最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« 青空のゆくえ | トップページ | 死刑執行人もまた死す »

2006年5月 9日 (火)

ゴブリンのこれがおすすめ 9

反ファシズム、反ナチ、ナチス占領下の日々を描いた映画
■おすすめの40本
「ピエロの赤い鼻」(ジャン・ベッケル監督、2003年、フランス)
「戦場のピアニスト」(ロマン・ポランスキー監督、(2002年、ポーランド・仏)
「キャロルの初恋」(イマノル・ウリベ監督、2002年、スペイン)
「この素晴らしき世界」(ヤン・フジェベイク監督、2000年、チェコ)
「ふたりのトスカーナ」(アンドレア&アントニオ・フラッツィ監督、2000年、伊)
「太陽の雫」(イシュトヴァン・サボー監督、1999年、カナダ・ハンガリー)
「蝶の舌」(ホセ・ルイス・クエルダ監督、(1999年、スペイン)
「マイ・リトル・ガーデン」(ソーレン・クラウ・ヤコブセン監督、1997年、デンマーク他)
「レ・ミゼラブル」(クロード・ルルーシュ監督、1995年、フランス)
「シンドラーのリスト」(スティーヴン・スピルバーグ監督、1993年、米)
「コルチャック先生」(アンジェイ・ワイダ監督、1990年、ポーランド他)
「さよなら子供たち」(ルイ・マル監督、1987年、仏・西独)
「炎628」(エレム・クリモフ監督、1985年、ソ連)
「白バラ」(ミヒャエル・フェアホーヘン監督、1982年、西独)
「メフィスト」(イシュトヴァン・サボー監督、1981年、ハンガリー・西独)
「ジュリア」(フレッド・ジンネマン監督、1977年、アメリカ)
「追想」(ロベール・アンリコ監督、1975年、フランス)
「抵抗のプラハ」(ウラジーミル・ツェヒ監督、1971年、チョコスロバキア)
「道中の点検」(アレクセイ・ゲルマン監督、1971年、ソ連)
「影の軍隊」(ジャン・ピエール・メルヴィル監督、1969年、フランス)
「地獄に堕ちた勇者ども」(ルキノ・ヴィスコンティ監督、1969年、伊・スイス)
「抵抗の詩」(トーリ・ヤンコヴィッチ監督、1969年、ユーゴスラビア)
「脱走山脈」(マイケル・ウィナー監督、1968年、アメリカ)
「パリは燃えているか」(ルネ・クレマン監督、1966年、仏・米)
「国境は燃えている」(ヴァレリオ・ズルリーニ監督、1965年、イタリア)
「鬼戦車T-34」(ニキータ・クリヒン他、監督、1965年、ソ連)
「大列車作戦」(ジョン・フランケンハイマー監督、1964年、米・仏・伊)
「僕の村は戦場だった」(アンドレイ・タルコフスキー監督、1962年、ソ連)
「ゼロ地帯」(ジッロ・ポンテコルヴォ監督、1960年、イタリア)
「アンネの日記」(ジョージ・スティーヴンス監督、1959年、アメリカ)
「夜と霧」(アラン・レネ監督、1955年、フランス)
「平和に生きる」(ルイジ・ザンパ監督、1947年、イタリア)
「海の牙」(ルネ・クレマン監督、1946年、フランス)
「戦火のかなた」(ロベルト・ロッセリーニ監督、1946年、イタリア)
「鉄路の闘い」(ルネ・クレマン監督、1945年、フランス)
「無防備都市」(ロベルト・ロッセリーニ監督、1945年、イタリア)
「自由への闘い」(ジャン・ルノワール監督、1943年、アメリカ)
「死刑執行人もまた死す」(フリッツ・ラング監督、1943年、アメリカ)
「生きるべきか死ぬべきか」(エルンスト・ルビッチ監督、1942年、アメリカ)
「チャップリンの独裁者」(チャールズ・チャップリン監督、1940年、アメリカ)

■追加
「ソハの地下水道」(2011、アグニェシュカ・ホランド監督、独・ポーランド)
「サラの鍵」(2010、ジル・パケ=ブランネール監督、フランス)
「ペーパーバード 幸せは翼にのって」(2010、エミリオ・アラゴン監督、スペイン)
「黄色い星の子供たち」(2010、ローズ・ボッシュ監督、フランス・ドイツ・ハンガリー)
「イングロリアス・バスターズ」(2009、クエンティン・タランティーノ監督、米)
「ワルキューレ」(2008、ブライアン・シンガー監督、アメリカ・ドイツ)
「カティンの森」(2007、アンジェイ・ワイダ監督、ポーランド)
「パンズ・ラビリンス」(2007、ギレルモ・デル・トロ監督、メキシコ・スペイン・他)

■こちらも要チェック
「ヒトラー最期の12日間」(オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督、2004年、ドイツ)
「名もなきアフリカの地で」(カロリーヌ・リンク監督、2001年、ドイツ)
「ムッソリーニとお茶を」(フランコ・ゼフィレッリ監督、1998年、アメリカ)
「大脱走」(ジョン・スタージェス監督、1963年、アメリカ)
「ニュールンベルグ裁判」(スタンリー・クレイマー監督、1961年、米)
「誓いの休暇」(グリゴリー・チュフライ監督、1959年、ソ連)
「ドイツ零年」(ロベルト・ロッセリーニ監督、1948年、イタリア)

■気になる未見作品
「白バラの祈り - ゾフィー・ショル、最期の日々」(マルク・ローテムント監督、05年)
「パティニョールおじさん」(ジェラール・ジュニョー監督、2002年、フランス)
「モレク神」(アレクサンドル・ソクーロフ監督、99年、ロシア他)
「戦争のない20日間」(アレクセイ・ゲルマン監督、1976年、ソ連)

Trump_jw   次回フリッツ・ラング監督の反ナチ映画の名作「死刑執行人もまた死す」を取り上げる予定なので、ついでに関連作品のリストを作ってみた。こうやって見ると以外に少ない。もっとあるはずだという気がするのだが、そう感じるのはアメリカの戦争映画がかなりあるからだろう。それらを入れれば確かに相当な数になる。なお、「要チェック」欄に入れたものはやや枠から外れているもので、決して残り物ではありません。むしろいずれも傑作です。

  年代順に見ると50年代、70年代そして80年代のものが少ない。ところが90年代から逆に増え出している。終戦直後はまだ記憶が生々しくて却って作れなかったのだろう。60年代に一つのピークを迎えている。また、70年代ごろまでは反ナチ、反ファシズムの抵抗映画が多く、80年代以降はむしろナチス占領下の不安と恐怖に満ちた状況が多く描かれている。戦争の記憶が風化しつつある時代に逆に戦争の時代を描く映画が増えている。特に2000年代に入ってからはかなりのハイペースだ。作品的にも「この素晴らしき世界」や「戦場のピアニスト」などの傑作が生まれている。日本でも先日取り上げた「父と暮せば」が作られている。これは戦争やファシズムの記憶が風化しつつあることに対する危機感の表われだと見ていいだろう。ちなみに、今年に入っても第1次世界大戦を描いた「戦場のアリア」が公開されている。04年の「ロング・エンゲージメント」など、こちらも連綿と描き継がれている。

  皮肉なことに、第二次世界大戦の記憶が薄れて行く一方で、ベルリンの壁が崩れて以降、地域紛争やテロの記憶は日々新たにされている。悲しいことだが、戦争とテロは今なお今日的な差し迫った問題なのである。

« 青空のゆくえ | トップページ | 死刑執行人もまた死す »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

カゴメさん 早速コメントをいただきありがとうございます。
確かに「夜と霧」なんかは映像が凄惨過ぎてまた観ようという気にはなかなかなれませんね。「追想」もすさまじい映画でした。あのかがんだ姿勢のままで黒焦げになっている死体はショッキングでした。「炎628」の、建物ごと村人たちが焼かれるシーンには体中から怒りの泡が吹き出す思いでした。
紛争やテロのニュースが流れなくなる日は当分来そうもありません。僕にできることはこういう映画を紹介することぐらいです。大して効果はないかもしれませんが、書ける限り書き続けてゆくつもりです。

こんばんわ!ゴブリンさん♪

「白バラの祈り - ゾフィー・ショル、最期の日々」は、
カゴメも是非とも観なくては!と思っている作品です。

お奨め40本の中で、もっとも印象深い「痛い作品」は、
「炎628」「追想」「シンドラーのリスト」「夜と霧」でした。
(まだ観ていない作品も沢山あるけど)
特に「追想」は、今だに心に痛みが残ってる作品で、
何とかレビューを書きたいと思いつつも、
再観するのが苦痛で、ついつい及び腰になってます…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/9976187

この記事へのトラックバック一覧です: ゴブリンのこれがおすすめ 9:

» チャップリンに感動 [うきうき日記]
今までチャップリンの映画 観たことなかったんです。 今さらモノクロの映画もねぇ、、 主人がたまたまチャップリンのDVDを、 買ってきたんです。 1本500円だから3本買ったんだって。 でも何かあやしくない 本当に観れるの? だけど主人が言うには 最近は古い映画500円で 売っているみたいだって。 DVDの裏見ると、 水野晴郎総監修ってあるので、 妙に納得... [続きを読む]

« 青空のゆくえ | トップページ | 死刑執行人もまた死す »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ