最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« 2006年8月27日 - 2006年9月2日 | トップページ | 2006年9月10日 - 2006年9月16日 »

2006年9月3日 - 2006年9月9日

2006年9月 7日 (木)

ゴブリンのこれがおすすめ 24

Artbasya05200wa_1 デヴィッド・リーン
■マイ・ベスト10
1 「アラビアのロレンス」(1962)
2 「ドクトル・ジバゴ」(1965)
3 「逢びき」(1945)
4 「大いなる遺産」(1946)
5 「ホブスンの婿選び」(1954)
6 「ライアンの娘」(1970)
7 「戦場にかける橋」(1957)
8 「オリヴァ・ツイスト」(1947)
9 「インドへの道」(1984)
10 「旅情」(1955)

■気になる未見作品
 「超音ジェット機」(1952)
 「陽気な幽霊」(1945)

キャロル・リード
■マイ・ベスト5
1 「第三の男」(1949)
2 「邪魔者は殺せ」(1947)
3 「落ちた偶像」(1948)
4 「鍵」(1958)
5 「オリバー!」(1968)

■気になる未見作品
 「文無し横丁の人々」(1955)
 「二つの世界の男」(1953)
 「文化果つるところ」(1951)

イギリス映画(30-70年代)
■おすすめの35本
 「ヘンリー八世の私生活」(1933) アレクサンダー・コルダ監督
 「アラン」(1934)  ロバート・フラハティ監督
 「三十九夜」1935 アルフレッド・ヒッチコック監督
 「レンブラント 描かれた人生」(1936) アレクサンダー・コルダ監督
 「巌窟の野獣」(1939) アルフレッド・ヒッチコック監督
 「黒水仙」(1946) マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー監督
 「天国への階段」(1946) マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー監督
 「赤い靴」(1948) エメリック・プレスバーガー監督
 「マダムと泥棒」(1955) アレクサンダー・マッケンドリック監督
 「狩人の夜」1955) チャールズ・ロートン監督
 「将軍月光に消ゆ」(1957) マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー監督
 「年上の女」(1958) ジャック・クレイトン監督
 「土曜の夜と日曜の朝」(1960) カレル・ライス監督
 「蜜の味」(1961) トニー・リチャードソン監督
 「エヴァの匂い」(1962) ジョゼフ・ロージー監督
 「長距離ランナーの孤独」(1962) トニー・リチャードソン監督
 「ズール戦争」(1963) サイ・エンドフィールド監督
 「トム・ジョーンズの華麗なる冒険」(1963) トニー・リチャードソン監督
 「博士の異常な愛情」(1963) スタンリー・キューブリック監督
 「召使」(1963) ジョゼフ・ロージー監督
 「ベケット」(1964) ピータ・グレンヴィル監督
 「袋小路」1965) ロマン・ポランスキー監督
 「わが命つきるとも」1966 フレッド・ジンネマン監督
 「できごと」(1967)  ジョゼフ・ロージー監督
 「遥か群集を離れて」(1967) ジョン・シュレシンジャー監督
 「ミニミニ大作戦」1968 ピーター・コリンソン監督
 「冬のライオン」(1968) アンソニー・ハーヴィー監督 Ukflag2_hh_w
 「If もしも・・・」(1969) リンゼイ・アンダーソン監督
 「ケス」(1969) ケン・ローチ監督
 「恋する女たち」(1969) ケン・ラッセル監督
 「裸足のイサドラ(1969) カレル・ライス監督
 「若草の祈り」(1970) ライオネル・ジェフリーズ監督
 「時計じかけのオレンジ」(1971) スタンリー・キューブリック監督
 「日曜日は別れの時」(1971)  ジョン・シュレシンジャー監督
 「マーラー」(1974) ケン・ラッセル監督

■気になる未見作品
 「赤い影」1973 ニコラス・ローグ監督
 「ウィッカーマン」1973 ロビン・ハーディ監督
 「狙撃者」1971 マイク・ホッジス監督
 「パフォーマンス/青春の罠」1970 ドナルド・キャメル、ニコラス・ローグ監督
 「国際諜報局」1965 シドニー・J・フューリー監督
 「怒りの海」 1952 チャールズ・フレンド監督
 「ブライトン・ロック」1947 ジョン・ボールティング監督
 「老兵は死なず」1943 マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー監督
 「我ら奉仕するもの」1942 ノエル・カワード、デヴィッド・リーン監督

2006年9月 4日 (月)

ゴブリンのこれがおすすめ 23

知られざる傑作

■おすすめの100本
「アマンドラ!希望の歌」(2002) リー・ハーシュ監督
「キャロルの初恋」(2002) イマノル・ウリベ監督
「涙女」(2002) リュウ・ビンジェン監督
「アメリカン・ラプソディー」(2001) エヴァ・ガルドス監督
「1票のラブレター」(2001) ババク・パヤミ監督
「歌え!フィッシャーマン」(2001) クヌート・エーリク・イエンセン監督
「SUPER8」(2001) エミール・クストリッツァ監督
「マーサの幸せレシピ」(2001) サンドラ・ネットルベック監督
「キャラバン」(1999) エリック・ヴァリ監督
「ムッソリーニとお茶を」(1999) フランコ・ゼフィレッリ監督
「この森で、天使はバスを降りた」(1998) リー・デビッド・ズロートフ監督
「スパイシー・ラブスープ」(1998) チャン・ヤン監督
「クアトロ・ディアス」(1997) ブルーノ・バレット監督
「マイ・リトル・ガーデン」(1997) ソーレン・クラウ・ヤコブセン監督
「ゲット・オン・ザ・バス」(1996) スパイク・リー監督
「さまよえる人々」(1995) ヨス・ステリング監督
「明日を夢見て」(1995)  ジュゼッペ・トルナトーレ監督
「女人、四十」(1995) アン・ホイ監督
「黒豹のバラード」(1994) マリオ・バン・ピープルズ監督
「潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ」(1993)  ランダ・ヘインズ監督
「パッション・フィッシュ」(1992) ジョン・セイルズ監督
「ラテンアメリカ光と影の詩」(1992) フェルナンド・E・ソラナス監督
「銀馬将軍は来なかった」(1991) チャン・ギルス監督
「乳泉村の子」(1991) シェ・チン監督
「100人の子供たちが列車を待っている」(1988) イグナシオ・アグエロ監督
「ミラグロ」(1988)  ロバート・レッドフォード監督
「略奪の大地」(1988) リュドミル・スタイコフ監督
「メイトワン1920」(1987)  ジョン・セイルズ監督
「翌日戦争が始まった」(1987) ユーリー・カラ監督
「フランスの思い出」(1987) ジョン・ルー・ユベール監督
「ベルナルダ・アルバの家」(1987) マリオ・カムス監督
「最後の冬」(1986) ウー・ツーニュウ監督
「大閲兵」(1986) チェン・カイコー監督
「死者からの手紙」(1986) コンスタンチン・ロプシャンスキー監督
「黒砲事件」(1985) ホアン・チェンシン監督
「スイート・スイート・ビレッジ」(1985) イジー・メンツェル監督
「野山」(1985) ヤン・シュエシュー監督
「田舎の日曜日」(1984) ベルトラン・タヴェルニエ監督
「追憶のオリアナ」(1984) フィナ・トレス監督 Lkasa1s
「ル・バル」(1984) エットーレ・スコラ監督
「エル・ノルテ 約束の地」(1983)グレゴリー・ナヴァ監督
「ハッカリの季節」(1983) エルデン・キラル監督
「ジャズメン」(1983) カレン・シャフナザーロフ監督
「標識のない川の流れ」(1983)  ウー・ティエンミン監督
「マルチニックの少年」 (1983) ユーザン・パルシー監督
「黄昏の恋」(1982) ホセ・ルイス・ガルシ監督
「川の流れに草は青々」(1982)  ホウ・シャオシェン監督
「ラグタイム」(1981) ミロス・フォアマン監督
「メフィスト」(1981) イシュトヴァン・サボー監督
「歌っているのはだれ?」(1980) スロボダン・シャン監督
「光年のかなた」(1980) アラン・タネール監督
「長雨」(1979) ユ・ヒョンモク監督
「ハンガリアン狂詩曲」(1978) ヤンチョー・ミクローシュ監督
「ハンガリアン」(1977) ゾルタン・ファーブリ監督
「ザ・フロント」(1976) マーチン・リット監督
「森浦への道」(1975)  イ・マニ監督
「エレジー」(1971)  ユルマズ・ギュネイ監督
「悲しみの青春」(1971) ヴィットリオ・デ・シーカ監督
「道中の点検」(1971) アレクセイ・ゲルマン監督
「遠い日の白ロシア駅」(1971) アンドレイ・スミルノフ監督
「希望」(1970) ユルマズ・ギュネイ監督
「湖畔にて」(1970) セルゲイ・ゲラーシモフ監督
「サラマンドル」(1970) アラン・タネール監督
「罪と罰」(1970) レフ・クリジャーノフ監督
「若草の祈り」(1970) ライオネル・ジェフリーズ監督
「貴族の巣」(1969)  アンドレイ・ミハルコフ・コンチャロフスキー監督
「裏切り鬼軍曹」(1968) バズ・キューリック監督
「裏切りの荒野」(1968) ルイジ・バッツオーニ監督
「フィクサー」(1968) ジョン・フランケンハイマー監督
「質屋」(1967) シドニー・ルメット監督
「国境は燃えている」(1965) バレリオ・ズルリーニ監督
「真実の瞬間」(1965)  フランチェスコ・ロージ監督
「シャイアン」(1964) ジョン・フォード監督
「帰らざる海兵」(1963) イ・マニ監督
「誘拐」((1963) アンドレ・カイヤット監督
「誤発弾」(1961) ユ・ヒョンモク監督
「荷馬車」(1961) カン・デジン監督
「外套」(1960) アレクセイ・バターロフ監督
「鏡の中の犯罪」(1960) リチャード・フライシャー監督
「孤独な関係」(1960) マーク・ロブスン監督
「風の遺産」(1960) スタンリー・クレイマー監督
「復活」(1960) ミハイル・シュバイツェル監督
「蛇皮の服を着た男」(1960) シドニー・ルメット監督
「朴さん」(1960) カン・デジン監督
「白い道」(1959) カルロ・リッツァーニ監督
「戦塵未だ消えず 天使の祈り」(1958) ラルフ・トーマス監督
「黒い牡牛」(1956) アービング・ラパー監督
「都会の牙」(1950) ルドルフ・マテ監督
「恐怖省」(1944) フリッツ・ラング監督
「こわれ瓶」(1937) グスタフ・ウチツキ監督

 どの程度をもって「知られざる」と定義できるのかというのは微妙な問題です。知っている人は知っているわけですから。ここは僕なりの基準で選ばせてもらいました。ここに挙げたすべてを「傑作」と呼ぶのも問題はありますが、「傑作・佳作・注目作」などと書くのもしまりがないので、あえて「傑作」で統一しました。要するに、埋もれさせておくには惜しい作品という意味です。DVDやビデオが出ていないのも結構含まれています。

« 2006年8月27日 - 2006年9月2日 | トップページ | 2006年9月10日 - 2006年9月16日 »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ