最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

« ALWAYS三丁目の夕日 | トップページ | 寄せ集め映画短評集 その13 »

2006年1月18日 (水)

THE有頂天ホテル

clip-eng32005年 日本(東宝)
製作:亀山千広
監督:三谷幸喜
脚本:三谷幸喜
撮影:山本英夫
美術:種田陽平
音楽:本間勇輔

キャスト
<「ホテルアバンティ」従業員>
ホテルの総支配人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・伊東四朗
副支配人(宿泊部長) 新堂平吉・・・・・・・・・役所広司
アシスタントマネージャー 矢部登紀子・・・・・戸田恵子
副支配人(料飲部長) 瀬尾高志・・・・・・・・・生瀬勝久
ベルボーイ 只野憲二 ・・・・・・・・・・・・・・・・・香取慎吾
ウェイター 丹下哲平 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・川平慈英
客室係 (議員の元愛人) 竹本ハナ・・・・・・・松たか子
客室係 野間睦子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・堀内敬子
筆耕係 右近  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・オダギリジョー

<「ホテルアバンティ」のお客様>
汚職国会議員 武藤田勝利・・・・・・・・・・・・・佐藤浩市
武藤田の秘書 神保保・・・・・・・・・・・・・・・・・浅野和之
謎のフライトアテンダント 小原なおみ・・・・・・麻生久美子
マン・オブ・ザ・イヤー受賞者 堀田衛・・・・・・角野卓造
堀田衛の妻 (新堂の元妻) 堀田由美・・・・・原田美枝子
演歌歌手 徳川膳武・・・・・・・・・・・・・・・・・・・西田敏行
徳川の付き人 尾藤・・・・・・・・・・・・・・・・・・・梶原善
ホテル探偵 蔵人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石井正則
大富豪 板東健治 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・津川雅彦
板東の息子 板東直正・・・・・・・・・・・・・・・・・近藤芳正
コールガール ヨーコ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・篠原涼子

<芸人たち>
芸能プロ社長 赤丸寿一 ・・・・・・・・・・・・・・・唐沢寿明
スパニッシュマジシャン ホセ河内 ・・・・・・・・寺島進
シンガー 桜チェリー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・YOU
腹話術に使うアヒル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アヒル

  日曜日に「THE有頂天ホテル」を観てきた。「ラヂオの時間」「みんなのいえ」に続く三谷幸喜の監督3作目である。うわさに違わぬなかなかの傑作。「運命じゃない人」に匹敵する一分の隙もない練り上げられたストーリー展開が秀逸。23人もの主要登場人物が絡まり、もつれながらも、ラストのカウントダウンに向かって進んでゆくダイナミックな面白さ、演技力があり癖のある俳優を多数そろえた豪華さ、ホテルの1階部分をまるまる造り上げたセットの華麗さ、どれをとっても極上のエンターテイメント作品である。

  2005年の大晦日、新年まであと約2時間あまり。カウントダウン・パーティーの準備で大忙しの「ホテルアバンティ」。そこから映画はリアルタイムで進む。新年のカウントダウン・パーティーの成否はホテルの威信に関わり、これを無事終えることが副支配人の新堂平吉に課せられた責務である。しかし、次から次へと思わぬハプニングが起き、新堂たちはてんてこ舞い。なぜだか頼りの総支配人は行方知れず、どころか足を引っ張る始末。ホテル内には神出鬼没のコールガールとアヒルがうろつき、宿泊客はいずれも訳ありの落ち着かない人たちばかり。新堂自身も偶然出会った元妻に見栄から思わず嘘を言ってしまい窮地に陥る。

  とまあ、コメディのテクニックを惜しみなく駆使しつつ、混乱の極みからクライマックスとなる最後のカウントダウン・パーティーへとよどみなく展開させてゆく演出の冴えはさすが。舞台がホテルというのは偶然ではないだろう。多数の人が行き交い、様々な人生が交錯する場所を舞台とした群像劇、いわゆる「グランド・ホテル形式」の映画。ホテルのスイートルームに「グランド・ホテル」のキャストの名前をつけていることからもこの形式を意識していたことが分かる。しかし「グランド・ホテル形式」という用語を聞くのは久しぶりだ。昔はよく使ったのだが、いつごろから使わなくなったのか。より複雑で複線化した「ショート・カッツ」building003_sや「パルプ・フィクション」タイプの映画が増えたために、「グランド・ホテル形式」という表現が合わなくなってきたせいだろうか。「THE有頂天ホテル」も「グランド・ホテル形式」というより「パルプ・フィクション」タイプの映画だ。

  ホテルを舞台にしたのは成功である。互いに知らないたくさんの人たちが出入りし集結する場所、同時にいろいろなことが進行している場所、華やかな表側と様々な思惑や秘密にまみれた裏側が同時に存在する場所、迷路の様な複雑な造り、まさにホテルは群像劇に適した場所なのである。

  三谷幸喜はさらにもう幾つか工夫を重ねている。新年のカウントダウンという年に一度のホテルの威信をかけたイベントが控えていて失敗は許されない。タイムリミットが設定された時限ドラマにしているのだ。さらに新聞記者を導入することによりホテルは脱出困難な閉じられた空間になる。これは最後に武藤田国会議員がホテルを脱出する場面で生きてくる。これらの設定が功を奏している。準備をあせるホテル関係者と遠慮なく発生するハプニング、関係者は対応に追われ準備は遅れるばかり。そうしている間に時間は迫り・・・。三谷幸喜のコメディのツボを知り尽くした演出が冴え渡る。

  最初のハプニングは垂れ幕。「謹賀新年」の字が「謹賀信念」に。あわてて筆耕係に新しいのを作らせる。しかし彼は大きな字など書いたことがない・・・。その後はもうハプニングの嵐。ホテルの品位を落とすコールガールの侵入、アヒルが逃げ出し、総支配人は顔にドーランを塗ったまま逃げ回る、マン・オブ・ザ・イヤーの受賞者はコールガールに付きまとわれ逃げ回る、副支配人の新堂も別れた妻と出会って思わず嘘を言ってしまう、その上にstag をstageと読み間違えてますます混乱を招く結果に・・・。

  何しろ主な登場人物だけでも23人も登場し、それがまたそれぞれにかなりの比重を与えられているのだから、まさに大混乱である。しかもそれがリアルタイムで展開されており、各登場人物がいろんなところで接触し、すれ違い、交錯し、その上思わぬ出会いまであったりと、先が読めないようになっている。コメディにはもってこいのシチュエーションである。それでいて観客がついてゆけなくなるほど複雑ではない。恐らく長回しを多用したことがうまくシチュエーションの理解を助けているのだろう。めまぐるしくシーンが切り替えられたのでは観ている方は混乱する。よく考え抜かれている。混乱の渦巻きの中心に、副支配人新堂平吉を演じる役所広司を置いたことも正解だった。

  笑いのつぼも押さえまくっている。伏線の張り方、小道具の使い方が絶妙だ。9つのエピソードが同時に進行するのだが、それぞれに色調を変えている。松たか子・津川雅彦・近藤芳正が中心のエピソードでは「取り違え」のテクニックが取り入れられている。角野卓造・篠原涼子のエピソードでは携帯が小道具としてうまく使われている。クネクネダンスの使い方は憎いくらいうまい。香取慎吾・麻生久美子・堀内敬子・川平慈英のエピソードでは「二役」のトリックが見事に決まっている。伏線の張り方もうまい。役所広司・原田美枝子・戸田恵子のエピソードでは嘘から出た思い込みのひとり芝居の世界に突入。

  伊東四朗・角野卓造・YOUの逃走3人組はチャップリンよろしくドタバタ調に。ここでは「てんぷくトリオ」時代に鳴らした伊東四朗のお笑い芸が満喫できる。ドーラン塗って逃げ回る伊東四朗はまさにバカ殿のノリだ。名人角野卓造の慌てふためきぶりも見もの。唐沢寿明・寺島進・YOU・石井正則の芸能グループでは何と言ってもアヒルが小道具(?)として大活躍。このアヒルは24人目の主要登場人物といってもいい(上のキャスト一覧の中に入れておいた)。オダギリジョー・役所広司の挿話では前述の垂れ幕が小道具として使われている上に、融通の利かないオダギリジョーのキャラクターが笑いを生む。

  西田敏行・梶原善・香取慎吾のエピソードでは自殺願望の演歌歌手という奇抜な設定を設け、あえてベタな芝居をさせて、有名人の意外な裏面を覗かせる。一転して、佐藤浩市・篠原涼子・浅野和之・松たか子グループではシリアス調になり、松たか子が熱く語ったりする。とまあ、こんな次第で、才人三谷幸喜は知り尽くしたコメディのテクニックを総動員して、笑いガス弾を撃って撃って撃ちまくる。観客はあえなくノックアウトである。

  混乱は一時はどうなることかと思うほどだが、12時のカウントダウンまでにはすべてうまく収まるところに収まる。嵐が去って、めでたく新年をみんなで迎える。めでたしめでたし。シェイクスピアじゃないが「終わりよければすべてよし」とあいなります。これだけでも十分腹応えがあるのに、さらに様々な愛のエピソードが絡まり、この映画のために建てられた豪華なホテルのセットを堪能できるおまけ付き。あそうそう、忘れてはいけない。新年を祝うパーティーでYOUが歌を披露してくれます。売れない歌手という設定ですから歌はうまいわけですが、彼女自身元は「フェアチャイルド」というバンドのボーカルだった。当時のジャケット写真は実にかわいかった。

  もうひとり最後に特記しておきたいのは篠原涼子。最近の彼女の活躍は目覚しい。そういえば彼女も歌手だが、女優としての方が才能はあると感じた。このコールガール役も実に似合っている。もっと出演作が増えればいい女優になるでしょう。

人気blogランキングへ

« ALWAYS三丁目の夕日 | トップページ | 寄せ集め映画短評集 その13 »

映画」カテゴリの記事

コメント

 ルーピーQさん コメントありがとうございます。僕は三谷幸喜の芝居やTVドラマは見たことはないのですが、映画は3本とも見ました。「みんなのいえ」は今ひとつでしたが他の2本はいい。「THE有頂天ホテル」は本当に傑作ですね。
 三谷幸喜はあのむっつり顔でこんなことを考えてたのかあ。次はどんな映画を作ってくれるのだろう。もう今から期待してしまいます。

ゴブリンさん、今晩は☆
コメント&返TB有難うございます。^^
久しぶりに笑える映画を観た!という気がします。
あれだけの人数のエピソードを、最後にはキッチリ纏めてしまう監督の手腕に脱帽です。
気軽に楽しむことのできた映画でした~!

 HANAさん 久しぶりですね。TBとコメントありがとうございます。
 僕もこの映画は楽しみました。三谷幸喜監督の才能には感心します。見所がたくさんあるので、DVDが出たらほしいですね。三谷監督なら楽しいおまけが付いているのはないかと期待してしまいます。

ごぶりんさん、お久しぶりです。
私もようやく「THE 有頂天ホテル」見ましたよ。
もう、掛け値なしに面白かった!!
こういう映画を見たかったんだよ、と思いました。

2度も3度も見たい、またはそれだけ見ないとよさがわからないという映画もいいけど、
たまにはこういう楽しい映画がやっぱりいいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/8213856

この記事へのトラックバック一覧です: THE有頂天ホテル:

» たった2時間で人生は変わる◆『THE 有頂天ホテル』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
1月10日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて 「今年のうちに、心の中にある悩みをすっきりさせたい」 「一年の終わりに、何かひとつくらい、いいことをしたい」 みんながそんな思いを抱く大晦日。ホテルの威信がかかったカウントダウンパーティまであと2時間。ホテ....... [続きを読む]

» THE 有頂天ホテル [日常の履歴]
昔の喜劇映画を見てるような、妙な懐かしさを感じさせる王道な娯楽映画。 お正月映画にぴったりという感じがする。 というかむしろ年末に公開すべきだったのでは? 大晦日でごった返すホテルの一夜のお話という事で、ともすれば混乱しそうな数の登場人物と、幾ら何で...... [続きを読む]

» THE 有頂天ホテル [注意力散漫娘が司法書士になるまで五里霧中]
THE 有頂天ホテルの試写会に行ってきました。 サプライズゲストとして三谷幸喜さんと、戸田恵子さんが舞台あいさつにきました[:!:] 三谷さんは、 「映画の本編後のエンドロールの後に、ある仕掛けがあります。それを観て皆さんは涙を流すかもしれません」と言っていました。 さすが三谷さん[:ポッ:] 普通、本編終わってエンドロールが流れ始めたら、帰っっちゃいますよね〜。 最後の最後まで観客を楽しませてくれるんだ〜。って感心しちゃいました。 本編が終わり、エンドロールを必死で見守る... [続きを読む]

» THE有頂天ホテル [何を書くんだろー]
「THE有頂天ホテル」 評価 ★★★★★ (4.5) 『あらすじ』  伝統と趣のある「HOTEL AVANT」。大晦日を迎えたこのホテルは、さながら戦場のような騒がしさ の中にあった。カウントダウンパーティを控え、ある著名人の授賞式、マスコミ...... [続きを読む]

» 『THE 有頂天ホテル』 [個人趣味日記]
今日はバイトも休みでやる事もなかったので、一人で今話題のTHE 有頂天ホテルを見に行ってきました。邦画見るのって久々な気がする。 友達がいないわけではありません!一人でゆっくり見たかっただけです。 寂しくなんかないやい(笑) んで映画の話ですが、出演者が....... [続きを読む]

» THE 有頂天ホテル [Akira's VOICE]
面白いけれど,物足りない部分もある群像コメディ。 人混みの中を二時間歩いたような疲労感も。。 [続きを読む]

» THE 有頂天ホテル [きょうのあしあと]
「自分に正直に生きるのが一番!言いたい奴には言わせときゃいいのよ!」 http://www.uchoten.com/ 監督・脚本:三谷幸喜 出演:役所広司、松たか子、佐藤浩市、香取慎吾、篠原涼子、戸田恵子、生瀬勝久、麻生久美子、YOU、オダギリジョー、他 劇場:川崎チネチッタ 先日、正月特番でファイナルを迎えた「古畑任三郎」の三谷幸喜が監督・脚本の娯楽作品。1月14日は正月映画第二弾の公開が始まる日。「スタンドアップ」「プライドと偏見」「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」と注目作品が公開さ... [続きを読む]

» 映画「THE 有頂天ホテル」様々な人間模様が同時進行 [いもロックフェスティバル]
三谷幸喜が脚本・監督を務めた映画「THE 有頂天ホテル」の試写会に行った。 大 [続きを読む]

» 有頂天ホテル [俺の話を聴け〜!]
ものすごく期待して観に行った。待ちに待った三谷さんの新作だもんね。いやなことが多い毎日なんで、単純にゲラゲラ笑い転げたかった。見終わった後は、面白いだけじゃなくて、この映画を作り上げた全ての人たちに心から拍手を送っていた。こんな複雑に絡み合った話をよくま....... [続きを読む]

» 映画のご紹介(84) THE 有頂天ホテル [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(84) THE 有頂天ホテル The 有頂天ホテル 年末のホテルは、 とっても忙しい。 大好きな三谷幸喜監督の最新作。 jamsession123goは、今まで、三谷幸喜の監督作品(みんな....... [続きを読む]

» 『THE有頂天ホテル』〜ほっかむりパラダイス〜 [Swing des Spoutniks]
『THE有頂天ホテル』公式サイト 監督:三谷幸喜出演:役所広司 松たか子 佐藤浩市ほか 【あらすじ】(goo映画より)物語の舞台は大晦日の大ホテル。そこに集ったそれぞれの人々に起こるそれぞれのハプニング。彼らに、幸せな新年は訪れるのだろうか?“ホテルア....... [続きを読む]

» 「THE有頂天ホテル」有頂天にはまだ早い! [soramove]
「THE有頂天ホテル」★★★ 役所広司、松たか子、佐藤浩市主演 三谷幸喜監督、2005年 年明けから監督自身 TVに露出しまくって 劇場も混んでます。いい事です。 クセのある俳優がゾロゾロ出て、 それぞれのストーリーが大晦日の ホテルのカウントダウンに向か...... [続きを読む]

» THE 有頂天ホテル [HANAのしみじみデジタル日記]
 THE 有頂天ホテルを観てきました。  期待通りの楽しい映画でした。何しろ出演者の豪華なこと!まさにエンターテイメント!!  ただ、もう一度みたいといった感動は特にありません。楽しい2時間をありがとう!というところでしょうか。  大晦日のカウントダウンパーティーに向けて大忙しのホテルマンたち。副支配人の新堂(役所広司)とマネージャーの矢部(戸田恵子)を中心に準備に余念が・・・・ありすぎです�... [続きを読む]

» 三谷幸喜 『THE 有頂天ホテル』☆今年3本目☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
『THE 有頂天ホテル』 公式サイト:http://www.uchoten.com/製作:2005年日本監督:三谷幸喜出演:役所広司/松たか子/佐藤浩市/篠原涼子/香取慎吾 《公開時コピー》最悪の大晦日に起こった、最高の奇跡。 物語の舞台は大晦日の高級ホテル。そこに集ったそれぞれ....... [続きを読む]

» THE 有頂天ホテル [お熱いのがお好き]
THE 有頂天ホテル 2006年1月14日公開 監督:三谷幸喜 役所広司  松たか子 佐藤浩市  篠原涼子 香取慎吾  戸田恵子 生瀬勝久  麻生久美子 YOU    オダギリジョー 角野卓造 寺島進 浅野和之 近藤芳正 川平慈英 堀内敬子 梶原善 石井正則 原田美枝子 唐沢寿明 津川雅彦 伊東四朗 西田敏行 これだけ豪華なキャストが1人残らずあくの強いキャラで出演するなんて、 なんてすごいんだこの映画。な... [続きを読む]

» THE有頂天ホテル [映画日記]
【鑑賞】完成披露試写会 【日本公開】2006年1月14日 【製作年/製作国】2005/日本 【監督】三谷幸喜 【出演】役所広司/松たかこ/佐藤浩市/香取慎吾/篠原涼子/戸田恵子/生瀬勝久/麻生久美子/オダギリジョー/原田美枝子/唐沢寿明 舞台となるのは大...... [続きを読む]

» THE 有頂天ホテル(2005/日本/監督:三谷幸喜) [のら猫の日記]
【新宿オデヲン座】 都内の高級ホテル“ホテルアバンティ”。新年のカウントダウンパーティーまであと2時間あまり。その成否はホテルの威信に関わり、これを無事終えることが副支配人の新堂平吉(役所広司)に課せられた責務。ところが、そんな新堂をあざ笑うかのように、思..... [続きを読む]

» 映画:「THE 有頂天ホテル」 [遠慮無く…書くよ!]
監督: 三谷幸喜 出演: 役所広司、松たか子、佐藤浩市、西田敏行、香取慎吾、篠原涼子 脚本: 三谷幸喜 制作: 2005 日本 評価: ★★☆☆☆ さぁて、★2つ [続きを読む]

» 『THE有頂天ホテル』、観ました。 [肯定的映画評論室・新館]
 『THE有頂天ホテル』、映画館で観ました。大晦日を迎えた「ホテルアバンティ」では、ホテルの威信がかかった年越しカウントダウンパーティーの準備で大忙し。そんな中でも副支配人の新堂平吉は、様々な問題に機転を利かせて対応するのだが……。 いわゆる“『グランドホテル』形式”の群像劇。当の『グランドホテル』はボクが10代の頃に一度観ようとして‥‥、しかし、観れずに途中でリタイヤし、今日に至るわけですが(笑)、勿論... [続きを読む]

» ■THE 有頂天ホテル [ルーピーQの活動日記]
物語の舞台は大晦日の大ホテル“ホテルアバンティ”。副支配人である新堂(役所広司)の仕事は多忙極まりなく、なんとか大晦日を無事に終えたいと願っていた。しかしホテルには、訳ありの人物たちが続々集結。彼の願いも虚しく、トラブルばかりが発生していく・・・。 ... [続きを読む]

» THE有頂天ホテル [シネクリシェ]
 「匠気」という言葉がありますが、その意味は「芸術家などが、自分の作品の出来栄えを見せびらかそうとする気どり」※。もちろん、あまりいいニュア [続きを読む]

» THE 有頂天ホテル [Alice in Wonderland]
見ちゃいました。三谷幸喜氏の最新映画 とっても面白かった~ 彼が監督だからこそこんなに豪華メンバーが揃うのだろうし、一人一人の個性を壊すことなくすべての登場人物の人生を上手に描けていたことにです。 大爆笑というよりはクスクスって感じの笑いをいっぱいもら...... [続きを読む]

» やっと「THE有頂天ホテル」見てきました [よしなしごと]
- やっと見に行ってきましたTHE有頂天ホテル。実はコメディはあんまり好きではないので(とうか、映画館で見る必要がないかなと思っているので)、最初は見に行かないつもりだったんですが、あまりにも周りの人が「映画によく行ってるからもう見たでしょ。どうだった?見に行きたいんだよね~。」と言われるので、そこまで評判高いなら、まあ見に行くかなということで行ってきました。... [続きを読む]

« ALWAYS三丁目の夕日 | トップページ | 寄せ集め映画短評集 その13 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
無料ブログはココログ