最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« 2006年6月4日 - 2006年6月10日 | トップページ | 2006年6月18日 - 2006年6月24日 »

2006年6月11日 - 2006年6月17日

2006年6月16日 (金)

みんな誰かの愛しい人

033799_1 2004年 フランス 2004年10月公開
原題:Comme une image(イメージのように)
監督:アニエス・ジャウィ
脚本:アニエス・ジャウィ、ジャン・ピエール・バクリ
撮影:ステファーヌ・フォンテーヌ
音楽:フィリップ・ロンビ
出演:マルリー・ベリ、アニエス・ジャウィ
    ジャン・ピエール・バクリ、カイン・ボーヒーザ
    ロラン・グレヴィル、ヴィルジニー・ドゥサルノ
   セルジュ・リアブキン、ミシェール・モレッティ

  「ゴブリンのこれがおすすめ」で「家族を描いた映画」を紹介したばかりだが、偶然にもこれまた家族を描いた映画である。「ピエロの赤い鼻」、「ロング・エンゲージメント」、「コーラス」、「皇帝ペンギン」、「ライフ・イズ・ミラクル」、「クレールの刺繍」など、最近観たフランス映画はかなり質が高い。まだ年間ベストテンに入る作品は少ないが、総じて水準は高く、かつての輝きを取り戻しつつあると感じる。「みんな誰かの愛しい人」は04年公開作品で若干古いが、ここ何年かに観た作品の中では最もフランス映画らしい香りがする映画である。登場人物の個性が強烈で、独特のユーモアのセンスが感じられる。イギリス映画にも変わり者がよく登場するが、フランスはまた違う味わいがある。

  「みんな誰かの愛しい人」はエチエンヌ(ジャン・ピエール・バクリ)とロリータ(マルリー・ベリ)父娘を中心にした人間関係とシルヴィア(アニエス・ジャウイ)とピエール(ロラン・グレヴィル)夫妻を中心にした人間関係の二つが絡まりあって展開する群像劇である。

  中心にいる4人の中でも一番焦点が当てられているのがロリータである。ロリータは一言で言えば「フランスのブリジット・ジョーンズ」か。ぽってりとした体型で愛らしい顔立ち。しかし本家のブリジット・ジョーンズと違ってこちらはその体型に強い劣等感を抱いている。その劣等感にさらに油を注いでいるのは彼女に対する父エチエンヌの冷たい態度。彼は作品が映画化されるほどの売れっ子作家だが最近はスランプでまったく書いていない。その不調も反映しているのだろう、彼の頭の中は本のことばかりで娘のことなど眼中にない。それを象徴的に示しているのはロリータが父に渡したカセットテープ。ロリータは声楽を習っているのだが、彼女の歌を録音したテープを渡しても一向に聞こうとする様子がない。結局最後まで聞こうとしないし、ラストでロリータが仲間と舞台で歌うクライマックス・シーンでもなんと途中で会場を出て行ってしまう。シルヴィアをはじめ、映画の最初と最後ではロリータに対する態度はみな変わって行くのだが、この頑固親父だけは最後まで態度を変えない。この徹底した偏屈振りがかえっていい。いかにもフランス的だ。

  小説以外に父親が関心を示すものは新しい妻のカリーヌ(ヴィルジニー・ドゥサルノ)とその5歳の娘ルナ。エチエンヌにとって娘はこの小さい方の娘だけという感じで、その差別的態度はなんとも残酷だ。また新妻のカリーヌはほとんどロリータと年齢が変わらない若い妻で、これがまたロリータの居心地を悪くさせている。映画はこういった環境の中でロリータがコンプレックスにさいなまれる様子を事細かに描いてゆく。文字通りのロリータ・コンプレックス。もちろん、この場合はロリータ自身のコンプレックスという意味である。

  一家の中でいかにロリータの存在が薄いかを示す典型的なエピソードは彼の作品が原作になった映画の公開記念パーティー(?)に行く場面である。自作の映画化作品を一家そろって観に行くのだが、ロリータがちょっとぐずぐずしている間に父とカリーヌはさっさと先に劇場に入ってしまう。一般客と間違われたロリータは入り口で追い返され中に入れない。ロリータなど眼中にない父夫婦の無関心さとロリータのどじ振りが浮き立たせられている。

  しかしそのことがきっかけでロリータは偶然ある青年と知り合うことになる。酔っ払って彼女の足元に倒れた青年にコートをかけてやったのがきっかけだ。後でその青年セバスチャン(カイン・ボーヒーザ)がコートを返しに来て、そこから二人の付き合いが始まる。

  このロリータを中心としたストーリーと平行してシルヴィアとピエールのストーリーが描かれてゆく。ピエールは売れない作家。シルヴィアは何とか彼に自信を持たせようと励ましている。そのシルヴィアは実はロリータの歌の先生だった。しかし家族に冷たくされている分歌に入れ込んでいるロリータの情熱をシルヴィアはもてあまし気味だ。しかしロリータが有名な作家エチエンヌの娘だと知ったときからシルヴィアは何とか夫を紹介してもらおうとロリータに近づき始める。

  こうして家族の中で孤立して一人コンプレックスに悩まされ、いじけていたロリータの世界にセバスチャンが新しく入り込み、シルヴィアとの通り一遍だった付き合いがより濃密な関係に変わってゆく。これがロリータの転機になった。そこからロリータが自分を見出し成長してゆく様が描かれてゆく。

  ロリータをコンプレックスの塊でいじけた性格と評する人もいるが、僕はそういう印象をあまり受けなかった。確かにコンプレックスもあるしいじけている場面もあるが、彼女の置かれた状況は確かに彼女ならずとも悩まざるを得ないものだし、彼女も彼女なりにいじらしいほど前向きに努力しているからだ。「旅するジーンズと16歳の夏」のカーメンよりも太っていて彼女以上に劣等感を持っているが、親の七光りを重圧あるいは迷惑と感じたり体型が気になって仕方がないのは20歳の娘としては無理もないことだ。むしろ、悩んだりめげたりしながらも愛情と理解を求めようとする彼女を応援したくなってくる。

  もちろんセバスチャンやシルヴィアとの関係も紆余曲折があって簡単に状況が好転したりはしない。ロリータにはセバスチャンの前にもマチューという恋人がいたのだが、彼はロリータの有名な父親とのコネが目当てで付き合っていた。彼女に近づいてくる人物の多くSen はそうなのだ。セバスチャンもそうなのではないか、マチューに裏切られた彼女は疑心暗鬼になってしまう。最後の最後になるまでその疑念は晴れなかった。実際シルヴィアも最初はコネ目当てだったのである。しかしロリータに近づくにつれてシルヴィアの気持ちは変化してゆく。純粋にロリータに好意をもって接するようになる。ラストのコンサートでエチエンヌの示したつめたい態度に腹を立て、夜中にエチエンヌの家を出てゆく。同時にシルヴィアは有名作家であるエチエンヌの下を離れようとしない夫のピエールからも去っていった。映画のラストでロリータとシルヴィアという女性二人が家を出てゆく。『人形の家』のラストを連想させるが、女性の自立というよりも人間としての自立と考えた方がよさそうだ。

  これについては、シルヴィア役を演じ脚本も担当した監督のアニエス・ジャウィが次のように語っている。「父と娘の関係と、自分と同じ年頃の恋人のいる父親を持つこと。これは私自身が経験したことで、ずっと映画に取り込みたいと思っていたの。それからほんの少し“権力”についても語りたかった。それも権力を行使する側からではなく、それを受ける側から見た権力についてね。」父親という一家の権力者であると同時に有名作家であるという尊大さを併せ持ったエチエンヌ、彼にあやかり何とか成功をつかみたいとエチエンヌになびくピエール。エチエンヌの影響力に染まらなかったのはセバスチャンとシルヴィアであり、ロリータももがき苦しんだ挙句ようやくそこから抜け出せた。

  独特のユーモアのセンスやキャラクターのあくの強さなど様々な魅力を持った作品であるが、この作品に対する共感の基盤にあるのはセバスチャンとロリータ、そしてシルヴィアが選んだ生き方に対する共感である。父親に疎んじられる、自分の体型を恥じ卑屈になっているロリータを描きながらも、そのロリータを描く視線は温かい。と同時に、最後まで傲慢で態度を変えないエチエンヌの描き方に、センチメンタリズムに流されない作者の目の厳しさも感じる。

  男で唯一肯定的に描かれているセバスチャンを外国人移民に設定しているのは意図的だろう。ラシッドという本名や顔つきからしてアルジェリア出身と思われる。本名を隠してセバスチャンを名乗っていること、収入がなく家賃を何ヶ月も滞納していることにも移民であることが暗示されている。父親の勢力圏から脱したロリータにふさわしい相手は同じく枠外に置かれたセバスチャンだった。ある意味では自然な結びつきだったといえる。

  しかし結論部分ばかりを強調しないほうがいいかもしれない。何といってもこの映画はキャラクターたちを楽しむ映画であり、人間関係を阻害するディスコミュニケーションを描いている映画なのだから。ディスコミュニケーションの象徴として使われるのは携帯電話である。映画の冒頭でロリータがパーティー会場に入りそこなったのもちょっと立ち止まって携帯で話していたからである。TVドラマ「24」ではジャック・バウアーが携帯を掛け捲っている。そこでは機動力を持った便利な通信手段として描かれている。しかしこの映画ではロリータとセバスチャンがベッドでキスをしているときに携帯が鳴るという使われ方をする。

 人間関係を阻害する道具としての携帯電話。その典型はレストランでロリータとエチエンヌが食事中に父の携帯が鳴る場面。相手が誰かは分からない。聞こえるのはエチエンヌの声だけ。「大丈夫、娘と食事しているんだ。ああ毎日が楽しいよ、かわいくて賢い。」ロリータがにっこりする。父は続けて「5歳になった」と言う。ロリータは顔を背ける。後でロリータがセバスチャンに話したところによると、その後「まるで私がいないみたいに」15人と立て続けに電話で話していたという。

  こんなことが何度も続けば誰だっていじけてしまう。その上自分は太っているというコンプレックスが重なればたびたび落ち込むのも無理はない。しかしそんなロリータを映画は決して意地悪くは描かない。適度なユーモアを交えて描いている。発表会での舞台衣装を試着しているロリータが鏡を見て「マトリョーシカ人形みたい」とつぶやくシーンは、申し訳ないが、笑ってしまった。結局、舞台では黒い地味な衣装で歌っていた。

  さらに彼女を側面から支えているのはシルヴィアの存在だ。演じたアニエス・ジャウィは実に魅力的だった。エチエンヌを演じたジャン・ピエール・バクリと「ムッシュ・カステラの恋」でも競演しているが(こちらも監督はアニエス・ジャウィ)、ジャン・ピエール・バクリの印象しか残っていない。しかし「みんな誰かの愛しい人」ではロリータ役のマルリー・ベリ以上に印象的だった。非常に知的でしっかりとした自分の意思を持った女性。彼女の存在がなければこの映画は大きく変わっていただろう。その意味でロリータ以上にこの映画を支えていた。

  この映画のラストシーンはセバスチャンを追いかけていったロリータが彼と二人で道端に並んで座っている場面だ。セバスチャンがぼそっと一言いう。「疲れる子だよ」。この言葉に込められたやさしい響きがこの映画の基本的な姿勢をよく表している。

2006年6月14日 (水)

ゴブリンのこれがおすすめ 17

家族を描いた映画(2)

■おすすめの90本
「おおかみこどもの雨と雪」(2012、細田守監督、日本)
「みんなで一緒に暮らしたら」(2011、ステファン・ロブラン監督、仏・独)
「再会の食卓」(2010、ワン・チュアンアン監督、中国)
「おとうと」(2009、山田洋次監督、日本)
「ラブリーボーン」(2009、ピーター・ジャクソン監督、米・英・ニュージーランド)
「ぐるりのこと。」(2008、橋口亮輔監督)
「夏時間の庭」(2008、オリヴィエ・アサイヤス監督、フランス)
「千年の祈り」(2007、ウェイン・ワン監督、米・日本)
「トゥヤーの結婚」(2006、ワン・チュアンアン監督、中国) Chouse1b
「マラソン」(05、チョン・ユンチョル監督)
「海を飛ぶ夢」(04、アレハンドロ・アメナーバル)
「ミスター・インクレディブル」(04、ブラッド・バード監督)
「きみに読む物語」(04、ニック・カサヴェテス監督)
「茶の味」(03、石井克人監督)
「ホテル・ハイビスカス」(03、中江裕司)
「グッバイ・レーニン!」(03、ヴォルフガング・ベッカー監督)
「みなさん、さようなら。」(03、ドゥニ・アルカン監督)
「クジラの島の少女」(03、ニキ・カーロ監督)
「ビッグ・フィッシュ」(03、ティム・バートン監督)
「タッチ・オブ・スパイス」(03、タソス・ブルメティス監督)
「イン・アメリカ 三つの小さな願いごと」(02、ジム・シェリダン監督)
「家族のかたち」(02、シェーン・メドウス監督)
「キャロルの初恋」(02、イマノル・ウリベ監督)
「阿弥陀堂だより」(02、小泉堯史監督)
「ベッカムに恋して」(02、グリンダ・チャーダ監督)
「月曜日に乾杯」(02、オタール・イオセリアーニ監督)
「SWEET SIXTEEN」(02、ケン・ローチ)
「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」(01、ウエス・アンダーソン監督)
「ヤンヤン夏の想い出」(00、エドワード・ヤン監督)
「この素晴らしき世界」(00、ヤン・フジェベイク監督)
「リトル・ダンサー」(00、スティーヴン・ダルドリー監督)
「酔っ払った馬の時間」(00、バフマン・ゴバディ監督)
「山の郵便配達」(99、フォ・ジェンチイ監督)
「太陽の雫」(99、イシュトヴァン・サボー監督)
「初恋のきた道」(99、チャン・イーモウ監督)
「きれいなおかあさん」(99、スン・チョウ監督)
「愛を乞うひと」(98、平山秀幸監督)
「宋家の三姉妹」(97、メイベル・チャンメイベル・チャン監督)
「アントニアの食卓」(95、マルレーン・ゴリス監督)
「女人、四十」(95、アン・ホイ監督)
「フォレスト・ガンプ一期一会」(94、ロバート・ゼメキス監督)
「ギルバート・グレイプ」(93、ラッセ・ハレストレム監督)
「愛と聖霊の家」(93、ビレ・アウグスト監督)
「ジョイ・ラック・クラブ」(93、ウェイン・ワン監督)
「リバー・ランズ・スルー・イット」(92、ロバートレッドフォード監督)
「乳泉村の子」(91、シェ・チン監督)
「銀馬将軍は来なかった」(91、チャン・ギルス監督)
「ふたり」(91、大林宣彦監督)
「エンジェル・アット・マイ・テーブル」(90、ジェーン・カンピオン監督)
「芙蓉鎮」(87、シェ・チン監督)
「ペレ」(87、ビレ・アウグスト監督)
「ベルナルダ・アルバの家」(87、マリオ・カムス監督)
「愛と宿命の泉」(86、クロード・ベリ監督)
「追憶のオリアナ」(84、フィナ・トレス監督) Tm1
「家と世界」(84、サタジット・レイ監督)
「冬冬の夏休み」(84、ホウ・シャオシェン監督)
「エル・スール」(83、ヴィクトル・エリセ監督)
「泥の河」(81、小栗康平監督)
「無人の野」(80、グェン・ホン・セン監督)
「天雲山物語」(80、シェ・チン監督)
「木靴の樹」(78、エルマンノ・オルミ監督)
「家族の肖像」(74、ルキノ・ヴィスコンティ監督)
「叫びとささやき」(72、イングマル・ベルイマン監督)
「地獄に堕ちた勇者ども」(69、ルキノ・ヴィスコンティ監督)
「ケス」(69、ケン・ローチ監督)
「山猫」(63、ルキノ・ヴィスコンティ監督)
「アラバマ物語」(62、ロバート・マリガン監督)
「家族日誌」(62、ヴァレリオ・ズルリーニ監督)
「マンマ・ローマ」(61、ピエル・パオロ・パゾリーニ監督)
「誤発弾」(61、ユ・ヒョンモク監督)
「キクとイサム」(59、今井正監督)
「荷車の歌」(59、山本薩夫監督)
「楢山節考」(58、木下恵介監督)
「熱いトタン屋根の猫」(58、リチャード・ブルックス監督)
「米」(57、今井正監督)
「鉄道員」(56、ピエトロ・ジェルミ監督)
「夫婦善哉」(55、豊田四郎監督)
「浮雲」(55、成瀬巳喜男監督)
「大地のうた」(55、サタジット・レイ監督)
「エデンの東」(55、エリア・カザン監督)
「長い灰色の線」(54、ジョン・フォード監督)
「ホブスンの婿選び」(54、デヴィッド・リーン監督)
「シェーン」(53、ジョージ・スティーブンス監督)
「お茶漬けの味」(52、小津安二郎監督)
「めし」(51、成瀬巳喜男監督)
「愛妻物語」(51、新藤兼人監督)
「セールスマンの死」(51、ラズロ・ベネデク監督)
「ベリッシマ」(51、ルキノ・ヴィスコンティ監督)
「花嫁の父」(50、ヴィンセント・ミネリ監督)
「晩春」(49、小津安二郎監督)
「ママの想い出」(48、ジョージ・スティーブンス監督)
「安城家の舞踏会」(47、吉村公三郎監督)
「南部の人」(45、ジャン・ルノワール監督)
「父ありき」(42、小津安二郎監督)
「偉大なるアンバーソン家の人々」(42、オーソン・ウェルズ監督)
「一人息子」(36、小津安二郎監督)
「妻よ薔薇のように」(35、成瀬巳喜男監督)
「隣の八重ちゃん」(34、島津保次郎監督)

2006年6月12日 (月)

ゴブリンのこれがおすすめ 16

家族を描いた映画(1)

■おすすめの40本 Family
「シンデレラマン」(05、ロン・ハワード監督)
「アメリカ・家族のいる風景」(05、ヴィム・ヴェンダース監督)
「やさしくキスをして」(04、ケン・ローチ監督)
「Dearフランキー」(04、ショーナ・オーバック監督)
「村の写真集」(04、三原光尋監督)
「エイプリルの七面鳥」(03、ピーター・ヘッジス監督)
「大統領の理髪師」(04、イム・チャンサン監督)
「ピエロの赤い鼻」(03、ジャン・ベッケル監督)
「わが家の犬は世界一」(02、ルー・シュエチェン監督)
「たそがれ清兵衛」(02、山田洋次監督)
「上海家族」(02、ポン・シャオレン監督)
「人生は、時々晴れ」(02、マイク・リー監督)
「アメリカン・ラプソディ」(01、エヴァ・ガルドス監督)
「アメリカン・ビューティー」(99、サム・メンデス監督)
「ぼくの国、パパの国」(99、ダミアン・オドネル監督)
「太陽は、ぼくの瞳」(99、マジッド・マジディ監督)
「運動靴と赤い金魚」(97、マジッド・マジディ監督)
「秘密と嘘」(96、マイク・リー監督)
「いつか晴れた日に」(95、アン・リー監督)
「活きる」(94、チャン・イーモウ監督)
「青い凧」(93、ティエン・チュアンチュアン監督)
「息子」(91、山田洋次監督)
「わが心のボルチモア」(90、バリー・レビンソン監督)
「マルセルの夏」(90、イヴ・ロベール監督)
「となりのトトロ」(88、宮崎駿監督)
「パパは出張中!」(85、エミール・クストリッツァ監督)
「田舎の日曜日」(84、ベルトラン・タヴェルニエ監督)
「長雨」(79、ユ・ヒョンモク監督)
「敵」(79、ユルマズ・ギュネイ監督)
「群れ」(78、ゼキ・ウクテン監督/ユルマズ・ギュネイ)
「故郷」(72、山田洋次監督)
「屋根の上のバイオリン弾き」(71、ノーマン・ジュイソン監督)
「家族」(70、山田洋次監督)
「朴さん」(60、カン・デジン監督、韓国) Sdrain01
「喜びも悲しみも幾年月」(57、木下恵介監督)
「東京物語」(53、小津安二郎監督)
「麦秋」(51、小津安二郎監督)
「どっこい生きてる」(51、今井正監督)
「わが谷は緑なりき」(41、ジョン・フォード監督)
「我が家の楽園」(38、フランク・キャプラ監督)
「生まれてはみたけれど」(32、小津安二郎監督)

■追加
「ファミリー・ツリー」(2011、アレクサンダー・ペイン監督、アメリカ)
「クリスマス・ストーリー」(2008、アルノー・デプレシャン監督、フランス)
「マイ・ライフ、マイ・ファミリー」(2007、タマラ・ジェンキンス監督、米)
「歩いても 歩いても」(2007、是枝裕和監督)
「約束の旅路」(2007、ラデュ・ミヘイレアニュ監督)
「ボルベール<帰郷>」(2007、ペドロ・アルモドバル監督)
「リトル・ミス・サンシャイン」(2006、ジャナサン・デイトン・他監督)
「グエムル 漢江の怪物」(2006、ポン・ジュノ監督)
「孔雀 我が家の風景」(2005、リー・チャンウェイ監督、中国)
「胡同のひまわり」(2005、チャン・ヤン監督、中国)

■気になる未見作品
「家族ゲーム」(83、森田芳光監督)
「ウホッホ探検隊」(86、根岸吉太郎監督)
「海辺の家」(01、アーウィン・ウィンクラー監督)
「アイス・ストーム」(97、アン・リー監督)
「セレブレーション」(98、トマス・ヴィンターベア監督、デンマーク)

  家族を描いた映画は無数にあります。全部拾い上げたら大変な数になるでしょう。いわゆるファミリー・ドラマを始め、家族というより親子や兄弟姉妹を中心にしたもの、ある家族の年代記、あるいは擬似家族のようなものにいたるまで、光の当て方、焦点の当て方しだいで様々なタイプがあります。ここでは一応家族がほぼそろっているタイプのものを中心に取り上げてみました。数が多いのでそれ以外は次回取り上げることにします。
 こうやって並べてみると日本、韓国、中国などのアジア映画が多いことに気づきます。ファミリードラマを得意とするアメリカ映画は意外に少なくむしろイギリス映画が結構目立ちます(当然、僕の取り上げ方や好みを反映しているわけですが)。個人主義がより確立している欧米の映画では親子愛や夫婦愛を描く方にシフトしている作品が多くなります。 記憶の新しい比較的最近のものがどうしても多くなるのは仕方のないことで、お許し願いたい。次回は古いものもできるだけ拾い上げてみたいと思います。

« 2006年6月4日 - 2006年6月10日 | トップページ | 2006年6月18日 - 2006年6月24日 »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ