最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« リトル・ミス・サンシャイン | トップページ | トランスアメリカ »

2007年2月25日 (日)

「紙屋悦子の青春」を観てきました

  今日上田の電気館で「紙屋悦子の青春」を観てきた。これで黒木和雄監督の「戦争4部作」を全部観たことになる。4部作の中では「父と暮らせば」が一番優れていると思う。2位がこの「紙屋悦子の青春」、以下「TOMORROW明日」「美しい夏キリシマ」というのが僕の評価。

  「紙屋悦子の青春」は病院の屋上のシーンを除けばほとんど屋内の撮影。大きな動きはKota1_1 なく、ほとんどが会話で構成されている。そのせいか小津の世界を感じた。黒木監督は遺作で小津の世界に還ったのだ。出演者も限られている。たったの5人。何度か話にだけ出てくるおしゃべりな駅長さんを入れても6人。年老いた悦子と夫の長政の現在から始まり終戦の年昭和20年の回顧に移る展開。5人の出演者すべてがいい演技をしている。特に長瀬正敏と原田知世が素晴らしい。原田知世の老け顔はいまひとつだが、回想の中の若い時が実に美しい。髪をひっつめにしているせいか「博士の愛した数式」の深津絵里によく似ていた。これまで一度もいいと思ったことのない女優だが、この映画での彼女は繊細で清楚で非常に心を引かれた。そう言えば、田中裕子も「いつか読書する日」を観て初めていい女優だと思った。俳優は素晴らしい作品に出会った時輝くのだと改めて思う。すぐにレビューを描きます。

  「トランスアメリカ」のレビューが遅れていますが、何とか今日か明日には書き上げたい。21日に観た「隠された記憶」もその後に控えている。デヴィッド・リンチの「ロスト・ハイウェイ」そっくりの出だしで始まるサスペンス映画。終わり方も「ロスト・ハイウェイ」同様謎が謎のまま最後まで残る。何も説明されずにあっけなく終わってしまう。しかしそこはミヒャエル・ハネケ、デヴィッド・リンチのように非現実的な要素を持ち込んだりはしない(「ロスト・ハイウェイ」も「ツイン・ピークス」ほど荒唐無稽ではないが)。観客一人ひとりに心当たりはないかと問いかける終り方は悪くないと思った。

  「紙屋悦子の青春」★★★★☆
  「隠された記憶」 ★★★★☆

  どうもこのところなかなかレビューに集中できなくて観る映画の数にレビューが追いつかない。昨年の11月に入院する前は、レビューを書き終えないうちは新しい映画を観ないようにしていた。そのため観る本数が減ってしまった。今年は観る本数を増やして、長めのレビューを減らし短評を増やそうと考えたのだが、書き出すと長くなってしまうのが悩み。以前のような長大なレビューはなくなったが、集中力が減ったせいかアイデアが浮かばなくなり、自分で満足のいくレビューが書けなくなってきた。以前より短いレビューなのに書きあぐんでいる。「ジャーヘッド」以降はどん底。どうやらスランプの時期がやってきたようだ。

  いかん、また愚痴になってしまった。ようやく忙しい時期も脱したのでこれからまたどんどん書いてゆきたい。今レンタルいるのは「タイヨウのうた」。あと「ゆれる」と「明日の記憶」を観ればキネ旬の日本映画ベストテンを全部観たことになる。これらと「トンマッコルへようこそ」を観た後は新作DVDを一時棚上げして、たまりたまった手元のDVDを集中的に観てみたい。今年に入ってからも続々とDVDを手に入れた。「フープ・ドリームス」、「心の香り」、「春にして君を想う」、「スプリング春へ」、「イジィ・トルンカ作品集4、5」、「愛と宿命の泉」、「恐怖省」、「M」、「川本喜八郎作品集」等々。どれも今すぐ観たい。去年買った「夫婦善哉」、「芙蓉鎮」、「貸間あり」、それから「タヴィアーニ兄弟傑作選 BOX」、「溝口健二 BOX」、「成瀬巳喜男 BOX」など観たい映画は山ほどある。まあ、あせらず一本ずつ観て行くしかないか。

  ちなみに現在までの「2006年日本映画マイ・ランク」を最後に付けておきます。6位まではほとんど横一線。甲乙つけがたい傑作が並ぶ。

1 博士の愛した数式(小泉堯史監督)
2 かもめ食堂(荻上直子監督)
3 フラガール(李相日監督)
4 嫌われ松子の一生(中島哲也監督)
5 武士の一分(山田洋次監督)
6 紙屋悦子の青春(黒木和雄監督)
7 THE有頂天ホテル(三谷幸喜監督)
8 雪に願うこと(根岸吉太郎監督)
9 カミュなんて知らない(柳町光男監督)

« リトル・ミス・サンシャイン | トップページ | トランスアメリカ »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/14045255

この記事へのトラックバック一覧です: 「紙屋悦子の青春」を観てきました:

» 記憶力 [華・蝶・封・月 日記]
記憶力について最近勉強してみました。これから資格を取る予定なので。記憶力は年とともに衰えると言うのは迷信のようです。仕事しながら勉強するのが困難なため、また意欲がないためというのが原因のようで、記憶力自体はいくらでも鍛えられるようです。記憶するためには一番は覚える対象が好きな事。脳の扁桃体は好き嫌いの感情で情報を処理します。次に記憶力がよくなるには意欲を持っている対象が覚えやすくなります。目... [続きを読む]

» NO.166「紙屋悦子の青春」(日本/黒木和雄監督) [サーカスな日々]
http://maruxkaz.exblog.jp/tb/4694684 [続きを読む]

» 『紙屋悦子の青春』 [京の昼寝〜♪]
大切なものを、忘れていませんか。 ■監督 黒木和雄■脚本 黒木和雄・山田英樹■原作 松田正隆■キャスト 原田知世、永瀬正敏、松岡俊介、本上まなみ、小林薫□オフィシャルサイト  『紙屋悦子の青春』  昭和20年の春、両親を失ったばかりの娘・紙屋悦子(原田知世)は、鹿児島の田舎町で優しい兄・安忠(小林薫)、その妻・ふさ(本上まなみ)と肩を寄せ合う慎ましい毎日をおく�... [続きを読む]

« リトル・ミス・サンシャイン | トップページ | トランスアメリカ »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ