最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ

  • 真紅のthinkingdays
    広範な映画をご覧になっていて、レビューの内容も充実。たっぷり読み応えがあります。
  • 京の昼寝〜♪
    僕がレンタルで観る映画のほとんどを映画館で先回りしてご覧になっています。うらやましい。映画以外の記事も充実。
  • ★☆カゴメのシネマ洞☆★
    細かいところまで目が行き届いた、とても読み応えのあるブログです。勉強になります。
  • 裏の窓から眺めてみれば
    本人は単なる感想と謙遜していますが、長文の読み応えのあるブログです。
  • なんか飲みたい
    とてもいい映画を採り上げています。短い文章できっちりとしたレビュー。なかなかまねできません。
  • ぶらぶらある記
    写真がとても素敵です。

お気に入りブログ 2

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月22日 (土)

これから観たい&おすすめ映画・DVD(08年12月)

【新作映画】
11月22日公開
 「ブラインドネス」(フェルナンド・メイレレス監督、ブラジル・他)
11月29日公開
 「青い鳥」(中西健二監督、日本)
12月5日公開
 「ウォーリー」(アンドリュー・スタントン監督、米)
12月6日公開
 「ぼくのおばあちゃん」(榊英雄監督、日本)
12月13日公開
 「アラトリステ」(アグスティン・ディアス・ヤネス監督、スペイン)
12月19日公開
 「地球が静止する日」(スコット・デリクソン監督、米)
12月20日公開
 「ワールド・オブ・ライズ」(リドリー・スコット監督、米)
 「永遠の子どもたち」(J.A.バヨナ監督、スペイン・メキシコ)
 「懺悔」(テンギス・アブラーゼ監督、グルジア・ソ連)
 「チェチェンへ アレクサンドラの旅」(アレクサンドル・ソクーロフ監督、露・仏)
 「ラースと、その彼女」(クレイグ・ギレスピー監督、米)
12月27日公開
 「そして、私たちは愛に帰る」(ファティ・アキン監督、独・トルコ・伊)

【新作DVD】
11月27日
 「築地魚河岸三代目」(松原信吾監督、日本)
11月28日
 「アフタースクール」(内田けんじ監督、日本)
 「愛おしき隣人」(ロイ・アンダーソン監督、スウェーデン・他)
12月3日
 「ザ・マジック・アワー」(三谷幸喜監督、日本)
 「ブレス」(キム・ギドク監督、韓国)
12月5日
 「アフター・ウェディング」(スザンネ・ビア監督、デンマーク・スウェーデン)
 「ある愛の風景」(スザンネ・ビア監督、デンマーク)
 「光州5.18」((キム・ジフン監督、韓国)
 「おいしいコーヒーの真実」(マーク・フレンシス監督、英・米)
 「今夜、列車は走る」(ニコラス・トゥオッツォ監督、アルゼンチン)
 「カンフー・パンダ」(マーク・オズボーン監督、米)
12月10日
 「ダーク・ナイト」(クリストファー・ノーラン監督、米)
 「ブラザーサンタ」(デビッド・ドブキン監督、米)
 「相棒」(和泉聖治監督、日本)
12月12日
 「アストロノーツ・ファーマー 庭から昇ったロケット雲」(マイケル・ボーリッシュ監督、米)
12月19日
 「アクロス・ザ・ユニバース」(ジュリー・テイモア監督、米)
 「近距離恋愛」(ポール・ウエイランド監督、米・英)
12月20日
 「あの日の指輪を待つきみへ」(リチャード・アッテンボオロー監督、英・加・米)
12月21日
 「インビジブル・ターゲット」(ベニー・チャン監督、香港)
12月24日
 「山桜」(篠原哲雄監督、日本)
12月26日
 「春よこい」(三枝健起監督、日本)
1月1日
 「シークレット・サンシャイン」(イ・チャンドン監督、韓国)
 「クライマーズ・ハイ」(原田眞人監督、日本)
1月7日
 「胡同愛歌」(アン・ザンジュン監督、中国)
 「胡同の理髪師」(ハスチョロー監督、中国)
 「草原の女」(ハスチョロー監督、中国)
 「紅い鞄 チベット、秘境モォトゥオへ」(ハスチョロー監督、中国)
 「告発のとき」(ポール・ハギス監督、アメリカ)
1月9日
 「シティ・オブ・メン」(パウロ・モレッリ監督、ブラジル)

【旧作DVD】
11月25日
 「白き処女地」(34、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督、仏)
11月29日
 「トリコロール コレクターズBOX」(93-94、クシシュトフ・キェシロフスキ監督)
12月4日
 「さらば友よ」(ジャン・エルマン監督、フランス)
12月5日
 「関の弥太ッぺ」(1963、山下耕作監督、日本)
12月12日
 「赤い風船/白い馬」(56、53、アルベール・ラモリス監督、仏)
12月20日
 「ゴスペル」(83、デビッド・レビック監督、米)
 「ルイス・ブニュエル DVD-BOX⑥」(ルイス・ブニュエル監督、メキシコ・他)

  新作はまあまあというところか。注目したいのは「懺悔」(テンギス・アブラーゼ監督、グルジア・ソ連)と「チェチェンへ アレクサンドラの旅」(アレクサンドル・ソクーロフ監督、露・仏)。「懺悔」は80年代に話題になったが見逃した映画。これはぜひ観たい。ソクーロフ監督の映画は面白いと思ったことはないが、「チェチェンへ アレクサンドラの旅」はテーマに惹かれる。ジブリと並んで質の高い作品を作り続けているピクサーの「ウォーリー」も期待度が高い。人間の心を持ったロボット、手塚漫画以来われわれに馴染みのテーマ。これは早く観たい。

  新作DVDはものすごい充実ぶり。「ザ・マジック・アワー」、「カンフー・パンダ」、「ダーク・ナイト」などの話題作も出るが、僕がいちばんうれしいのは「胡同愛歌」、「胡同の理髪師」、「草原の女」、「紅い鞄 チベット、秘境モォトゥオへ」の4本。早く観たくて仕方がない。他にも「アフタースクール」、「アフター・ウェディング」、「ある愛の風景」、「光州5.18」、「告発のとき」、「シティ・オブ・メン」など注目作がずらり。年末は忙しくなりそうだ。

081025_7  旧作DVDでは、先月触れた「関の弥太ッぺ」と「赤い風船/白い馬」の他に、「白き処女地」と「トリコロール コレクターズBOX」がうれしい。「ゴスペル」は86年に渋谷ジョイシネマのレイト・ショーで観たが、音楽映画としてはなかなかの出来。ジェームズ・クリーブランドの熱演が印象に残っている。もちろんシャーリー・シーザーも出ています。「ルイス・ブニュエル DVD-BOX⑥」は「忘れられた人々」を収録しているのでおすすめ。有名な「アンダルシアの犬」も入っているが僕は全く評価しない。ただ有名な作品なので一度は観ておくべきだろう。

(注)文中の写真は自分で撮ったものです。

人気blogランキングへ

2008年11月11日 (火)

先月観た映画(08年10月)

「ミリキタニの猫」(リンダ・ハッテンドーフ監督)★★★★☆
「ノー・カントリー」(ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督)★★★★☆
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(ポール・トーマス・アンダーソン監督)★★★★☆
「長い長い殺人」(麻生学監督、日本)★★★☆
「バンテージ・ポイント」(ピート・トラヴィス監督、アメリカ)★★★☆
「大いなる陰謀」(ロバート・レッドフォード監督)★★★
「アンブレイカブル」(M.ナイト・シャマラン監督、アメリカ)★★★

 このところ記事の更新が滞っていてご迷惑をおかけしています。記事も書かず、TBも送っていないのでグーグルのページ・ランクはまたゼロになってしまいました。別館ブログ「ゴブリンのつれづれ写真日記」や地域SNSにはほぼ毎日記事を載せているのですが、映画中心の本館HP「緑の杜のゴブリン」と当ブログ「銀の森のゴブリン」は情けないことにほとんど休止状態です。

Xmasillmatu2  さて、「ミリキタニの猫」については「『ミリキタニの猫』を観ました」という記事をご覧ください。観てからもうだいぶたってしまいましたが、何とかレビューも書くつもりです。「アンブレイカブル」はボストンにいたときにテレビで観たもの。初めて観たと思っていましたが、帰国後「映画日記」を調べてみたら何と01年10月5日に一度観ていた。退屈なわけでもないが、盛り上がりもない。まあ、観たことも覚えていない程度の映画だ。「大いなる陰謀」はある程度期待していたが、がっかりした。雪山に取り残された米兵二人の扱いが何とも情緒的でいただけない。 

「バンテージ・ポイント」と「長い長い殺人」
 「バンテージ・ポイント」と宮部みゆき原作の「長い長い殺人」は同じような作りの映画。「バンテージ・ポイント」は米大統領暗殺事件を異なる8人の視点から何度も捉えなおすことで、少しずつその全容が明らかになって行くという趣向。しかし謎が単純すぎてわくわくするほどの面白さには至らず。暗殺もあっさり成功しすぎる。話が単純すぎるので複雑な展開にしたといえなくもない。大統領は必ずしも英雄的には描かれていないが、全体的にアメリカ肯定の映画である。ただ、主演のデニス・クエイドは好演。

 「長い長い殺人」は思ったより力作だった。こちらは轢き逃げ事件、浮気の調査、結婚詐欺という一見互いに関連のなさそうなストーリーがやがて一つに結びついてゆくという展開。語り手が財布というのもユニークな設定だが、映画では単なるナレーション程度の扱い。さして効果的に使われているとは言えない。最近よく作られるタイプの映画で、犯人も予想通りで意外性はないものの、入り組んで謎めいた展開はこちらの方が上。美女をたくさん配した豪華キャストも魅力です。ただし、もともとWOWOW放映用に作られたようで、テレビ的安っぽさをしばしば感じる。

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」は期待通りの力作だった。アプトン・ シンクレアの『石油!』が原作。アプトン・ シンクレアについては大学のアメリカ文学史で習った程度のことしか知らないが、20世紀初頭に社会問題小説を残した作家というのが一般的なイメージか。原作は読んでいないが、映画は原作から最初のごく一部を借りただけらしい。

 ということはかなり創作の部分が大きいということである。小説の主人公はダニエルではなく息子である。映画ではダニエルが主人公で、社会状況よりむしろダニエル本人の行動に焦点を当てている。「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」はダニエルに扮したダニエル・デイ=ルイスを描く映画であり、映画の力強さはダニエル・デイ=ルイスの演技力と存在感からくるものだ。ポール・トーマス・アンダーソン監督の乾いた、ハード・ボイルドな演出も出色だが、何といってもダニエル・デイ=ルイスの存在が大きい。

Ftshsbn1  しかしあまりに主人公の個性的振る舞いと性格に焦点を当てすぎたため、社会的関連性が薄くなってしまった。ラストが曖昧で説得力に欠けると感じるのは、結局イーライという人物との個人的軋轢で説明されているからである。このイーライという人物は原作にも描かれているようだが、どうも映画の中ではもてあまし気味だ。それは結末に必用なために存在しているからではないか。ポール・ダノは「リトル・ミス・サンシャイン」の時とはずいぶん違う役柄に果敢に挑んではいるが、結末がすっきりしないのは彼のせいでも、ダニエル・デイ=ルイスのせいでもないだろう。やはり二人の描き方に問題があったのだと思う。

「ノー・カントリー」
 「ノー・カントリー」は乾いた演出が出色の傑作サスペンス映画だった。ハビエル・バルデム演じる殺し屋アントン・シガーが実に不気味だ。「海を飛ぶ夢」では20年以上もの間寝たきりの人物という難役を見事に演じたが、「ノー・カントリー」では本来の持ち味であるアントニオ・バンデラスの向こうを張るようなラテン系ブリブリ男+坊ちゃん頭+酸素ボンベ姿で現れる。「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」以上にハード・ボイルド・タッチだ。

 この冷酷無比でかつ礼儀正しいという特異な性格の悪役が余りに強烈なので、さすがのトミー・リー・ジョーンズも影が薄いと感じてしまうほどだ。しかしそれは彼の役柄からきているともいえる。彼は自分にはとても理解できない事件に遭遇したのだ。終始ぼやいてばかりいる彼の姿は、今のアメリカを見る国民の姿と重なるのかもしれない。まあ、あまり深読みする必要もないだろう。クライムアクションとして上出来の映画である。コーエン兄弟の作品中でも特に優れた1本だ。

<おまけ>
■ダニエル・デイ=ルイス マイ・ベスト5
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 (2007)
「ラスト・オブ・モヒカン」(1992)
「マイ・レフトフット」(1989)
「存在の耐えられない軽さ」(1988)
「マイ・ビューティフル・ランドレット」(1985)

■こちらもおすすめ
「眺めのいい部屋」(1986)
「日曜日は別れの時」(1971)

■気になる未見作品
「父の祈りを」(1993)
「ガンジー」(1982)

 僕にとってダニエル・デイ=ルイスといえば、まず「マイ・ビューティフル・ランドレット」が真っ先に思い浮かぶ。「炎のランナー」と並ぶ80年代を代表するイギリス映画である。ダニエル・デイ=ルイスのデビュー作「日曜日は別れの時」を先に観てはいたが、ほとんどちょい役だろうから全く彼の記憶はない。実質的には「マイ・ビューティフル・ランドレット」で初めて彼を意識した。

 その後はアカデミー賞を受賞した「マイ・レフトフット」も含め、あまりぱっとした作品がなかったというのが正直な印象だ。上に挙げなかった「風の中の恋人たち」(1987)や「エバースマイル、ニュージャージー」(1989)などにいたっては全く平凡な作品だった。

 ヒュー・グラントと並んで貴公子然とした風貌で人気があったが、「ギャング・オブ・ニューヨーク」(2002)で復帰して以降は屈折した役に才能を発揮するようになった。「眺めのいい部屋」と「日曜日は別れの時」はダニエル・デイ=ルイスの印象があまりないのでベスト5からはずした。しかしどちらも作品としては優れたもので、特に「日曜日は別れの時」は大好きなグレンダ・ジャクソンの代表作であるばかりではなく、70年代イギリス映画を代表する傑作である。

■トミー・リー・ジョーンズ マイ・ベスト5
「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」(2005)
「メン・イン・ブラック」(1997)
「逃亡者」(1993)
「JFK」(1991)
「歌え!ロレッタ愛のために」(1980)

 僕にとってトミー・リー・ジョーンズといえば「歌え!ロレッタ愛のために」と「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」がまず思い浮かぶ。優れた俳優であり、長い芸歴を持つが、そのわりには傑作への出演が少ない。この二本とせいぜい「JFK」くらいだろう。「歌え!ロレッタ愛のために」のドゥー役は実に鮮烈だった。素晴らしい俳優だと思ったのだが、その後はアクション映画かコメディー映画の出演が多かった。監督を兼ねた「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」でやっと本来の力を発揮したという印象だ。

 ただ、CMの出演で話題になったように、コメディーもうまくこなす。「メン・イン・ブラック」がその代表作。あの渋い顔を生かした役柄とコミカルな役柄を使い分ける才能があるのだから、作品を選べばむしろこれからが活躍の時期なのかもしれない。

人気blogランキングへ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
無料ブログはココログ