最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« 2008年9月28日 - 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月12日 - 2008年10月18日 »

2008年10月5日 - 2008年10月11日

2008年10月11日 (土)

ボストン滞在記 最終回

 いよいよこの連載も最終回です。今回はこれまで収録できなかった写真を一気に公開したいと思います。とは言っても決して残り物ではありません。

クーリッジ・コーナー
 今回のボストン滞在でいちばん悔いが残るのは映画館で一度も映画を観られなかったこと。飛行機の中で観た「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」、テレビでたまたま観た「チャイナ・ムーン」と「アンブレイカブル」以外は何も観られなかった。ただし、一度貴重な経験をしている。ボストンの郊外にブルックラインという街がある。その中心街と見られるクーリッジ・コーナーという所にクーリッジ・コーナー・シアターという映画館がある。

080920080913_2080920_2







  ボストンにあるシネコンとは違って、いわゆる日本で言うミニシアター系の映画館である。うっかりすると気付かずに見逃してしまいそうな角の小さな映画館だが、素晴らしい映画を上映している。9月20日の土曜日に行った時にはTowelhead、Vicky Cristina Barcelona、Man on Wire、Frozen Riverなどが上映されていた。いずれも評判の作品で観てみたいものばかり。さらにはManhattan Short Film Festivalという企画ものも並行して催されていた。

080920_4080920_3080920_8







  その劇場の写真を撮っていたら、よほどうれしかったのだろう、中からおばちゃんが出てきて中も撮っていいという。せっかくなので撮らせてもらうことにした。メインのスクリーンは意外に広かった。真っ暗なのでフラッシュをたいてもよく映らなかったのが残念。その後入り口ホールを撮って引き上げるつもりだったが、2階も撮って行けという。2階にも1階と同じ広さのスクリーンがあった。その隣に15人くらいが座れる小さなスクリーンがあり、さらに50人くらいは入れるスクリーンがあった。

080920_9080920_13080920_15







 日本人かと聞かれた。どうも日本人はすぐわかるようだ。おばちゃん自身はブラジル出身で、日本にも行ったことがあると言っていた。出口でパンフを何枚かもらってきた。日本と違って、サイズは小さく、紙質も固い。絵葉書のような感じだが、サイズはまちまちだ。午後1時にまた戻ってきてTowelheadを観るつもりだったが、うっかりベッドに横になったら寝入ってしまった。あの時寝なければ少なくとも1本は映画を観られたのに。今でも残念でならない。

ジャパニーズ・レストラン
 ボストンやその近郊ではよく日本食の店を見かけた。カラオケと寿司を組み合わせた店もあった。寿司を食いながらカラオケをやるという発想は日本にはないが、日本的なものを2つ組み合わせれば客も喜ぶと思ったのだろうか。写真を載せた3つの店(クーリッジ・コーナーにも「つなみ」という店があったし、寿司と書いてある店はたくさん見かけた)の中で実際に入ったのは「フィンズ」(地下鉄ケンモア駅の出口横)だけ。しかしここは研修先のすぐ隣のビルにあり、しかも味がこれまた日本で食べるのと変わらないくらいおいしいレストランだった。値段も7~8ドルとファストフードの店とさほど変わらないので、ここ1軒で充分だった。昼食はほとんどここで食べていた。

080906_82080913080920_3_2








バック・ベイ・フェンズ

 ここは1回目の記事で紹介したが、家の近くにありしかもボストン美術館やイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館へ行く通り道ということもあって滞在中何度も通った。細長く半円状に湾曲した公園だがかなり広い。仙台の万福寺から贈られた鐘、第2次大戦の戦死者の慰霊碑などは何度目かに歩いていて見つけた。

080920_21080920_25080920_26







 ここはなんといってもマッド・リヴァーと緑のマッチした風景がきれいだった。初秋に入り枯葉が道を覆うようになったがまだ紅葉は進んでいなかった。それでも緑の中に黄色や赤がワンポイントのように映える景色は本当に美しかった。

080920_8_2080920_14080920_15_2







  緑地帯のあるコモンウェルス・アヴェニューと並んでホット一息つける場所として滞在中何度も歩いたものだ。

081004_5081004_6081004_9








コモンウェルス・アヴェニュー

 この道はアパートがあるビーコン・ストリートと並行して走っている。実に特殊な通りだ。両車線の間に中央分離帯がある道は日本でも珍しくないが、その中央分離帯が両側を並木で挟まれた細長い緑地帯になっている。緑地帯の幅は両側の道路の幅より広い。なんとなく緑地帯の部分がコモンウェルス・アヴェニューなのだと思い込んでいて、両側の道(双方とも反対向きの一方通行)は別の道だと勘違いしていた。しかしどうやら両側の道を含めてコモンウェルス・アヴェニューになっているらしい。いわば中央分離帯が異常に肥大した道路だと思えばいい。

080920_3_3080920_5080908







  ともかく、ここは家から近いので何度も通った。緑地帯の所にいくつも銅像が立っている。アパートの近くにも何やら中世のころの人物らしき銅像(基部に説明が書かれているが、巨大な植物に覆われていて読めない)が立っている一角があって、その周りにベンチがいくつか置かれている。朝や夕方によくそこのベンチに座ってタバコを吸ったものだ。アパート入り口前の階段に座って吸うのはあまりに惨めったらしいからね。

<追加写真1>
左:地下鉄ケンモア駅近くの看板
中:ダウンタウンのオールド・シティ・ホール近くで見つけた看板
右:ハノーヴァー・ストリートで見つけた看板、このあたりはイタリアン・レストランが多い

080913_3081004_17081004_42







<追加写真2>
左:コプリー・プレイスにあるトリニティ教会
中:イザベラ・ガードナー美術館近くの教会
右:教会に見えるが、確かケンブリッジの市庁舎だったと思う

080920_6081004_12_2081007_4







<追加写真3>
下の3枚:パブリック・ガーデン

081004_3081004_3_2081004_4_2







<追加写真4>
左:ビーコン・ヒルの路地
中:ビーコン・ヒルから見たマサチュセッツ州議事堂
右:ボストン・コモンにあるレリーフ

081004_2_2081004_4_3081004_6_2







<追加写真5>
左:バークリー音楽大学近くで見つけたハーフ・ティンバー風の建物
中:チャイナ・タウン
右:バック・ベイ・フェンズで見つけた子供の遊び場
  「お母さんの休息」と母親の視点で名づけられているのが印象的

080906_83081007_2080908_12






人気blogランキングへ

ボストン滞在記 その8 フリーダム・トレイルを行く

 ご無沙汰していました。研修も後半に入ると時間的余裕がほとんどなくなってしまいました(月曜から金曜にかけて、朝から夕方まで6時間びっしり研修が入っていたのです)。暗くなるのも早くなり、その上9月の後半から雨天や曇天の日々が続き、写真を撮れる機会が激減してしまいました。ほとんど外出もせず日々研鑽したおかげで何とか資格も取れ、今月の7日(火)に無事日本に戻ってきました。

 最後にとんでもないハプニングもありました。帰国の日に空港に着くのが遅れ、予定の飛行機に乗れなかったのです。何とか翌日の朝7時20分発のチケットが取れて足は確保できたのですが、その日1日をどこで過ごせばいいのか。重たいスーツケースを持ったまま途方にくれてしまいました。日曜日だったのでアパートの管理会社にも連絡が取れない。いきなり路上に放り出された格好です。

 しかし意外に落ち着いていて、すぐ解決策を思いつきました。一緒に研修を受けていた仲間に頼み込めばいい!同じ東洋人の方が頼みやすいと考えて台湾系アメリカ人に電話したところあっさりOKしてくれました。さっそく車で迎えに来てくれて、チャイナ・タウンで朝食。夕方には彼の住んでいるレキシントン(下の写真は「ミニットマン記念碑)やケンブリッジのハーヴァード大学あたりを案内してくれました。

081007081007_7










 翌朝は4時に起床。4時半(日本時間では6日の午後5時半)に出発。車で空港まで送ってもらいました。いやあ、旅先での親切は本当にありがたい。シカゴ経由で、自宅に着いたのは7日の夜8時過ぎでした。24時間以上の旅。もうくたくた。新幹線を乗り越して長野まで行ってしまったほどです。

 さて、久々のブログ。今回は帰国前の最後の土曜日に行ってきたボストンのダウンタウンめぐりを紹介します。いわゆる「フリーダム・トレイル」と呼ばれるボストンの代表的観光コースです。このコースはイギリスの植民地時代から独立戦争を経て建国の時代にいたる時代の史跡16ヶ所をたどるコースです。一日がけで歩くコースですのでその一部しか歩けませんでしたが、ボストンのダウンタウンからノースエンドを歩いたのは初めてでしたのでとても新鮮でした。

* * * * * * * * * *

 午前中は念願のイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館に行き、その美しい中庭と素晴らしい建物、そして収蔵品を楽しんだ。一旦アパートに帰って軽く食事を取ってから1時過ぎにまた外出。今度はダウンタウンへ向かった。ボイルストン・ストリート沿いに歩いて行った。パブリック・ガーデンを通り抜けてビーコン・ヒルに入る。数枚写真を撮っただけでまたビーコン・ストリートに戻り、マサチューセッツ州議事堂の写真を撮る。金色の丸屋根がやけに目に付く。

081004_10081004_2081004_4







  ビーコン・ストリートを渡ればボストン・コモンだ。そこがフリーダム・トレイルの出発点。まず、公園のすぐ横にあるパーク・ストリート・チャーチからスタート。ここはウィリアム・ロイド・ギャリソンがアメリカで初めて奴隷制度反対演説をした場所として知られている。教会のすぐ隣にあるのがグラナリー墓地。アメリカ独立のために戦った人々が埋葬されている。平べったい石版のような墓標が無造作に並んでいる。ポール・リビアやサミュエル・アダムスの墓もここにある。

081004_8081004_11081004_12







  次に写真を撮ったのはオールド・シティ・ホール前に立つベンジャミン・フランクリンの立像。ボストンで最古の銅製の立像だという。その前の路地が突き当たる角に旧オールド・コーナー書店があったのだが見逃してしまった。そこはエマーソン、ホーソン、ロングフェロー、ローウェル、オリバー・ウェンデル・ホームズなどの文人が集まって語らった場所として有名なところ。ボストンとケンブリッジが舞台で、ロングフェローやオリバー・ウェンデル・ホームズなどが主人公として活躍するマシュー・パール著『ダンテ・クラブ』(新潮文庫)というとてつもなく面白い本を読んでいたのでぜひ写真を撮りたかったのだが。角の小さな公園(一番最後の写真)でタバコを吸っている間に忘れてしまった、残念。その公園にアイルランド移民の記念碑などがあったためにそちらに気を取られてしまったのである(1845年から50年にかけての大飢饉で200万人ものアイルランド人たちがボストンやその他のアメリカの土地に渡ってきた)。

081004_16_2081004081004_21







  そこから少し歩いた所に旧州議事堂がある。現在の金ぴか丸屋根の州議事堂ができるまで州議事堂として使われていた。1713年に建てられたボストン最古の建物である。近代的な高層建築の間に身をすくめるようにして佇んでいる、こじんまりとした姿が印象的だった。そのすぐ目の前にはボストン虐殺地跡を示す円形の碑がある。交差点の安全地帯のような小さな一角に埋め込まれている。何の説明書もないので、何も知らなければ単なる道路のデザインにしか見えない。

081004_23081004_24081004_25







  中州のようなボストン虐殺地跡がある大きな通りはコングレス・ストリートと呼ばれているが、その通りを挟むようにしてファニュエル・ホールとクインシー・マーケットがある。ファニュエル・ホールは前を素通りして、向かい側のクインシー・マーケットに渡った。マーケット横の広場にかなりの人だかりがあったからだ。人垣の間から覗いてみると、10数人の若者たちがブレイク・ダンスを披露していた。原宿竹下通りのたけのこ族を思い出してしまった。

081004_49081004_26081004_29







  マーケット街から道を1本渡った所にテント張りの庶民的なマーケットがあった。こちらもまっすぐ歩けないくらいの人だかりだ。そこを抜けるとノース・エンド・パークがある。噴水と芝生広場があるだけだが、オアシスのような場所だった。歴史的な衣装をつけた楽隊が芝生で演奏をしていた。こういう行事にはほとんど出くわさなかったので写真を撮った。

081004_22081004_36081004_34







  そこから先はノース・エンドになる。フリーダム・トレイルを辿るにはハノーヴァー・ストリートに入らねばならなかったのだが、間違えてセイレム・ストリートに入り込んでしまった。フリーダム・トレイル沿いには道路に赤い線が引かれているのだが、線には全く気が付かなかった。見た記憶もない。看板や建物など終始上を見て歩いていたからだろう。案内書をもっと頻繁に見て確認しながら歩けばよかったと後で後悔する。

081004_37081004_38081004_39







  しかしセイレム・ストリートは庶民的で面白い路地だった。フリーダム・トレイルから外れているので観光客は滅多に通らないだろう。こんなとおりに迷い込んでみるのも路地裏好きの僕にとっては楽しい経験だった。ただ、元々道が狭い上に、道路の両側に車がびっしり駐車しているので、看板以外はあまり写真を撮らなかった。(ヨーロッパ同様、ボストンのような古い街は車社会出現前に建てられているので駐車場がない。したがってみんな路上駐車せざるを得ないのだ。)セイレム・ストリートがT字路に突き当たる少し手前にオールド・ノース教会があった。実はこの教会のところでフリーダム・トレイルに戻ったのだが、うかつにもそのことに気づかなかった。写真だけ撮ってT字路を左折した。小さな公園に出て、そこからチャールズ川の写真を撮った。軍艦らしき船が2隻停泊していた。

081004_41081004_43081004_44







  その公園で休憩した時に地図を確かめた。さっきの教会がオールド・ノース教会だったかもしれないとその時気づいたのだが、そこまで引き返さずにハノーヴァー・ストリートに出てしまった。トイレに行きたくなって、唯一トイレの場所が分かるボストン・コモンに引き返すことにしたからだ。うまくいけばポール・リビアの家を帰りがけに見つけられると踏んだのである。また別の教会があり、その前でバグパイプを演奏している人がいた。その写真を撮った。その時はその教会がセント・ステファン教会だと確認しなかった。そうしていたらその向かいがポール・リビア・モールだと気づいていたのに。そこにポール・リビアの立像があったのだ。惜しいことをした。

081004_46081004_48081004_19







 その後適当に歩いて都心の方に戻る。ポール・リビアの家は結局見つけられなかった。 またクインシー・マーケットに出る。かなりの人出だった。ブレイク・ダンスをやっていて人垣ができていた広場を通ってボストン・コモンに戻り、トイレに直行。その後はビーコン・ストリート沿いに歩いてアパートに戻る。アパートに戻るとぐったり疲れていた。戻ったのは5時過ぎだったろうか。軽く食事をした後ベッドで横になったらいつのまにか眠っていた。

人気blogランキングへ

« 2008年9月28日 - 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月12日 - 2008年10月18日 »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ