最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ

  • 真紅のthinkingdays
    広範な映画をご覧になっていて、レビューの内容も充実。たっぷり読み応えがあります。
  • 京の昼寝〜♪
    僕がレンタルで観る映画のほとんどを映画館で先回りしてご覧になっています。うらやましい。映画以外の記事も充実。
  • ★☆カゴメのシネマ洞☆★
    細かいところまで目が行き届いた、とても読み応えのあるブログです。勉強になります。
  • 裏の窓から眺めてみれば
    本人は単なる感想と謙遜していますが、長文の読み応えのあるブログです。
  • なんか飲みたい
    とてもいい映画を採り上げています。短い文章できっちりとしたレビュー。なかなかまねできません。
  • ぶらぶらある記
    写真がとても素敵です。

お気に入りブログ 2

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

先月観た映画(10年4月)

「チェイサー」(08、ナ・ホンジン監督、韓国)★★★★☆
「フロスト×ニクソン」(08、ロン・ハワード監督、米)★★★★☆
「マイ・ライフ、マイ・ファミリー」(07、タマラ・ジェンキンス監督、米)★★★★☆
「2012」(09、ローランド・エメリッヒ監督、米)★★★★
「旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ」★★★☆

「チェイサー」
  すさまじい迫力の映画で、出色の傑作だった。犯人が早々に分かっているだけに、主人公ジュンホも警察も全く見当違いの方向に進んでゆくのが歯がゆくてならない。これほど徹底したじらし作戦には出合ったことがない。犯人は最初からわかっており、早い段階で拘束され女たちを殺したことを認めるが、本人の供述以外には証拠が見つからない。従って映画の焦点は犯人探しではなく、犯行現場(かつ被害者)探しに絞られてゆく。しかし容易にその場所が特定されない。

  ここでうまいのは自動車の使い方。犯人は車を運転していて、彼を追っているジュンホの車とたまたま衝突事故を起こしてしまう。それがきっかけで彼は捕まるわけだが、その車は彼の車ではなかった。その車は犯人がいつも犯行に使っている空き家をたまたま訪ねてきた老夫婦の物だった。老夫婦に顔を見られた犯人は二人を殺害し、その車を処分しに行こうとしているときに事故を起こしてしまったのである。犯人、彼がいつも使用している犯行現場の空き家、老夫婦、この3点の間をつないでいるのはごく細い線にすぎない。しかも、その細い線の結びつきには偶然が介在している。その上に、警察もジュンホも見当違いの線を追っているので、なおさら犯人に行き着くその細い線に気付かない。このもどかしさ。事情を知っているだけに(最後に誘拐された風俗嬢ミジンが生きていることも観客は知っている)、観客は必死で走りまわる主人公以上にもどかしさといら立ちにさいなまれる。じりじりしながら息をのんで先の展開を追う。隔靴掻痒の責め苦。このもどかしさが話の先の展開を早く見たいという観客の心を引っ張るドライブとなっている。この展開の仕方がなんとも秀逸だ。

  しかし何度も徒労を繰り返しながらも、主人公は最後まであきらめない。ついに彼は犯行現場を見つけけるが、その時犯人は放免されて犯行現場に戻ってこようとしていた・・・。最後まで息も継がせぬ展開。韓国映画特有の粘っこさが類まれな成功につながった代表的な作品だ。 

  誘拐された風俗嬢ミジンの苦しい生活事情を描いていることも、彼女を救おうとするジュンホの奮闘を観客が後押しする心理を生み出す。そして犯人の犯行動機が最後まで分からない不気味さ。暗示はされるが、最後まで謎だ。「動機」などというものではすでになく、もっと本源的な何かが彼を突き動かしていたのではないか。人間性の底知れぬ深淵を覗き込むかのような恐怖。

 主人公ジュンホを演じたキム・ユンソクの存在感がすごい。どこかソン・ガンホを思わせる容貌と体形。演技力と存在感もソン・ガンホと比べて見劣りしない。こんなすごい俳優がいたのかと正直驚いた。監督のナ・ホンジンは1974年生まれだからまだ36歳。しかもこれが監督第1作である。同じことを何度も言ってきたが、有能かつ有望な新人監督が次々に現れるところに韓国映画の人材育成が順調に進んでいることが表れている。

  どうやら韓国映画の勢いはまだまだ衰えていないようだ。90年代末から2000年代初めあたりまではアメリカ映画を模倣した映画が多かった。結構アメリカ映画と肩を並べるようになってきたと思っていたら、今や本家を超える作品がいくつか生まれつつある。しかし「チェイサー」と「母なる証明」を並べてみると、その映画的表現力の巧みさと力強さに感心する一方で、その人間性のとらえ方には一抹の不安も覚える。映画の力と人間性の奥底から噴き出すダークな情念の塊のようなものとは実は一体なのだ。そこから尋常ならざる緊迫感と燃え上がるような情念が生まれるのだが、そのどす黒い人間性の描き方にはキム・ギドクの世界との共通性も感じる。人間性を深くえぐるとは、すなわち人間性の奥底にあるドロドロした黒い塊をえぐりだすことだという共通したとらえ方がそこにある。先鋭的な韓国映画は今後そういう方向に進んでゆくのだろうか。一抹の不安を感じながら見守るしかない。

「フロスト×ニクソン」
  観る前は何となく「グッドナイト&グッドラック」のような映画かと思っていたが、実際はだいぶ違った。「グッドナイト&グッドラック」のような緊迫感や緊張感はない。激しい論戦が展開されるわけではなく、フロストは連戦連敗。終始ニクソンに圧倒されっぱなしだ。にもかかわらず決して退屈しない。映画は論戦そのものよりもむしろ、英国のコメディアン上がりのテレビ司会者デビッド・フロストがリチャード・ニクソンとの単独インタビューにこぎつけ、放送局への売り込みに奔走する過程に多くの時間を割く。論戦は最後にとっておき、ニクソンにいいように扱われながら最後に大逆転が待っているという展開がいい。

  ドラマチックに盛り上げるという展開ではないのにこれだけ観客をひきつけるのはなかなかの力量だ。論戦の前の交渉段階でそれぞれフロストとニクソンの人物像を描きだすという手法。これが最後の論戦部分で効いてくる。本来追いつめられてゆくはずのニクソンの方が余裕たっぷりで、交渉段階でニクソンの方が有利な条件を引き出す。本舞台に上がる前に既に戦いは始まっていたのである。フロストとニクソン、そしてそれぞれのブレーンを交えた舞台裏での熾烈な駆け引き。この裏での駆け引きこそまさに政治の世界。その世界では海千山千のニクソンの方がフロストなどよりはるかに上手である。一方、放送局との交渉もなかなかうまく進まず、番組の成立すら危ぶまれる。ニクソンよりもフロストの方が追いつめられている。

 こういう展開が実にユニークで見事だ。原作であるピーター・モーガンの舞台劇が優れているのだろうが、ロン・ハワード監督の演出も見事だ。ロン・ハワード監督作品としては「コクーン」、「ザ・ペーパー」、「ビューティフル・ マインド」、「シンデレラマン」などと並ぶ代表作になるだろう。

■ロン・ハワード監督マイ採点表
「天使と悪魔」 (2009) ★★★★
「フロスト×ニクソン」 (2008) ★★★★☆
「ダ・ヴィンチ・ コード」 (2006) ★★★★
「シンデレラマン」 (2005) ★★★★☆
「ビューティフル・ マインド」 (2001) ★★★★
「身代金」 (1996) ★★★
「アポロ13」 (1995) ★★★★
「ザ・ペーパー」 (1994) ★★★★☆
「遥かなる大地へ 」(1992) ★★★
「バックドラフト」 (1991) ★★★☆
「バックマン家の人々」 (1989) ★★★☆
「ウィロー」 (1988) ★★★
「コクーン」 (1985) ★★★★
「アメリカン・グラフィティ」 (1973) ★★★★

「マイ・ライフ、マイ・ファミリー」

  認知症になった親を子供たちが面倒を観ることになり、あれこれ葛藤するというありがちなテーマ。しかしこの映画が出色なのは重苦しいまでのリアルな描写だ。正直途中で息苦しくなってきた。それでも主演の二人(ローラ・リニーとフィリップ・シーモア・ホフマン)の好演とラストのかすかな希望に救われる。劇場未公開作品だが、良質の映画である。

 監督のタマラ・ジェンキンスは2本のショート・フィルムを作った後、98年の長編第1作「Slums of Beverly Hills」(日本未公開)で一定の注目を得た。第2作の「マイ・ライフ、マイ・ファミリー」を作り上げるまで9年のブランクがあったが、この作品でアカデミー賞のオリジナル脚本賞にノミネートされた(ローラ・リニーも主演女優賞にノミネートされている)。なかなか才能のある人で、脚本も書き(2本の長編は彼女自身の脚本)、女優でもある。いずれ遠からず日本でも注目される作品を送り出してくることだろう。

「2012」
  3時間近い長い映画だった。地球滅亡ものだが、宇宙から隕石が飛んできたり、宇宙人が襲ってくるという設定ではなく、地球が内部から崩壊するという設定になっているのが新鮮だった。都市が崩壊してゆく様を描いたCGはさすがに良くできている。まあ話の展開は全くのご都合主義で、典型的なハリウッド映画。観て楽しめばそれでいい。

「旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ」
  好ましい映画だが、傑作には至らず。廃園になりそうな動物園を園長や飼育係たちが様々な知恵をこらして再建し、かつ日本一の人気動物園にしてゆく。そう聞いて予想する通りの展開。彼らの奮闘ぶりとアイディアには共感するが、映画としてはまあまあの出来。ただ、ところどころいい場面がある。チンパンジーのオスとメスが互いの檻を挟んで食べ物をやり取りするシーンは感動的だった。

2010年5月20日 (木)

これから観たい&おすすめ映画・DVD(10年6月)

【新作映画】
5月22日公開
 「パーマネント野ばら」(吉田大八監督、日本)
 「春との旅」(小林政広監督、日本)
 「トロッコ」(川口浩史監督、日本)
 「ボックス!」(李闘士男監督、日本)
5月29日公開
 「あの夏の子供たち」(ミア・ハンセン=ラブ監督、フランス)
 「RAILWAYS」(錦織良成監督、日本)
6月4日公開
 「マイ・ブラザー」(ジム・シェリダン監督、米)
6月5日公開
 「告白」(中島哲也監督、日本)
 「孤高のメス」(成島出監督、日本)
 「ブライト・スター いちばん美しい恋の詩」(ジェーン・カンピオン監督、英)
 「殺人犯」(ロイ・チョウ監督、香港)
6月12日公開
 「クレイジー・ハート」(スコット・クーパー監督、米)
 「パリ20区、僕たちのクラス」(ローラン・カンテ監督、フランス)
 「Flowers」(小泉徳宏監督、日本)
 「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」(大森立嗣監督、日本)
 「チョルラの詩」(川口浩史監督、日本)
 「ACACIA-アカシア」(辻仁成監督、日本)
6月19日公開
 「ザ・ウォーカー」(アルバート・ヒューズ監督、米)
 「祝の島」(纐纈あや監督、日本)
 「闇の列車、光の旅」(キャリー・ジョージ・フクナガ監督、米・メキシコ)

【新作DVD】
5月21日
 「ティンカー・ベルと月の石」(クレイ・ホール、米)
5月26日
 「パブリック・エネミーズ」(マイケル・マン監督、米)
5月28日
 「パリ・オペラ座のすべて」(フレデリック・ワイズマン監督、フランス)
 「銀色の雨」(鈴井貴之監督)
6月2日
 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(ウェイン・クラマー監督、米)
 「天使の眼、野獣の街」(ヤウ・ナイホイ監督、香港)
 「パラノーマル・アクティビティ」(キャスティング=オーレン・ペリ監督、米)
6月4日
 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(ニールス・アルデン・オプレブ監督、スウェーデン)
 「キルショット」(ジョン・マッデン監督、アメリカ)
 「ブラザーズ・ブルーム」(ライアン・ジョンソン監督、米)
 「ブルー・ゴールド 狙われた水の真実」(サム・ボッゾ監督、米)
6月9日
 「マラドーナ」(エミール・クストリッツァ監督、スペイン・仏)
6月25日
 「誰がため」(オーレ・クリスチャン・マセン監督、デンマーク・チェコ・ドイツ)
 「孫文 100年先を見た男」(デレク・チウ監督、中国)
 「海角七号 君想う、国境の南」(ウェイ・ダーション監督、台湾)
 「サヨナライツカ」(イ・ジェハン監督、韓国)
7月2日
 「(500日の)サマー」(マーク・ウェブ監督、米)
 「Dr.パルナサスの鏡」(テリー・ギリアム監督、英・加・仏)
 「ラブリーボーン」(ピーター・ジャクソン監督、米・英・ニュージーランド)
 「バレンタインデー」(ゲイリー・マーシャル監督、米)
 「恋するベーカリー」(ナンシー・マイヤーズ監督、米)
 「板尾創路の脱獄王」(板尾創路監督、日本)
7月9日
 「オーシャンズ」(ジャック・ペラン監督、仏・スイス・スペイン)
 「今度は愛妻家」(行定勲監督、日本)
7月14日
 「バッド・ルーテナント」(ヴェルナー・ヘルツォーク監督、アメリカ)
 「噂のモーガン夫妻」(マーク・ローレンス監督、アメリカ)
 「インビクタス 負けざる者たち」(クリント・イーストウッド監督、米)

【旧作DVD】
5月21日
 「まぼろしの市街戦」(66、フィリップ・ド・ブロカ監督、仏・伊)
 「誇り高き男」(56、ロバート・D・ウェッブ監督、米)
5月25日
 「幻の女」(44、ロバート・シオドマク監督、米)
5月28日
 「ローハイド シーズン1 DVD-BOX」
6月2日
 「ドクトル・ジバゴ アニバーサリーエディション」(65、デビッド・リーン監督、米・伊)
 「眺めのいい部屋 HDニューマスター版」(85、ジェイムズ・アイボリー監督、英)
6月6日
 「ルート66 ファースト・シーズンDVD-BOX ①、②」
6月11日
 「ララミー牧場」

 今月は連休も終わってちょっと中だるみの月か。新作映画では「クレイジー・ハート」と「ザ・ウォーカー」、「春との旅」、「闇の列車、光の旅」、「トロッコ」あたりが面白そうだ。それ以外はそこそこといったところか。

 新作DVDではようやく今年公開作が出始める。その中ではやはりイーストウッドの「インビクタス 負けざる者たち」が期待大。「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」も面白そうだ。その他では「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」、「誰がため」、「ラブリーボーン」、「ブルー・ゴールド 狙われた水の真実」、「オーシャンズ」あたりか。

 旧作DVDでは「まぼろしの市街戦」の登場が一番うれしい。言われるほどの傑作ではないと思うが、一度は観ておいて損はない。懐かしいクリント・イーストウッドのテレビドラマ「ローハイド」のBOXが出る。今観て面白いかどうか分からないが、子供のころはわくわくして観たものだ。他に「ララミー牧場」と「ルート66」も出る。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
無料ブログはココログ