最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »

2006年7月30日 - 2006年8月5日

2006年8月 5日 (土)

ゴブリンのこれがおすすめ 22

記録映画/ドキュメンタリー

■おすすめの20本
「ディープ・ブルー」(03、アラステア・フォザーギル、アンディ・バイヤット監督、英)
「華氏911」(04、マイケル・ムーア監督、アメリカ)
「アマンドラ!希望の歌」(02、リー・ハーシュ監督、南ア・米)
「ボウリング・フォー・コロンバイン」(02、マイケル・ムーア監督、アメリカ)
「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(99、ヴィム・ヴェンダース監督、独・キューバ、他)
「アトランティス」(91、リュック・ベッソン監督、フランス)
「ロジャー&ミー」(89、マイケル・ムーア監督、アメリカ)
「100人の子供たちが列車を待っている」(88、イグナシオ・アグレロ監督、チリ)
「柳川堀割物語」(87、高畑勲監督、日本)
「戒厳令下チリ潜入記」(86、ミゲル・リティン監督、スペイン)
「ハーヴェイ・ミルク」(84、ロバート・エプスタイン監督、アメリカ)
「アトミック・カフェ」(82、ケビン・ラファティ他監督、アメリカ)
「獄中のギュネイ」(79、H.シュテンペル、M.リプケンス監督、西ドイツ)
「ラストワルツ」(78、マーティン・スコセッシ監督、アメリカ)
「ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間」(70、マイケル・ウォドレー他監督、米)
「沈黙の世界」(56、ジャック・イヴ・クストー、ルイ・マル監督、フランス)
「真夏の夜のジャズ」(59、バート・スターン監督、アメリカ)
「夜と霧」(55、アラン・レネ監督、フランス)
「アラン」(34、ロバート・J・フラハティ監督、イギリス)
「極北の怪異」(22、ロバート・J・フラハティ監督、アメリカ)

●追加
「バックコーラスの歌姫たち」(2013、モーガン・ネヴィル監督、アメリカ)
「シュガーマン 奇跡に愛された男」(2012、マリク・ベンジェルール監督、スウェーデン・英)
「世界の果ての通学路」(2012、パスカル・プリッソン監督、フランス)
「ミツバチの羽音と地球の回転」(2010、鎌仲ひとみ監督、日本)
「キャピタリズム マネーは踊る」(2009、マイケル・ムーア監督、米)
「牛の鈴音」(2008、イ・チュンニョル監督、韓国)
「ヤング@ハート」(2007、スティーヴン・ウォーカー監督、イギリス)
「ヒロシマナガサキ」(2007、スティーブン・オカザキ監督、米)
「シッコ」(2007、マイケル・ムーア監督、米)
「ミリキタニの猫」
(2006、リンダ・ハッテンドーフ監督、アメリカ)
「ジプシー・キャラバン」(2006、ジャスミン・デラル監督、米)
「不都合な真実」(2006、デイビス・グッゲンハイム監督、アメリカ)
「六ヶ所村ラプソディー」(2006、鎌仲ひとみ監督、日本)
「ヨコハマメリー」(2005、中村高寛監督、日本)
「蟻の兵隊」(2005、池谷薫監督、日本)
「ノー・ディレクション・ホーム」(2005、マーティン・スコセッシ監督、アメリカ)
「未来を写した子どもたち」(2004、ロス・カウフマン、ザナ・ブリスキ監督、米)
「炭鉱(ヤマ)に生きる」(2004、萩原吉弘監督、日本)
「スティーヴィー」(2002、スティーヴ・ジェイムス監督、アメリカ)
「延安の娘」(2001、池谷薫監督、日本) 
「ある映画監督の生涯 溝口健二の記録」(1975、新藤兼人監督、日本)

■こちらも要チェック
「皇帝ペンギン」(05、リュック・ジャケ監督、フランス)
「WATARIDORI」(01、ジャック・クルーゾ、ミシェル・デバ監督、フランス)
「雲 息子への手紙」(01、マリオン・ヘンセル監督、ベルギー・ドイツ)
「東京オリンピック」(65、市川崑監督、日本)
「ユンボギの日記」(65、大島渚監督、日本)
「オリンピア」(38、レニ・リーフェンシュタール監督、ドイツ)

■気になる未見作品
「ガーダ・パレスチナの詩」(05、古居みずえ監督)
「三池 終わらない炭鉱の物語」(05、熊谷博子監督)
「トントンギコギコ図工の時間」(04、野中真理子監督、日本)
「スーパーサイズ・ミー」(04、モーガン・スパーロック監督、アメリカ)
「鉄西区」(03、ワン・ビン監督、中国)
「フォッグ・オブ・ウォー」(03、エロール・モリス監督、アメリカ)
「らくだの涙」(03、ビャンバスレン・ダバー 、 ルイジ・ファロルニ監督、ドイツ)
「アレクセイと泉~百年の泉の物語~」(02、本橋成一監督、日本)
「元始、女性は太陽であった 平塚らいてうの生涯」(01、羽田澄子監督、日本)
「ナージャの村」(97、本橋成一監督、日本)
「ナヌムの家」(95、ビョン・ヨンジュ監督、韓国)
「阿賀に生きる」(92、佐藤真監督、日本)
「歌舞伎役者・片岡仁左衛門」(92、羽田澄子監督、日本)
「痴呆性老人の世界」(86、羽田澄子監督、日本)
「ショアー」(85、クロード・ランズマン監督、フランス)
「早池峰の賦」(82、羽田澄子監督、日本) 
「続未帰還兵を追って」(75、今村昌平監督、日本)
「リトアニアへの旅の追憶」(72、ジョナス・メカス監督、アメリカ)
「未帰還兵を追って:タイ編」(71、今村昌平監督、日本)
「未帰還兵を追って:マレー編」(71、今村昌平監督、日本)
「日本の悲劇」(46、亀井文夫監督、日本)
「戦ふ兵隊」(38、亀井文夫監督、日本)

  優れた作品が多くあるにもかかわらず、一般に知られていないジャンルです。岩058384波ホールが羽田澄子監督の作品などを積極的に上映してきましたが、まだまだ一般になじみがない。僕自身も羽田澄子監督の作品は一本も観たことがありません。いわゆる文化映画もこのジャンルと重なりますが、これはさらに一般には縁遠い存在です。しかしNHKのアーカイブを見ればわかりますが、ドキュメンタリーは撮られた時も貴重なものだったでしょうが、時間がたてばたつほど歴史的記録としてより価値を帯びてきます。そういう意味では特殊なジャンルでもあります。
  まだまだ他にありそうな気がしますが、とりあえず思いついたのは今のところこれだけ。おいおい追加してゆきます。音楽ものは無数にありますが、ここでは歴史的に重要なものだけを挙げておきます。「おすすめ」と「未見」がほぼ同じ数あるということ自体が普段目に触れないものが多いことを示しています。山形ドキュメンタリー映画祭は有名ですが、もっとこのジャンルが広く知られ、また観られるようになることを望みます。

2006年8月 1日 (火)

スパングリッシュ

2004年 アメリカ 2006年1月公開
脚本・監督:ジェームズ・L・ブルックス
製作:ジェームズ・L・ブルックス、リチャード・サカイ、ジュリ一・アンセル
製作総指揮:ジョアン・ブラッドショウ、クリスティ・ハウベッガー
撮影監督:ジョン・シール ACS,ASC
音楽:ハンス・ジマー
衣装デザイナー:シェイ・カンリフ、ルイーズ・ミンゲンバック
アソシエイト・プロデューサー:マリア・カヴァーノ
編集:リチャード・マ一クス
美術監督:アイダ・ランダム
出演:パズ・ヴェガ、アダム・サンドラー、ティア・レオーニ、クロリス・リーチマン
    シェルビー・ブルース、サラ・スティール、イアン・ハイランド
    アンジェラ・ゴーサルズ、トーマス・ヘイデン・チャーチ

Photo_3   今回もまたまたアメリカ映画。HPとブログを始めて以来これだけ続けてアメリカ映画を観るのは初めてだろう。つい5、6年前までは珍しくなかったことだが、この2、3年は努力しなければアメリカ映画を観なくなっていた。昨年の9月11日に書いた「サイドウェイ」のレビューの最初の1行は「久々に見たアメリカ映画。とにかく久しぶりに何かアメリカ映画を観てみようと意識して探していたから目に付いたのである」。同11月2日の「マシニスト」の冒頭は「久々にアメリカの娯楽映画を観た。本当にこの手のアメリカ映画は著しく質が落ちた。観たいのに観たくなる映画がないのだからどうしようもない」となっている。それが努力しないでも自然に良さそうなものを選べばアメリカ映画に当たるという状況になったのだから、本格的に好調さが戻ってきたということだろう。

  「スパングリッシュ」は公開時ほとんど注目もされずに終わったようだ。大スターも出演していないし派手な演出があるわけでもない地味な映画だからもともと大ヒットは望むべくもない。しかし観客動員数は映画の良し悪しの指標ではない。「スパングリッシュ」は埋もれさせておくにはもったいない優れた映画である。

  監督はジェームズ・L・ブルックス。「愛と追憶の日々」(1983)、「ブロードキャスト・ニュース」(1987)、「恋愛小説家」(1997)に続いて彼の映画を観るはこれが4本目。寡作だが、平均して水準の高い作品を作り続けている。「恋愛小説家」と並んで「スパングリッシュ」は彼の代表作になるだろう。

  夫と別れて娘のクリスティーナ(シェルビー・ブルース)と二人で暮らすフロール(パズ・ヴェガ)。彼女は生活のため祖国メキシコを捨てアメリカに渡る。入国は「エコノミークラス」だったとクリスティーナが語っているからおそらく密入国だ。二人はテキサス以上にヒスパニックが多いロサジェゼルス(住民の48%がヒスパニック系)に住み着く。クリスティーナの言葉を借りると「角を曲がるとそこは故郷でした」。母のいとこのモニカのところで世話になる。やがて「一つの仕事で週450ドル稼ぐためにアメリカに渡ってから初めて母は”外国”に足を踏み入れる。」フロールはレストランを営むクラスキー家のハウスキーパーとして働くことになる。

  ここから本格的にストーリーが展開していくのだが、最初にこの映画の主題をはっきりさせておくのがいいだろう。「スパングリッシュ」というタイトルではあるが「言葉の壁」がテーマではない。主人公のフロールは最初英語を話せなかった。あるきっかけから積極的に英語を学び始める。その結果ある程度話せるようになったが、そうすることでアメリカを積極的に受け入れはしなかった。言葉がある程度できるようになっても、彼女とアメリカ文化との間には最後まで埋まらない溝があった。フロールはコミュニケーションを取るために仕方なく英語を学んだのであって、最後まで自分の信念は捨てなかった。この映画のテーマは信念であり、その信念あるいは価値観の背後にある文化の重みである。

  監督自身はこの映画の主題を次のように語っている。「異文化が理解し合える点とそうでない点を描いた。この二人(ジョンとフロール)が分かり合える点の一つが子供の問題だ。」「この映画は道徳的な品位の美しさをうたっている。ジョンとフロールの関係にそれを見ることができる」(DVDの付属映像より)。確かにこの映画は異文化の出会いと衝突を描いている。クリスティーナがナレーションで次のように言っている。「一つ屋根の下には社会が存在しました。無意識のうちに主人と使用人が互いを傷つけ合い、ふとしたきっかけで傷が露呈したのです。」

  ひとつの家に二つの社会(文化)が同居し、それがちょっとしたことでぶつかり合う。互いに無意識のうちに自分の育った文化に基づいて行動するからだ。クラスキー家に入り込んだのが日本人だったらこうはならなかっただろう。長いものに巻かれる日本人、自己主張をしないことで人間関係を保つ日本人なら衝突は避ける。むしろ外国の文化を自国のものよりいいと考えてしまう日本人はアメリカに少しでも早く同化し、英語を話せるようになりたいと考えるだろう。しかしフロールは違った。彼女はいちいち自分の方針に合わないことには抗議する。アメリカはあくまで「外国」であり、アメリカに住みながらも自分たちのラテンの血と文化と価値観を守ろうとする。これは彼女のはっきりとした信念だった。クリスティーナも冒頭のナレーションで、母は「私のラテン的要素が根付くまでメキシコにとどまった」と語っている。国を離れたが、「以来母が”私のメキシコ”」になったのである。フロールは一人のメキシコ人女性として描かれているが、「社会」という表現に表れている様に、彼女には個人を超えた象徴的な意味合いも込められている。

  この主題がよりはっきりと語られる場面がある。クラスキー家の主婦デボラ(ティア・レオーニ)が勝手にクリスティーナを学校に入れる話を進めてしまう。フロールは悩む。彼女はデボラの夫ジョン(アダム・サンドラー)に相談する。「学校に行かせれば2つに1つ。教室であの子だけ変か、他の子に自分を似せてゆくかだわ。」これにジョンは次のように応える。「バーニーの時もそう思った。”変か、同じか”なら変な方がいい。」フロール「まったく同感だわ。」

Kabin1   自らのアイデンティティを捨ててアメリカに同化するのか、たとえ「変」だと見られても自分の育ってきた文化や価値観の根幹の部分を失うまいとするのか。この映画の中で問われているのはまさにこの選択である。ブルックス監督が言うようにジョンとフロールはこの点では同意できる。ジョンは、親が子供のことを心配するのは当然だ、それは親の仕事だとフロールの悩みに共感を示す。フロールは不思議そうにジョンに問う。「人の悩みを理解できる男性は初めて。なぜそう育ったの?」いきなりそう聞かれても簡単に答えられるものではない。ジョンはあっさりと「さあね」と答える。

  しかし物分りのいいジョンとは理解し合えるが、自分勝手なデボラとはしょっちゅう衝突することになる。デボラが築いた夢の城、それがデボラの家だ。採用の面接のためクラスキー家を訪れた時、案内してきたモニカ(フロールの従姉妹)が透明なガラスに気がつかず、思い切り鼻をぶつけて鼻血を出す。曇りひとつなくピカピカに磨き上げたデボラの城。あるいはフロールが初日に出会ったクラスキー家の最新式コーヒーメーカー。まるでロボットのように見えた。

  デボラは郊外に住むアメリカの中流家庭の典型的主婦として描かれている。もちろんかなり誇張されているが、きちんとポイントを抑えた上で誇張されている。バーニー(サラ・スティール)とジョージーという娘と息子の母親。しかし彼女の子育ては物を与え、自分の価 値観を押し付けてただ厳しくするだけ。冒頭の辺りで出てくる場面が面白い。朝ジョンが子供の部屋を覗いてそろそろ起きる準備をしろと言う。起きろとは言わない。そういう気持ちになるだけでいいと。しばらくしてようやく「起きろ」と言う。これにデボラがむくれる。それでは厳しくしている自分がまるで悪役ではないかと。クラスキー家では一事が万事この通りである。なんでも自分の思い通りにしなければ気がすまないデボラ。気が優しくてたいていのことは受け入れてしまうジョン。デボラは自分の価値観を周りの人に押し付ける。ひたすらジョギングをして自分の体型を維持することに夢中だ。その走り方も「邪魔よ、邪魔」とばかりに他人を蹴散らして走っている。経済観念もかなり放漫だ。フロールは週450ドルもらえればいいと思っていたのだが、デボラは650ドルで手を打ってしまう(最初の出会いの場面は傑作、フロールの発音で一騒動を巻き起こす)。

  他人の感情を無視して自分勝手に行動してしまうデボラの典型的エピソードが別に用意されている。ある時デボラが娘のバーニーに服を買ってくる。大喜びする娘。しかしすべてMサイズだった。小太りのバーニーはむくれてしまう。デボラはなぜ娘がむくれるのか理解できない。ジョンとけんかになる。デボラに悪気はない。彼女は娘も痩せたほうが幸せになれると信じ込んでいるのだ。「今がんばれば、Lサイズにならずにすむのよ!」

  デボラは最初からどこか神経症的な性格を感じさせていた。彼女には自分の周りが見えていない。だから自分の価値観を無神経に周りの人間に押し付けてしまう。夫との関係でもそうで、例えば、レストランが「タイムズ」紙で4つ星をゲットした「祝い」に興奮して夫とベッドに入る場面。デボラは一人で盛り上がり一人で「いってしまう」。「おいおい」とあきれた表情のジョンの顔が印象的だ。ある意味で今のアメリカの象徴だ。自分が間違っていないと信じきっているだけに始末が悪い。彼女の性格付けは実に見事だ。おそらく彼女の母親、昔ある程度知られたジャズ・シンガーで相当浮名を流したエヴェリン(クロリス・リーチマン)と過去にいろんな確執があったのだろう。

  デボラが無意識のうちに取る無神経な行動がいちいちフロールの神経に障る。自分に対することなら我慢もできるが、こと娘に関することではフロールは決して妥協しない。それでなくても娘のクリスティーナは英語も達者だし、どんどんアメリカナイズされている。夏の3ヶ月の間住み込むことになったクラスキー家の海辺の別荘にクリスティーナは大喜びだ。勝手なデボラはいきなりフロールの了解も取らずクリスティーナを連れ出し、髪にメッシュを入れさせて帰ってくる。果ては勝手に奨学金を取る手はずを整えてクリスティーナを学校に入学させてしまう。入学祝にデボラがクリスティーナにペンダントを贈るシーンが象徴的。子供にそんな高価なものを贈ることが子供の成長にとっていいことなのかという疑問など彼女の頭に浮かびはしない(フロールたちとの別れの時も「何かプレゼントするわ、コンピュータは?」とクリスティーナに言っている)。子供が喜ぶに違いないと確信している。いや、実際その通りではある。勝手なまねにフロールは怒るが、当のクリスティーナはバスに乗り込む時デボラに何度もうれしそうに挨拶している。一方、母にはついでにといった感じでそっけなく一言言葉を交わすだけ。

  貧しい祖国よりも豊かなアメリカになじんでゆく娘にフロールの不安は募る。自分をしっかり確立しないうちにアメリカの価値観に同化してゆく娘に対する不安。フロールは必死でそれを食い止める防波堤に自らなろうと努める。その矛先はジョンにすら向けられる。海岸で料理の飾り付けに使うガラス片を拾ってきたらお金をやると子供たちにジョンが言うと、まじめなクリスティーナが640ドル分のガラスを集めてきたからだ。子供にこんな大金を持たせるのはよくないと、フロールはジョンに抗議してお金を返させる(もちろんクリスティーナは不満顔)。しかしデボラと違ってジョンの場合は決裂には至らない。むしろジョンは君だって娘の服のサイズを直しただろうと反論すると、フロールは干渉したことを素直に認める。これを聞いて「言い争いの最中に素直に非を認められるなんて、感動した」とジョンは感心してしまう。このあたりから二人の間に微妙な感情が芽生え始める。

  ここから価値観の衝突という主題とは次元の違うもうひとつの要素が加わる。アメリカ映画の常套手段ではあるが、もともと微妙なバランスを保っていた一つ屋根の下にもうひとつ恋愛関係という不安定要素を付け加えるという意味でよく練れたストーリー展開になっていると思う。結論を先に言えばこの問題は節度を持って解決される。ラスト近くで、ハウスIhana キーパーを辞める決心をしたフロールをジョンが自分のレストランに連れてゆき、フロールに料理を振舞う場面が出てくる。その時点では二人とも互いの気持ちを理解し合っている。料理の後二人はソファに並んで座っている。帰ろうとするフロールをジョンが引き止める。床すれすれにソファからたらした二人の足が映される。「床に触ったら現実世界だ、そう急がないで。」しかしクラスキー家を去るというフロールの固い決意は変わらない。彼女は「愛してる」と言って床に足を着け、去ってゆく。

  一方、同じ頃、ジョンの家ではもうひとつの嵐が吹いていた。デボラも不動産屋と浮気をしていたのだ。それに気づいた彼女の母が「あんな良い亭主はどこを探してもいない、こんなことを続けていたらジョンに逃げられてしまう」と忠告する。デボラはあんただって昔は散々遊び歩いていたじゃないの、「みんなママのせいよ!」と激しく非難する。娘のひどい言葉を飲み込んでエヴェリンは娘を抱きしめる。このシーンは感動的だった。その後ジョンにすべてを打ち明けたデボラ。当然ジョンと激しい言い合いになる。フロールが辞めさせてもらおうと腹を立ててやってきたのはまさにそういう修羅場の最中だった。ジョンとフロールがレストランで食事をしている間、デボラは鼻の頭を真っ赤に泣き腫らしていたのである。

  しっかりと自分の考えを持っているジョンとフロールは自覚的に関係を絶つことができたが、デボラの場合はそうは行かない。6時間泣き続けたというデボラをエヴェリンがずっと慰め続けていたのだ。デボラは帰ってきたジョンを、エヴェリンに言われたとおりに「帰ってくれてよかった」と言って迎えた。それぞれ別の部屋に向かう二人。落ち込むジョンに娘のバーニーが「大事なことで心配するのはうれしいわ」と声をかける場面が素晴らしい。母にふりまわされ続けた娘だが優しい娘だった。

  フロールは娘を守るためハウスキーパーを辞める。彼女の判断は正しかったのか?観客の頭にはエヴェリンがフロールに言った「私は私のために生きた。あなたは娘のために。どっちもダメね」という言葉が引っかかっている。エヴェリンがそう言ったのは、学校を辞めさせるというフロールにクリスティーナが泣いて抗議したからだ。デボラとフロール。二人の母親が対比的に描かれている。デボラは無神経に自分の考えを回りに押し付けていたが、それはフロールも同じだった。フロールも娘をアメリカ人家庭から引き離し、無理やり学校も辞めさせてしまった。どちらの母親も娘に自分の価値観を押し付けた。しかし映画ははっきりと二人に違った判断を下している。デボラが否定されていることは明らかだ。もちろん全面否定ではない。子育てや自分の生きがいで悩まない親はいない。完璧な人間などいない。良かれと思って結局は空回りしているデボラの不完全さを映画は決して突き放して描いてはいない。クールで皮肉な視線だが、決して冷たい視線ではない。ではフロールは?

  クラスキー家を出てバス停まで来たときフロールが娘に聞く。「それがあなたの望み?違う人になりたい、私と?」その答えは最初から示されている。映画のストーリーはクリスティーナが大学の入学願書に書いた文章の再現なのである。その論文には自分が尊敬するのは母であると最初に書かれているのだ。そしてこう結ばれている。「私の人格は以下の事実のみに帰結するのです。”私は母の娘”。」

  ヒスパニック系移民はだいぶ前に黒人を抜いてアメリカ最大の少数派になっている。にもかかわらず黒人に比べるとほとんど映画に登場せず、ましてや主人公として扱われることはほとんどなかった。しかしスペイン語はいまや事実上アメリカの第2言語となっており、ヒスパニック系移民たちはアメリカのありようを変えてしまいかねないほどの影響力を持ち始めている。この映画はそういった事情を反映している。

  「スパングリッシュ」は、これまで自分たちより遥かに劣った人種としてしか描かれなかったメキシコ人がほとんど初めて正当に扱われた映画である。西部劇ではひどい場合にはほとんど野蛮人扱いだった。当時インディアンと呼ばれていたネイティヴ・アメリカンたちとさして変わらない扱いだったのである。だからこそメキシコ人とその文化や価値観を肯定的に描いたこの作品は重要な歴史的意義を持っているのである。これから彼らはもっと映画で描かれるようになるだろう。そのほぼ最初の映画が彼らに正当な敬意を払った、しかも映画として優れた作品であったことは長く記憶にとどめるべきである。中南米からのアメリカ移民を描いた先駆的傑作「エル・ノルテ 約束の地」(グレゴリー・ナヴァ監督、93年)はいまだに一般には知られていない。「スパングリッシュ」には同じ運命をたどらせたくない。

人気blogランキングへ

2006年7月30日 (日)

ゴブリンのこれがおすすめ 21

95年以降のヨーロッパ映画(北欧・東欧・イギリス・旧ソ連を除く)

■おすすめの50本
「天空の草原のナンサ」(2005) ビャンバスレン・ダバー監督
「ヒトラー 最期の12日間」(2004) オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督
「クレールの刺繍」(2004) エレオノール・フォーシェ監督
「コーラス」(2004) クリストフ・バラティエ監督
「スイミング・プール」(2004) フランソワ・オゾン監督
「みんな誰かの愛しい人」(2004) アニエス・ジャウィ監督
「ロング・エンゲージメント」(2004) ジャン・ピエール・ジュネ監督
「海を飛ぶ夢」(2004) アレハンドロ・アメナーバル監督
「グッバイ・レーニン!」(2003) ヴォルフガング・ベッカー監督
「ピエロの赤い鼻」(2003) ジャン・ベッケル監督
「ぼくセザール10歳半1m39cm」(2003) リシャール・ベリ監督
「ヴェロニカ・ゲリン」(2003) ジョエル・シュマッカー監督
「タッチ・オブ・スパイス」(2003) タソス・ブルメティス監督
「永遠のマリア・カラス」(2002) フランコ・ゼフィレッリ監督
「キャロルの初恋」(2002) イマノル・ウリベ監督
「死ぬまでにしたい10のこと」(2002) イザベル・コヘット監督
「月曜日に乾杯!」(2002) オタール・イオセリアーニ監督
「ベルヴィル・ランデブー」(2002) シルヴァン・ショメ監督 アニメ
「僕のスウィング」(2002) トニー・ガトリフ監督
「トーク・トゥ・ハー」(2002) ペドロ・アルモドバル監督
「靴に恋して」(2002) ラモン・サラサール監督
「マーサの幸せレシピ」(2001) サンドラ・ネットルベック監督
「名もなきアフリカの地で」(2001) カロリーヌ・リンク監督
「ポーリーヌ」(2001) リーフェン・デブローワー監督 0379046
「女はみんな生きている」(2001) コリーヌ・セロー監督
「まぼろし」(2001) フランソワ・オゾン監督
「マゴニア」(2001) イネケ・スミツ監督
「アメリ」(2001) ジャン・ピエール・ジュネ監督
「ショコラ」(2000)  ラッセ・ハレストレム監督
「ロゼッタ」(1999) エミリー・ドゥケンヌ監督
「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(1999)  ヴィム・ヴェンダース監督
「海の上のピアニスト」(1999) ジュゼッペ・トルナトーレ監督
「蝶の舌」(1999) ホセ・ルイス・クエルダ監督
「オール・アバウト・マイ・マザー」(1999) ペドロ・アルモドバル監督
「キリクと魔女」(1998) ミッシェル・オスロ監督  アニメ
「永遠と一日」(1998)  テオ・アンゲロプロス監督
「ラン・ローラ・ラン」(1998) トム・ティクヴァ監督
「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」(1997) トーマス・ヤーン監督
「ニノの空」(1997) マニュエル・ポワソエ監督
「踊れトスカーナ!」(1996) レオナルド・ピエラチョーニ監督
「イル・ポスティーノ」(1995) マイケル・ラドフォード監督
「明日を夢見て」(1995)  ジュゼッペ・トルナトーレ監督
「レ・ミゼラブル」(1995) クロード・ルルーシュ監督
「ロスト・チルドレン」(1995) ジャン・ピエール・ジュネ監督
「パトリス・ルコントの大喝采」(1995)  パトリス・ルコント監督
「リディキュール」(1995)  パトリス・ルコント監督
「アパートメント」(1995) ジル・ミモーニ監督
「さまよえる人々」(1995) ヨス・ステリング監督
「アントニアの食卓」(1995) マルレーン・ゴリス監督
「ユリシーズの瞳」(1995)  テオ・アンゲロプロス監督

■気になる未見作品
「エレニの旅」(2004) テオ・アンゲロプロス監督

■追加
「東ベルリンから来た女」(2012、クリスティアン・ペツォールト監督、ドイツ)
「最強のふたり」(2011、エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督、仏)
「おとなのけんか」(2011、ロマン・ポランスキー監督、仏・独・ポーランド)
「キリマンジャロの雪」(2011、ロベール・ゲディギャン監督、フランス)
「みんなで一緒に暮らしたら」(2011、ステファン・ロブラン監督、仏・独)
「アーティスト」(2011、ミシェル・アザナヴィシウス監督、フランス)
「最高の人生をあなたと」(2011、ジュリー・ガヴラス監督、仏・ベルギー・英)
「屋根裏部屋のマリアたち」(2010、フィリップ・ル・ゲイ監督、フランス)
「黄色い星の子供たち」(2010、ローズ・ボッシュ監督、フランス・ドイツ・ハンガリー) 「BIUTIFUL」(2010、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督、スペイン・他)
「ペーパーバード 幸せは翼にのって」(2010、エミリオ・アラゴン監督、スペイン)
「愛について、ある土曜日の面会室」(2009、レア・フェネール監督、フランス)
「瞳の奥の秘密」(2009、フアン・ホセ・カンパネラ監督、スペイン・アルゼンチン)
「オーケストラ!」(2009、ラデュ・ミヘイレアニュ監督、フランス)
「さあ帰ろう、ペダルをこいで」(2008、ステファン・コマンダレフ監督、ブルガリア・他)
「人生、ここにあり!」(2008、ジュリオ・マンフレドニア監督、イタリア)
「クリスマス・ストーリー」(2008、アルノー・デプレシャン監督、フランス)
「パリ20区、僕たちのクラス」(2008、ローラン・カンテ監督、フランス)
「セラフィーヌの庭」(2008、マルタン・プロヴォスト監督、仏・ベルギー・独)
「幸せはシャンソニア劇場から」(2008、クリストフ・バラティエ監督、仏・独・チェコ)
「夏時間の庭」(2008、オリヴィエ・アサイヤス監督、フランス)
「木洩れ日の家で」(2007、ドロタ・ケンジェジャフスカ監督、ポーランド)
「画家と庭師とカンパーニュ」(2007、ジャン・ベッケル監督、仏)
「ホルテンさんのはじめての冒険」(2007、ベント・ハーメル監督、ノルウェー)
「ここに幸あり」(2006、オタール・イオセリアーニ監督、仏・伊・露)

  こうやってみるとやはりフランス映画が圧倒的に多い。粒ぞろいである。これにイギリス映画を加えると選ぶのに相当苦しい思いをすることになるだろう。今や英仏がヨーロッパの2強。これに続くのがスペイン映画か。ペドロ・アルモドバルを中心に傑作を次々に送り込んでいる。80年代に復活したドイツも一時失速したがまた盛り返してきた。
  ヨーロッパ映画は個性派ぞろい。上記以外の国の秀作もさらに増えることを期待する。「気になる未見作品」は挙げればきりがないので1本だけにした。近くのレンタル店はどこも置いてない。田舎は厳しい。

« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
無料ブログはココログ