最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« 先月観た映画(09年7月) | トップページ | これから観たい&おすすめ映画・DVD(09年9月) »

2009年8月 8日 (土)

ゴブリンのこれがおすすめ 39 

世界のユニークなアニメ映画

【おすすめ長編アニメ】
「しわ」(2011、イグナシオ・フェレーラス監督、スペイン)
「メリダとおそろしの森」(2012、マーク・アンドリュース、他監督、米)
「おおかみこどもの雨と雪」(2012、細田守監督、日本)
「夜のとばりの物語」(2010、ミッシェル・オスロ監督、フランス)
「ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢」(2008、ニック・パーク監督、英)
「コクリコ坂から」(2010、宮崎吾朗監督、日本)
「トイ・ストーリー3」(2010、リー・アンクリッチ監督、米)
「9<ナイン>」(2009、シェーン・アッカー監督、米)
「戦場でワルツを」(08、アリ・フォルマン監督、イスラエル・仏・独・米)
「カールじいさんの空飛ぶ家」(08、ピート・ドクター監督、米)
「ウォーリー」(08、アンドリュー・スタントン監督、アメリカ)
「アズールとアスマール」(06、ミッシェル・オスロ監督、フランス)
「死者の書」(05、川本喜八郎監督、日本)
「コープス・ブライド」(05、ティム・バートン、マイク・ジョンソン監督、英)
「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」(05、ニック・パーク監督、英・米)
「ベルヴィル・ランデブー」(02、シルヴァン・ショメ監督、仏・他)
「キリクと魔女」(02、ミッシェル・オスロ監督、仏・他)
「シュレック」(01、アンドリュー・アダムソン監督、アメリカ)
「モンスターズ・インク」(01、ピート・ドクター監督)
「アイアン・ジャイアント」(99、ブラッド・バード監督)
「ナイトメア・ビフォー・クリスマス」(93、ヘンリー・セレック監督)
「火垂るの墓」(88、高畑勲監督、日本)
「風が吹くとき」(86、ジミー・T・ムラカミ監督、イギリス)
「天空の城ラピュタ」(86、宮崎駿監督、日本)
「銀河鉄道の夜」(85、杉井ギサブロー監督、日本)
「風の谷のナウシカ」(84、宮崎駿監督、日本)
「王と鳥」(80、ポール・グリモー監督、フランス)
「未来少年コナン」(78、宮崎駿監督、日本)
「盗まれた飛行船」(66、カレル・ゼマン監督、チェコスロヴァキア)
「悪魔の発明」(57、カレル・ゼマン監督、チェコスロヴァキア)
「真夏の夜の夢」(54、イジィ・トルンカ監督)
「ファンタジア」(40、ベン・シャープスティーン監督、米)
「アクメッド王子の冒険」(26、ロッテ・ライニガー監督、ドイツ)

【おすすめ短編アニメ/作品集】
「つみきのいえ」(08、加藤久仁生監督、日本)
「老人と海」(99、アレクサンドル・ペトロフ監督、ロシア・他)
「ウォレスとグルミット 危機一髪」(95、ニック・パーク監督、イギリス)
「ウォレスとグルミット ペンギンに気をつけろ!」(93、ニック・パーク監督、英)
「ウォレスとグルミット チーズ・ホリデー」(89、ニック・パーク監督、英)
「NFB傑作選」
「山村浩二作品集」
「川本喜八郎作品集」
「カレル・ゼーマン作品集」
「ユーリ・ノルシュテイン作品集」
「フレデリック・バック作品集」
「ルネ・ラルー傑作短編集」 

■こちらも要チェック
「借りぐらしのアリエッティ」(10、米林宏昌監督)
「河童のクゥと夏休み」
(07、原恵一監督、日本)
「レミーのおいしいレストラン」(07、ブラッド・バード監督、米)
「シュレック2」(01、アンドリュー・アダムソン、他監督、アメリカ)
「ハウルの動く城」(04、宮崎駿監督、日本)
「Mr.インクレディブル」(04、ブラッド・バード監督、米)
「千と千尋の神隠し」(01、宮崎駿監督、日本)
「チキンラン」(00、ニック・パーク監督)
「もののけ姫」(97、宮崎駿監督、日本)
「紅の豚」(92、宮崎駿監督、日本)
「リトル・ニモ」(89、ウィリアム・T・ハーツ監督)
「魔女の宅急便」(89、宮崎駿監督、日本)
「となりのトトロ」(88、宮崎駿監督、日本)
「セロ弾きのゴーシュ」(80、高畑勲監督、日本)
「ルパン三世 カリオストロの城」(79、宮崎駿監督、日本)
「雪の女王」(57、レフ・アタマーノフ監督、ソ連)
「イワンと仔馬」(47、A・スネシュコ・ブロツカヤ、他監督、ソ連)

■気になる未見作品
「屋根裏のポムネンカ」(09、イジー・バルタ監督、チェコ・スロヴァキア・日本)
「カフカ田舎医者」(07、山村浩二監督、日本)
「ペルセポリス」(07、マルジャン・サトラピ、ヴァンサン・パロノー監督、仏)
「春のめざめ」(06、アレクサンドル・ペトロフ監督、ロシア)
「プリンス&プリンセス」(99、ミッシェル・オスロ監督、フランス)
「ネオ・ファンタジア」(76、ブルーノ・ボゼット監督、イタリア)
「彗星に乗って」(70、カレル・ゼマン監督、チェコスロヴァキア)
「森は生きている」(56、イワン・イワノフ=ワノ監督、ソ連)
「動物農場」(54、ジョン・ハラス、ジョイ・バチェラー監督、英)
「イジィ・トルンカ作品集」(1~5)
「イジィ・トルンカの世界」(1~3)
「チェコ・アニメ傑作選」(1~2)
「チェコアニメ新世代」(vol.1~2)
「NFB コ・ホードマン作品集」
「ロシア・アニメーション傑作選集」(1~4)
「岡本忠成全作品集」
「ノーマン・マクラレン傑作集」

Unicorn  1974年に後楽園シネマでソ連映画を大量に観た。当時後楽園で大シベリア博覧会が開かれており、それにあわせて大シベリア博記念特別番組と銘打ち、「ソビエト名作映画月間」として23本のソ連映画が上映されたのである。 1回に2~3本を上映するのだが、その合間に短編アニメを上映していた。プログラムに載っていないので、作品名も本数も今では分からないのだが、そのレベルの高さに驚いたものである。今のアニメに比べると動きはぎこちないのだが、ウィットに富んだ、独特の世界を作っていた。不確かな記憶ながら、大人が見て楽しむ作品が多かったように思う。宮崎駿が現れるはるか前で、アニメといえばディズニーという時代だっただけに、大人のユーモアがたっぷり盛り込まれたア ニメにすっかり感心したものだ。

 ソ連がアニメ大国だと知ったのはだいぶ後である。なにしろ当時はアニメそのものに大して興味がなかった。大人の鑑賞に堪えるものではないと思っていたのである。例外的に意識していたのは名作と言われていたディズニーの「ファンタジア」と幻の名作としてつとに知られていた「やぶにらみの暴君」(80年に「王と鳥」というタイトルで改訂版が出された)である。「やぶにらみの暴君」は84年3月に高田馬場のACTでやっと観ることができた。「ファンタジア」を観たのはさらに下って91年である。どちらも期待通りの傑作だと思った。「やぶにらみの暴君」はフランスらしい風刺のきいたテーマと絵の素晴らしさ、特に空に高く伸びる王宮の造形に驚嘆した。「ファンタジア」は音楽を中心にしたのが成功している。ミッキーを中心にすればお子様向けの映画にならざるを得ないが、クラシック音楽に合わせてアニメーションを付けるというアイディアが卓抜だった。より大人向けの作品になっているという「ネオ・ファンタジア」も観たいが、高値が付いていて未だ入手できていない。

 「やぶにらみの暴君」には感心したが、まだアニメそのものを認めるには至らなかった。「やぶにらみの暴君」はあくまでも例外だった。「やぶにらみの暴君」を観た一月後、84年4月にユーリ・ノルシュテインの「話の話」を観たが、さほど強い印象を受けなかった。アニメが劇映画に匹敵するジャンルだと初めて思ったのは86年2月に飯田橋の佳作座で「風の谷のナウシカ」を観た時である。これは衝撃的な作品だった。それまでのアニメに対する僕の認識を根底から覆した作品である。劇映画に匹敵するどころか、劇映画を超える可能性があるとまで思った。同年9月に「天空の城ラピュタ」を観てそれは確信に変わった。

Kmhsm1  翌87年の3月、もう一つの衝撃的作品と出合った。イジィ・トルンカの人形アニメ「真夏の夜の夢」を観たのである。チェコが人形アニメで有名なことは知っていたが、シェイクスピアの作品を人形アニメで再現したこの作品には心底感動した。同月、池袋の文芸地下で「風の谷のナウシカ」と「ルパン三世 カリオストロの城」を観た。88年1月には高畑勲監督の記録映画「柳川掘割物語」を文芸坐ル・ピリエで観ている。それを経て同年4月に長野市の東宝中劇で「火垂るの墓」と「となりのトトロ」を観た(88年に東京から上田市に移った)。同年10月にはビデオで高畑勲の「太陽の王子 ホルスの大冒険」(1968)を観たが、これはさすがに古色蒼然としていると感じた。

 このように、80年代の後半に宮崎駿と高畑勲を発見し、アニメに対する認識が劇的に変わったのである。もはや「やぶにらみの暴君」のような例外ではなく、アニメが劇映画を超える時代が来たことを実感したのである。

 その後ティム・バートン、ニック・パーク、ミッシェル・オスロ、川本喜八郎などを次々と発見してゆく。今や年間ベストテンにアニメ映画が入ることは珍しいことではなくなった。短編アニメが上映される機会も増え、世界のユニークなアニメ作品のDVDも簡単に手に入るようになった。80年代前半までと比べると隔世の感がある。

 最後にアメリカのアニメに触れておこう。アメリカのアニメでは「モンスターズ・インク」、「バグズ・ライフ」、「トイ・ストーリー」、「Mr.インクレディブル」、「レミーのおいしいレストラン」、「ウォーリー」などのピクサー/ディズニー系、「アンツ」、「チキンラン」、「シュレック」、「シュレック2」、などのドリームワークス系がいい。こちらはティム・バートンのような個性は比較的希薄で、むしろ制作会社の姿勢のほうが目立つ。ピクサー系はディズニー色が強いのでどちらかというと子供向けの作風で、ドリームワークス系は皮肉や風刺の利いた大人も楽しめるアニメという印象だ。これらの作品の登場によって、アメリカのアニメはかつてのお子様向けディズニーアニメのレベルから飛躍的に向上したと言っていい。

 最後に世界にどんなユニークなアニメがあるかを知る最適の入門書を紹介しておこう。『世界と日本のアニメーション ベスト150』(2003年、ふゅーじょんぷろだくと発行)という本である。ちなみに、そのベスト150の1位と2位を占めているのはユーリ・ノルシュテイン監督の「霧につつまれたハリネズミ」(1975)と「話の話」(1979)である。

« 先月観た映画(09年7月) | トップページ | これから観たい&おすすめ映画・DVD(09年9月) »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/45865150

この記事へのトラックバック一覧です: ゴブリンのこれがおすすめ 39 :

« 先月観た映画(09年7月) | トップページ | これから観たい&おすすめ映画・DVD(09年9月) »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ