最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« うえだ城下町映画祭②「女が階段を上る時」 | トップページ | 資料・日本と諸外国の映画環境① »

2005年11月15日 (火)

傑作TVドラマ「第一容疑者」

moon14  TVドラマシリーズ「第一容疑者」(1992-96)の第1巻と第2巻を観た。優れた警察ドラマである。日本の9時台に放送されるサスペンス・ドラマとは雲泥の差だ。2000年にBFIが選定した「英国テレビ番組ベスト100」(本館ホームページ「緑の杜のゴブリン」の「イギリス映画の世界」コーナーに入れてあります)の68位にランクされた傑作である。脚本・原案はリンダ・ラプランテ。主演は「キャル」「エクスカリバー」「英国万歳!」「グリーン・フィンガーズ」「ゴスフォード・パーク」「カレンダー・ガールズ」など、映画でも活躍中のヘレン・ミレン。美人ではないしもう中年だが、女優として実に魅力的である。かつてのグレンダ・ジャクソンを思わせる。「第一容疑者」は何年か前にNHKで放送されたそうだが、「ER」シリーズ以外はあまりテレビでドラマを見ないので知らなかった。今回中古店でBOXを手に入れ、はじめて観たのである。

  新しく捜査主任になったジェーン・テニスン主任警部(ヘレン・ミレン)が警察内の女性差別にもめげず、なかなか尻尾を出さない連続娼婦殺人犯を追い詰めてゆくのが第1巻。タイトル通り、ある男が容疑者として早くから上がっているのだが、なかなか立証する証拠が挙がらない。あらゆる方面から糸口を手繰って行き容疑者を追い詰めてゆく展開が見事である。容疑者は早い段階で絞られているので、犯人探しではなくむしろアリバイ崩しや証拠がために主眼がある。その意味では倒叙ものの系統に入る。

  第2巻ではすっかり部下の信頼を得たジェーンが白骨死体をめぐる難解な事件に挑む。今回は倒叙形式ではなく真犯人がなかなか分からない。本格的な犯人捜査もの。ジェーンの黒人の恋人が同じ捜査班に加わり、ジェーンをあわてさせたり、勝手な行動を取ってジェーンを追い詰めたりする。毎回新たな展開がありそうで第3巻以降が楽しみだ。BOX1には3巻、BOX2には4巻収録。 ヘレン・ミレンが実にりりしい。とても「カレンダー・ガールズ」でヌードになったおばちゃんと同じ人とは思えない。優れた女優である証だ。

  英国の警察ドラマには「インスペクター・モース(主任警部モース)」(同42位)、「刑事ロニー・クレイブン」(同15位)などがあって、警察物は人気のようだ。この2つは見ていないが、「バーナビー警部」シリーズはDVDで全部見た。これも良かった。ベスト100には入っていないが優れたシリーズだと思う。フロスト警部のTVドラマシリーズもあるようだがまだ見ていない。『クリスマスのフロスト』など原作はどれも面白いので期待できそうだ。

  外国のTVシリーズといえば、最近は韓国ものが大量に入ってきている。偏見なのかこれらは一つも見ていない。どうも映画ほどは食指が動かない。アメリカのTVシリーズは何と言っても「ER」と「バンド・オブ・ブラザーズ」が最高。後者は絶対おすすめである。映画「プライベート・ライアン」の続編の様な性格のシリーズである。これほどリアルな戦争ドラマは他にない。特に第9話は衝撃的だ。ぜひ観てほしい。「24」は第1シーズンこそ息もつがせぬ展開でぐいぐいひきつけられたが、第2シーズン以降は話が荒唐無稽になって興味を失った。「ツイン・ピークス」は最初こそ謎が謎を呼ぶ展開で素晴らしかったが、最後は超常現象で終わってしまうのでがっかりした。「ダーク・エンジェル」も第1シーズンはすっかりジェシカ・アルバにはまってしまった。ドラマの出来もいい。しかし第2シーズンは今ひとつで、結局途中で観るのをやめてしまった。「Xファイル」はあまり興味がなくほとんど観ていない。

  イギリスのTV番組はBBCのドキュメンタリーが何といっても有名だ。世界の最高水準だろう。その陰に隠れてドラマはあまり知られていないと思う。しかし水準はかなり高そうだ。中古屋で見つけたら即買いである。「第一容疑者」にはしばらく病み付きになりそうだ。その間映画があまり観られないのではないかと今から心配だ。

« うえだ城下町映画祭②「女が階段を上る時」 | トップページ | 資料・日本と諸外国の映画環境① »

コメント

 いつさんコメントありがとうございます。
 Edge of Darknessはまだ観ていませんが面白そうですね。イギリスのドラマのレベルの高さには驚かされます。もっといろいろな外国ドラマがレンタルできるようになってほしい。真剣にそう思います。いちいち自分で買っていたらお金がいくらあっても足りません。何せドラマは巻数が多いですから。

Prime Suspect は日本でも容易にDVD全編入手可能です。
Edge of Darknessは別のところでも書いたように、まったく内容を示さない邦題でTV放映され、ためにほとんど誰も見ていません。
幸いに本国ではこれは放映20年後も評判が高く、伝説的になっているので、DVDが入手できます。BBC V4169/4170です。一見の価値ありと思いますが、いわゆる「警察もの」とはちょっと違うでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/7116580

この記事へのトラックバック一覧です: 傑作TVドラマ「第一容疑者」:

« うえだ城下町映画祭②「女が階段を上る時」 | トップページ | 資料・日本と諸外国の映画環境① »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ