最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« 小冊子「CINEMA APIED」を紹介します | トップページ | 第9回Golden Tomato Awards発表 »

2008年1月21日 (月)

これから観たい&おすすめ映画・DVD(08年2月)

【新作映画】
1月19日公開
 「ぜんぶ、フィデルのせい」(ジュリー・ガブラス監督、伊・仏)
 「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」(スティーブ・ベンデラック監督、英)
1月26日公開
 「ビー・ムービー」(サイモン・J・スミス監督、アメリカ)
 「テラビシアにかける橋」(ガボア・クスポ監督、アメリカ)
 「フローズン・タイム」(ショーン・エリス監督、イギリス)
 「マリア・カラス 最後の恋」(ジョルジュ・カピターニ監督、伊・仏)
 「母べえ」(山田洋次監督、日本)
 「陰日向に咲く」(平川雄一朗監督、日本)
 「子猫の涙」(森岡利行監督、日本)
2月1日公開
 「アメリカン・ギャングスター」(リドリー・スコット監督、アメリカ)
 「ウォーター・ホース」(ジェイ・ラッセル監督、米・英)
2月2日公開
 「ラスト、コーション」(アン・リー監督、米・中国・台湾・香港)
 「ミスター・ロンリー」(ハーモニー・コリン監督、英・仏・他)
 「牡牛座 レーニンの肖像」(アレクサンドル・ソクーロフ監督、ロシア)
 「歓喜の歌」(松岡錠司監督、日本)
2月9日公開
 「団塊ボーイズ」(ウォルト・ベッカー監督、アメリカ)
 「君のためなら千回でも」(マーク・フォスター監督、アメリカ)
 「潜水服は蝶の夢を見る」(ジュリアン・シュナーベル監督、仏・米)
 「蒼ざめた馬」(カーレン・シャフナザーロフ監督、ロシア・仏)
 「胡同の理髪師」(ハスチョロー監督、中国)
 「スエリーの青空」(アリン・アイヌー監督、ポルトガル・他)
 「チーム・バチスタの栄光」(中村義洋監督、日本)
2月16日公開
 「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃや」(ザック・ヘルム監督、アメリカ)
 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」(シェカール・カブール監督、英・仏)
 「ファーストフード・ネイション」(リチャード・リンクレイター監督、英・米)
 「奈緒子」(古厩智之監督、日本)
2月23日公開
 「トゥヤーの結婚」(ワン・チュアンアン監督、中国)
 「いつか眠りにつく前に」(ラホス・コルタイ監督、米・独)
3月8日公開
 「黒い土の少女」(チョン・スイル監督、韓国)

【新作DVD】
1月25日
 「アーサーとミニモイの不思議な国」(リュック・ベッソン監督、フランス)
 「チャーリーとパパの飛行機」(セドリック・カーン監督、フランス)
 「魔笛」(ケネス・ブラナー監督、英・仏)
 「見知らぬ女からの手紙」(シュー・ジンレイ監督、中国)
2月1日
 「それでも生きる子供たちへ」(スパイク・リー、他監督、仏・伊)
2月8日
 「ミス・ポター」(クリス・ヌーナン監督、英・米)
 「さらば、ベルリン」(スティーブン・ソダーバーグ監督、米)
 「大統領暗殺」(ガブリエル・レンジ監督、英)
 「不完全なふたり」(諏訪敦彦監督、日・仏)
 「セックスと哲学」(モフセン・マフマルバフ監督、フランス・イラク・他)
2月15日
 「エディット・ピアフ 愛の讃歌」(オリビエ・ダアン監督、仏・英・チェコ)
  「包帯クラブ」(堤幸彦監督、日本)
2月20日
 「パーフェクト・ストレンジャー」(ジェイムズ・フォーリー監督、アメリカ)
 「スターダスト」(マシュー・ボーン監督、英・米)
 「ハリウッドランド」(アレン・コールター監督、アメリカ)
2月22日
 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(吉田大八監督、日本)
 「インランド・エンパイア」(デヴィッド・リンチ監督、アメリカ)
2月27日
 「酔いどれ詩人になるまえに」(ベント・ハーメル監督、仏・独・他)
 「サッドヴァケイション」(青山真治監督、日本)
3月7日
 「ボーン・アルティメイタム」(ポール・グリーングラス監督、米・独)
 「遠くの空へ消えた」(行定勲監督、日本)
3月19日
 「めがね」(荻上直子監督、日本)
3月20日
 「クローズド・ノート」(行定勲監督、日本)
3月26日
 「パンズ・ラビリンス」(ギレルモ・デル・トロ監督、メキシコ・他)

【旧作DVD】
1月23日
 「オリバー!」(68、キャロル・リード監督、イギリス)
 「ことの次第」(82、ヴィム・ヴェンダース監督、西独)
1月25日
 「中川信夫傑作選 DVD-BOX」
 収録作品:「東海道四谷怪談」「怪談かさねが渕」「女吸血鬼」、他
1月26日
 「甘い生活」(60、フェデリコ・フェリーニ監督、イタリア)
 「13回の新月のある年に」(78、ライナー・ベルナー・ファスビンダー監督、西独)
 「青春群像」(53、フェデリコ・フェリーニ監督、伊・仏)
 「フォーゲルエート城」(21、F.W.ムルナウ監督、ドイツ)
 「何が彼女をそうさせたか」(29、鈴木重吉監督、日本)
 「ロベール・ブレッソン DVD-BOX」
 収録作品:「ジャンヌ・ダルク裁判」、「湖のランスロ」、「たぶん悪魔が」
2月1日
 「ブリキの太鼓」(79、フォルカー・シュレンドルフ監督、独・他)
2月8日
 「赤い砂漠」(64、ミッケランジェロ・アントニオーニ監督、イタリア)

Rousoku  劇場新作は面白そうな作品がそろった。韓国映画「黒い土の少女」、米・台湾映画「ラスト、コーション」、中国映画「胡同の理髪師」、「トゥヤーの結婚」は期待大。ヨーロッパ映画では「ミスター・ロンリー」、「潜水服は蝶の夢を見る」、「ぜんぶ、フィデルのせい」あたりが面白そう。アメリカ映画では中年オヤジたちのロード・ムービー「団塊ボーイズ」と大女優競演の「いつか眠りにつく前に」が楽しみだ。この手の映画を作らせるとアメリカ映画はうまい。もう1本。アメリカ映画ながら、アフガニスタンの悲劇の歴史を描いた「君のためなら1000回でも」にも強く心を惹かれる。「エリザベス:ゴールデン・エイジ」は前作「エリザベス」を、「マリア・カラス 最後の恋」は傑作「永遠のマリア・カラス」を、「ウォーター・ホース」は「ミリオンズ」を、「母べえ」は時代劇3部作を超えられるか。

 新作DVDでは、「アーサーとミニモイの不思議な国」、「さらば、ベルリン」、「エディット・ピアフ 愛の讃歌」、「サッドヴァケイション」に注目。久々のケネス・ブラナー監督「魔笛」も気になる。しかし、「ボーン・アルティメイタム」、「めがね」、「クローズド・ノート」、「パンズ・ラビリンス」(今一番観たいのはこれ)などが控える3月に比べるとやや物足りない印象はぬぐえない。

 旧作DVDでは伊・仏・独の名作がまとまって出る。特にイタリア映画の有名作品がデジタル・リマスター版で出るのはうれしい。「東海道四谷怪談」で知られる中川信夫監督作品はぜひレンタル店で借りてみよう。

« 小冊子「CINEMA APIED」を紹介します | トップページ | 第9回Golden Tomato Awards発表 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/17777833

この記事へのトラックバック一覧です: これから観たい&おすすめ映画・DVD(08年2月):

» 【包帯クラブ】についての検索結果をリンク集にして… [あらかじめサーチ!]
包帯クラブ に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます… [続きを読む]

» 映画DVD [映画DVD 通販情報]
映画DVDをジャンルごとに紹介、海外名作映画DVD・日本名作映画DVD・アクション映画DVD・SF映画DVD ・戦争映画DVD・西部劇映画DVD・時代劇映画DVD・愛・情熱映画DVD・ミュージカル映画DVD・コメディー映画DVD・アニメ映画DVD・恐怖映画DVD・・ドラマ映画DVD・・・などがあります。・映画DVD:市民ケーン;オーソン・ウェルズが1941年に新聞王ハーストをモデルに監督、主演して話題を集め、今やAFI世界映画史上ベスト1など数々の栄誉に輝いている、まさに世...... [続きを読む]

« 小冊子「CINEMA APIED」を紹介します | トップページ | 第9回Golden Tomato Awards発表 »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ