最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« 「狩人と犬、最後の旅」を観ました | トップページ | 明日へのチケット »

2007年5月17日 (木)

ゴブリンのこれがおすすめ 38

アイリッシュ/ケルト・ミュージック
■これがおすすめの80枚
アイリーン・アイヴァース「クロッシング・ザ・ブリッジ」
        〃     「イミグラント・ソウル」 Angel1l_1
アナム「ファースト・フッティング」
  〃 「リップタイド」
アルタン「ブルー・アイドル」
   〃 「ハーヴェスト・ムーン」
   〃 「ダンス・オブ・アルタン」
   〃 「ローカル・グラウンド」
   〃 「ランナウェイ・サンデイ」
ヴァン・モリソン「バック・オン・トップ」
    〃    「ヒーリング・ゲーム」
ヴァン・モリソン&リンダ・ゲイル・ルイス「ユー・ウィン・アゲイン」
エヴィア「誰のものでのない世界」
  〃 「未知なる心への旅」
エレノア・マックヴォイ「ホワッツ・フォロイング・ミー?」
カパケリ「トゥ・ザ・ムーン」
  〃 「ヴォイス・オブ・カパケリ」
  〃 「クロスウインズ」
  〃 「サイドウォーク」
カルロス・ヌニェス「アモーレス・リーブレス」
    〃      「スパニッシュ・ケルトの調べ」
カレンニグ「ウェールズの雪」
キーラ「ルナ・パーク」
 〃 「トーゲ・ゴ・ボーゲ」
クラナド「バンバ」
  〃 「アナム」  
ケルティック・ウーマン「ケルティック・ウーマン」  
ザ・コアーズ「トーク・オン・コーナーズ」
    〃  「遥かなる想い」  
シイラ・ウォルシュ「ホープ」  
シニード・オコナー「生きる力」
      〃    「ソー・ファー・ザ・ベスト」
      〃    「ユニヴァーサル・マザー」
シャロン・シャノン「ダイヤモンド・マウンテン・セッションズ」
      〃    「イーチ・リトル・シング」
ソーラス「ソーラス」
ダン・ア・ブラース「ケルトの遺産」
ザ・チーフタンズ「ロング・ブラック・ヴェイル」
    〃    「ティアーズ・オブ・ストーン」
    〃    「ウォーター・フロム・ザ・ウェル」
    〃    「ファイアー・イン・ザ・キッチン」
    〃    「ワイド・ワールド・オーバー」
    〃    「ダウン・ジ・オールド・プランク・ロード」
デ・ダナン「アンセム」
  〃  「スター・スパングルド・モリー」
  〃  「ボールルーム」
  〃  「ザ・ミスト・カヴァード・マウンテン」
ドーナル・ラニー「クールフィン」
ドーナル・ラニー&ヒズ・フレンズ「ギャザリング」
ドロレス・ケーン「ザ・ベスト・オブ・ドロレス・ケーン」
    〃    「檻の中のライオン」
ナイトノイズ「ザ・パーティング・タイド」
   〃  「ホワイト・ホース・セッションズ」
   〃  「シャドウ・オブ・タイム」
フィオナ・ジョイス「ディス・エデン」
プランク・シティ「ブラック・アルバム」
ミジャドイロ「ガリシアの追憶」
ミッジ・ユーロ「ブリーズ」  
メアリー・ブラック「ルッキング・バック」
     〃    「サーカス」
     〃    「メアリー・ブラック・コレクティッド」
     〃    「スピーキング・ウィズ・ジ・エンジェル」
     〃    「ノー・フロンティアーズ」  
モイア・ブレナン「ミスティ・アイド・アドベンチャーズ」
    〃    「モイア」
     〃    「ウィスパー・トゥ・ザ・ワイルド・ウォーター」  
モーラ・オコンネル「ワンダリング・ホーム」
      〃     「ヘルプレス・ハート」
ルナサ「レッドウッド」  
ロリーナ・マッケニット「パラレル・ドリームス」
      〃      「マスク・アンド・ミラー」
       〃      「ザ・ヴィジット」  
VA「ウーマンズ・ハート 1、2」  
VA「ケルティック・ウーマン」  
VA「ケルティック・グレイス」  
VA「ケルティック・シスターズ」
VA「ケルティック・サークル」
VA「ケルティック・ストーム」
VA「ハー・インフィニット・ヴァラエティ」
VA「魂の大地」

■追加
ヴァン・モリソン「ダウン・ザ・ロード」
クラナド「ランドマーク」
シャロン・シャノン「チューンズ」
チェリッシュ・ザ・レイディーズ「スレッズ・オブ・タイム」
デフ・シェパード「シナジィ」
ニーヴ・パーソンズ「イン・マイ・プライム」
フォー・メン・アンド・ア・ドッグ「ロング・ローズ」
フランシス・ブラック「トーク・トゥ・ミー」
ベグリー&クーニー「アイルランドの絆」
ミジャドイロ「ガリシアの誘惑」
VA「ケルティック・タイド」

■おまけ(DVD)
VA「ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム」
ザ・チーフタンズ「ダウン・ジ・オールド・プランク・ロード」
     〃   「ウォーター・フロム・ザ・ウェル~我が心のアイルランド」

ブリティッシュ・トラッド
■おすすめの20枚
ザ・アルビオン・バンド「ザ・HTD・イヤーズ」
ケイト・ラスビー「テン」
ケイト・ラスビー&キャサリン・ロバーツ「ケイト&キャサリン」
サンディ・デニー「ザ・ベスト・オブ・サンディ・デニー」
サンディ・デニー&ストローブス「サンディ・デニー&ストローブス」
シャーリー・コリンズ「ノー・ローゼズ」
シャーリー&ドリー・コリンズ「ラヴ、デス&ザ・レディ」
ジョン・レンボーン「レディ&ユニコーン」
     〃     「トランスアトランティック・アンソロジー」
ストローブス「骨董品」
バート・ヤンシュ&ジョン・レンボーン「バート&ジョン」
フェアポート・コンヴェンション「リージ・アンド・リーフ」
        〃         「ザ・クロプレディ・ボックス」
        〃         「ハウス・フル」
フォザリンゲイ「フォザリンゲイ」
ブリジット・セント・ジョン「サンキュー・フォー・・・プラス」
ペンタングル「ソロモンズ・シール」
   〃    「クルエル・シスター」
   〃    「リフレクション」
   〃    「ファースト」
リチャード・トンプソン「ミラー・ブルー」
リンディスファーン「フォグ・オン・ザ・タイン」

■追加
サンディ・デニー「サンディー」

■こちらもおすすめ
VA「ザ・ベスト・オブ・ザ・ケンブリッジ・フォーク・フェスティバル」
VA「ザ・ハーヴェスト・オブ・ゴールド~イングリッシュ・フォーク・アルマナック」
VA「ベスト・オブ・スコティッシュ・ミュージック」

 「麦の穂をゆらす風」のレビューをなんとか近日中に書き上げようと思っています。その関連で、今回はアイルランド/ケルト・ミュージックの名盤を紹介します。ついでにブリティッシュ・トラッドの名盤も付け加えました。アイリッシュ・ミュージックはジャズと並ぶ僕の一番好きなジャンルです。ただなかなか田舎の中古店では手に入りにくいジャンルですので、好きな割にはそれほど多くは持っていません。乏しいコレクションの中から選んだものですので、網羅的であることを自負するものではありません。本館ホームページ「緑の杜のゴブリン」のリンクに「Celtic Music Online」と「the Music Plant」というサイトを載せてありますので、さらに詳しく知りたい方はそちらも参照してください。

  アイリッシュ/ケルト・ミュージックとはどんな音楽なのか、どんなアーティストがいるのかをてっとり早く知るには、何種類も出ているコンピレーション盤をお勧めします。ここでも何枚か取り上げていますが(VAとなっているものがそうです)、ケルト音楽のコンピ盤はどれもレベルが高いので、目についたものを適当に買っても失敗は少ないと思います。特にお勧めは「おまけ」コーナーに入れておいた「ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム」のDVDです。CDも出ていますが、イーリアン・パイプなどアイルランド独特の楽器がどんな形で、どんなふうに演奏するのか分かるのでDVDがお勧めです。出演陣も豪華で、メアリー・ブラック、ポール・ブレイディ、ドーナル・ラニー、シャロン・シャノン、デ・ダナン、デイヴィ・スピレーンなど有名どころから、エルヴィス・コステロやエミルー・ハリスまで見られます。僕は音楽DVDはめったに買わないのですが、これとザ・チーフタンズのDVDは買って損はしません。

  ディスク・ガイドとしては「アイリッシュ&ケルティック・ミュージック」(音楽之友社)、「アイリッシュ・ミュージック・ディスク・ガイド」(音楽之友社)、「ブリティッシュ・フォーク&トラッド・ロック」(雑誌『ストレンジ・デイズ』2004年1月号増刊)などがあります。アマゾンか古本屋で探してください(この手のものは見つけしだい即買っておくべし)。

« 「狩人と犬、最後の旅」を観ました | トップページ | 明日へのチケット »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/15098792

この記事へのトラックバック一覧です: ゴブリンのこれがおすすめ 38:

« 「狩人と犬、最後の旅」を観ました | トップページ | 明日へのチケット »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ