最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ

  • 真紅のthinkingdays
    広範な映画をご覧になっていて、レビューの内容も充実。たっぷり読み応えがあります。
  • 京の昼寝〜♪
    僕がレンタルで観る映画のほとんどを映画館で先回りしてご覧になっています。うらやましい。映画以外の記事も充実。
  • ★☆カゴメのシネマ洞☆★
    細かいところまで目が行き届いた、とても読み応えのあるブログです。勉強になります。
  • 裏の窓から眺めてみれば
    本人は単なる感想と謙遜していますが、長文の読み応えのあるブログです。
  • なんか飲みたい
    とてもいい映画を採り上げています。短い文章できっちりとしたレビュー。なかなかまねできません。
  • ぶらぶらある記
    写真がとても素敵です。

お気に入りブログ 2

« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »

2008年6月15日 - 2008年6月21日

2008年6月16日 (月)

「迷子の警察音楽隊」を観ました

Tuki_gura_250_03  様々な国の映画が観られる日本でもイスラエルの映画は珍しい。上映されることがあってもイスラエル映画祭、東京国際映画祭、東京フィルメックスなどの映画祭がせいぜい。ほとんどDVDも発売されていないので、一般には全く知られていないと言ってもいいだろう。一般公開された映画は2001年公開の「キプールの記憶」(未見)、2007年公開の「ジェイムズ聖地へ行く」(未見)とこの「迷子の警察音楽隊」くらいしか思い当たらない。他に、他国製作だがイスラエルを舞台とした映画には「ガリレアの婚礼」(87年、ベルギー・フランス映画)や「約束の旅路」(05年、フランス映画)などがある。

 また、迷子になった警察音楽隊はエジプトから来たが、エジプト映画もこれまた馴染みの薄い映画だ。僕はユーセフ・シャヒーン監督の3作しか観ていない。岩波ホールで観た「放蕩息子の帰還」(76年)と「アレクサンドリアWHY?」(79年)、第1回東京映画祭(於NHKホール)で観た「アデュー・ボナパルト」(84年)。他にあげられるのはオムニバス映画「セプテンバー11」(02年)の1篇くらい。これもユーセフ・シャヒーン監督だ。残念ながらユーセフ・シャヒーン監督作品で唯一DVDが発売されている「炎のアンダルシア」(98年)は未見。ユーセフ・シャヒーン監督以外のエジプト映画ともなれば05年から始まった「アラブ映画祭」など、各種映画祭での限定上映で観るしかない。

 「迷子の警察音楽隊」はイスラエルで道に迷ったエジプトの警察音楽隊の1日を描いた映画。まことにもってとんでもない組み合わせで、これほど珍しい映画もないだろう。にもかかわらず単なる珍品という作品ではない。映画のタッチや味わいはむしろ「前にも似たような感じの映画を観たことがあるな」という、どこか懐かしささえ感じさせるのだ。せりふが少なく、間を充分に取った、ゆったりとしたテンポとストーリー展開は北欧映画に近い感覚がある。アキ・カウリスマキ監督の「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」(89年)や「過去のない男」(02年)にジャック・タチ監督の「ぼくの伯父さん」(52年)を足したような味わいの映画。

 他国民同士がともに過ごすことによって心を通い合わせるというほのぼのタッチはベント・ハーメル監督の傑作「キッチン・ストーリー」(03年、ノルウェー・スウェーデン)にも通じる。もっともこちらは1日限りの出会い。短い出会いと別れ、そして思い出だけが残る。何ともとぼけた軽い笑いで始まり、次第にしんみりしたムードになり、人生の陰りをにじませて終わる。明るい間は笑いが支配し、日が落ちて夜になると人生の陰りが濃くなる、そういう展開になっている。

 道と街灯以外何もない光景。そんな何もない田舎町で展開される可笑しくて、侘しくて、そして温かみのある人間讃歌。楽団を描いた映画らしく、「サマータイム」や「マイ・ファニー・バレンタイン」といった名曲がいいところで使われている。初めてなのにどこか懐かしい味わいの映画だ。この映画はレビューを書きます。

「迷子の警察音楽隊」(07年、エラン・コリリン監督、イスラエル・フランス)
  評価:★★★★☆

人気blogランキングへ

« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
無料ブログはココログ