最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« 「シシリーの黒い霧」を観ました | トップページ | これから観たい&おすすめ映画・DVD(08年7月) »

2008年6月16日 (月)

「迷子の警察音楽隊」を観ました

Tuki_gura_250_03  様々な国の映画が観られる日本でもイスラエルの映画は珍しい。上映されることがあってもイスラエル映画祭、東京国際映画祭、東京フィルメックスなどの映画祭がせいぜい。ほとんどDVDも発売されていないので、一般には全く知られていないと言ってもいいだろう。一般公開された映画は2001年公開の「キプールの記憶」(未見)、2007年公開の「ジェイムズ聖地へ行く」(未見)とこの「迷子の警察音楽隊」くらいしか思い当たらない。他に、他国製作だがイスラエルを舞台とした映画には「ガリレアの婚礼」(87年、ベルギー・フランス映画)や「約束の旅路」(05年、フランス映画)などがある。

 また、迷子になった警察音楽隊はエジプトから来たが、エジプト映画もこれまた馴染みの薄い映画だ。僕はユーセフ・シャヒーン監督の3作しか観ていない。岩波ホールで観た「放蕩息子の帰還」(76年)と「アレクサンドリアWHY?」(79年)、第1回東京映画祭(於NHKホール)で観た「アデュー・ボナパルト」(84年)。他にあげられるのはオムニバス映画「セプテンバー11」(02年)の1篇くらい。これもユーセフ・シャヒーン監督だ。残念ながらユーセフ・シャヒーン監督作品で唯一DVDが発売されている「炎のアンダルシア」(98年)は未見。ユーセフ・シャヒーン監督以外のエジプト映画ともなれば05年から始まった「アラブ映画祭」など、各種映画祭での限定上映で観るしかない。

 「迷子の警察音楽隊」はイスラエルで道に迷ったエジプトの警察音楽隊の1日を描いた映画。まことにもってとんでもない組み合わせで、これほど珍しい映画もないだろう。にもかかわらず単なる珍品という作品ではない。映画のタッチや味わいはむしろ「前にも似たような感じの映画を観たことがあるな」という、どこか懐かしささえ感じさせるのだ。せりふが少なく、間を充分に取った、ゆったりとしたテンポとストーリー展開は北欧映画に近い感覚がある。アキ・カウリスマキ監督の「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」(89年)や「過去のない男」(02年)にジャック・タチ監督の「ぼくの伯父さん」(52年)を足したような味わいの映画。

 他国民同士がともに過ごすことによって心を通い合わせるというほのぼのタッチはベント・ハーメル監督の傑作「キッチン・ストーリー」(03年、ノルウェー・スウェーデン)にも通じる。もっともこちらは1日限りの出会い。短い出会いと別れ、そして思い出だけが残る。何ともとぼけた軽い笑いで始まり、次第にしんみりしたムードになり、人生の陰りをにじませて終わる。明るい間は笑いが支配し、日が落ちて夜になると人生の陰りが濃くなる、そういう展開になっている。

 道と街灯以外何もない光景。そんな何もない田舎町で展開される可笑しくて、侘しくて、そして温かみのある人間讃歌。楽団を描いた映画らしく、「サマータイム」や「マイ・ファニー・バレンタイン」といった名曲がいいところで使われている。初めてなのにどこか懐かしい味わいの映画だ。この映画はレビューを書きます。

「迷子の警察音楽隊」(07年、エラン・コリリン監督、イスラエル・フランス)
  評価:★★★★☆

人気blogランキングへ

« 「シシリーの黒い霧」を観ました | トップページ | これから観たい&おすすめ映画・DVD(08年7月) »

コメント

kimion20002000さん コメントありがとうございます。
このところ忙しくてレビューを書く時間がとれません。だいぶ記憶が褪せてしまいましたが、それでもあれこれいろんな場面がよみがえってきます。
こういうタイプの映画は好きですね。意表をついた設定ですが、単なる思い付きに終わっていないところがいい。笑いの中にぬくもりがある。大人の味わいの映画でした。

こんにちは。
僕もDVDですが、見たので、一言。
本当は、ゴブリンさんのように映画そのものの細部も丹念に追いかけたい気もしましたが、あまりにも、語るべきあるいは印象深いシーンが多くて、ともあれ、「脱帽しました」という子供のようなレヴューになってしまいました(笑)
こんなシンプルな表現で、深く本質的なものを感じさせる映画という魔法は、まだまだ捨てたものじゃないな、と改めて思った次第です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/41548310

この記事へのトラックバック一覧です: 「迷子の警察音楽隊」を観ました:

» 迷子の警察音楽隊 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『エジプトからやってきた 音楽隊が届けたものは、 人が恋しくて、 家族が大切で、 そんな当たり前のことが 大事に思える 素敵な夜でした。』  コチラの「迷子の警察音楽隊」は、12/22に公開された"カンヌの審査員も一目惚れした、平和と希望の物語"なのですが、...... [続きを読む]

» 迷子の警察音楽隊 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
迷子の警察音楽隊静かだが温かい良作。アラブ諸国とイスラエルの間にひと時の平和が訪れた時代を背景に、イスラエルの田舎町に間違ってやってきたエジプトの警察音楽隊が、人々と触れ合う物語だ。誇り高くて堅物の隊長と自由な若い隊員、荒涼とした風景と鮮やかな水色の制服....... [続きを読む]

» 迷子の警察音楽隊■みんなが迷子 [映画と出会う・世界が変わる]
エジプトのアレキサンドリア警察音楽隊がイスラエルに到着したとたんに道に迷う。警察音楽隊らしく威厳のある制服姿で、それぞれ楽器を抱えてホテルもない田舎町で過ごすことになる。ユダヤ人の地へアラブ人が迷い込む。そこに政治的緊張の中で、彼らがどのように対応する...... [続きを読む]

» #201.迷子の警察音楽隊 [レザボアCATs]
これは自分には、かなりツボでした。絶妙なセリフのタイミングといい、画の映し方といい、もう最高。惚れこんでしまったね。ただこれは、その人の持つコメディセンスの有無によるところが大きいので、好き嫌いが分かれるかも。見る人によって、可笑しみと哀しさのハーモニー....... [続きを読む]

» 【2008-34】迷子の警察音楽隊(THE BAND'S VISIT) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 公演のためやってきた エジプトの警察音楽隊が イスラエルで迷子になった エジプトからやってきた 音楽隊が届けたものは、 人が恋しくて、 家族が大切で、 そんな当たり前のことが 大事に思える 素敵な夜でした。 ...... [続きを読む]

« 「シシリーの黒い霧」を観ました | トップページ | これから観たい&おすすめ映画・DVD(08年7月) »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ