最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« 浅間サンライン脇道探索 ワイナリー「ヴィラデスト」 | トップページ | 寄せ集め映画短評集 その18 »

2008年7月 7日 (月)

ONCE ダブリンの街角で

2006年 アイルランド 2007年11月公開
評価:★★★★☆
監督・脚本:ジョン・カーニー
出演:グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ、ヒュー・ウォルシュ
    ゲリー・ヘンドリック、アラスター・フォーリー、ゲオフ・ミノゲ
    ビル・ホドネット、ダヌシュ・クトレストヴァ、ダレン・ヒーリー、マル・ワイト
    マルチェラ・プランケット、ニーアル・クリアリー・ボブ

Gita1   良い映画は良い観客が作る。良い観客は良い映画が作る。山田洋次監督の言葉だが、現実はなかなかこうはならない。むしろ逆の弁証法、つまり悪循環、が成り立っている。つまらない映画しか観ないからろくな観客が育たない。どうせろくな観客はいないのだからと作る側も話題ばかり先行の中身のないものばかり作っている。ハリウッド大作がヒット作の上位を占めるのは今に始まったことではないが、日本ではここ数年テレビで大宣伝した映画ばかりが大ヒットしている。その影で、優れた作品であるにもかかわらず小さな映画館で細々と上映されている映画がたくさんある。「ONCE ダブリンの街角で」もそういった埋もれた傑作のひとつである。有名俳優が出ていないせいかあまり話題にはならなかったが、音楽映画としても、さわやかな恋愛映画としても一級品だと思う。

 この映画の魅力はかなりの程度まで音楽の魅力である。ドキュメンタリー映画のようだとよく評されるが、確かに音楽でいえばライブを聞くような感覚の映画である。デモCD製作の裏側を撮ったドキュメンタリーといっても良いだろう。次々に音がつむぎだされるのをまるで主人公たちと一緒にその場で体験しているような感覚。そういう魅力だ。したがって、この映画の説得力のかなりの部分は歌あるいは曲自体の説得力である。グレン・ハンサードがギター弾き語りで歌う起伏に富んだ熱っぽい歌。マルケタ・イルグロヴァの澄んだ声と例えようもなく美しい歌。もちろん歌だけが良くても優れた作品にはならない。歌と映像とストーリーが見事に結びついているからこの作品は傑作になったのである。

 一方でこの映画がかなり地味な映画であることも確かである。それがはっきりと表れているのは恋愛の面だ。主演の二人はどちらも固有の役名を与えられていない(不便なのでここではグレンとマルケタと役者の名前で呼ぶことにする)。男女が出会い、しばし淡い恋愛感情のようなものを交わして、やがてそれぞれの道を目指して別れてゆく。映画は絶えず二人に焦点を当てているが、どこにでもある男女の出会いと別れとして描こうとしている。その淡白さがかえって魅力的だ。

  一生に一度あるかないかの大恋愛を描くのではなく、誰しも経験があるような恋愛未満の淡い触れ合いを描いた。女性はまだ若いが男性の方はもう中年だ。共に結婚経験があり、女性のほうは夫と子供がいる。互いに惹かれあいながらも情熱にまかせて突っ走ることはしない。抑制をきかせた演出がかえって新鮮で、かつリアルだ。だが、より重要なのは、二人の感情的触れ合いが決して抑圧的でも淡白でもないことだ。ここで音楽がうまく使われている。この映画のいくつかあるクライマックスは、恋愛劇の頂点ではなく歌を歌う場面である。

Piano2   その典型は二人が楽器店で共演する場面だ。マルケタはピアノの才能があるが、貧しいチェコからの移民の家庭に育ったので親切な楽器店のピアノを時々弾かせてもらっているのである。最初マルケタが1人でピアノを弾く。次にグレンの曲を二人で演奏する。譜面なしで演奏するのはマルケタにとって初めての経験で、最初はぎこちない。次第に二人の息が合ってゆく。即席の演奏会、ギターとピアノと歌が一つになって行く。このシーンが本当に素晴らしい。抱き合ったりキスしたりしている二人の姿を映す以上に二人の心が一つになってゆくことが伝わってくる。マルケタと出会う前に書かれた歌詞であるにもかかわらず、マルケタに対するグレンの気持ちが詩に込められているとわれわれは感じてしまう。音楽はBGMでも効果音でもない。二人の気持ちを伝える言葉なのだ。抑えた気持ちを音楽が解き放つ。

 マルケタの心情も歌を通して表現されている。グレンから借りたCDを聞いている途中で電池が切れてしまう。グレンが作曲した曲が入っているのだが、演奏だけで歌が入っていない。自分にはロマチック過ぎるので代わりに歌詞を書いて欲しいと彼女に頼んであったのだ。電池を買いにいったマルケタは道々歌いながら帰る。「私を欲しいなら私を満たして(If you want me, satisfy me)」という歌詞から彼女の心中が間接的に読み取れる。いや、グレンに対する彼女の気持ちを歌ったのか実は分からない。ロマンチックな曲にロマンチックな歌詞を当てはめただけかもしれない。それでもわれわれはそれを彼女の本心として受け止めてしまいたくなる。そんな風に作られているのだ。歌そのものも素晴らしく、この場面も実に印象的だ。

 しかし、さらに素晴らしい場面がある。デモCDの録音が長引き休憩に入った時、マルケタはレコーディング・ルームを出て薄暗い部屋のピアノの前に一人座る。そこで彼女がピアノの弾き語りで歌う歌がまた絶品だった。例えようもなく美しい曲だ。しかし、途中で彼女は泣き出して歌えなくなってしまう。何ゆえの涙か、彼女は一切語らない。それでも観客には彼女の気持ちがいやというほど伝わってくる。いろんな思いが交錯していたに違いない。夫のこと、娘のこと、家族のこと、そしてグレンのこと。ここでも音楽は言葉だった。この映画の恋愛は決して地味でも抑圧的でもない。音楽を通してわれわれの心に響き渡っているのである。

 一見地味に見えるこの映画は実は稀有な試みをしていたのである。この映画のユニークさは音楽とストーリーの結び付け方にも現れている。他の音楽映画と比べてみれば分かる。「ドリームガールズ」、「プロデューサーズ」、「ビヨンドtheシー」、「五線譜のラブレター」、「シカゴ」、あるいは「エディット・ピアフ 愛の讃歌」や「ヘンダーソン夫人の贈り物」を加えてもいい。これらと比べれば明らかに地味な音楽映画だ。なぜなら、理由は簡単、ショービジネスが絡んでいないからである。もちろんラストでグレンはショービズの世界を目指しロンドンへと向かうのだが、映画が描いているのはその直前までである。舞台の上で華々しいスポットライトを浴びることもなく、たくさんのファンに取り巻かれることもない。冒頭の場面が印象的だ。グレンは使い古して穴の開いたギターを抱え街頭で歌っている。行き交う人は誰一人気にも留めない。寄ってくるのはグレンのギターケースを持ち逃げした文無しの若者とマルケタくらいだ。

 父親の経営するフーバー掃除機の修理店で働きながら街頭演奏をしてプロへの道を夢見る中年の男とチェコからの貧しい移民で花売りをしている若い女性の物語なのである。華やかさなどどこにもない。かといってむき出しのハングリー精神などもない。物がなければないで工夫して暮らしてゆく。男は同じギターを穴の開くほど使い続け、隣の部屋の青年たちがテレビを観に部屋に入ってくる(マルケタたちの部屋にしかテレビがないのだ)様な環境に住んでいるマルケタは、楽器店のピアノを弾いて我慢する。録音スタジオを借りた時は3000ユーロのところを2000まで値切った。演奏するメンバーは急きょ集めたストリート・ミュージシャンたちだ。

La6s  ささやかな人生。そしてささやかな夢。映画は派手な演出をすることなく、あくまで等身大で二人を描く。ショービズの世界で垢にまみれる前の(その世界でグレンが成功するか分からないが)、地道に暮らしながら夢を追い続けている時期に焦点を当てた。レコーディングの時は別として、1人ないし二人で演奏するシンプルな音楽がシンプルなストーリーに合っている。ロンドンに発つ前、グレンはマルケタにピアノを贈り、夢を分け与えた。それぞれの場所で二人は夢を追いかけるのだろう。

 最後にもう一度流れる「Falling Slowly」のメロディーがいつまでも心に残る。

Take this sinking boat and point it home
We've still got time
Raise your hopeful voice you had a choice
You've made it now
Falling slowly sing your melody
I'll sing along

 彼は決して1人で歌っているのではない。彼の耳にはいつも彼女の声が響いているはずだ。

人気blogランキングへ

« 浅間サンライン脇道探索 ワイナリー「ヴィラデスト」 | トップページ | 寄せ集め映画短評集 その18 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ほんやら堂さん コメント&TBありがとうございます。
あのお父さん、出番は少ないのですがとても印象的でしたね。街に音楽があふれている。あの雰囲気が好きです。そして音楽と淡い恋愛がまたうまくマッチしている。大事にしたい素晴らしい映画でした。

ゴブリン様

TB有り難うございました.
この映画も魅力的でした.こういう音楽映画は好きです.

主人公二人も素晴らしかったけど,主人公の音楽を聴いて「お前を誇りに思う」と言ったお父さんや,突然ギターを取り出して歌い始める銀行の融資係など,音楽に対する愛情あふれる姿勢が,この映画を見て心豊かになる理由だと思います.

若いときにバンドをやってりゃよかったとつくづく思います.

ではまた

ななさん TB&コメント、ありがとうございます。

僕にとって忘れがたい音楽映画があります。「ジャズメン」というソ連映画です。ジャズがブルジョアの退廃した文化として禁止されていた20年代にジャズの魅力に目覚めた若者たち。どんなに妨害されようが逮捕されようが、彼らはジャズを演奏することをやめない。演奏しているときの彼らの顔の輝き。あんなに心から楽しそうに演奏する姿を観たことがない。

あるいは、ノルウェーの漁師町の素人合唱団を描いた「歌え!フィッシャーマン」のラストシーン。老人ばかりのこの合唱団は、ロシアでのコンサートを終え故郷の海辺の町で勢揃いして歌っています。吹雪のような天候で、帽子ばかりか眉、まつげ、髭にまで雪がこびりついている。寒さに顔が歪みそうになりながら、なお歌う喜びが顔中にあふれていました。

kimion20002000さんへのコメントレスでも書きましたが、この映画の最大の魅力は、歌うこと、演奏することの純粋な喜びがストレートに伝わってくることにあると思うのです。ジャズメンたち、海辺の老人合唱団たち、そして楽器店でデュエットする二人、彼らに共通するのは歌うことの喜びに溢れていることです。彼らの顔は皆輝いている。

これらの3本からは音楽の持つ力と豊かさ、そしてそれを心から楽しんでいる人たちの輝きが伝わってきます。

真紅さん コメントありがとうございます。一時TBが入るようになっていたのですが、また入りにくくなってしまいました。一体どういうことでしょう?

真紅さんの記事を観て「ああ、先を越された」と思いました(笑)。でもあの歌は非常に印象的で、引用したくなりますよ。

確か2000万円程度の予算で、しかもわずか17日間あまりで撮り上げたのだそうですね。主演二人の力量、優れた脚本と演出、これさえあれば低予算でもこれだけの作品が作れる。映画作りについて多くの示唆を与えてくれる作品だと思います。「ザ・コミットメンツ」と並ぶ忘れがたい音楽映画になりました。

kimion20002000さん コメントありがとうございます。

この映画の魅力は音楽の魅力が大きいと書きましたが、華やかなショービジネスではなく、いわばアマチュアのミュージシャンを描いたことが好感度をぐっと高めていると思います。プロデビューを夢に見つつも、とにかく音楽が、歌うことが、演奏することが楽しくて仕方がない、そういう男女を描いたことが成功につながったと思います。

楽器店でのデュエットが観る者の胸に迫ってくるのは、純粋に音楽を楽しんでいる姿がストレートに伝わってくるからでしょう。彼らが輝いていたのはスポットライトのせいではなく、歌うこと、演奏することの喜びが彼らの内側からあふれ出ていたからだと思うのです。

ゴブリンさん こんばんは
TBありがとうございました。
ハリウッド大作には到底まねのできない魅力がありましたね。
おっしゃるように,彼のはなばなしい成功を描いてなかった点が
かえって新鮮でした。
サクセスストーリーではなく,音楽を通して出会った二つの魂の物語,
それもとってもつつましやかな描き方でしたね。
殺伐とした現代社会の中で,癒しを与えてもらえる映画だと思います。

ゴブリンさま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございました。
私も拙記事の最後に「Falling slowly」の歌詞を載せています。
あの曲は本当に、不思議なくらい耳にも心にも残りますね。
信じられないような低予算で作られた映画のようですが、全てが「はまって」奇跡を生んだ作品だと思います。
最後にピアノを贈るところもよかったです。彼は彼女に、どうしても音楽を贈りたかったのでしょうね。
TBができないようなので、URLを貼り付けさせて下さい。
ではでは、またお邪魔します。

http://thinkingdays.blog42.fc2.com/blog-entry-481.html

TBありがとう。
サントラ盤をまだ買っていないので、うろおぼえの歌詞が多いんだけど、どの曲もよかったですね。役名もつけられていない二人が、自然に「はもる」のがいいですね。
マルケタが歌詞を任されて、つくった曲もとてもよかった。
あの曲が、スタジオで歌われないかなあ、と思っていたら、ピアノ室で、もっとウェットなマルケタの曲が流れるんですね。
ありそうだけど、なかなかない作品ですね。
この映画を観て、「ああ、やられた!」と思った、映画や音楽関係者って結構、多いんじゃないかしら(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/41765181

この記事へのトラックバック一覧です: ONCE ダブリンの街角で:

» ONCE ダブリンの街角で [映画のメモ帳+α]
ONCE ダブリンの街角で(2006アイルランド) 原題   ONCE    監督   ジョン・カーニー    脚本   ジョン・カーニー       撮影   ティム・フレミング                           出演   グレン・ハンサード マルケタ・イルグロヴァ       ヒュー・ウォルシュ ゲリー・ヘンドリック       アラスター・フォーリー ゲオフ・ミノゲ サンダンス映画祭ワールドシネマ部門観客賞受賞 人はなぜ歌うのか?こんなシンプルな... [続きを読む]

» *onceダブリンの街角で* [Cartouche]
{{{   ***STORY***            2006年  アイルランド アイルランド、ダブリン。多くの人が行き交うグラフトン・ストリートでオンボロのギターをかき鳴らし自作の歌を唄う男がいる。そこに一人の女がやってきた。10セントのチップを出し、あれやこれやと男に質問する。挙句、掃除機の修理の約束をさせられてしまう。翌日、壊れた掃除機を持って女が現れた。途中、ピアノを弾かせてもらえるという楽器店に立ち寄った。彼女の腕前に感心した彼は、一緒に演奏することを提案するのだった。     ..... [続きを読む]

» ONCE ダブリンの街角で [Have a movie-break !]
ダブリンの街の通りは、大都会の冷たいコンクリートジャングルとは少し違ってどこか親しげで暖かみさえも感じる。石畳のせいか、建物の傷のせいか。雑踏の脇にひとり立つストリートミュージシャンはひげモジャで、ギターには穴があいていてそれでも歌声には魂が籠もり...... [続きを読む]

» 「once ダブリンの街角で」を観た! [とんとん・にっき]
最近僕が観た映画の中では、かなりお客さんが入っている映画でした。というのも、観客動員数の多いハリウッドの映画はなるべく避けて、僕は意識してマイナーな作品を観ようとしていることもあります。それにしても、僕らはアイルランドについては、アイルランド独立運動... [続きを読む]

» ONCE ダブリンの街角で [虎猫の気まぐれシネマ日記]
音楽が好きなので(声楽とピアノを少しやります[E:note])劇場で鑑賞する予定だったのだけど,直前に観た「ラスト、コーション」に圧倒されて,この作品は鑑賞予定を撤回して帰宅し,DVDになってからやっと観た。 いや,観たというよりは「聴いた」という作品ですね,コレは。 主人公はダブリンの街で,家業を... [続きを読む]

» ONCE ダブリンの街角で [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2006年/アイルランド 監督:ジョン・カーニー 出演:グレン・ハンサード(男・ストリート・ミュージシャン)    マルケタ・イルグロヴァ(女)    ヒュー・ウォルシュ(ティミードラマー)    ゲリー・ヘンドリック(リードギタリスト)    アラスター・フォーリー(ベーシスト)     ゲオフ・ミノゲ(エイモン)    ビル・ホドネット(男の父親) ONCE・・・ たった一度の出会いで運命を変えてしまうなんて・・・ なんてすて... [続きを読む]

» ONCE ダブリンの街角で [映画鑑賞★日記・・・]
【ONCE】2007/11/03年公開(2008/01/17鑑賞)製作国:アイルランド 監督・脚本:ジョン・カーニー出演:グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ、ビル・ホドネット、ダヌシュ・クトレストヴァ ギターは身体の一部です。セリフはギターのメロディにのせて語ります。ア....... [続きを読む]

» ONCE ダブリンの街角で [knockin' on heaven's door]
Once ダブリンの街角で唄うストリートミュージシャンと、チェコ移民の女性の出会い。彼らの奏でる音楽が心象風景を紡ぎ出す。 言葉でなく、音で語るシンプルな人生の再起の物語。劇中で流れる楽曲も心地よく耳に響きます。... [続きを読む]

» ロックの日/ once ダブリンの街角で(06・アイルランド) [毎日が映画記念日]
1月8日は「ロックの日」。 [続きを読む]

» once ダブリンの街角で☆独り言 [黒猫のうたた寝]
名古屋に出かけたついでに、そういえば~っと思い出して(笑)観てきました。しかも何でもいいから好きな歌をワンフレーズ歌ったら1100円鑑賞でした。『once ダブリンの街角で』ストリート・ミュージシャンの彼が偶然出遭った外国人移民の女性は、彼の曲が好きだと言った... [続きを読む]

» #170.ONCE ダブリンの街角で [レザボアCATs]
物語それ自体ではなく、まさに音楽によって語られるスト−リー。ありふれた話なのに、全く新しい感動を覚えるのは、見事というしかない。 [続きを読む]

» 『once/ダブリンの街角で』を観たよ。 [【待宵夜話】++徒然夢想++]
「一期一会」が、ちょっとだけ延長したら……? ― そんな物語。 『once/ダブリンの街角で』 "ONCE" 2006年・アイルランド・87分 監督・脚本:ジ... [続きを読む]

» http://apablog.cocolog-nifty.com/diary/2008/08/post_2d4a.html [なんか飲みたい]
日記:2008年8月某日 映画「ONCE ダブリンの街角で」を見る. 2006年.監督:ジョン・カーニー. 出演: グレン・ハンサード(男),マルケタ・イルグロヴァ(女),ヒュー・ウォルシュ(ティミー... [続きを読む]

« 浅間サンライン脇道探索 ワイナリー「ヴィラデスト」 | トップページ | 寄せ集め映画短評集 その18 »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ