最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« レイヤー・ケーキ | トップページ | Golden Tomato Awards発表 その2 »

2007年2月 2日 (金)

Golden Tomato Awards発表

Snow_200_01  アメリカの有名な映画批評サイトRotten Tomatoesが2006年の映画ランキングを発表した(サイドバーの「お気に入りホームページ」にリンクがあります)。全米の500館を越える劇場で公開された映画を対象とするWide Release部門、500館以下のLimited Release部門、これが主要2部門である。それぞれにベスト50が挙げられている。ヒット作とそうでないものに分けるあたりはいかにもアメリカらしい。この他にジャンル別(アクション、アニメ、コメディー、ドキュメンタリー、外国語映画、ドラマ、ホラー、ファミリー、ロマンス、SF、スリラー)ベスト10もある。とても全部は紹介しきれないので主要2部門はベスト10まで、ジャンル別はベスト3まで紹介しよう。
  今回は Wide Release部門とLimited Release部門を取り上げる。

Wide Release部門
1位 「007/カジノ・ロワイヤル」  
  マーティン・キャンベル監督、ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン主演
2位 「ディパーテッド」  
  マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン主演
3位 Borat
 ラリー・チャールズ監督、サシャ・バロン・コーエン、パメラ・アンダーソン主演
 イギリス人コメディアン、サシャ・バロン・コーエンがカザフスタン人TVレポーターに扮し、アメリカでドキュメンタリーをとるという設定。彼のインタビューは行く先々でアメリカ人の激烈な反応を誘い、アメリカの恥部をさらけ出させてゆく。一種の挑発的「ショックメンタリー」映画であり、単なるおバカムービーではないと見た。
4位 「ユナイテッド93」
  ポール・グリーングラス監督、コーリイ・ジョンソン 、デニー・ディロン他出演
5位 「インサイド・マン」
  スパイク・リー監督、クライヴ・オーウェン、デンゼル・ワシントン主演
6位 「ブロック・パーティー」
  ミシェル・ゴンドリー監督、デイヴ・シャペル、ローリン・ヒル主演
  ブルックリンで開催された無料のシークレット・ライブのドキュメンタリー。カニエ・ウエスト、モス・デフ、フュージーズ、ローリン・ヒルなどブラック・ヒップホップ・ミュージシャンが総出演。観たいです。
7位 「ディセント」
  ニール・マーシャル監督、シャウナ・マクドナルド、ナタリー・メンドーサ主演
8位 Slither
  ジェームズ・ガン監督、ネイサン・フィリオン、エリザベス・バンクス主演
  「ドーン・オブ・ザ・デッド」の脚本家ジェームズ・ガンが初めてメガホンを取った低予算B級ホラー。ヌルヌル、ベトベトのナメクジ映画。お好きな方はどうぞ。
9位 Akeelah and the Bee
 ダグ・アチソン監督、ローレンス・フィッシュバーン、アンジェラ・バセット主演
 Spelling beeと呼ばれるスペリング・コンテストを通じて成長してゆく黒人の女の子を描く感動編。型どおりのストーリーだが、ヒロインに共感を禁じえないファミリー・ドラマとの評判。
10位 「今宵、フィッツジェラルド劇場で」 3月3日公開予定
  ロバート・アルトマン監督、ウディ・ハレルソン、ジョン・C・ライリー主演
  ロバート・アルトマン監督の遺作。アメリカを代表するラジオ番組「プレイリー・ホーム・コンパニオン」最後のオンエアの一夜における出演者の人生模様を、ちょっぴり辛口なウィットと粋なユーモアで包んだ別れと再生の物語。これまたアルトマンお得意の群像劇。

Limited Release部門
1位 The Queen
  スティーヴン・フリアーズ監督、ヘレン・ミレン、マイケル・シーン主演
  イギリス映画の傑作。ダイアナ妃事故死直後のイギリス王室の舞台裏を描く内幕物。ヘレン・ミレンが女王エリザベス2世を演じ、マイケル・シーンがブレア首相に扮している。二人の名演はヴェネチア映画祭など各地で絶賛されている。これは必見!
2位 「リトル・ミス・サンシャイン」
  ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス監督、トニ・コレット、スティーヴ・カレル主演
3位 「トゥモロー・ワールド」
  アルフォンソ・キュアロン監督、クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア主演
4位 Wordplay
  パトリック・クリードン監督、マイク・ムシーナ、ウィル・ショーツ主演
  クロスワードパズルをテーマにしたドキュメンタリー映画。「ニューヨーク・タイムズ」のクロスワードパズル編集者ウィル・ショーツはその筋ではカリスマ的存在。彼には多くの信奉者がいるらしい。眉間にしわを寄せて新聞のパズルを食い入るように見つめているパズル・ファンの姿はまさにオタクの世界。毎年行われるクロスワードパズルのトーナメント大会があるなんて知らなかった。スペリング・コンテストを描いたAkeelah and the Beeといい、アメリカ人はコンテストが好きだ。
5位 「不都合な真実」
  デイヴィス・グッゲンハイム監督、アル・ゴア主演
6位 Pan's Labyrinth
  ギレルモ・デル・トロ監督、セルジ・ロペス、アリアドナ・ギル主演
  英語のタイトルを直訳すれば「牧羊神の迷宮」。1人の少女の眼を通して、彼女の想像の世界を描くダーク・ファンタジー。悪夢のような彼女の想像世界には怪異な生き物が棲息している。大人向けの「不思議の国のアリス」といった感じの作品。その恐怖の世界はファンタジー的であるが、同時に彼女が第2次世界大戦中のスペインで経験した恐怖のアレゴリーでもあるらしい。非常に心を惹かれる作品。
7位 Half Nelson
  ライアン・フレック監督、ライアン・ゴズリング、シャリーカ・エプス主演
  人生の岐路に立った孤独な人々をセンチメンタルになることなく描いた作品。内なる悪魔と葛藤している白人の教師とイノセンスを失いかけている黒人の少女。ライアン・ゴズリングとシャリーカ・エプスの演技が心に沁みる映画のようだ。
8位 ボルベール<帰郷>
  ペドロ・アルモドヴァル監督、ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ主演
  「オール・アバウト・マイ・マザー」のペドロ・アルモドヴァル監督がペネロペ・クルスと組んだ悲喜劇。ペネロペ・クルスは失業中の夫と幼い娘を抱えていくつも仕事を掛け持ちしている若い主婦を演じている。伯母の死をきっかけに故郷を訪れた彼女はそこに亡き母の面影を感じる。祖母・母・娘三世代の人生を綴ったドラマ。これも期待大!
9位 Deliver Us From Evil
  エイミー・バーグ監督
  ロサンゼルス映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した作品。小児愛の性癖を持った元聖職者オリヴァー・オグレイディと彼を守ろうとするカソリック教会の隠蔽体質を暴露したドキュメンタリー。タブーに挑んだショッキングな作品。最近のドキュメンタリーの勢いは今や奔流となって否応なくわれわれを巻き込んでゆく。これも必見だ。
10位 Tristram Shandy: A Cock and Bull Story
  マイケル・ウィンターボトム監督、スティーヴ・クーガン、ロブ・ブライドン主演
  な、な、何と、あの英文学の古典、ロレンス・スターンの『トリストラム・シャンディ』をマイケル・ウィンターボトム監督が映画化した!18世紀に書かれた奇書ともいえる破格の小説をどう映像化したのか?解説によると映画の製作過程を映画にするという方法を採ったようだ。カルロス・サウラが名作「カルメン」で採った方法である。ポストモダン的大はしゃぎ映画。う~ん観たい。

« レイヤー・ケーキ | トップページ | Golden Tomato Awards発表 その2 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/13750407

この記事へのトラックバック一覧です: Golden Tomato Awards発表:

« レイヤー・ケーキ | トップページ | Golden Tomato Awards発表 その2 »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ