシア)
 「十字架」(五十嵐匠監督、日本)
 「ホテルコパン」(門馬直人監督、日本)
 「西部戦線 1953」(チョン・ソンイル監督、韓国)
 「幸せをつかむ歌」(ジョナサン・デミ監督、アメリカ)
 「パディントン」(ポール・キング監督、イギリス)
 「鬼はさまよう」(ソン・ヨンホ監督、韓国)
 「家族はつらいよ」(山田洋次監督、日本)
 「アクト・オブ・ウォー」(ヤスミン・ディスダー監督、イギリス)
8月5日
 「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」(ダグラス・マッキノン監督、イギリス)
8月17日
 「黒崎くんの言いなりになんてならない」(月川翔監督、日本)
8月24日
 「不屈の男 アンブロークン」(アンジェリーナ・ジョリー監督、アメリカ)
 「レヴェナント:甦りし者」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、米・香港・台湾、他)
 「インサイダーズ 内部者たち」(ウ・ミンホ監督、韓国)
 「俳優 亀岡拓次」(横浜聡子監督、日本)
 「ズートピア」(バイロン・ハワード、他、監督、アメリカ)
8月26日
 「キャロル」(トッド・ヘインズ監督、アメリカ)
9月2日
 「ヘイトフル・エイト」(クエンティン・タランティーノ監督、アメリカ)
 「LOVE」(ギャスパー・ノエ監督、フランス・ベルギー)
 「ボーダーライン」(ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、アメリカ)
 「カミーユ、恋はふたたび」(ノエミ・ルヴォウスキー監督、フランス)
 「ニューヨーク眺めのいい部屋売ります」(リチャード・ロンクレイン監督、米)
 「美術館を手玉にとった男」(サム・カルマン、他、監督、アメリカ)
 「蜜のあわれ」(石井岳龍監督、日本)
 「シェル・コレクター」(坪田義理史監督、日本)
 「リップヴァンウィンクルの花嫁」(岩井俊二監督、日本)
 「極秘捜査」(クァク・キョンテク監督、韓国)
 「偉大なるマルグリット」(グザヴィエ・ジャノリ監督、フランス)
 「火の山のマリア」(ジョン・マクリーン監督、英・ニュージーランド)
9月7日
 「リリーのすべて」(トム・フーバー監督、イギリス)
 「スポットライト 世紀のスクープ」(トム・マッカーシー監督、アメリカ・カナダ)
 「星ガ丘ワンダーランド」(柳沢翔監督、日本)
 「恋人たち」(橋口亮輔監督、日本)  「二重生活」(ロウ・イエ監督、中国・フランス)
 「人生は小説よりも奇なり」(アイラ・サックス監督、アメリカ)
9月9日
 「エヴェレスト 神々の山嶺」(平山秀幸監督、日本)
 「桜ノ雨」(ウエダアツシ監督、日本)
9月16日
 「ルーム」(レニー・アブラハムソン監督(アイルランド・カナダ)

【旧作DVD・BD】発売日
7月21日
 「ヘッドライト」(56、アンリ・ヴェルヌイユ監督、フランス)DVD
7月29日
 「アンドレイ・タルコフスキー傑作選 Blu-ray BOX」(60~74、アンドレイ・タルコフスキー監督)
  収録作品:「ローラーとバイオリン」「僕の村は戦場だった」「アンドレイ・ルブリョフ」他、全5作
 「炎628」(85、エレム・クリモフ監督、ソ連)
7月30日
 「ビッグ・シティ(大都会)」(63、サタジット・レイ監督、インド)
 「チャルラータ」(64、サタジット・レイ監督、インド)
8月2日
 「刑事フォイル DVD-BOX」(01~03、イギリス) TVシリーズ
8月3日
 「ニューヨーク東8番街の奇跡」(87、マシュー・ロビンス監督、アメリカ)
 「ナバロンの要塞」(61、J.リー・トンプソン監督、英・米)
 「人間の条件 Blu-ray BOX 全六部」(59~61、小林正樹監督、日本)
8月10日
 「ルーツ ブルーレイ・コンプリートBOX」(77、アメリカ)TVシリーズ
8月26日
 「ルートヴィヒ デジタル修復版」(72、ルキノ・ヴィスコンティ監督、伊・仏・西独)
8月30日
 「エイリアン2 <日本語吹替完全版>」(86、ジェームズ・キャメロン監督、英・米)

 今月はかなり充実している。劇場新作で注目しているのは「生きうつしのプリマ」、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」、「ラサへの歩き方 祈りの2400km」、「ミモザの島に消えた母」、「シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ」、「めぐりあう日」、「生きうつしのプリマ」、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」、「ラサへの歩き方 祈りの2400km」、「ミモザの島に消えた母」、「シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ」、「めぐりあう日」など。

 新作BD・DVDも続々と注目作が出る。「スリーピング・ボイス~沈黙の叫び~」、「の・ようなもの のようなもの」、「オートマタ」、「これが私の人生設計」、「裁かれるは善人のみ」、「鬼はさまよう」、「家族はつらいよ」、「アクト・オブ・ウォー」、「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」、「レヴェナント:甦りし者」、「インサイダーズ 内部者たち」、「キャロル」、「蜜のあわれ」、「リップヴァンウィンクルの花嫁」、「リリーのすべて」、「スポットライト 世紀のスクープ」、「恋人たち」、「人生は小説よりも奇なり」、「エヴェレスト 神々の山嶺」、等々。ものすごい充実ぶりだ。

 旧作BD・DVDは少しさびしいか。「ヘッドライト」、「アンドレイ・タルコフスキー傑作選 Blu-ray BOX」、「炎628」、「人間の条件 Blu-ray BOX 全六部」、「ルーツ ブルーレイ・コンプリートBOX」あたりがおすすめ。イギリスのTV刑事ドラマ「刑事フォイル DVD-BOX」は未見だが、ぜひ観てみたい。最後に一言。「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」の公開に合わせて、「黒い牡牛」をDVD化してほしい。40年ほど前の「日曜洋画劇場」で淀川長治氏の解説付きで観て以来全く観る機会がなかった。この機会にぜひ。

2016年7月 8日 (金)

先月観た映画 採点表(16年6月)

「黄金のアデーレ 名画の帰還」(2015、サイモン・カーティス監督、英・米)★★★★★
「ブリッジ・オブ・スパイ」(2015、スティーヴン・スピルバーグ)監督、アメリカ)★★★★☆
「白熱」(1949、ラオール・ウォルシュ監督、アメリカ)★★★★☆
「百日紅~Miss HOKUSAI~」(2015、原恵一監督、日本)★★★★
「ソロモンの偽証 前篇・事件」(2015、成島出監督、日本)★★★★
「ソロモンの偽証 後篇・裁判」(2015、成島出監督、日本)★★★★

主演男優
 5 ジェームズ・キャグニー「白熱」
   トム・ハンクス「ブリッジ・オブ・スパイ」
 4 ライアン・レイノルズ「黄金のアデーレ 名画の帰還」

主演女優
 5 ヘレン・ミレン「黄金のアデーレ 名画の帰還」

助演男優
 5 マーク・ライランス「ブリッジ・オブ・スパイ」

2016年6月30日 (木)

これから観たい&おすすめ映画・BD(16年7月)

【新作映画】公開日
6月24日
 「ダーク・プレイス」(ジル・バケ・ブランネール監督、英・仏・米)
 「WE ARE YOUR FRIENDS」(マックス・ジョセフ監督、米・仏・英)
6月25日
 「ふきげんな過去」(前田司郎監督、日本)
 「嫌な女」(黒木瞳監督、日本)  
 「二重生活」(岸善幸監督、日本)
 「鬼はさまよう」(ソン・ヨンホ監督、韓国)
 「極秘捜査」(クァク・キョンテク監督、韓国)
 「ブレイク・ビーターズ」(ヤン・マルティン・シャルフ監督、ドイツ)
7月1日
 「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」(ジェームズ・ボビン監督、アメリカ)
 「ブルックリン」(ジョン・クローリー監督、アイルランド・イギリス・カナダ)
7月2日
 「疑惑のチャンピオン」(スティーヴン・フリアーズ監督、イギリス)
 「フラワーショウ!」(ヴィヴィアン・デ・オルシィ監督、アイルランド)
 「全員、片思い」(伊藤秀裕監督、日本)
7月8日
 「ペレ 伝説の誕生」(ジェフ・ジンバリスト、他、監督、アメリカ)
7月9日
 「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(ローランド・エメリッヒ監督、アメリカ)
 「シング・ストリート 未来へのうた」(ジョン・カーニー監督、アイルランド・英・米)
 「死霊館 エンフィールド事件」(ジェームズ・ワン監督、アメリカ)
 「ラスト・タンゴ」(ヘルマン・クラル監督、ドイツ・アルゼンチン)
7月16日
 「ファインディング・ドリー」(アンドリュー・スタントン監督、アメリカ)
 「AMY エイミー」(アシフ・カバディア監督、英・米)
 「暗殺」(チェ・ドンフン監督、韓国)
 「映画よ、さようなら」(フェデリコ・ベイロー監督、ウルグアイ・スペイン)
 「ハリウッドがひれ伏した銀行マン」(ローゼマイン・アフマン監督、オランダ)
7月29日
 「シン・ゴジラ」(庵野秀明監督、日本)
9月10日
 「スーサイド・スクワッド」(デヴィッド・エアー監督、アメリカ)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
6月22日
 「独裁者と小さな孫」(モフセン・マフマルバフ監督、ジョージア・仏・英・独)
6月24日
 「シーヴァス」(カアン・ミュジデジ監督、トルコ・ドイツ)
7月2日
 「完全なるチェックメイト」(エドワード・ズウィック監督、アメリカ)
 「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」(コーネル・ムンドルッツォ監督、ハンガリー・他)
 「美しき人生のつくりかた」(ジャン・ポール・ルーブ監督、フランス)
 「ひつじ村の兄弟」(グリームル・ハゥコーナルソン監督、アイスランド・デンマーク)
 「消えた声が、その名を呼ぶ」(ファティ・アキン監督、独・仏・伊・露、トルコ、カナダ、他)
 「サウルの息子」(ネメシュ・ラースロー監督、ハンガリー)
 「お盆の弟」(大崎章監督、日本)
 「シーズンズ 2万年の地球旅行」(ジャック・ペラン監督、フランス)
 「神様なんてくそくらえ」(ジョシュア&ベニー・サフディ、他、監督、アメリカ・フランス)
 「縁 The Bride of Izumo」(堀内博志監督、日本)
7月6日
 「スティーブ・ジョブズ」(ダニーボイル監督、アメリカ)
 「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(アダム・マッケイ監督、アメリカ)
 「ザ・ブリザード」(クレイグ・ギレスピー監督、アメリカ)
 「アーロと少年」(ピーター・ソーン監督、アメリカ)
 「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」(ジョン・マッデン監督、英・米)
 「人生の約束」(石橋冠監督、日本)
 「エージェント・ウルトラ」(ニマ・ヌリザデ監督、アメリカ)
 「ノーザン・リミット・ライン 南北海戦」(キム・ハクスン監督、韓国)
 「GAMBA ガンバと仲間たち」(小川洋一監督、日本)
7月8日
 「ディーパンの闘い」(ジャック・オディアール監督、フランス)
 「ピンクとグレー」(行定勲監督、日本)
 「ハッピーエンドの選び方」(シャロン・マイモン、他、監督、イスラエル)
 「流れ星が消えないうちに」(柴山健次監督、日本)
7月13日
 「猫なんかよんでもこない。」(山本透監督、日本)
 「追撃者」(ジャン=バティスト・レオネッティ監督、アメリカ)
7月20日
 「探偵なふたり」(キム・ジョンフン監督、韓国)
7月29日
 「の・ようなもの のようなもの」(杉山泰一監督、日本)
8月2日
 「ビューティー・インサイド」(ペク監督、韓国)
 「僕たちの家に帰ろう」(リー・ルイジュン監督、中国)
 「最愛の子」(ピーター・チャン監督、中国・香港)
 「COP CAR/コップ・カー」(ジョン・ワッツ監督、アメリカ)
8月3日
 「あの頃エッフェル塔の下で」(アルノー・デプレシャン監督、フランス)
 「オートマタ」(ガベ・イバニェス監督、ブルガリア・米・スペイン・カナダ)
 「僕だけがいない街」(平川雄一朗監督、日本)
 「特捜部Q -キジ殺し-」(ミケル・ノガール監督、デンマーク・独・スウェーデン)
 「虹蛇と眠る女」(キム・ファラント監督、オーストラリア・アイルランド)
 「これが私の人生設計」(リッカルド・ミラーニ監督、イタリア)
 「裁かれるは善人のみ」(アンドレイ・ズビャギンツェフ監督、ロシア)
 「十字架」(五十嵐匠監督、日本)
 「ホテルコパン」(門馬直人監督、日本)
 「幸せをつかむ歌」(ジョナサン・デミ監督、アメリカ)
8月5日
 「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」(ダグラス・マッキノン監督、イギリス)
8月17日
 「黒崎くんの言いなりになんてならない」(月川翔監督、日本)

【旧作DVD・BD】発売日
6月15日
 「赤ちゃん教育」(38、ハワード・ホークス監督、アメリカ)
6月21日
 「地下室のメロディ」(63、アンリ・ヴェルヌイユ監督、フランス・イタリア)
6月24日
 「アラン・レネ Blu-ray ツインパック」(55、59、アラン・レネ監督、フランス)
  収録作品:「夜と霧」「二十四時間の情事」
 「ネオ・リアリズモ傑作集 Blu-ray BOX」(45、48、54、ヴィットリオ・デ・シーカ監督、他)
  収録作品:「無防備都市」「自転車泥棒」「イタリア旅行」
6月30日
 「ジャック・ベッケルBlu-ray ツインパック」(54、60、ジャック・ベッケル監督、仏・伊)  
  収録作品:「現金に手を出すな」「穴」
7月6日
 「イル・ポスティーノ」(94、マイケル・ラドフォード監督、イタリア・フランス・ベルギー)
7月13日
 「カサンドラ・クロス」(76、ジョルジ・パン・コスマトス監督、イタリア・イギリス)
 「カプリコン1」(77、ピーター・ハイアムズ監督、米・英)
 「いのちぼうにふろう」(71、小林正樹監督、日本)
8月3日
 「ニューヨーク東8番街の奇跡」(87、マシュー・ロビンス監督、アメリカ)

2016年6月12日 (日)

先月観た映画 採点表(16年5月)

「流れる」(1956、成瀬巳喜男監督、日本)★★★★★ 
「スポットライト 世紀のスクープ」(2015、トム・マッカーシー監督、アメリカ)★★★★☆
「華麗なる一族」(1974、山本薩夫監督、日本)★★★★☆
「ナイトクローラー」(2014、ダン・ギルロイ監督、アメリカ)★★★★☆
「黒衣の刺客」(2015、ホウ・シャオシェン監督、台湾)★★★★
「パプーシャの黒い瞳」(2013、ヨアンナ・コス&クシシュトフ・クラウゼ監督、ポーランド)★★★★
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015、J・J・エイブラムス監督、アメリカ)★★★★
「黒の魂」(2014、フランチェスコ・ムンズィ監督、イタリア・フランス)★★★★
「怒りの荒野」(1967、トニーノ・ヴァレリ監督、イタリア・ドイツ)★★★★

主演男優
 5 マイケル・キートン「スポットライト 世紀のスクープ」
   ジェイク・ギレンホール「ナイトクローラー」
   佐分利信「華麗なる一族」  
 4 マーク・ラファロ「スポットライト 世紀のスクープ」
   ジュリアーノ・ジェンマ「怒りの荒野」
   ファブリツィオ・フェラカーネ「黒の魂」

主演女優
 5 山田五十鈴「流れる」

助演男優
 5 リー・ヴァン・クリーフ「怒りの荒野」
   リーヴ・シュレイバー「スポットライト 世紀のスクープ」
   仲代達矢「華麗なる一族」
助演女優  
 5 田中絹代「流れる」
   京マチ子「華麗なる一族」  
 4 賀原夏子「流れる」

2016年5月28日 (土)

これから観たい&おすすめ映画・BD(16年6月)

【新作映画】公開日
5月21日
 「海よりもまだ深く」(是枝裕和監督、日本)
 「ディストラクション・ベイビーズ」(真利子哲也監督、日本)
 「明日の世界」(ドン・ハーツフェルト監督、アメリカ)
 「アメリカ・ワイルド」(グレッグ・マクギリヴレイ監督、アメリカ)
 「君がくれたグッドライフ」(クリスティアン・チューベルト監督、ドイツ)
5月27日」
 「スノーホワイト/氷の王国」(セドリック・ニコラス・トロイヤン監督、アメリカ)
 「神様メール」(ジャコ・ヴァン・ドルマル監督、仏・ベルギー・ルクセンブルク)
 「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」(マイケル・ムーア監督、アメリカ)
5月28日
 「エンド・オブ・キングダム」(ババク・ナジャフィ監督、(米・英・ブルガリア)
 「或る終焉」(ミシェル・フランコ監督、メキシコ・フランス)
 「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」(マイク・ファン・ディム監督、オランダ)
6月1日
 「デッドプール」(ティム・ミラー監督、アメリカ・カナダ)
6月3日
 「サウスポー」(アントワン・フークア監督、アメリカ)
6月4日
 「高台家の人々」(土方政人監督、日本)
 「団地」(阪本順治監督、日本)
 「鏡は嘘をつかない」(カミラ・アンディニ監督、インドネシア)
 「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」(ジュリアン・ジャロルド監督、イギリス)
6月10日
 「マネーモンスター」(ジョディ・フォスター監督、アメリカ)
 「シークレット・アイズ」(ビリー・レイ監督、アメリカ)
 「アウトバーン」(エラン・クリーヴィー監督、イギリス・ドイツ)
6月11日
 「エクス・マキナ」(アレックス・ガーランド監督、イギリス)
 「ノック・ノック」(イーライ・ロス監督、アメリカ)
 「教授のおかしな妄想殺人」(ウディ・アレン監督、アメリカ)
 「二ッ星の料理人」(ジョン・ウェルズ監督、アメリカ)
 「裸足の季節」(デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督、仏・トルコ・ドイツ)
 「夏美のホタル」(廣木隆一監督、日本)
6月17日
 「クローバーフィールド・レーン」(ダン・トラクテンバーグ監督、アメリカ)
 「帰ってきたヒトラー」(デヴィッド・ヴェンド監督、ドイツ)
6月18日
 「クリーピー 偽りの隣人」(黒沢清監督、日本)
 「レジェンド 狂気の美学」(ブライアン・ゲルゲランド監督、英・仏)
 「トリプル9 裏切りのコード」(ジョン・ヒルコート監督、アメリカ)
 「葛城事件」(赤堀雅秋監督、日本)
7月1日
 「アリス・イン・ワンダーランド」(ジェームズ・ボビン監督、アメリカ)
7月9日
 「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(ローランド・エメリッヒ監督、米)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
6月2日
 「リザとキツネと恋する死者たち」(ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ監督、ハンガリー)
 「サヨナラの代わりに」(ジョージ・C・ウルフ監督、アメリカ)
 「ザ・ガンマン」(ピエール・モレル監督、米・スペイン・英・仏)
 「杉原千畝 スギハラチウネ」(チェリン・グラック監督、日本)
 「ディーン、君がいた瞬間」(アントン・コービン監督、カナダ・独・オーストラリア)
 「海賊じいちゃんの贈りもの」(ガイ・ジェンキン監督、イギリス)
 「アレノ」(越川道夫監督、日本)
 「Dressing Up ドレッシングアップ」(安川有果監督、日本)
6月3日
 「メモリーズ 追憶の剣」(パク・フンシク監督、韓国)
 「フランス組曲」(ソウル・ディブ監督、イギリス・フランス・ベルギー)
 「ドリームホーム 99%を操る男たち」(ラミン・バーラニ監督、アメリカ)
 「オデッセイ」(リドリー・スコット監督、アメリカ・イギリス)
 「クリムゾン・ピーク」(ギレルモ・デル・トロ監督、アメリカ)
 「ザ・ガンマン」(ピエール・モレル監督、米・スペイン・英・仏)
 「パリ3区の遺産相続人」(イスラエル・ホロヴィッツ監督、英・仏・米)
 「ヘリオス 赤い諜報戦」(リョン・ロクマン、サニー・ルク監督、中国)
 「技術者たち」(キム・ホンソン監督、韓国)
 「レインツリーの国」(三宅喜重監督、日本)
 「Dressing Up ドレッシングアップ」(安川有果監督、日本)
 「アノマリサ」(チャーリー・カウフマン監督、アメリカ)
6月8日
 「殺されたミンジュ」(キム・ギドク監督、韓国)
 「ザ・ウォーク」(ロバート・ゼメキス監督、アメリカ)
 「ディバイナー 戦禍に光を求めて」(ラッセル・クロウ監督、豪・米・トルコ)
 「神なるオオカミ」(ジャン・ジャック・アノー監督、中国・フランス)
 「タイガー・マウンテン 雪原の死闘」(ツイ・ハーク監督、中国)
 「ブラック・スキャンダル」(スコット・クーパー監督、アメリカ・イギリス)
 「海難1890」(田中光敏監督、日本)
 「orange-オレンジ」(橋本光二郎監督、日本)
 「ディバイナー 戦禍に光を求めて」(ラッセル・クロウ監督、豪・米・トルコ)
6月9日
 「残穢」(中村義洋監督、日本)
6月15日
 「母と暮らせば」(山田洋次監督、日本)
6月22日
 「X-ミッション」(エリクソン・コア監督、アメリカ)
 「独裁者と小さな孫」(モフセン・マフマルバフ監督、ジョージア・仏・英・独)
6月24日
 「エージェント・ウルトラ」(ニマ・ヌリザデ監督、アメリカ)
7月2日  「完全なるチェックメイト」(エドワード・ズウィック監督、アメリカ)
 「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」(コーネル・ムンドルッツォ監督、ハンガリー・他)
 「美しき人生のつくりかた」(ジャン・ポール・ルーブ監督、フランス)
 「ひつじ村の兄弟」(グリームル・ハゥコーナルソン監督、アイスランド・デンマーク)
 「消えた声が、その名を呼ぶ」(ファティ・アキン監督、独・仏・伊・露、トルコ、カナダ、他)
 「サウルの息子」(ネメシュ・ラースロー監督、ハンガリー)
 「お盆の弟」(大崎章監督、日本)
7月6日
 「スティーブ・ジョブズ」(ダニーボイル監督、アメリカ)
 「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(アダム・マッケイ監督、アメリカ)
 「ザ・ブリザード」(クレイグ・ギレスピー監督、アメリカ)
 「アーロと少年」(ピーター・ソーン監督、アメリカ)
 「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」(ジョン・マッデン監督、英・米)
 「人生の約束」(石橋冠監督、日本)
7月8日
 「ディーパンの闘い」(ジャック・オディアール監督、フランス)
 「ピンクとグレー」(行定勲監督、日本)
 「ハッピーエンドの選び方」(シャロン・マイモン、他、監督、イスラエル)
 「流れ星が消えないうちに」(柴山健次監督、日本)
7月13日
 「猫なんかよんでもこない。」(山本透監督、日本)

【旧作DVD・BD】発売日
5月25日
 「スミス都へ行く/我が家の楽園」(38,39、フランク・キャプラ監督、アメリカ)
5月27日
 「サムライ」(67、ジャン=ピエール・メルヴィル監督、仏・伊)
 「フレッド・アステア&ジンジャー・ロジャース Blu-ray BOX」
  収録作品:「有頂天時代」「コンチネンタル」「トップ・ハット」「艦隊を追って」他、全7作品
 「5時から7時までのクレオ」(63、アニエス・ヴァルダ監督、仏・伊)
6月8日
 「キム・ギドク Blu-ray BOX初期編」(00、01、キム・ギドク監督、韓国)
  収録作品:「魚と寝る女」「悪い男」「受取人不明」
6月24日
 「ジャック・ドュミの初期傑作 Blu-ray BOX」(61,63,91、ジャック・ドュミ、他、監督)
  収録作品:「ローラ」「天使の入江」「ジャック・ドュミの少年期」
7月6日
 「イル・ポスティーノ」(94、マイケル・ラドフォード監督、イタリア・フランス・ベルギー)
7月13日
 「カサンドラ・クロス」(76、ジョルジ・パン・コスマトス監督、イタリア・イギリス)
 「カプリコン1」(77、ピーター・ハイアムズ監督、米・英)

2016年5月 1日 (日)

これから観たい&おすすめ映画・BD(16年5月)

【新作映画】公開日
4月22日
 「レヴェナント:甦りし者」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、米・香港・台湾、他)
4月23日
 「フィフス・ウェイブ」(J.ブレイクソン監督、アメリカ)
 「ズートピア」(バイロン・ハワード、他、監督、アメリカ)
 「アイヒマン・ショーA/歴史を写した男たち」(ポール・アンドリュー・ウィリアムズ監督、英)
 「山河ノスタルジア」(ジャ・ジャンクー監督、中国・日本・フランス)
 「緑はよみがえる」(エルマンノ・オルミ監督、イタリア)
 「花、香る歌」(イ・ジョンピル監督、韓国)
4月29日
 「追憶の森」ガス・ヴァン・サント監督、アメリカ)
 「ノーマ、世界を変える料理」(ピエール・デュシャン監督、イギリス)
 「テラフォーマーズ」(三池崇史監督、日本)
 「ちはやふる‐下の句‐」(小泉徳宏監督、日本)
4月30日
 「台湾新電影時代」(シエ・チンリン監督、台湾)
5月7日  「64‐ロクヨン‐前篇」(瀬々敬久監督、日本)
 「ヴィクトリア」(ゼバスチャン・シッパー監督、ドイツ)
 「あめつちの日々」(川瀬美香監督、日本)
5月13日
 「マクベス」(ジャスティン・カーゼル監督、イギリス)
 「ヘイル・シーザー!」(ジョエル&イーサン・コーエン監督、米・英)
5月14日
 「心霊ドクターと消された記憶」(マイケル・ペトローニ監督、オーストラリア)
 「追撃者」(ジャン=バティスト・レオネッティ監督、アメリカ)
 「ファブリックの女王」(ヨールン・ドンネル監督、フィンランド)
 「世界から猫が消えたなら」(永井聡監督、日本)
 「山猫 4K修復版」(ルキーノ・ヴィスコンティ監督、イタリア・フランス)
 「ルートヴィヒ デジタル修復版」(ルキーノ・ヴィスコンティ監督、伊・仏・西独)
5月20日
 「ガルム・ウォーズ」(押井守監督、日本)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
4月28日
 「エール!」(エリック・ラルティゴ監督、フランス)
 「Re:LIFE~リライフ~」(マーク・ローレンス監督、アメリカ)
5月3日
 「ブリッジ・オブ・スパイ」(スティーヴン・スピルバーグ監督、米・インド・独)
 「ギャラクシー街道」(三谷幸喜監督、日本)
 「きみといた2日間」(マックス・ニコルズ監督、アメリカ)
 「ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男」(ロン・マン監督、カナダ)
 「ヒトラー暗殺、13分の誤算」(オリバー・ヒルシュピーゲル監督、ドイツ)
 「顔のないヒトラーたち」(ジュリオ・リッチャレッリ監督、ドイツ)
 「草原の実験」(アレクサンドル・コット監督、ロシア)
 「尚衣院 サンイウォン」(イ・ウォンソク監督、韓国)
 「浮気のアリバイ作ります。」(マット・チェコウスキ、他、監督、オランダ・米)
5月4日
 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(J.J.エイブラムス監督、アメリカ)
5月6日
 「サム・ペキンパー 情熱と美学」(マイク・シーゲル監督、ドイツ)
5月8日
 「ダウントン・アビー シーズン5&6」(TVシリーズ)
5月11日
 「起終点駅 ターミナル」(篠原哲雄監督、日本)
5月12日
 「ミッドナイト・アフター」(フルーツ・チャン監督、香港)
 「野火」(塚本晋也監督、日本)
5月18日
 「マイ・ファニー・レディ」(ピーター・ボグダノヴィッチ監督、アメリカ)
 「白鯨との闘い」(ロン・ハワード監督、アメリカ)
 「サクラメント 死の楽園」(タイ・ウェスト監督、アメリカ)
5月25日
 「レインツリーの国」(三宅喜重監督、日本)
5月27日
 「黄金のアデーレ 名画の帰還」(サイモン・カーティス監督、アメリカ・イギリス)
 「1001グラム ハカリしれない愛のこと」(ベント・ハーメル監督ノルウェー・独・仏)
6月2日
 「リザとキツネと恋する死者たち」(ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ監督、ハンガリー)
 「サヨナラの代わりに」(ジョージ・C・ウルフ監督、アメリカ)
 「ザ・ガンマン」(ピエール・モレル監督、米・スペイン・英・仏)
 「杉原千畝 スギハラチウネ」(チェリン・グラック監督、日本)
 「ディーン、君がいた瞬間」(アントン・コービン監督、カナダ・独・オーストラリア)
 「海賊じいちゃんの贈りもの」(ガイ・ジェンキン監督、イギリス)
 「アレノ」(越川道夫監督、日本)
 「Dressing Up ドレッシングアップ」(安川有果監督、日本)
6月3日
 「メモリーズ 追憶の剣」(パク・フンシク監督、韓国)
 「フランス組曲」(ソウル・ディブ監督、イギリス・フランス・ベルギー)
 「ドリームホーム 99%を操る男たち」(ラミン・バーラニ監督、アメリカ)
6月8日
 「殺されたミンジュ」(キム・ギドク監督、韓国)
 「ザ・ウォーク」(ロバート・ゼメキス監督、アメリカ)
 「ディバイナー 戦禍に光を求めて」(ラッセル・クロウ監督、豪・米・トルコ)
 「神なるオオカミ」(ジャン・ジャック・アノー監督、中国・フランス)
 「タイガー・マウンテン 雪原の死闘」(ツイ・ハーク監督、中国)
 「ブラック・スキャンダル」(スコット・クーパー監督、アメリカ・イギリス)
 「海難1890」(田中光敏監督、日本)  「orange-オレンジ」(橋本光二郎監督、日本)
6月9日
 「残穢」(中村義洋監督、日本)
6月15日
 「母と暮らせば」(山田洋次監督、日本)

【旧作DVD・BD】発売日
4月29日
 「夜の人々」(48、ニコラス・レイ監督、アメリカ)
5月11日
 「バージニア・ウルフなんかこわくない」(66、マイク・ニコルズ監督、アメリカ)
6月8日
 「キム・ギドク Blu-ray BOX初期編」(00、01、キム・ギドク監督、韓国)
  収録作品:「魚と寝る女」「悪い男」「受取人不明」

 劇場新作はまあまあといったところか。一番気になるのはジャ・ジャンクー監督の「山河ノスタルジア」。他に注目しているのは「レヴェナント:甦りし者」、「アイヒマン・ショーA/歴史を写した男たち」、 「緑はよみがえる」、「花、香る歌」、「ノーマ、世界を変える料理」、「ヘイル・シーザー!」など。新作ではないが、ヴィスコンティ監督の「山猫 4K修復版」はぜひ観てほしい。かつてイタリア映画が世界の最高水準にあった時代に到達した頂点の一つ。かなり力を入れてレビューも書いたので、観た後でこちらも読んでいただければありがたい。 →「山猫」 

 新作DVD・BDは充実している。注目しているのは「ブリッジ・オブ・スパイ」、「ヒトラー暗殺、13分の誤算」、「顔のないヒトラーたち」、「尚衣院 サンイウォン」、「マイ・ファニー・レディ」、「黄金のアデーレ 名画の帰還」、「1001グラム ハカリしれない愛のこと」、「海賊じいちゃんの贈りもの」、「フランス組曲」、「ドリームホーム 99%を操る男たち」、「神なるオオカミ」、「母と暮らせば」(山田洋次監督、日本)あたり。TVシリーズだが、個人的に楽しみにしているのは「ダウントン・アビー シーズン5&6」。すっかりはまっているので早く観たくて仕方がない。

 旧作DVD・BDの寂しいこと。ただ「夜の人々」と「バージニア・ウルフなんかこわくない」が発売されるのは喜ばしい。

2016年4月 3日 (日)

先月観た映画 採点表(16年3月)

「人生スイッチ」(2014、ダミアン・ジフロン監督、アルゼンチン・スペイン)★★★★☆
「生きるべきか死ぬべきか」(1942、エルンスト・ルビッチ監督、アメリカ)★★★★☆
「グォさんの仮装大賞」(2012、チャン・ヤン監督、中国)★★★★
「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」(2014、スチュアート・マードック監督、英)★★★★
「恐怖省」(1944、フリッツ・ラング監督、アメリカ)★★★★
「キングスマン」(2014、マシュー・ヴォーン監督、イギリス)★★★★
「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」(2014、J・C・チャンダー監督、米)★★★★
「チャップリンからの贈りもの」(2014、グザヴィエ・ボーヴォワ監督、フランス)★★★

主演男優
 5 シュイ・ホァンシャン「グォさんの仮装大賞」
   ジャック・ベニー「生きるべきか死ぬべきか」
 4 コリン・ファース「キングスマン」
   オスカー・アイザック「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」

主演女優
 4 エミリー・ブラウニング「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」

助演男優
 5 ウー・ティエンミン「グォさんの仮装大賞」   
   リカルド・ダリン「人生スイッチ」   
   オスカル・マルティネス「人生スイッチ」
 4 マーク・ストロング「キングスマン」
   スタンリー・リッジス「生きるべきか死ぬべきか」

助演女優
 4 エリカ・リバス「人生スイッチ」

より以前の記事一覧