最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

« やさしくキスをして | トップページ | ゴブリンのこれがおすすめ 2 »

2006年4月15日 (土)

ゴブリンのこれがおすすめ 1

ジュリアン・デュヴィヴィエ監督(1896-1967) Cutwindow2
■おすすめの10本
 巴里の空の下セーヌは流れる(1951)
 旅路の果て(1939)
 舞踏会の手帳(1937)
 望郷(1937)
 我等の仲間(1936)
 地の果てを行く(1935)
 商船テナシチー(1934)
 白き処女地(1934)
 モンパルナスの夜(1933)
 にんじん(1932)

■こちらも要チェック
 陽気なドン・カミロ(1951)
 ドン・カミロ頑張る(1953)

■気になる未見作品
 埋れた青春(1953)

  ジャック・フェデー、ルネ・クレール、ジャン・ルノアールらと共にフランス映画「黄金の30年代」を作り上げたフランス映画の名匠。

1930年代フランス映画おすすめの20本
 詩人の血(1930) ジャン・コクトー監督
 巴里の屋根の下(1930)  ルネ・クレール監督
 自由を我等に(1931) ルネ・クレール監督
 外人部隊(1933) ジャック・フェデー監督
 巴里祭(1933) ルネ・クレール監督
 モンパルナスの夜(1933) ジュリアン・デュヴィヴィエ監督
 最後の億万長者(1934)  ルネ・クレール監督
 にんじん(1934)  ジュリアン・デュヴィヴィエ監督
 ミモザ館(1934)  ジャック・フェデー監督 066429
 女だけの都(1935)  ジャック・フェデー監督
 地の果てを行く(1935)  ジュリアン・デュヴィヴィエ監督
 どん底(1936)  ジャン・ルノワール監督
 望郷(1936)  ジュリアン・デュヴィヴィエ監督
 我等の仲間(1936)  ジュリアン・デュヴィヴィエ監督
 大いなる幻影(1937) ジャン・ルノワール監督
 舞踏会の手帳(1937)  ジュリアン・デュヴィヴィエ監督
 霧の波止場(1938)  マルセル・カルネ監督
 格子なき牢獄(1938) レオニード・モギー監督
 ゲームの規則(1939) ジャン・ルノワール監督
 旅路の果て(1939)  ジュリアン・デュヴィヴィエ監督

■こちらも要チェック
 ル・ミリオン(1931) ルネ・クレール監督
 新学期・操行ゼロ(1933) ジャン・ヴィゴ監督
 アタラント号(1934) ジャン・ヴィゴ監督
 獣人(1938)  ジャン・ルノワール監督
 北ホテル(1938)  マルセル・カルネ監督

■気になる未見作品
 ジャン・グレミヨン監督作品
 幽霊西へ行く(1935)  ルネ・クレール監督

  30年代に花開いたフランス映画の伝統は40年代、50年代のマルセル・カルネ、ジャン・ドラノワ、ルネ・クレマン、ジャック・ベッケル、ジャン・コクトー、クロード・オータン・ララ、アンリ・ジョルジュ・クルーゾー、イーヴ・アレグレ、ジャック・タチ等へと続き、ヌーヴェル・ヴァーグで乱暴に断ち切られる。その後の70年代、80年代はどん底。90年代に入ってようやく復活の兆しが現れる。

« やさしくキスをして | トップページ | ゴブリンのこれがおすすめ 2 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ゴブリンさん ご丁寧に教えていただきありがとうございます!「オーケストラの少女」「足ながおじさん」はアマゾンやBOOKOFFで入手可との情報、早速これからcheckしてみます。「格子なき牢獄」はやはり気長に待つしかないのですね。以前HKで放映されていたのを観たのですが、またやって欲しいものです。メールもしていただき本当にありがとうございました。これからもゴブリンさんのブログ楽しみにしています。

bokbookさん コメントをいただきありがとうございます。
 あの時代の映画には優れたものがたくさんあるのですが、今はあまり観られることがないのは残念です。
 さて、お探しのDVDですが、「オーケストラの少女」と「足ながおじさん」は既にDVDが出ております。「アマゾン」
> > http://www.amazon.co.jp/gp/browse.html/503-9745079-6959900?node=561958

で両方とも注文できます。「オーケストラの少女」は中古でよければ1000円のものが出ていましたよ。
 ただ、「格子なき牢獄」はまだDVDは出ていないようです。あれば僕も欲しいと思っているのですが。最近古い映画が大量に廉価版DVD(500円~1500円程度)で出ていますので、そのうち発売されるかもしれません。まあ、気長に待つしかありませんね。
 そういえば、「オーケストラの少女」と「足ながおじさん」は500円の廉価版があったように思うのですが、今日帰りがけに近くの蔦屋書店をのぞいてみたら見つかりませんでした。古典作品を中心にした廉価版は何種類か出ていますので、違うシリーズだったかもしれません。いずれにしても「オーケストラの少女」はよく中古店で見かけますので、お近くに「ブックオフ」などの中古専門店があれば探してみる価値はあると思います。
 念のためにメールでも同じ文を送っておきます。
 今後ともどうぞよろしく。

初めましてゴブリンさん。私も1930~50年代の洋画の大ファンです。このたび薄型TVとDVDレコーダー購入を機に以前から「気になっていた「格子なき牢獄」「オーケストラの少女」「あしながおじさん」のDVDを探していますが、なかなか入手困難です。世間ではあまり要望がないのかなあと、最近はフランスまで行かなきゃ「格子なき・・・」などは無理なのか、とあきらめ気味でした。そんな時ゴブリンさんのブログを見つけ、とても嬉しく拝見しました。そこで、お尋ねしたいのですが、上記のDVDは何処で入手できるかご存知でしたら教えていただけますか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/9602797

この記事へのトラックバック一覧です: ゴブリンのこれがおすすめ 1:

« やさしくキスをして | トップページ | ゴブリンのこれがおすすめ 2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
無料ブログはココログ