最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« 約三十の嘘 | トップページ | 映画レビュー一覧 あ~さ行 »

2005年11月 2日 (水)

マシニスト

2004年 スペイン・アメリカcut_b-mgear04
原題:THE MACHINIST
監督:ブラッド・アンダーソン
脚本:スコット・コーサー
出演:クリスチャン・ベイル、ジェニファー・ジェイソン・リー
    アイタナ・サンチェス=ギヨン、ジョン・シャリアン
    マイケル・アイアンサイド

 久々にアメリカの娯楽映画を観た。本当にこの手のアメリカ映画は著しく質が落ちた。観たいのに観たくなる映画がないのだからどうしようもない。とにかく何か観ようと思って借りてきたが、まあ水準の出来でしょうか。

 とにかく落ちがあまりにも情けない。「ロスト・ハイウェイ」のレビューで書いたが、これじゃリンチが不条理を持ち出したくなる気持ちも理解できる。ただ途中の不気味な展開はそれなりにみせる。差し引きゼロで水準程度におさまるというしだい。

   機械工のトレバー(クリスチャン・ベイル)は原因不明の極度の不眠症ですでに丸1年眠っていない。という設定だがそんなはずはあるわけない。睡眠不足で機械工をやっていたら1ヶ月もたたないうちに両手の指は一本もなくなっているはずだ。彼のせいで指を失った同僚のように。要するに極度の不眠症ということが大事で、寝ていないのが1年である必要はない。2、3週間ほとんど眠っていないとすれば無理のない設定なのだが、話を大きくしたかっただけだろう。むしろ不眠症の原因がわからないというのがポイントである。

  話の展開は、彼が見る不思議な現象の原因追及と謎の人物の正体の解明である。ある日、トレバーは自宅の冷蔵庫に”Who are you?”と書いてある張り紙を見つける。自分では全く覚えがない。留守中に誰かが侵入していたことになる。一隊誰の仕業か。張り紙の意味は何か、目的は何か?映画はサスペンスの色合いが濃くなる。

  不眠症で極度に痩せているトレバーは麻薬でもやっているのではないかと上司に疑われる。尿検査の後、工場の外でタバコを吸っていると見慣れない男を見かける。アイヴァン(ジョン・シャリアン)という名前で、休んでいる同僚の代わりだと話す。ところがこの男の姿はどうやらトレバーにしか見えないらしい。アイヴァンに気をとられたトレバーのせいで同僚(マイケル・アイアンサイド)が指を切断する大怪我を負ってしまう。このあたりから映画にホラーの要素(超自然的現象)が混じってくる。

  家に帰ればまた不気味な張り紙が見つかる。アメリカの子どもなら誰でも知っているハングマン・ゲームをもじった謎の張り紙。これが効果的だ。このゲームは相手の考えた単語を1文字ずつ当てて行き最後に何と言う単語かを当てるゲームである。外れるたびに少しずつ吊るし首の絵が完成して行き、単語が分かる前に絵が完成すれば答える側の負けである。

wi00   最初は6文字のうち最後の2文字erが示される。何回か張り紙が見つかるたびに分かる文字が増え,*il*erまで来た時に、トレバーは答えがmillerだと直感する。例の彼のせいで指を切断する事故にあった男の名前だ。トレバーはミラーが脅迫の犯人だと思って怒鳴り込んでゆく。しかしどうも違うらしい。このあたりまで来ると、トレバーがほとんど錯乱状態になっていることが分かる。ハングマン・ゲームの答えはこの段階で誰の目にも明らかで、ミラーは明らかに肩透かしなのだから。

  他にもあの手この手を使って不気味で怪しげな雰囲気を作り出してゆく。ナンバープレート743CRNの赤い車に乗ってトレバーの行く先々に現れるアイヴァン、ルート666という遊園地の怪しい出し物。トレバー自身も工場で危うく手をはさまれて大怪我をしそうになる。誰が機械のスイッチを入れたのかわからない。

  誰かが陰謀を張り巡らせ自分を陥れようとしている。そう信じたトレバーは、ますます精神を蝕まれていく。ありえないことが次々に起こり、サスペンスの域を超えてサイコホラーになってゆく。トレバーの体は登場したときから既にガリガリのすさまじいほどの痩せ具合である。目は落ち窪み、異様にぎらぎらしている。体中から骨が飛び出さんばかりに浮いている。意識も朦朧とすることが多く、食欲も無くなり、記憶力も落ちてゆく。ほとんど生きる亡者だ。さらに精神まで蝕まれてゆく。クリスチャン・ベイルの鬼気迫る演技がすごい。

  彼の目に見える世界は青みが勝った色合いになっている。この色合いが不気味な雰囲気によく合って効果的だ。彼は次第に周囲から孤立し,ついには会社を首になる。もうここまで来ればほとんどやけくそである。赤い車の持ち主が知りたくて番号を暗記して警察に行くが教えてくれない。ひき逃げに合った証拠があれば教えるといわれ、自ら車に飛び込んで怪我を負うことまでやる。

  しかし神経を張り詰めっぱなしでは体が持たない。彼が気を休められる居場所が2箇所ある。馴染みの娼婦スティービー(ジェニファー・ジェイソン・リー)と、いつも通っている飛行場のカフェで働くウェイトレス・マリア(アイタナ・サンチェス=ギヨン)である。そして謎を解く鍵も実はこの二人にあった。この先は言えないが、言ってもそれほど差し支えないほどのしょぼい結末である。でもまあ、言わんでおこう。

  監督は「ワンダーランド駅で」「セッション9」のブラッド・アンダーソン。「セッション9」は観てないが、「ワンダーランド駅で」はいい題材を扱ってはいるが出来は今ひとつだった。今のところ傑作はまだ作っていないということになるだろう。

« 約三十の嘘 | トップページ | 映画レビュー一覧 あ~さ行 »

映画」カテゴリの記事

コメント

KAZUさんコメントありがとうございます。
 1年眠っていないことについて同じような指摘をされていましたね。実際なんでそんな長めに設定するのか分かりません。
 クリスチャン・ベイルの劇痩せボディはゾンビものかナチスの収容所ものに使えますね。何せ本物だけに凄みがありました。

TBありがとうございます。
確かに設定からして無理がありますよね。
私的には不眠症1年後ではなく、不眠症にかかり2週間前後その苦悩や不眠症の恐ろしさを描いたほうがまだ面白い映画になっていたかもしれませんね。
下手にサスペンス調にした点が裏目に出た感じ。
クリスチャン・ベイルの演技には脱帽ですね~。バットマン・ビギンズと比べても少しの間にあれだけ筋肉質になってるのもまたすごすぎます。
また色々映画レビュー参考にさせてもらいますねー。面白いのあった是非拝見したいと思います^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/6835589

この記事へのトラックバック一覧です: マシニスト:

» マシニスト [きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/]
映画観て来ました~♪ 映画館で観るのは久々の洋画です☆ 「マシニスト」2005年公開・スペイン=アメリカ 監督/ブラッド・アンダーソン 脚本/スコット・コーサー 出演/クリスチャン・ベイル、ジェニファー・ジェイソン・リー 他 *機械工のトレヴァー(クリ...... [続きを読む]

» マシニスト [日々徒然ゆ〜だけ]
 文字通りの“骨皮筋衛門”(言い回しが古いね,毎度)の容貌で,不眠症男を熱演したクリスチャン・ベイルの姿がとにかく鬼気迫って怖い。  謎解き的な意外性はなく,非常に真っ当な内省的サスペンスものである。奇抜さはないがぐいぐいと見せるは,脚本の巧み。... [続きを読む]

» マシニスト [spoon::blog]
極度の不眠症で1年も眠れず、病的に痩せ衰えた機械工のトレヴァー(クリスチャン・ベ... [続きを読む]

» 【マシニスト】 [ココアのお部屋]
クリスチャン・ベイル、ジェニファー・ジェイソン・リー アイタナ・サンチェス=ギヨン、 出演のサイコサスペンス。 公開日:2月12日 ☆ストーリー☆ 工場で平凡な機械工として働くトレバーは、 原因不明の極度の不眠症ですでに365日眠っていない。 それで....... [続きを読む]

» 「マシニスト」 [こだわりの館blog版]
3/26 シネクイントにて このストーリーを映画化しようというのもすごいことだが それを実際に演じてしまうクリスチャン・ベールはもっとすごい! 監督:ブラッド・アンダーソン 出演:クリスチャン・ベール、ジェニファー・ジェイソン・リー、アイタナ・サンチェス=ギ... [続きを読む]

» マシニスト [映画鑑賞日記]
『ガリガリのヒーロー』 この映画の為に30キロも [続きを読む]

» マシニスト [Cinema Galleria]
なんだか後からじわじわとくる作品でした。 [続きを読む]

» マシニスト [MOVIE SHUFFLE-映画専門BLOG]
『THE MACHINIST』 スペイン・アメリカ/2004 監督:ブラッド・アンダーソン 出演:クリスチャン・ベイル ジェニファー・ジェイソン・リー ジョン・シャリアン     アイタナ・サンチェス=ギヨン マイケル・アイアンサイド 「それ以上痩せたら死ぬわ」 「セッション9」のブラッド・アンダーソン監督によるサイコサスペンス。 出演は「バットマン・ビギンズ」「リベリオン 反逆者」のクリスチャン・ベイル、「イン・ザ・カット」のジェニファー・ジェイソン・リー、「雲の中で散... [続きを読む]

« 約三十の嘘 | トップページ | 映画レビュー一覧 あ~さ行 »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ