最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ

  • 真紅のthinkingdays
    広範な映画をご覧になっていて、レビューの内容も充実。たっぷり読み応えがあります。
  • 京の昼寝〜♪
    僕がレンタルで観る映画のほとんどを映画館で先回りしてご覧になっています。うらやましい。映画以外の記事も充実。
  • ★☆カゴメのシネマ洞☆★
    細かいところまで目が行き届いた、とても読み応えのあるブログです。勉強になります。
  • 裏の窓から眺めてみれば
    本人は単なる感想と謙遜していますが、長文の読み応えのあるブログです。
  • なんか飲みたい
    とてもいい映画を採り上げています。短い文章できっちりとしたレビュー。なかなかまねできません。
  • ぶらぶらある記
    写真がとても素敵です。

お気に入りブログ 2

« 先月観た映画 採点表(18年12月) | トップページ | これから観たい&おすすめ映画・BD(19年2月) »

2019年1月27日 (日)

2018年に観た映画 マイ・ベスト65

【新作 マイ・ベスト25】
「ロープ/戦場の生命線」(2015、フェルナンド・レオン・デ・アラノア監督、スペイン)★★★★★
「わたしは、ダニエル・ブレイク」(2016、ケン・ローチ監督、英・仏・ベルギー)★★★★★
「ウィンストン・チャーチル」(2017、ジョー・ライト監督、イギリス)★★★★☆
「セールスマン」(2016、アスガー・ファルハディ監督、イラン・フランス)★★★★☆
「セブン・シスターズ」(2016、トミー・ウィルコラ監督、英・米・仏・ベルギー)★★★★☆
「ウィンド・リバー」(2017、テイラー・シェリダン監督、アメリカ)★★★★
「女神の見えざる手」(2016、ジョン・マッデン監督、フランス・アメリカ)★★★★
「スペースウォーカー」(2017、ドミトリー・キセレフ監督、ロシア)★★★★
「ダイ・ビューティフル」(2016、ジュン・ロブレス・ラナ監督、フィリピン)★★★★
「シェイプ・オブ・ウォーター」(2017、ギレルモ・デル・トロ監督、アメリカ)★★★★
「リトル・フォレスト 夏・秋」(2014、森淳一監督、日本)★★★★
「リトル・フォレスト 冬・春」(2014、森淳一監督、日本)★★★★
「メアリと魔女の花」(2017、米林宏昌監督、日本)★★★★
「ドリーム」(2017、セオドア・メルフィ監督、アメリカ)★★★★
「スリー・ビルボード」(2017、マーティン・マクドナー監督、アメリカ・イギリス)★★★★
「サリュート7」(2016、クリム・シペンコ監督、ロシア)★★★★
「白夜のタンゴ」(2013、ヴィヴィアーネ・ブルーメンシャイン監督、アルゼンチン・他)★★★★
「トレイン・ミッション」(2018、ジャウマ・コレット=セラ監督、アメリカ・イギリス)★★★★
「目撃者 闇の中の瞳」(2017、チェン・ウェイハオ監督、台湾)★★★★
「ペンタゴン・ペーパーズ」(2017、スティーヴン・スピルバーグ監督、アメリカ)★★★★
「希望のかなた」(2017、アキ・カウリスマキ監督、フィンランド)★★★★
「マイ・ビューティフル・ガーデン」(2016、サイモン・アバウド監督、イギリス)★★★★
「ダンケルク」(2017、クリストファー・ノーラン監督、英・米・仏)★★★★
「92歳のパリジェンヌ」(2015、パスカル・プザドゥー監督、フランス)★★★★
「リリィ、はちみつ色の秘密」(2008、ジーナ・プリンス=バイスウッド監督、アメリカ)★★★★
次点「カメラを止めるな!」(2018、上田慎一郎監督、日本)★★★★

【旧作 マイ・ベスト40】
「闇の列車、光の旅」(2009、ケイリー・ジョージ・フクナガ監督、メキシコ・アメリカ)★★★★★
「春にして君を想う」(1991、フリドリック・トール・フリドリクソン監督、アイスランド)★★★★☆
「砂の器」(1974、野村芳太郎監督、日本)★★★★☆
「パピヨン」(1973、フランクリン・J・シャフナー監督、フランス)★★★★☆
「ひまわり」(1970、ヴィットリオ・デ・シーカ監督、イタリア)★★★★☆
「セントラル・ステーション」(1998、ヴァルテル・サレス監督、ブラジル)★★★★☆
「父を探して」(2013、アレ・アブレウ監督、ブラジル)★★★★☆
「ドン・キホーテ」(1957、グリゴーリ・コージンツェフ監督、ソ連)★★★★☆
「泥の河」(1981、小栗康平監督、日本)★★★★☆
「第三の男」(1949、キャロル・リード監督、イギリス)★★★★☆
「赤ひげ」(1965、黒澤明監督、日本)★★★★☆
「三姉妹 雲南の子」(2012、ワン・ビン監督、香港・フランス)★★★★☆
「頭上の敵機」(1949、ヘンリー・キング監督、アメリカ)★★★★☆
「東京暮色」(1957、小津安二郎)監督、日本)★★★★☆
「お茶漬けの味」(1952、小津安二郎監督、日本)★★★★☆
「幕末太陽傳」(1957、川島雄三監督、日本)★★★★☆
「ALWAYS三丁目の夕日」(2005、山崎貴監督、日本)★★★★☆
「めし」(1951、成瀬巳喜男監督、日本)★★★★
「ブレンダンとケルズの秘密」(2009、トム・ムーア監督、仏・ベルギー・アイルランド)★★★★
「早春」(1956、小津安二郎監督、日本)★★★★
「疑惑」(1982、野村芳太郎監督、日本)★★★★
「六月燈の三姉妹」(2013、佐々部清監督、日本)★★★★
「長く熱い週末」(1980、ジョン・マッケンジー監督、イギリス)★★★★
「殺しが静かにやって来る」(1968、セルジオ・コルブッチ監督、イタリア・フランス)★★★★
「暖流」(1939、吉村公三郎監督、日本)★★★★
「大いなる幻影」(1937、ジャン・ルノワール監督、フランス)★★★★
「シェナンドー河」(1965、アンドリュー・V・マクラグレン監督、アメリカ)★★★★
「チャイナ・シンドローム」(1979、ジェームズ・ブリッジス監督、アメリカ)★★★★
「間違えられた男」(1957、アルフレッド・ヒッチコック監督、アメリカ)★★★★
「ニノチカ」(1939、エルンスト・ルビッチ監督、アメリカ)★★★★
「風前の灯」(1957、木下恵介監督、日本)★★★★
「シャレード」(1963、スタンリー・ドーネン監督、アメリカ)★★★★
「メアリー&マックス」(2008、アダム・エリオット監督、オーストラリア)★★★★
「雨の訪問者」(1970、ルネ・クレマン監督、フランス)★★★★
「星空」(2011、トム・リン監督、中国・台湾)★★★★
「誰でもない女」(2012、ゲオルク・マース監督、ドイツ・ノルウェー)★★★★
「ウィンター・ウォー/厳寒の攻防戦」(1990、ペッカ・パリッカ監督、フィンランド)★★★★
「CEO」(2002、ウー・ティエンミン監督、中国)★★★★
「グリーン・デスティニー」(2000、アン・リー監督、アメリカ・中国)★★★★
「巴里の屋根の下」(1930、ルネ・クレール監督、フランス)★★★★

主演男優
 5 スティーヴ・マックィーン「パピヨン」
   ゲイリー・オールドマン「ウィンストン・チャーチル」
   ボブ・ホスキンス「長く熱い週末」
   ギスリ・ハルドルソン「春にして君を想う」
   デイヴ・ジョーンズ「わたしは、ダニエル・ブレイク」
   グレゴリー・ペック「頭上の敵機」
   ベニチオ・デル・トロ「ロープ/戦場の生命線」
   ジェレミー・レナー「ウィンド・リバー」
   フランキー堺「幕末太陽傳」
   三船敏郎「赤ひげ」
   パオロ・バレステロス「ダイ・ビューティフル」
   シャハブ・ホセイニ「セールスマン」
   堤真一「ALWAYS三丁目の夕日」
 4 ジェームズ・スチュワート「シェナンドー河」
   佐分利信「お茶漬けの味」
   ピエトロ・ジェルミ「刑事」
   チョウ・ユンファ「グリーン・デスティニー」
   ヴラディミール・ヴドヴィチェンコフ「サリュート7」
   アルバート・フィニー「オリエント急行殺人事件」(1974)
   チャールズ・ブロンソン「雨の訪問者」
   フランク・シナトラ「三人の狙撃者」
   ヘンリー・フォンダ「間違えられた男」
   カイザー・チュアン「目撃者 闇の中の瞳」
   スー・リャン「CEO」
   ジャン=ルイ・トランティニャン「殺しが静かにやって来る」
   サニー・パワール「ライオン ~25年目のただいま~」
   阪東妻三郎「破れ太鼓」
   山村聡「あした来る人」
   佐分利信「暖流」
   リーアム・ニーソン「トレイン・ミッション」
   ソン・ヒョンジュ「ありふれた悪事」
   濱津隆之「カメラを止めるな!」
   ヴィニシウス・デ・オリヴェイラ「セントラル・ステーション」

主演女優
 5 ソフィア・ローレン「ひまわり」
   小暮美千代「お茶漬けの味」
   グレタ・ガルボ「ニノチカ」
   原節子「東京暮色」
   フランシス・マクドーマンド「スリー・ビルボード」
   フェルナンダ・モンテネグロ「セントラル・ステーション」
   ノオミ・ラパス「セブン・シスターズ」
   原節子{めし}
   桃井かおり「疑惑」
   クイーン・ラティファ「リリィ、はちみつ色の秘密」
   チャン・ツィイー「グリーン・デスティニー」
   タラジ・P・ヘンソン「ドリーム」
   サリー・ホーキンス「シェイプ・オブ・ウォーター」
   吹石一恵「六月燈の三姉妹」
   橋本愛「リトル・フォレスト 夏・秋」
   田中裕子「天城越え」
 4 タラネ・アリドゥスティ「セールスマン」
   淡島千景「早春」
   エリザベス・オルセン「ウィンド・リバー」
   ダコタ・ファニング「リリィ、はちみつ色の秘密」
   有馬稲子「東京暮色」
   オードリー・ヘプバーン「シャレード」
   シュー・チャオ「星空」
   グイ・ルンメイ「藍色夏恋」
   エラ・バレンタイン「赤毛のアン」
   ジェシカ・チャステイン「女神の見えざる手」

助演男優
 5 加藤嘉「砂の器」
   オーソン・ウェルズ「第三の男」
    ピエール・フレネー「大いなる幻影」
   笠智衆「東京暮色」
   ダスティン・ホフマン「パピヨン」
   ジャック・レモン「チャイナ・シンドローム」
   ディーン・ジャガー「頭上の敵機」
   マイケル・シャノン「シェイプ・オブ・ウォーター」
   ウディ・ハレルソン「スリー・ビルボード」
   テノッチ・ウエルタ・メヒア「闇の列車、光の旅」
   須賀健太「ALWAYS三丁目の夕日」
   緒方拳「わるいやつら」
 4 ケヴィン・コスナー「ドリーム」
   加藤剛「砂の器」 山崎努「赤ひげ」
   クラウス・キンスキー「殺しが静かにやって来る」
   トム・ウィルキンソン「マイ・ビューティフル・ガーデン」
   クリスチャン・バブレス「ダイ・ビューティフル」
   サム・ロックウェル「スリー・ビルボード」
   三國連太郎「あした来る人」
   ティム・ロビンス「ロープ/戦場の生命線」

助演女優
 5 山田五十鈴「東京暮色」
   杉村春子「赤ひげ」 岸恵子「早春」
   高峰三枝子「暖流」
   ミシェル・ヨー「グリーン・デスティニー」
   薬師丸ひろ子「ALWAYS三丁目の夕日」
   小雪「ALWAYS三丁目の夕日」
   岩下志麻「疑惑」
   田村秋子「風前の灯」
   しゅはまはるみ「カメラを止めるな!」
   オルガ・キュリレンコ「ロープ/戦場の生命線」
 4 オクタヴィア・スペンサー「ドリーム」
   ヘイリー・スクワイアーズ「わたしは、ダニエル・ブレイク」
   クリスティン・スコット・トーマス「ウィンストン・チャーチル」
   月丘夢路「あした来る人」
   新珠三千代「あした来る人」
   ヘレン・ミレン「長く熱い週末」
   ニコール・キッドマン「ライオン ~25年目のただいま~」
   サカリ・クオスマネン「希望のかなた」
   真魚「カメラを止めるな!」
   アリシア・キーズ「リリィ、はちみつ色の秘密」

« 先月観た映画 採点表(18年12月) | トップページ | これから観たい&おすすめ映画・BD(19年2月) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年に観た映画 マイ・ベスト65:

« 先月観た映画 採点表(18年12月) | トップページ | これから観たい&おすすめ映画・BD(19年2月) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
無料ブログはココログ