最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« これから観たい&おすすめ映画・DVD(07年3月) | トップページ | 「紙屋悦子の青春」を観てきました »

2007年2月21日 (水)

リトル・ミス・サンシャイン

2006年 アメリカ 2006年12月公開 Car008_s_1
評価:★★★★
監督:ジャナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス
脚本:マイケル・アーント
撮影:ティム・サーステッド
出演:グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カレル
    アラン・アーキン、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン

 この映画は「グエムル 漢江の怪物」に似ている。別に「グエムル」はロード・ムービーではないし、「リトル・ミス・サンシャイン」にも当然怪物は出てこない。しかし「グエムル」が怪物に連れ去られたヒョンソを救うためにそれまでバラバラだった家族が力を合わせて行動するように、「リトル・ミス・サンシャイン」もオリーヴの“リトル・ミス・サンシャイン”コンテスト参加のために個性が強く協調性に欠ける家族が力を合わせるという映画である。「グエムル」の家族が戦った相手が怪物なら、「リトル・ミス・サンシャイン」の相手は「勝ち組/負け組」という考え方である。成功の夢を掴む機会は平等に与えられているというアメリカの夢はとうに破産し、社会の底辺であえぐ人たちは這い上がろうという気力すらなくしている。成功の夢は競争原理に姿を変え、人々を駆り立てる。乗り遅れた者は「負け犬」のレッテルを貼られて悩み苦しむ。競争社会の息苦しさの中で呻吟する人々。

 「リトル・ミス・サンシャイン」は個性豊かな人々が寄り集まった一つの家族が、ビューティー・クィーンになるというオリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢をかなえるために力を合わせるという話である。金のない彼らは飛行機にも乗れず、アリゾナ州アルバカーキから黄色いミニ・バスに乗り込んでカリフォルニアのレドンド・ビーチを目指す。彼らは勝ち組ではないが、まだ負け組と決まったわけでもない。なぜなら彼らには夢があるからだ。オリーヴの父リチャード(グレッグ・キニア)は「成功への9ステップ・プログラム」という怪しげな成功論を声高に振りかざし、世の人々を勝ち組と負け組に分けて考える人物。「私がこの世で嫌いなものは負け犬だ」などと公言している。その彼には自分の成功論を本にして出版するという夢がある。オリーヴの兄ドウェーン(ポール・ダノ)は空軍のテストパイロットになる夢がある。試験に合格するまでニーチェにならって「沈黙の誓い」をたてており、家族とも口を利かない。なんとこの家族の中には3つも夢があるのだ。

  出発前に家族が1人増える。病院から退院したばかりの叔父フランク(スティーヴ・カレル)だ。彼はリチャードの理論で言えば完全な負け犬。自称アメリカ最高のプルースト学者だが、恋人に捨てられて自殺未遂をした男。その恋人とは男、つまり彼はゲイである。しかも彼から恋人を奪ったのは同じプルースト研究者。二重の敗北に自殺を思い立ったわけだ。傷心の中年男。何とか勝ち組に這い上がろうという一家にとっては貧乏神がやってきたようなものだ。そうでなくても個性派ぞろいの一家は寄ると触ると口論の嵐。しかしまあ、このお騒がせおじさんが一家になじむこと!夢はあるもののオリーヴの家族はほとんど負け組だからおじさんもすんなり仲間に入れる。皆さん協調性など薬にもしたくないという人たちばかりなので事あるごとに言い合いになる。いやはや、先が思いやられる。

Ihana_1  オリーヴの“リトル・ミス・サンシャイン”コンテスト参加も棚からぼた餅式の繰り上がり当選。誰がどうやってオリーヴをカリフォルニアに連れて行くかでひともめした後、全員が黄色いミニ・バスに乗って行くことになった。そんなこんなでオンボロバスの珍道中が始まる。しかし、予想通り途中ハプニング続出で、一家のまとめ役であるオリーヴの母シェリル(トニ・コレット)は苦労の連続。ストレスがたまりタバコがやめられない。「グエムル」のレビューで、「私の考えでは、母親は賢く現実的で、家庭の中でとても強靱な存在なんです」というポン・ジュノ監督の言葉を引用した。ここでも確かにシェリルは唯一まともな存在に見える。しかし彼女の奮闘もこの懲りない面々の前ではほとんど成果を上げない。むしろいつの間にか家族が力を合わせて問題を乗り切るという展開になっているところがいい。

  アメリカ映画にはよくオンボロ車が出てくる。日本じゃまず見かけないボロ車が平気で走っている。この黄色いフォルクスワーゲンがまた家族に負けず個性的ですこぶるいい。見掛けは結構可愛くて、何もない荒野を走る姿が実に絵になる。それだけならどうということはないが、この車、お騒がせ一家以上にトラブルメイカーなのだ。ドアは外れるわ、クラクションは鳴りっ放しになるわ、果てはクラッチがいかれて押しがけでないと走らなくなってしまう。イヤイヤ2歳児以上にわがままだ。ところが、バラバラの家族をまとめたのはシェリルではなくこのオンボロ車だった。発進するたびに家族が後ろから押さなければならない。この一致団結した行動が一家を自然にまとめてゆく。ミニ・バスが壊れてゆくほど家族の結束は固まってゆく。言葉ではなく行動が一家を変え、家族の絆を深めるという描き方が素晴らしい。

 家族は次第にまとまってゆくのだが、旅の途中でそれぞれの夢が次々に壊れてゆく。成功論をぶち上げるリチャードは鼻息ばかり荒いが、彼の講演会にはまばらな参加者しか集まらない。本の出版計画は順調に進んでいるかに(少なくとも本人にとって)思えたが、結局取りやめになってしまう。一家にとって迷惑極まりないダメ親父を演じたグレッグ・キニアが惚れぼれするほどいい味を出している。一方、ニーチェかぶれで「ツァラトゥストラかく語りき」を読んでいた兄のドウェインも色盲だということが分かって、テスト・パイロットになる夢が断たれてしまう。車を飛び出し半狂乱になって絶叫する。失意の兄を慰めたのは妹のオリーヴだった。何も言わず兄の横に座って、寄り添うように肩に手をかけ、兄をそっと抱きしめるシーンはなかなかに感動的だ。

 一番のハプニングは旅の途中で爺さん(アラン・アーキン)が麻薬のやりすぎで頓死してしまうこと。この爺さんはつわものぞろいの一家の中でも際立って変だ。何しろヘロイン中毒で老人ホームを追い出されたという経歴の持ち主。ヘロインは若い奴には良くないが年寄りならいいと施設を出ても吸い続けている。言うことがまたハチャメチャだ。ドウェインに向って「若いうちはヤリまくれ!」と「有益な」アドバイス。結局、エロ爺のまま旅の途中で天寿を全うした(性格はとても真っ当とはいえないが)。死んだだけでも大変なのに、その上一家は葬式をめぐるごたごたに巻き込まれる。しかしこの一家そんなことではめげない。隙をついて爺さんの死体を持ち逃げする。ところが車で死体を運んで走っているところを、何と今度はパトロール警官に呼び止められる。だがこの絶体絶命の窮地もポルノ愛好家の爺さんが残した「置き土産」のおかげで無事乗り切る。さらに、しかしこの色ボケ爺さんは家族に一つだけ名言を残した。自信をなくしかけて落ち込むオリーヴに、「負け組とは負けることを恐れて挑戦しない人たちのことだ」と諭すのだ。亀の甲より年の功。阪神淡路大震災の際に一番活躍したのは受験勉強の優等生ではなく茶髪の兄ちゃん姉ちゃんたちだったように、競争原理などから一番遠いこの爺さんだから言えるせりふなのだ。

 この色ボケ爺さんを演じるのは何とアラン・アーキン。アラン・アーキンといえば「暗くなるKaeru3 まで待って」(1967)。盲目のオードリー・ヘップバーンを追い詰める殺人者の役がなんといっても強烈だった。初出演の「アメリカ上陸作戦」(1966)といい、不気味な役が似合う役者だが、障害者を演じた「愛すれど心さびしく」(1968)などもあり、なかなか才能のある役者だ。「キャッチ22」(1971)など代表作は6、70年代に集中している。一時とっくに引退したと思っていたが、「シザー・ハンズ」(1990)、「ガタカ」(1997)、「クアトロ・ディアス」(1997、これは知られざる傑作!)など90年代以降も活躍している。「リトル・ミス・サンシャイン」は晩年の代表作になるだろう。

 かくして、途中様々なハプニングに会いながらも一家は何とか会場に到着する。実際はわずかに遅れて、受付でまた一悶着あるのだが、それも何とかクリア。いよいよコンテスト本番となる。次々と出てくる大人顔負けのしなを作るライバルたちに家族は自信をなくしてしまう。恥をかくだけだから止めさせた方がいいんじゃないかと引き止めようとしたり、本番直前までどたばたが続く。散々ためにためておいて、いよいよオリーヴの出番。ここから先は書かないでおこう。一度もオリーヴのダンスを見せなかった理由が最後に分かる。そして家族が見せた反応とラストが一番の見所。

 ともかく、オリーヴはビューティー・クイーンにはなれなかった。それどころか「もう二度と出るな」と追い出される始末。だが、最後はさわやかだ。勝ち負けなんか決して重要ではない、みんなで団結して家族の絆を取り戻したことこそ一番の栄冠であるという分かりやすいメッセージが却って心地よい。オリーヴ役のアビゲイル・ブレスリンも見るからに可愛いという子役ではない。お腹が出た幼児体型で分厚いメガネをかけている。それがニコニコ笑顔を振りまく他のミス・コン出場者をキュートさで圧倒してしまうところが面白い。オリーヴという名前が暗示的だ。オリーヴを助けるのはポパイ。しかしこのオリーヴ、決して「ポパイ助けて」なんて叫ばない。そもそもこの映画に無類の力持ちのポパイは登場しない。力のない家族が力を合わせてオリーヴを助ける。「グエムル」と同じ。オリーヴは最後の自分のダンスがどういう意味を持っているのか自分では全く気づいていない。回りでおたおたする人々を尻目に踊り続ける。バスの中でもヘッドホーンをつけて、周りの大騒ぎから離れ1人自分の世界に没入している。ジタバタする家族から超然として終始変わらないマイペースっぷりが最高だ。

 結局この旅はそれぞれの夢が壊れてゆく旅なのだが、それでも一家にとって家族の絆が強められてゆく貴重な経験になった。このことが意味しているのは、家族の愛があれば夢なんかなくてもいいということではないだろう。誰にとっても夢は必要だ。だが、彼らが見ていた夢は多かれ少なかれ「成功の夢」だった。“リトル・ミス・サンシャイン”コンテストが象徴しているような競争原理に振り回されるのではなく、それぞれの身の丈にあった夢を持てばいい。そう言っているのだろう。

 最後もバスを押して帰るところがほほえましくも愉快だ。誰もがっかりなどしていない。彼らの顔には微笑が浮かんでいる。勝ち組になろうなんて考えはもう吹き飛んでいた。そう、そういう君たちこそ「ユー・アー・マイ・サンシャイン」さ。

<ブログ内関連記事>
ゴブリンのこれがおすすめ 12(ロード・ムービー)
漂流するアメリカの家族
グエムル 漢江の怪物
家族(70年、山田洋次監督)

人気blogランキングへ

« これから観たい&おすすめ映画・DVD(07年3月) | トップページ | 「紙屋悦子の青春」を観てきました »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

Barbaraさん コメントありがとうございます。
何度もやってみたのですが、表示されているサイトにつながりません。URLに間違いはないでしょうか?

charikichiさん TB&コメントありがとうございました。
作品賞は取れませんでしたが、アラン・アーキンが助演男優賞、マイケル・アーントが脚本賞を取ったんですね。大作でもなく、大スターが出演しているわけでもない低予算映画が2部門も受賞したことは快挙だと思います。
この映画が日本でも一定評価され、評判になったことは素晴らしいことだと思います。
また時々覗いてみてください。

TB&コメントありがとうございました。

今日ちょうどアカデミー賞の発表がありましたね。

惜しくも作品賞のほうは受賞はならなかったみたいですが、ノミネートされることによって、この映画の存在が広く知れ渡ったというのは、とても良かったと思います。
みんなに見てみてもらいたい映画ですからね。

DVDが待ちきれないです。。

またよろしくお願い致します。

めいほあさん TB&コメントありがとうございます。
「超」は付きませんがうちも地方の小都市ですので、この手の映画は滅多にきません。見逃さなくて本当によかったと思っています。
口コミでお客さんが増えたというのは、別のところに住んでいるものとしてもうれしいですね。大宣伝でヒットした映画よりも、ある意味で価値があるかもしれません。
上田でもシネコンを作るという噂が立ち始めていますが、どうなるか分かりません。アメリカの大作ばかり上映するのでなく、ヨーロッパやアジア映画、そしてこのような映画ミニ・シアター向きの映画も上映されるのならシネコンでもいいかと思っています。

ゴブリンさんご無沙汰してます。
TB有難うございました。
うちのような超田舎では、ミニシアター系の映画なんて滅多にかからないんですけど^^;かかってもすぐに姿を消す(苦笑)この作品はなんと同時公開された「ラッキーナンバー7」より生き残りました。口コミでお客さんがじわじわ増えたとのこと。なんかそう聞いて、自分が作ったわけでもないのに凄く嬉しかったです。私的にはかなり好きな映画です。

GMNさん TB&コメントありがとうございます。
二重のTBは一つ消しておきました。僕もよくやることですので、どうぞお気になさらずに。
この映画のテーマは、本文にも書いたように、割とわかりやすいものです。夢が破れてゆく映画ですが、さわやかな気持ちで観終えることができます。代わりに家族の絆を強めることが出来たからです。
家族の絆を描く映画は単純なものになりがちですが、その絆は人間が生きる上でもっとも大切なものの一つで、決して単純だと馬鹿にしたり冷笑したりするものではないと思います。個性豊かでぶつかり合いながらも調和が取れているのが家族。この一家も映画の最後には「フツーの」家族になっていました。

ごめんなさいTB二重投稿になってしまいました。お手数をおかけして申し訳ないです。

観た人みんなが幸せな気分になれるって凄いですよね。
映画って色々な方向性ありますけど、こういう作品に出会うと本当に嬉しくなってしまいます。

元・副会長さん TB&コメントありがとうございます。
強力なライバルがあるので受賞は難しいかもしれませんが(アラン・アーキンはひょっとしたら?)、たとえ受賞しなくてもノミネートされたこと自体素晴らしいことですね。金はかけなくても優れたアイデアがあればいい映画が作れるとよく言われますが、この映画を観て改めてそう思いました。
あの黄色いバス、もう修理したのかな?今でも押しがけしてたりして!?

トラックバックありがとうございました。

この映画がアカデミー賞候補になっているというのは、本当に米国のアカデミー協会ってのは懐が広いなーと思います。業界の持ち回りに過ぎない日本アカデミー賞とは大違いです。

格差社会をぶっ飛ばして、黄色いバンは、今日もアメリカの大地を爆走しているのでしょう。

それでは、今後とも宜しくお願いします。

aq99さん、真紅さん、yamasanさん TB&コメントありがとうございます。

<aq99さん>
確かにあのダンスはいい趣味とはいえませんね。でも、踊っている本人が意味を理解していないらしいのが救いです。ちょっと派手な演出ぐらいに思っているのでしょうか。ともかくあの天真爛漫さが大きな魅力でした。

<真紅さん>
言葉を交わさなくても分かり合えるという描き方がよかったですね。こういうときは子供同士がいいのでしょう。あれがお父さんだったら火に油を注ぐ結果になっていたでしょうから(笑)。
あの料理は食べる気しませんね。ファスト・フードそのままじゃねえ。あれじゃ家族の絆は深まりませんよ。

<yamasanさん>
こちらこそよろしくお願いいたします。
アカデミー賞のノミネートのことは皆さんが触れているのであえて触れませんでした。こういう大作でもなく、大スターが出ているわけでもない映画がノミネートされるのはうれしいですね。どんな結果になるか楽しみです。

私は、最後のダンスがアレだったのが、無垢な少女に、なに躍らせてるねんと、同じ年頃のムスメを持つ父としては、ちょっとイヤやったんですが、このレビューを読んでなるほど~と思いましたわ!

ゴブリンさま、こんにちは。TBさせていただきました。
確かに、『グエムル』と共通点がありますね。
食事が不味そうなところ(フライドチキンやカップラーメンがメイン)、病院で一騒動あるところ、ミニバスやミニバンが出てくるところ、などなど。
私もオリーヴちゃんが兄を無言で慰めるところはグッときました。ものすごくいい場面でしたよね。
ではでは、また遊びにきますね!

TBありがとうございます。

今年のアカデミー賞、受賞は無理だと思いますが、
こういったミニシアター系の映画がノミネートされる
のは嬉しいですね。

オリーブちゃんが可愛かったですし、おじいちゃんも
最高でした。

また、宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/13997450

この記事へのトラックバック一覧です: リトル・ミス・サンシャイン:

» リトル・ミス・サンシャイン [★YUKAの気ままな有閑日記★]
評判がいいので、今年最初の劇場鑑賞をこの作品に決めた【story】アリゾナ州郊外に住むフーヴァー家―家長のリチャード(グレック・キニア)は、「勝ち組・負け組」信奉者で、自分で考案した「9ステップ成功論」の持説を振りかざす。息子ドウェーン(ポール・ダノ)は、ニーチェに心酔し沈黙を守り続ける、空軍パイロット志望の15才の青年。娘オリーブ(アビゲイル・ブレスリン)は、ミスコン優勝を夢見る9才の女の子。グランパ(ア... [続きを読む]

» そしてミニバスは行く「リトル・ミス・サンシャイン」 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
黄色いミニバスに乗って〜「リトル・ミス・サンシャイン」。9歳の娘を美少女コンテストに出場させるためにカリフォルニアへ向かうフーヴァー一家、その途中に起こる様々な出来事をハートフルに綴るロード・ムービー... [続きを読む]

» さくらん [土屋アンナ「さくらん」リサーチ!]
はじめまして、突然のトラックバック申し訳ありません。ブログ楽しく拝見させていただきました。それでといってはなんですが記事に「映画」に関する事が書かれていたのでトラックバックさせて頂きました。話題の映画【さくらん】についてご紹介しているブログです。ご迷惑な場合は、お手数をおかけ致しますが、削除してもらってかまいませんので、どうぞ宜しくお願い致します。尚、こちらの方へのトラッ�... [続きを読む]

» 『リトル・ミス・サンシャイン』 [Sweet* Days ]
CAST:グレッグ・キニア、トニー・コレット 他 ゴールデン・グローブ作品賞、主演女優賞 他ノミネート STORY:小太りで眼鏡をかけたオリーヴの夢はミスコンで優勝すること。そんな彼女は地方予選で繰り上げ優勝し、決勝大会に出場することに。そして、家族総出で古いバスを借りて、決勝大会への旅に出る・・・ この作品をご覧になった方々のレビューを読ませていただいて、 その高い評価に引かれて見に行きました(^^) で、評判通りなかなか良かったです☆ 家族それぞれがかなり変でバラバラで、... [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン [映画のメモ帳+α]
リトル・ミス・サンシャイン(2006 アメリカ) 原題   LITTLE MISS SUNSHINE        監督   ジョナサン・デイトン                   ヴァレリー・ファリス     脚本   マイケル・アーント       撮影   ティム・サーステッド             音楽   マイケル・ダナ          出演   グレッグ・キニア トニ・コレット       スティーヴ・カレル 「私がこの世で嫌いなものは負け犬だ」 カリ... [続きを読む]

» 『リトル・ミス・サンシャイン』 [flicks review blog II ]
 勝ち組/負け組という言葉が聞かれるようになったのはいつのことからか忘れてしまったけれど、たぶん日本でホリエモンがブレイクするちょっと前くらいにアメリカのそういう構造みたいな特番をみて、なんか世知辛い世... [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン~映画初めにどうぞ♪ [シネマでキッチュ]
(札幌ファクトリー・ユナイテッドシネマにて) ネタバレ 勝ち組だ負け組みだって。。2種類しかないレッテルって貧しいよなあ~と常々思うのよね。 十人十色ですもん、人間は。 しかし、そんな負け組みにならないための訓練プログラムを開発した(自己啓発みたいなもんかな)パパ。 でも家に帰ると、老いてもちっとも枯れずヘロイン吸ってホームを追い出されたワルな色爺さんと、 ニーチェの思想にかぶれて口をきかない高... [続きを読む]

» 『リトル・ミス・サンシャイン』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]             2006/12/23公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス 【脚本】マイケル・アーント 【映倫】PG-12 【出演】 グレッグ・キニア/トニ・コレット/スティーヴ・カレル/アラン・アーキン/ポール・ダノ/ア... [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン [ロッタのひなたぼっこ]
『リトル・ミス・サンシャイン』は、チビッコのミスコンを中心に繰り広げられる、「かなり変な家族」の崩壊と再生の物語です。 黄色いバスに乗って、延々とカリフォルニアを目指すフーヴァー一家。 目的は、オリーヴの「リトル・ミス・サンシャインコンテスト」。 家族揃って意気揚々・・・のはずが、見事にバラバラ。 まず父は「9段階の云々」と持論を引き出し、何でも勝ち負けにしてしまうデリカシーに欠ける人。 ニーチェに傾倒した兄は、空軍パイロットになれるまで無言を通す決意をした、読めない性格。 オリーヴ... [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン [そーれりぽーと]
年末年始の休暇に観るつもりが、ずっと風邪で寝込んだせいで結局行けず、そのまま観る気が失せてしまった『リトル・ミス・サンシャイン』 でも、アカデミー賞4部門にノミネートされたことだし、この週末は観たい映画も少ないしと言うことでとりあえず観てきました。 ★★★★★ 日本では映画好きしか観ないような単館系作品だし、公開されてから1ヶ月以上経過してるので空いてるかなぁと思っていましたが、さすがにアカデミー�... [続きを読む]

» 「リトル・ミス・サンシャイン」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Little Miss Sunshine」2006 USA 主演のリチャード&シェリル・フーヴァー夫婦に「恋愛小説家/1997」のグレッグ・キニアと「アバウト・ア・ボーイ/2002」のトニ・コレット。二人ともお気に入り俳優なのでこれは観逃せないと前から思っていた。監督はジョナサン・デイトン。 フーヴァー家の息子ドウェーンに「キング 罪の王/2005」のポール・ダノ。娘オリーヴにアビゲイル・プレスリン。シェリルの兄フランクに「ブルース・オールマイティ/2003」のスティーヴ・カレル。一家のじいち... [続きを読む]

» フラダンスの教室について [フラダンスの教室に行こう!]
フラダンスの教室についての情報を掲載しています。 [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン [雨は止まない]
年の最後に、こんな素敵な映画に出会えるとは。 いろいろあるから人生は楽しい。 これは真実だと思うし、そう思わなければやってられません。 でもこのフレーズを口にするとき、どこか割り切れない思いが残ることも、また事実。 だって平穏無事であれば、傷ついたり不安に怯えることだってないのだもの。 当たって砕けたろって言うけれど、砕けちゃったらどうするのよ。 この映画に出てくる家族は、何かに当たって、どこか砕けちゃってる人たちで構成されています。 映画の冒頭でその惨憺たる状況が、テンポ良く... [続きを読む]

» 『リトル・ミス・サンシャイン』 [映像と音は言葉にできないけれど]
ヤバイです。これは凄く面白い! yanksのツボにピッタリとハマりました。ホント、最後は大爆笑で涙がとまりませんでしたから...。 [続きを読む]

» 初夢/リトル・ミス・サンシャイン(06・米) [毎日が映画記念日]
1月2日は「初夢」。 [続きを読む]

» ワーキングプアー [ワーキングプアー]
ワーキングプアーがどんどん増えているらしい。何とかしないと・・・。 [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン [ポケットの中から]
やっと地元で公開された『リトル・ミス・サンシャイン』を観てきた。先月は1本も劇場で観なかったので、これが今年最初に劇場で観た映画となる。そして、その初っぱなの映画が大当たり。これはなかなか幸先がいい。 ア... [続きを読む]

» 「リトル・ミス・サンシャイン」 [或る日の出来事]
公開日に鑑賞したときの、以前の速報(?)記事でも書いたけれど、この映画は、よかった。 娘がミスコンに出るというので、家族そろってミニバスに乗って、会場へと旅をする。 その旅の中で、バラバラだった家族の絆が、... [続きを読む]

» 「リトル・ミス・サンシャイン」 [It's a wonderful cinema]
 2006年/アメリカ  監督/ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス  出演/グレッグ・ギニア      トニ・コレット      アビゲイル・ブレスリン  東京国際映画祭でも好評だった作品。  フーヴァー家の9歳の娘オリーヴが「リトル・ミス・サンシャイン」のコンテストに出場することになる。一家はミニバスでコンテストの開催地カリフォルニアを目指すが・・・というお話。  勝ち組を目指せ!と言う父、家族の中では常識者の母、ヘロイン中毒で老人ホームを追い出された祖父、沈黙の... [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン [映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α]
ただゆるゆるしたロードムービーかと思ったら、 これまた大好きな絶妙な力の抜け加減!! 勝ち組と負け組って何だろうね。 [続きを読む]

» 「リトル・ミス・サンシャイン」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「リトル・ミス・サンシャイン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:グレッグ・キニア、スティーヴ・カレル、トニ・コレット、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン、アラン・アーキン、他 *監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス 感..... [続きを読む]

» 今年の見初めは『リトル・ミス・サンシャイン』 [はなこのアンテナ]
font走り乗れっ、ポンコツ・ワゴンへ!font font「市場原理主義」とか、「成果主義」とか、 「勝ち組」とか、「負け組」とか、 イイ加減疲れませんか?今の世の中! そんなに常に競争にさらされて、精神的に緊張を強いられ、 たとえ努力して、運にも恵まれ、「勝ち馬」に乗れたとしても、 それが未来永劫保障されるわけでもなく、 自分の努力の甲斐もなく転落することもあるわけで… 長らく農耕文化で、互いに助け合うことで生きて延びて来た 大多数の日本人には... [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン~苦しんだ後には [Osaka-cinema-cafe]
2007年となりました。 今年もどうぞ、宜しくお願いします。 去年は映画館で何とか195本見ることが 出来ました。 200本を目標としていましたが、今年にまた 頑張りたいと思います。 今年最初の映画は笑って、笑って泣くという、 コメディ映画の王道でしたが、見終わった後、 「いい映画を見たなあ」と嬉しい感動が残りました。 早くも今年のベスト5に入りそうな予感が。 映画「リトル・ミス・サンシャイン」 話はロードムービーであります。 ある家族の長女のオリーヴ(アビゲイル... [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン [めそのたわごと]
リトル・ミス・サンシャイン アリゾナに住む小太りなメガネ少女・オリーヴの夢は、ビューティー・クィーンになる事。コンテストのビデオを研究したり、大好きなおじいちゃん指導の元、ダンスを特訓したりと訓練に余念がない。そんな彼女の元に、朗報が舞い込む。カリフォルニアで行われる“リトル・ミス・サンシャイン”コンテストに繰り上げ参加が決定したのだ!問題だらけのフーヴァー家は、家族6人ミニバスに乗り込み、一路コンテスト会場を目指す... [続きを読む]

» 幸せの黄色いミニバス〜『リトル・ミス・サンシャイン』 [真紅のthinkingdays]
 崩壊寸前の機能不全一家が、娘のミスコン出場のため、おんぼろのミニバスに 乗り込んだ。旅の途中で起こる様々な困難にぶつかりながら、家族が一つに再生 してゆく過程を描いたハートフルなロードムービー。  この映画... [続きを読む]

» 「リトル・ミス・サンシャイン」 色々参考になるわ〜 [『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記]
引き篭り&会話をしない息子。 うわ〜、ウチのボクちゃん、あんなんになったらどうしょ〜〜。 パパがこんなだから、そういう素質は十二分にあるだけに、笑い事っちやない。 眼鏡っ娘。 うわ〜、ウチの遠視で眼鏡かけてる幼稚園娘、美少女コンテストに出たいって言ったらどうしょ〜。 東京まで行くお金ないから、行くとしたらマジオンボロ車の旅だよ〜。 誰かの屁の音みたいな壊れたクラクションの音が延々続いたり、助走をつけない... [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン [シネクリシェ]
 かなり以前に観ていた映画で、そろそろ感想をUPしようと考えていたところ、アカデミー賞の4部門(作品賞、助演男・女優賞、オリジナル脚本賞)に [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン [活動写真評論家人生]
 シネ・リーブル梅田  「この世に奇跡なんてない。」と言う人がいる。面倒なので黙っているが、私はこ [続きを読む]

» 「リトル・ミス・サンシャイン」 [元・副会長のCinema Days]
 (原題:Little Miss Sunshine)昨年観た「青春★金属バット」と同様、負け犬たちの開き直りを破天荒なタッチで綴る痛快作だ。  小学生の娘が何かの間違いで美少女コンテストの出場資格を得たため、ダメ人間揃いのフーバー家の6人は黄色いフォルクスワーゲンのミニバスに乗り込んでアリゾナからカリフォルニアへと旅立つ。一家の主は自分で考えた(役に立ちそうもない)“自己啓発術”が出版されるかもしれないという... [続きを読む]

» 『リトル・ミス・サンシャイン』 [京の昼寝〜♪]
人間には2種類あるそれは勝ち組と負け組みだバラバラな家族が、家族再生の旅に出る ■監督 ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス■脚本 マイケル・アーント ■キャスト グレック・キニア、スティーヴ・カレル、トニ・コレット、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン、アラン・アーキン  □オフィシャルサイト  『リトル・ミス・サンシャイン』 アリゾナに住む小太りなメガネ少�... [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン [TRUTH?ブログエリア]
原題:LITTLE MISS SUNSHINE監督:ジョナサン・ディトン、ヴァレ [続きを読む]

» [ リトル・ミス・サンシャイン ]幸せの黄色いおんぼろミニバス [アロハ坊主の日がな一日]
[ リトル・ミス・サンシャイン ]を渋谷で鑑賞。 久しぶりにハートフルな映画にラストまで堪能した。あの 黄色のフォルクスワーゲン・ミニバスは、オンボロだがと ても愛らしかった。まさにフーヴァーファミリーそのものだ。 リトル・ミス・サンシャインのオフィシャルサイト ... [続きを読む]

» 映画「リトル・ミス・サンシャイン」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Little Miss Sunshine 夢と希望と、そして目一杯の不幸せと怒りを背負い込んでフォルクスワーゲンのミニバスが行く・・不運に見舞われ続ける彼らに、家族の幸せは訪れるのか アイスクリームが大好きで、お腹がぷっくりな眼鏡っ子のオリーヴ・フーヴァー(アビゲイル... [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン/グレッグ・キニア、トニ・コレット [カノンな日々]
今年の東京国際映画祭の時にも観たいなぁと思ってたんだけど既に一般公開が決まってたので結局スルーしたわけなんですが、面白そうだなと思ってたら東京国際映画祭でも好評だったようで最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、観客賞を受賞しちゃいましたよ。今年のコンペ部門は全....... [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン〜東京国際映画祭にて [シャーロットの涙]
夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く・・・{/car_pink/}〜〜〜 [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★★  オンボロバスにキラリと光る僕らを乗せて   [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン Little Miss Sunshine [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カレル アラン・アーキン、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン主演 [画像] アリゾナに住む少女オリーブはミスコン・クイーンに憧れています ミスコンに応募する為、ポーズをとったり、特技の練習をしたり していますが まだまだ体型は幼児体型です オリーブの兄ドウェーンはニーチエを崇拝し、 空軍士官学校に入るまで誰とも口を聞かないと誓いを立てています そして自分の部屋に閉じこもり筋肉トレーニングばかりしています 父親リチャードは9ステップ・プログラ... [続きを読む]

» Little Miss Sunshine ~リトル・ミス・サンシャイン~ [めいほあしあんだ]
2006年夏後半、超大作が並ぶ中、アメリカで口コミにより大ヒットした「リトル・ミス・サンシャイン」 サンダス映画祭でも大評判になったこの作品。ハートフルでソウルフル。愛すべき「負け組み一家」の物語です。... [続きを読む]

» 映画「リトル・ミス・サンシャイン」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「リトル・ミス・サンシャイン」 サンダンス映画祭などで絶賛を受けた家族再生のロードムービー。 アリゾナに住むフーヴァー家は六人家族。 “9ステップ成功論”を唱え、「人生の勝ち組になれ!」が口癖なのに、自分は全く勝ち組になれそうもないパパ(グレッグ・キニア) 家族をまとめようと孤軍奮闘のママ(トニ・コレット) ヘロイン常用で老人ホームを追い出されたおじいちゃん(アラン・アーキン) ニーチェに傾倒して�... [続きを読む]

» 『リトル・ミス・サンシャイン』 [えいが みてます]
みたよ! はじめて! メディア:映画館! [続きを読む]

» *リトル・ミス・サンシャイン* [Cartouche]
{{{       ***STORY***       2006年    アメリカ アリゾナに住む小太りなメガネ少女・オリーヴの夢は、ビューティー・クィーンになる事。コンテストのビデオを研究したり、大好きなおじいちゃん指導の元、ダンスを特訓したりと訓練に余念がない。そんな彼女の元に、朗報が舞い込む。カリフォルニアで行われる“リトル・ミス・サンシャイン”コンテストに繰り上げ参加が決定したのだ!問題だらけのフーヴァー家は、家族6人ミニバスに乗り込み、一路コンテスト会場を目指すが…?!       ..... [続きを読む]

» 「リトル・ミス・サンシャイン」 [the borderland ]
ダメ人間好きなんですよ(^^;  しかもロードムービーなら面白くないわけがない!私がよく映画を観るようになってからだけでも、「サイドウェイ」、「トランスアメリカ」と毎年、ワクワクするような作品に出会えてます。そしてこれも前の2つに負けないぐらい、ダメっぷりがいとおしくなりますよ。 【ネタバレです】 上の写真、冒頭で家族が集まって、買ってきたチキンを食べるシーンなのですが、これだけで登場人物紹介になっていて、各人の特徴がよく分るんですよ。 小太りのメガネっ子だけど、ビューティ・クイ... [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン−(映画:2007年14本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督 ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス 出演 アビゲイル・ブレスリン 、グレッグ・キニア 、ポール・ダノ 、アラン・アーキン 、トニ・コレット 、スティーヴ・カレル 、ブライアン・クランストン 、マーク・タートルトーブ 、ベス・グラント 評価:93点...... [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン(06・米) [no movie no life]
「勝ち馬、負け犬」。そんな言葉を見事に拭き飛ばしてくれた映画だった。 9歳のオリーヴが、繰り上げ優勝でカリフォルニア州のミス・コンテスト「ミス・リトルサンシャイン」に出ることが決まった。父、母、祖父、伯父、兄と一家揃って黄色いポンコツバスでカリフォルニアへ出... [続きを読む]

» 負け犬ファミリーのロードムービー。~「リトル・ミス・サンシャイン」~ [ペパーミントの魔術師]
いや~、どこにでも病んでる家族はいるもんでしょうが 全員が全員ココまでスゴイとは。(笑) 成功論をまくし立て 勝たなきゃ意味がないと力説する父親 (でも、あてにしてた契約が取れずに収入が入ってこない) ヘロイン中毒で女好きのおじいちゃん (え~マジでそんな終わ..... [続きを読む]

» リトル・ミス・サンシャイン [映画、言いたい放題!]
予告で観て爆笑。 そしたらアカデミー賞受賞したりして 話題になりましたね。 DVDで鑑賞。 アリゾナに住むメガネ少女・オリーヴは、 カリフォルニアで行われる“リトル・ミス・サンシャイン”コンテストに 繰り上げ参加が決定し大喜び! 独自の成功論をとなえ、人生... [続きを読む]

» 独断的映画感想文:リトル・ミス・サンシャイン [なんか飲みたい]
日記:2007年7月某日 映画「リトル・ミス・サンシャイン」を見る. 2006年.監督:ジョナサン・デイトン. グレッグ・キニア,トニ・コレット,スティーヴ・カレル,アラン・アーキン,ポール・ダノ,... [続きを読む]

« これから観たい&おすすめ映画・DVD(07年3月) | トップページ | 「紙屋悦子の青春」を観てきました »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ