最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

« アニメ三昧 | トップページ | アズールとアスマール »

2008年3月19日 (水)

これから観たい&おすすめ映画・DVD(08年4月)

【新作映画】
3月22日公開
 「88ミニッツ FBI異常犯罪分析医ジャック・グラム」(ジョン・アブネット、米独)
 「パレスチナ1948 NAKBA」(広河隆一監督、日本)
3月29日公開
 「悲しみが乾くまで」(スサンネ・ビア監督、英・米)
4月5日公開
 「モンゴル」(セルゲイ・ボドロフ監督、独・ロシア・モンゴル・カザフスタン)
 「ファヴェーラの丘」(ジェフ・ジンバリスト監督、ブラジル・米)
 「ランジェ公爵夫人」(ジャック・リベット監督・フランス・イタリア)
 「船、山にのぼる」(本田孝義監督、日本)
 「うた魂」(田中誠監督、日本)
4月12日公開
 「フィクサー」(トニー・ギルロイ監督、アメリカ)
 「つぐない」(ジョー・ライト監督、英・仏)
 「王妃の紋章」(チャン・イーモウ監督、中国)
 「ブラックサイト」(グレゴリー・ホブリット監督、アメリカ)
 「今夜、列車は走る」(ニコラス・トゥオッツォ監督、アルゼンチン)
 「ジェイン・オースティンの読書会」((ロビン・スウィコード監督、米)
4月18日公開
 「大いなる陰謀」(ロバート・レッドフォード監督、米)

【新作DVD】
3月21日
 「NHKスペシャル 新シルクロード 激動の大地をゆく DVD-BOX」
3月28日
 「アクターズ・スタジオ DVD-BOX②」
 「ディス・イズ・ボサノヴァ」(パウロ・チアゴ監督、音楽)
4月4日
 「シッコ」(マイケル・ムーア監督、アメリカ)
 「ヘアスプレー」(アダム・シャンクマン監督、英・米)
 「ナンバー44」(ジョエル・シャマッカー監督、米)
4月11日
 「ベオウルフ 呪われし勇者」(ロバート・ゼミキス監督、アメリカ)
 「勇者たちの戦場」(アーウィン・ウインクラー監督、米・モロッコ)
 「オリヲン座からの招待状」(三枝健起監督、日本)
4月23日
 「転々」(三木聡監督、日本)
4月25日
 「長江哀歌(エレジー)」(ジャ・ジャンクー監督、中国)
 「中国の植物学者の娘たち」(ダイ・シージエ監督、仏・カナダ)
 「殯(もがり)の森」(河瀬直美監督、日本・フランス)
5月16日
 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(山崎貴監督、日本)

【旧作DVD】
3月29日
 「何が彼女をそうさせたか」(29、鈴木重吉監督、日本)

 今月は全体に寂しいラインナップになった。劇場新作では「第9回Golden Tomato Awards」でロマンス部門の3位に入った「ジェイン・オースティンの読書会」、ロバート・レッドフォードとメリル・ストリープが組んだ「大いなる陰謀」、ゴールデン・グローブ賞受賞の「つぐない」、ドキュメンタリー「パレスチナ1948 NAKBA」あたりが注目作か。

Cherry02  新作DVDでは「長江哀歌(エレジー)」と「中国の植物学者の娘たち」を早く観たい。昨年は他にも「呉清源 極みの棋譜」、「キムチを売る女」、「孔雀 わが家の風景」、「雲南の少女ルオマの初恋」など、中国映画に注目作が多かった。「シッコ」、「ヘアスプレー」、「殯(もがり)の森」も楽しみ。他にぱっとしたものがないので映画以外のものも拾ってきたが、「NHKスペシャル 新シルクロード 激動の大地をゆく」、「アクターズ・スタジオ②」はおすすめ。特に前者は放送時に観たが、下手な映画よりよほど優れている。音楽もの「ディス・イズ・ボサノヴァ」も興味深い。

 旧作DVDは悲惨。めぼしいものがほとんどない。唯一挙げた「何が彼女をそうさせたか」は1930年の『キネマ旬報』ベストテンで1位に選ばれた作品。傾向映画の代表作の一つとして有名な作品だが、長らくフィルムが失われていた。それがロシアで発見され、2000年に大阪映像フェスティバルで上映された。そしてついにDVDの発売が決定。日本映画史に名前を残す作品として一度は観ておきたい。

« アニメ三昧 | トップページ | アズールとアスマール »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/40559573

この記事へのトラックバック一覧です: これから観たい&おすすめ映画・DVD(08年4月):

« アニメ三昧 | トップページ | アズールとアスマール »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
無料ブログはココログ