最近のトラックバック

お気に入りブログ

  • 真紅のthinkingdays
    広範な映画をご覧になっていて、レビューの内容も充実。たっぷり読み応えがあります。
  • 京の昼寝〜♪
    僕がレンタルで観る映画のほとんどを映画館で先回りしてご覧になっています。うらやましい。映画以外の記事も充実。
  • ★☆カゴメのシネマ洞☆★
    細かいところまで目が行き届いた、とても読み応えのあるブログです。勉強になります。
  • 裏の窓から眺めてみれば
    本人は単なる感想と謙遜していますが、長文の読み応えのあるブログです。
  • なんか飲みたい
    とてもいい映画を採り上げています。短い文章できっちりとしたレビュー。なかなかまねできません。
  • ぶらぶらある記
    写真がとても素敵です。

お気に入りブログ 2

お気に入りホームページ

ゴブリンのHPと別館ブログ

無料ブログはココログ

« 2019年10月 | トップページ

2019年11月

2019年11月 2日 (土)

先月観た映画 採点表(2019年8~10月)

「顔たち、ところどころ」(2017、アニエス・ヴァルダ、JR監督、フランス)★★★★★
「グリーンブック」(2018、ピーター・ファレリー監督、アメリカ)★★★★☆
「秋日和」(1960、小津安二郎監督、日本)★★★★
「幸せなひとりぼっち」(2015、ハンネス・ホルム監督、スウェーデン)★★★★
「5時から7時までのクレオ」(1961、アニエス・ヴァルダ監督、フランス)★★★★
「チャイルド44」(2014、ダニエル・エスピノーサ監督、米)★★★★
「八つ墓村」(1996、市川崑監督、日本)★★★★
「記者たち 衝撃と畏怖の真実」(2017、ロブ・ライナー監督、アメリカ)★★★★
「鷲は舞いおりた」(1976、ジョン・スタージェス監督、アメリカ)★★★★
「血を吸うカメラ」(1960、マイケル・パウエル監督、イギリス)★★★★
「娘・妻・母」(1960、成瀬巳喜男監督、日本)★★★★
「サーミの血」(2016、アマンダ・シェーネル監督、スウェーデン・ノルウェー・他)★★★★
「アガサ・クリスティー ねじれた家」(2017、ジル・パケ=ブランネール監督、英)★★★★
「暁の脱走」(1950、谷口千吉監督、日本)★★★☆
「バーニング・オーシャン」(2016、ピーター・バーグ監督、アメリカ)★★★☆
「病院坂の首縊りの家」(1979、市川崑監督、日本)★★★☆
「エルミタージュ美術館」(2014、マージー・キンモンス監督、イギリス)★★★☆
「ロイヤル・ナイト」(2015、ジュリアン・ジャロルド監督、イギリス)★★★☆
「狼/男たちの挽歌・最終章」(1989、ジョン・ウー監督、香港)★★★☆
「コールド・キラー」(2017、ステファン・ルツォヴィツキー監督、ドイツ)★★★☆
「共犯」(2014、チャン・ロンジー監督、台湾)★★★☆
「炎のメモリアル」(2004、ジェイ・ラッセル監督、アメリカ)★★★
「妖魔伝 レザレクション」(2012、ウー・アールシャン監督、中国)★★★
「フォックスキャッチャー」(2014、ベネット・ミラー監督、アメリカ)★★☆

 

主演男優
 5 ヴィゴ・モーテンセン「グリーンブック」
   マハーシャラ・アリ「グリーンブック」
   ロルフ・ラッスゴード「幸せなひとりぼっち」
 4 トム・ハーディ「チャイルド44」
   マイケル・ケイン「鷲は舞いおりた」
   JR「顔たち、ところどころ」

 

主演女優
 5 アニエス・ヴァルダ「顔たち、ところどころ」
 4 原節子「秋日和」
   原節子「娘・妻・母」

 

助演男優
 5 小沢栄太郎「暁の脱走」
   森雅之「娘・妻・母」
 4 佐分利信「秋日和」

 

助演女優
 5 桜田淳子「病院坂の首縊りの家」
 4 グレン・クローズ「アガサ・クリスティー ねじれた家」

 

 

これから観たい&おすすめ映画・BD(19年11月)

【新作映画】公開日
10月18日
 「ガリーボーイ」(ゾーヤー・アクタル監督、インド)
 「駅までの道をおしえて」(橋本直樹監督、日本)
10月25日
 「ゴッホとヘレーネの森」(ジョヴァンニ・ピスカーリャ監督、イタリア)
 「ジェミニマン」(アン・リー監督、アメリカ)
 「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」(アレクセイ・シドロフ監督、ロシア)
 「108 ~海馬五郎の復讐と冒険~」(松尾スズキ監督、日本)
10月26日
 「一粒の麦 荻野吟子の生涯」(山田火砂子監督、日本)
 「この星は、私の星じゃない」(吉峯美和監督、日本)
11月1日
 「閉鎖病棟―それぞれの朝―」(平山秀幸監督、日本)
 「マチネの終わりに」(西谷弘監督、日本)
 「人生、ただいま修行中」(ニコラ・フィリベール監督、フランス)
 「IT / イット THR END」(アンディ・ムスキエティ監督、アメリカ)
 「マイ・ビューティフル・デイズ」(ジュリア・ハート監督、アメリカ)
11月2日
 「少女は夜明けに夢をみる」(メヘルダード・オスコウイ監督、イラン)
 「トイ・ストーリー4」(ジョシュ・クーリー監督、アメリカ)
11月8日
 「夕陽のあと」(越川道夫監督、日本)
 「残された者-北の極致-」(ジョー・ベナ監督、アイスランド)
 「永遠の門 ゴッホの見た未来」(ジュリアン・シュナーベル監督、英・仏・米)
 「グレタ」(ニール・ジョーダン監督、アメリカ)
 「ひとよ」(白石和彌監督、日本)
11月9日
 「ラフィキ:ふたりの夢」(ワヌリ・カヒウ監督、ケニヤ・南アフリカ・仏・レバノン・他)
11月15日
 「エンド・オブ・ステイツ」(リック・ローマン・ウォー監督、アメリカ)
 「アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール」(マイケル・ラドフォード監督、イタリア)
 「LORO 欲望のイタリア」(パオロ・ソレンティーノ監督、イタリア)
 「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」(ユー・フェイ監督、中国・日本)
 「ベル・カント とらわれのアリア」(ポール・ワイツ監督、アメリカ)

 

【新作DVD・BD】レンタル開始日
10月23日
 「ノー・サレンダー」(ピーター・ミミ監督、エジプト)
11月2日
 「幸福なラザロ」(アリーチェ・ロルヴァケル監督、イタリア)
 「パペット大捜査線 追憶の紫影」(ブライアン・ヘンソン監督、アメリカ)
 「たちあがる女」(ベネディクト・エルリングソン監督、アイスランド・仏・他)
 「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」(レイフ・ファインズ監督、英・露・仏)
 「ヒトラーVSピカソ 奪われた名画のゆくえ」(クラウディオ・ポリ監督、伊・仏・独)
 「若い女」(レオノール・セライユ監督、フランス)
11月6日
 「ナポリの隣人」(ジャンニ・アメリオ監督、イタリア)
 「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」(ブレット・ヘイリー監督、アメリカ)
 「パリの家族たち」(マリー=カスティーユ・マンシヨン=シャール監督、フランス)
 「町田君の世界」(石井裕也監督、日本)
 「ローリング・ストーン -時代の精神-」(アレックス・ギブニー、他、監督)
 「ザ・フォーリナー」(マーティン・キャンベル監督、英・中国・米)
 「ライ麦畑で出会ったら」(ジェームズ・サドウィズ監督、アメリカ)
 「オンネリとアンエリのふゆ」(サーラ・カンテル監督、フィンランド)
 「ディヴァイン・ディーバ」(レアンドラ・レアウ監督、ブラジル)
 「バースデー・ワンダーランド」(原恵一監督、日本)
11月20日
 「ベン・イズ・バック」(ピーター・ヘッジズ監督、アメリカ)
 「パパは奮闘中!」(キヨーム・セネズ監督、ベルギー・フランス)
 「パラレル・ワールド・ラブストーリー」(森義隆監督、日本)
 「ダンスウィズミー」(矢口史靖監督、日本)
11月22日
 「ゴールデン・リバー」(ジャック・オーディアール監督、仏・スペイン・ルーマニア・他)
 「新聞記者」(藤井道人監督、日本)
12月3日
 「無双の鉄拳」(キム・ミンホ監督、韓国)
 「きばいやんせ!私」(武正晴監督、日本)
12月4日
 「あなたはまだ帰ってこない」(エマニュエル・フィンケル監督、仏・ベルギー・スイス)
 「家族にサルーテ!イスキア島は大騒動」(ガブリエレ・ムッチーノ監督、イタリア)
 「誰もがそれを知っている」(アスガー・ファルハディ監督、スペイン・フランス・イタリア)
 「パピヨン」(マイケル・ノアー監督、アメリカ)
 「僕たちは希望という名の列車に乗った」(ラース・クラウメ監督、ドイツ)
 「いちごの唄」(菅原伸太郎監督、日本)
12月6日
 「長いお別れ」(中野量太監督、日本)
12月11日
 「ワイルドスピード/スーパーコンボ」(デヴィッド・リーチ監督、アメリカ)
12月18日
 「今日も嫌がらせ弁当」(塚本連平監督、日本)

 

【旧作DVD・BD】発売日
10月25日
 「裁かるるジャンヌ」(28、カール・テオドール・ドライヤー監督、フランス)
 「文学の映画化作品」(34~51、W.S.ヴァン・ダイク、他、監督)
  収録作品:「影なき男」「拳銃貸します」「殺人者」「暗黒街の巨頭」「セールスマンの死」
10月30日
 「シャイニング 北米公開版」(80、スタンリー・キューブリック監督、イギリス)
11月6日
 「蜘蛛女のキス」(91、ヘクトール・バベンコ監督、アメリカ)
11月8日
 「王の男」(05、イ・ジュンソク監督、韓国)
11月20日
 「ジャッカルの日」(73、フレッド・ジンネマン監督、英・仏)
12月11日
 「イングマール・ベルイマン 黄金期 Blu-ray BOX ④」(61、62、72、スウェーデン)
  収録作品:「鏡の中にある如く」「沈黙」「鏡の中の女」

 

*色がついているのは特に注目している作品です。

 

 

« 2019年10月 | トップページ