最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

« 蝉しぐれ | トップページ | ゴブリンのこれがおすすめ 4 »

2006年4月18日 (火)

ゴブリンのこれがおすすめ 3

北欧映画
■おすすめの10本
キッチン・ストーリー(2003) ベント・ハーメル監督 ノ ルウェー
過去のない男(2002) アキ・カウリスマキ監督 フィンランド
歌え!フィッシャーマン(2001) クヌート・エーリク・イエンセン監督 ノルウェー
幸せになるためのイタリア語講座(2000) ロネ・シェルフィグ監督 デンマーク
マイ・リトル・ガーデン(1997) ソーレン・クラウ・ヤコブセン監督 デンマーク
愛と精霊の家(1993) ビレ・アウグスト監督 デンマーク
ロッタちゃん はじめてのおつかい(1993) ヨハンナ・ハルド監督 スウェーデン
バベットの晩餐会(1987) ガブリエル・アクセル監督 デンマーク
ペレ(1987) ビレ・アウグスト監督 デンマーク
マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ(1985) ラッセ・ハルストレム監督 スウェーデン

■追加
ル・アーヴルの靴みがき(2011) アキ・カウリスマキ監督、フィンランド・仏・独
ミレニアム2(2009) ダニエル・アルフレッドソン監督、スウェーデン・他
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女(2009) ニールス・アルデン・オプレヴ監督、スウェーデン・他)
春にして君を想う(1991) フレドリック・フリドリクソン監督 アイスランド・他

■こちらも要チェック
かもめ食堂(2005) 群ようこ監督 日本
ククーシュカ ラップランドの妖精(2002) アレクサンドル・ロゴシュキン監督 ロシア
ヘイフラワーとキルトシュー(2002) カイサ・ラスティモ監督 フィンランド

■気になる未見作品
精霊の島(1996) フリドリック・トール・フリドリクソン監督 アイスランド

 北欧(アイスランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド)映画といえば誰でもイングマル・ベルイマンを思い出す。あまりに巨大な存在なのでここではあえてはずしてある。こうやって並べてみると、いかにも北欧らしいゆったりとしたリズムと独特のタッチを持った作品が多いことに改めて気づかされる。もっと北欧の映画に出会いたいと思う。まだまだ知られざる傑作があるに違いない。

東欧映画
■おすすめの30本
ライフ・イズ・ミラクル(2004) エミール・クストリッツァ監督 セルビア・モンテネグロ
戦場のピアニスト(2002) ロマン・ポランスキー監督 ポーランド
ノー・マンズ・ランド(2001) ダニス・タノヴィッチ監督 スロヴェニア、他
この素晴らしき世界(2000) ヤン・フジェベイク監督 チェコ
太陽の雫(1999) イシュトヴァン・サボー監督 ハンガリー
黒猫・白猫(1998) エミール・クストリッツァ監督 ユーゴスラビア
パーフェクト・サークル(1998) アデミル・ケノビッチ監督 ボスニア
ガッジョ・ディーロ(1997) トニー・ガトリフ監督 ルーマニア・フランス
コーリャ愛のプラハ(1996) ヤン・スビエラーク監督 チェコ
アンダーグラウンド(1995) エミール・クストリッツァ監督 ハンガリー
ビフォア・ザ・レイン(1994) ミルチョ・マンチェフスキー監督 マケドニア
ブコバルに手紙は届かない(1994) ボーロ・ドラシュコヴィッチ監督 ユーゴスラビア
コルチャック先生(1991) アンジェイ・ワイダ監督 ポーランド
デカローグ(1988) クシシュトフ・キェシロフスキ監督 ポーランド
略奪の大地(1988) リュドミル・スタイコフ監督 ブルガリア
スイート・スイート・ビレッジ(1985) イジー・メンツェル監督 チェコ
パパは出張中!(1985) エミール・クストリッツァ監督 ユーゴスラビア
鉄の男(1981) アンジェイ・ワイダ監督 ポーランド
メフィスト(1981) イシュトヴァン・サボー監督 ハンガリー
歌っているのはだれ?(1980) スロボダン・シャン監督 ユーゴスラビア
ハンガリアン狂詩曲(1978) ヤンチョー・ミクローシュ監督 ハンガリー
大理石の男(1977) アンジェイ・ワイダ監督 ポーランド
ハンガリアン(1977) ゾルタン・ファーブリ監督 ハンガリー
パサジェルカ(1964) アンジェイ・ムンク監督 ポーランド Relief
水の中のナイフ(1962)  ロマン・ポランスキー監督 ポーランド
尼僧ヨアンナ(1961) イエジー・カワレロウィッチ監督 ポーランド
夜行列車(1959)  イエジー・カワレロウィッチ監督 ポーランド
灰とダイヤモンド(1958) アンジェイ・ワイダ監督 ポーランド
影(1956) イエジー・カワレロウィッチ監督 ポーランド
地下水道(1956) アンジェイ・ワイダ監督 ポーランド

■こちらも要チェック
ふたりのベロニカ(1991) クシシュトフ・キェシロフスキ監督 ポーランド
春の驟雨(1932) パウル・フェイェシュ監督 ハンガリー

■追加
ソハの地下水道」2011) アグニェシュカ・ホランド監督、独・ポーランド
カティンの森(2007) アンジェイ・ワイダ監督、ポーランド

 東欧映画となると一転して暗く、重く、深刻なテーマの作品が並ぶ。また特にボスニア紛争以降は気がめいるような作品が圧倒的に多い。いかにこの地域が苦悩に満ちたつらい歴史を経てきたかがこのリストを観れば分かる。「この素晴らしき世界」のラストに込められた、祈るような平和への希望。赤ん坊を抱いて空を見上げる主人公の姿が目に焼きついて離れない。この地域全体に平和が訪れることを祈らずにはいられない。

« 蝉しぐれ | トップページ | ゴブリンのこれがおすすめ 4 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/9645983

この記事へのトラックバック一覧です: ゴブリンのこれがおすすめ 3:

« 蝉しぐれ | トップページ | ゴブリンのこれがおすすめ 4 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
無料ブログはココログ