最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

« 2008年6月15日 - 2008年6月21日 | トップページ | 2008年6月29日 - 2008年7月5日 »

2008年6月22日 - 2008年6月28日

2008年6月22日 (日)

「ONCE ダブリンの街角で」を観ました

Mmf1  アメリカの映画情報サイトRotten Tomatoesの第9回Golden Tomato Awardsで、「ONCE ダブリンの街角で」はLimited Release部門とミュージカル部門で1位に選ばれた(「第9回Golden Tomato Awards発表」参照)。当然大いに期待して観た。結果はその高い期待を上回る傑作だった。とにかく映画の中で歌われる曲がどれも素晴らしい。音楽映画として1級品と言ってよい。同時に実にさわやかな恋愛ドラマでもある。音楽と映像とストーリーが見事に結びついている。深みはないが、今年一番気に入った映画の一つだ。ミュージカルや音楽映画を大量に作っているアメリカ映画でもこれを越えるものはほとんどないだろう。

 「ONCE ダブリンの街角で」はアイルランド映画。アイルランドといえば音楽が街中に溢れた国。リバーダンスを思い浮かべる人もいるだろう。急速調の音楽に合わせて歌い踊る人々。「ゴブリンのこれがおすすめ 38」(アイリッシュ/ケルト・ミュージック+ブリティッシュ・トラッド特集)でも紹介したが、ザ・チーフタンズ、アナム、アルタン、カパケリ、キーラ、クラナド、ソーラス、デ・ダナン、ルナサなどのグループ、ヴァン・モリソン、ドロレス・ケーン、メアリー・ブラック、モイア・ブレナン、モーラ・オコンネル、エンヤなどの歌手を輩出してきた。もっとポップ系ではザ・コアーズがあるし、ヒーリング系ではナイトノイズがある。ロック系ではシン・リジィ、ロリー・ギャラガー、ブームタウン・ラッツ、U2、ウォーターボーイズなど。アイルランドと音楽は切っても切り離せない関係にある。

 アイルランドと音楽映画といえば、まず思い浮かぶのはあの傑作「ザ・コミットメンツ」。その「ザ・コミットメンツ」にアウトスパン役で出演していたグレン・ハンサードが「ONCE ダブリンの街角で」の主人公を演じている。彼の歌はギター片手に歌うフォーク・ロック系。これが実にいいのだ。映画で歌われる曲はほとんど彼の作曲した曲らしい。

  街頭で彼が歌っていると、彼の音楽に惹かれたピアニストの女性が現れる。チェコ移民という設定になっているが、それはヒロインを演じている歌手のマルケタ・イルグロヴァがチェコ在住のシンガー・ソングライターだから。全く知らなかった人だが、グレン・ハンサードと共演したCDも作っているという。地味な顔立ちだが、なかなかの美人だと思う。もちろん声も歌もいい。

  彼女はグレン・ハンサードのデモCD製作に協力することになる。その間に非常にいい関係になるが、彼女には実は夫がいた。彼女は最後に夫の元に戻る。切ないがさわやかな別れ。こういう地味な恋愛ドラマはアメリカではなかなか作れない。そこが却ってリアルに感じるし、味わい深いものがある。小品という作りだがぜひともおすすめしたい映画である。この作品はレビューを書きます。

「ONCE ダブリンの街角で」(06年、ジョン・カーニー監督)★★★★☆
 出演:グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ、ヒュー・ウォルシュ

<おまけ>
■音楽映画マイ・ベスト15(90年代以降)
「ONCE ダブリンの街角で」(06年、ジョン・カーニー監督)
「今宵、フィッツジェラルド劇場で」(06年、ロバート・アルトマン監督)
「トランシルヴァニア」(06年、トニー・ガトリフ監督、フランス)
「ドリームガールズ」(06年、ビル・コンドン監督)
「風の前奏曲」(04、イッティスーントーン・ウィチャイラック監督)
「アマンドラ!希望の歌」(02、リー・ハーシュ監督、南アフリカ、アメリカ)
「僕のスウィング」(02、トニー・ガトリフ監督、フランス・日本)
「歌え!フィッシャーマン」(01、クヌート・エーリク・イエンセン監督、ノルウェー)
「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(99、ヴィム・ヴェンダース監督、ドイツ他)
「海の上のピアニスト」(99、ジュゼッペ・トルナトーレ監督、米・伊)
「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」(98、アナンド・タッカー監督)
「ガッジョ・ディーロ」(97、トニー・ガトリフ監督、フランス・ルーマニア)
「ブラス!」(96、マーク・ハーマン監督、イギリス)
「風の丘を越えて」(93、イム・グォンテク監督、韓国)
「ザ・コミットメンツ」(91、アラン・パーカー監督、イギリス)

「ONCE ダブリンの街角で」のレビュー

人気blogランキングへ

これから観たい&おすすめ映画・DVD(08年7月)

【新作映画】
6月28日公開
 「告発のとき」(ポール・ハギス監督、アメリカ)
 「バグズ・ワールド」(フィリップ・カルデロン監督、仏・加)
 「歩いても歩いても」(是枝裕和監督、日本)
 「天安門、恋人たち」(ロウ・イエ監督、中国・フランス)
 「水の中のつぼみ」(セリーヌ・シアマ監督、フランス)
7月5日公開
 「庭から昇ったロケット雲」(マイケル・ボーリッシュ監督、米)
 「純喫茶磯辺」(吉田恵輔監督、日本) 
 「クライマーズ・ハイ」(原田眞人監督、日本)
7月12日公開
 「いま ここにある風景」(ジェニファー・バイチウオル監督、カナダ)
 「近距離恋愛」(ポール・ウエイランド監督、米・英)
 「ホートン ふしぎな世界のダレダーレ」(ジミー・ヘイワード監督、米)
7月19日公開
 「崖の上のポニョ」(宮崎駿監督、日本)
 「百万円と苦虫女」(タナダユキ監督、日本)
 「あの日の指輪を待つきみへ」(リチャード・アッテンボロー監督、英・加・米)
7月26日公開
 「敵こそ、我が友~戦犯クラウス・バルビーの3つの人生」(K.マクドナルド監督)

【新作DVD】
6月25日
 「再会の街で」(マイク・バインダー監督、アメリカ)
 「北京の恋 四郎探母」(スン・ティエ監督、中国)
6月27日
 「肩ごしの恋人」(イ・オンヒ監督、韓国・日本)
7月2日
 「WILD HOGS 団塊ボーイズ」(ウォルト・ベッカー監督、米)
 「呉清源 極みの棋譜」(ティエン・チュアンチュアン監督、中国)
 「エンジェル」(フランソワ・オゾン監督、英・仏・ベルギー)
7月4日
 「ミリキタニの猫」(リンダ・ハッテンドーフ監督、米)
 「潜水服は蝶の夢を見る」(ジュリアン・シュナーベル監督、仏・米)
7月9日
 「ジェシー・ジェームズの暗殺」(アンドリュー・ドミニク監督、米)
 「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」(スティーブ・ベンデラック監督、英・仏・他)
7月11日
 「88ミニッツ」(ジョン・アブネット監督、米・独)
 「ヒトラーの贋札」(ステファン・ルツォビツキー監督、オーストリア・独)
 「陰日向に咲く」(平川雄一朗監督、日本)
7月18日
 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」(クリス・ウエイツ監督、米・英)
 「魔法にかけられて」(ケビン・リマ監督、アメリカ)
7月23日
 「ジャンパー」(ダグ・リーマン監督、アメリカ)
7月25日
 「人のセックスを笑うな」(井口奈己監督、日本)
 「母べえ」(山田洋次監督、日本)
 「レンブラントの夜警」(ピーター・グリーナウェイ監督、英・オランダ・他)
 「かつて、ノルマンディーで」(ミコラ・フィリベール監督、フランス)
8月6日
 「エリザベス ゴールデン・エイジ」(シェカール・カブール監督、英・仏・独)
8月8日
 「ノー・カントリー」(ジョエル&イーサン・コーエン監督、アメリカ)

【旧作DVD】
6月25日
 「令嬢ジュリー」(51、アルフ・シューベルイ監督、スウェーデン)
 「ブルーサンダー」(ジョン・バダム監督、アメリカ)
6月26日
 「さらば恋の日」(69、マウロ・ボロニーニ監督、伊・仏)
6月27日
 「恥」(68、イングマル・ベルイマン監督、スウェーデン)
 「風の中の子供」(37、清水宏監督、日本)
 「安城家の舞踏会」(47、吉村公三郎監督、日本)
 「大人の見る絵本 生まれてはみたけれど」(32、小津安二郎監督、日本)
 「清水宏監督作品 第二集 子どもの四季」
  収録作品:「風の中の子供」、「信子」、「みかえりの塔」
 「隣の八重ちゃん」(34、島津保次郎監督、日本)
 「本日休診」(52、渋谷実監督、日本)
6月28日
 「ルイス・ブニュエル DVD-BOX⑤」
  収録作品:「のんき大将」、「乱暴者」、「エル」
 「ラテン・アメリカ 光と影の詩」(92、フェルナンド・E・ソラナス監督)
 「ル・ミリオン」(31、ルネ・クレール監督、仏)
7月4日
 「エルム街の悪夢 プラチナムDVD-BOX」
7月9日
 「ダーティーハリー アルティメット・コレクターズ・エディション」
7月26日
 「トーチソング・トリロジー」(88、ポール・ボガート監督、米)
8月2日
 「フール・フォア・ラブ」(85、ロバート・アルトマン監督、米)

Cherry02  今月もまたまた充実している。新作はなんといってもずいぶん待たされた宮崎駿監督の「崖の上のポニョ」が楽しみ。久々リチャード・アッテンボロー監督の「あの日の指輪を待つきみへ」も期待できそうだ。「天安門、恋人たち」とドキュメンタリー「いま ここにある風景」にも注目。

 新作DVDも話題作・期待作満載。先月から名前を挙げている「呉清源 極みの棋譜」、「ミリキタニの猫」、「潜水服は蝶の夢を見る」の他に、「ヒトラーの贋札」、「陰日向に咲く」、「母べえ」、「レンブラントの夜警」、「ノー・カントリー」、「エリザベス ゴールデン・エイジ」が登場。

 そしてとにかくうれしいのが旧作DVD。「ラテン・アメリカ 光と影の詩」と「トーチソング・トリロジー」がついに出る。ずいぶん待たされました。「ラテン・アメリカ 光と影の詩」はBOXが出ていたが、なぜかバラで出してくれなかった。ビデオは持っているが、これでやっとDVDが手に入る。

 日本映画がすごい。吉村公三郎監督の「安城家の舞踏会」、小津安二郎監督の「大人の見る絵本 生まれてはみたけれど」、清水宏監督の「風の中の子供」(「清水宏監督作品 第二集 子どもの四季」所収)、島津保次郎監督の「隣の八重ちゃん」、そして渋谷実監督の「本日休診」。いずれも代表作ばかり。中でも小津の「生まれてはみたけれど」は絶対に観てほしい。

人気blogランキングへ

« 2008年6月15日 - 2008年6月21日 | トップページ | 2008年6月29日 - 2008年7月5日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
無料ブログはココログ