最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« オアシス | トップページ | あの頃名画座があった(改訂版)① »

2005年11月22日 (火)

ミリオンダラー・ベイビー

2004年 アメリカ decodiv-d3
原題:Million Dollar Baby
原作:F・X・トゥール「テン・カウント」
監督:クリント・イーストウッド
音楽:クリント・イーストウッド
撮影:トム・スターン
出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク
    モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー
    ジェイ・バルチェル、マイク・コルター
    ブライアン・F・オバーン、マーゴ・マーティンデイル

 クリント・イーストウッド。数々のスターを輩出したハリウッドでもこれほど長い間第一線で活躍し続けている人物は珍しいだろう。なにしろ彼は僕が子供のころ既にスターだったのだ。テレビの「ローハイド」。当時の大人気番組だった。「ローン・レンジャー」、「コンバット」、「パパ大好き」、「名犬ラッシー」、「名犬リンチンチン」、「奥様は魔女」、「突撃マッキーバー」、「トムとジェリー」等々、おっと「ララミー牧場」と「ライフルマン」も忘れちゃいけない。今の世界中の子供たちが日本製アニメで育ったように、あの頃の日本の子供はみんなアメリカのテレビ番組を見て育ったのである。そしてマカロニ・ウエスタン時代。ジョン・ウェイン、ゲーリー・クーパー、バート・ランカスター、グレゴリー・ペック、ジェームズ・スチュワートなどが活躍する正統派西部劇も好きだったが、どちらかというとマカロニ・ウエスタンの乾いた感じの方が好きだった。ジュリアーノ・ジェンマ、リー・ヴァン・クリーフ、ジャン・マリア・ヴォロンテ、フランコ・ネロ、そしてクリント・イーストウッド。ひげ面に葉巻をくわえた苦みばしった顔が実に格好よかった。

 そして何といっても「ダーティー・ハリー」(71年)。これで一気にスターから大スターになった。その後しばらく80年代ぐらいまでは「ダーティー・ハリー」シリーズの印象が強く、ややマンネリの印象を持っていた。88年の「バード」でジャズの世界を描き、方向転換をした感じを受けた。監督業にも手を出していると意識し始めたのもこの頃か。実は既に71年の「恐怖のメロディ」から監督をやっていたのだが、まだこの頃までは俳優のイメージが強かった。本格的に監督になったと感じたのは92年の「許されざる者」あたりからだが、「マディソン郡の橋」(95年)、「スペース・カウボーイ」(2000年)、「ミスティック・リバー」(03年)とどれも作品としては今一だった。この頃はだいぶ枯れてきて、俳優としては昔とはまた別の味が出てきてよかったのだが、監督としてはまだたいしたことはないという認識だった。

  それがやっと「ミリオンダラー・ベイビー」で花開いた。久々に見るハリウッドらしい味のある映画だ。今年見たアメリカ映画の中でも「サイドウェイ」を抜いて一番の出来だと思う。監督としても俳優としても素晴らしい。細い体形は昔のままだが、髪はすっかり白くなって後退し、顔には深い皺が何本も刻まれている。すっかりじい様だ。昔の苦みばしった顔もいいがこの枯れた味わいもいい。演出も今様のめまぐるしいアクション映画とは一線を画し、悠揚迫らぬ落ち着いた展開。モ-ガン・フリーマンとの老優二人のコンビがまた抜群。室内描写が多いので全体に薄暗い雰囲気だが、光と影を活かしたキャメラ・ワークが実に効果的である。

  老優二人を向こうに回してさらに一歩抜け出た強烈な印象を与えたヒラリー・スワンクもすごい。恥ずかしながら、99年の「ボーイズ・ドント・クライ」に続く二度目のアカデミー主演賞受賞だったことを知らなかった。この若さで二度目とは!この映画ではじめてみたのだが、確かにすごい女優だ。幼い頃からスポーツ万能だったようだ。実際ボクシングの場面はすごい迫力である。一発で相手をぶっ飛ばすシーンは腰が入っているから本当の試合を見ている感じすら受ける。チャンピオンのブルー・ベアとの壮絶な打ち合いも迫力満点。筋肉質で手足が太い、そしてあの強い眼差し。リングに立つとものすごい威圧感である。演技力もなかなかのもので、素人の打ち方から一流のプロの打ち方まで、きちんと演じ分けている。最初のうちはサンドバッグをたたくしぐさも様にならず、フットワークもなくへっぴり腰で腕だけで打っている感じだった。それがやがてスクラップ(モーガン・フリーマン)とフランキー(クリント・イーストウッド)に鍛えられ少しずつうまくなってゆく。このあたりのボクサーとしての成長過程が実に自然である。

  監督何作目になるのか、もうベテランの風格を持ったイーストウッドの演出も見事である。特に伏線の使い方がうまい。「大切なのは、自分を守ること」、「モ・クシュラ」というゲール語の言葉、マギー(ヒラリー・スワンク)の父親と犬の思い出、これらはラストで大いに効果を発揮する。マギーが最後につぶやく「父親が犬にやったこと」というせりふは憎いほどぴったりのせりふだ。

  フランキーの性格描写も陰影があっていい。全体に渋くて静かな演技。ここでは小技の使い方が絶妙だ。ドアを開けると何通も床に落ちている手紙。それを拾い上げて、箱に入れる。その箱には同じように娘宛に出してそのまま送り返されてきた手紙がぎっしり詰められている。片目を失った元ボクサー・スクラップの贖罪のために熱心に教会に通っている。それでいて熱心に信仰している感じでもない。神父さんとの掛け合いが滑稽で面白い。ボクmoontalisman2サーを大切にし、決してあわてて大試合には出さない。「大切なのは、自分を守ること」が口癖になっている。ボクシングジムで暇をみては、ゲール語(昔アイルランドで使われていたケルト語系の言語)の勉強をしている。イェーツの「イニスフリーの湖島」を苦心して英語に翻訳するシーンは印象的である。イェーツはアイルランドの大詩人である。ダンという苗字からしても、どうやら彼はアイルランド系らしい。昔気質の頑固さはいかにもアイリッシュだ。マギーも苗字がフィッツジェラルドだからアイルランド系だろう。ゲール語は現在アイルランドの公用語で、小中学校では必修になっているが(日常語はもちろん英語だが)、アメリカ育ちのマギーにはさっぱり分からない。

  モーガン・フリーマンの渋い演技もいい。片目を失って現役を引退してもフランキーのもとを去らず、雑役をこなしながらフランキーに罪の意識を感じさせないよう生きている。ぐっと抑えた演技で、ここぞというときに含蓄のある言葉を吐く。絵に書いたような役柄だ。だが、モーガン・フリーマンには昔ほどすごさを感じなくなった。もともと派手な演技をする人ではないが、「ドライビング・ミス・デイジー」(89年)で出てきた頃は役者としての凄みを感じさせた。名優とはこういう人を言うのだという見本の様な人だった。このところかつての重厚さはなくなった。しかしさすがの存在感。まだ枯れてない。二人の老優のコンビは濃厚なとろみとあっさり味がうまく交じり合ってこの上ない味付けになっている。

  ヒラリー・スワンクは30歳を越えたボクサーという設定がいい。もう若くない、活躍できる期間は短いという切迫感もあるが、それ以上に苦労を重ねてきたという設定が効いている。13歳からダイナーのウェートレスとして働いているのである。生まれも貧しくトレーラー・ハウスで育った。客の食べ残しを包んで持って帰るシーンがさりげなく差し挟まれている。こういう小技がうまい。家庭環境は複雑で、母親や兄弟姉妹はよくもまあこれほどとあきれるほどの恩知らずである。だが、「あきれる」ということはそれだけリアルだということでもある。すっかり手当に頼りきりで、何も努力しない無気力な生活に慣れきった人々。こんな状態から逃れたいという強い意志が、マギーのハングリー精神のバックボーンとなっているに違いない。そんなだらしない母親でも、彼女のために家を買ってやろうとするあたりはケン・ローチの「スウィート・シックスティーン」を連想させる。どちらも子供が思うほどには母親は子供を思っていない。それが切ない。しかし、それでいて悲愴感が全く漂っていないのがいい。

  いつになく俳優について多くのスペースを割いたが、それはこの映画の基本的な魅力が主人公3人の人物描写とからみにあるからだ。優れたトレーナーと素質のあるボクサーが組めばチャンピオンも夢ではない。しかし映画はそういう展開にはならない。もはや、特に9・11以降は、アメリカン・ドリームなどは描けないのだ。だから大不況時代を描いた「シービスケット」や「シンデレラマン」のような復活劇が作られるのである。夢が羽ばたいた「アビエイター」だってこの時代だ。今のアメリカはとうに夢から覚め、現実という悪夢にさいなまれている国である。もう一度心地よい夢を見るためには過去に遡るしかないのだ。キング牧師は「いつの日かきっと」と未来に夢を託したが、過去に戻ってしか夢を語れないアメリカの現状。過去の名作や外国映画の焼き直し、ヒット作の続編ばかり作っているアメリカ映画の低迷状態は、この現状を受身的に反映していると考えていいだろう。

  映画はスポ根ドラマのように始まる。最初は女性ボクサーの指導など嫌がっていたフmoonharp_w3ランキーだが、やがて熱心に指導を始め、ついにはチャンピオンとの決戦に挑む。使い古された展開だ。ボクサーとして育てるときにいろいろアドバイスをするが、これはマカロニ・ウエスタンによく出てきたガンマンの心得に通じる。イーストウッドにとっては昔取った杵柄である。また日本のスポコン漫画の常道でもある(その典型は「あしたのジョー」)。

  最後の悲痛な結末はたまたま知っていたのでショックではない。マギーはゴングのなった後に放たれたチャンピオンの反則パンチで倒れ、倒れたところがコーナーの椅子の上だったために全身麻痺状態になってしまう。そして尊厳死へ。お定まりのパターンで始まりながら、「ロッキー」のような結末には至らない。ふいに中断されたサクセス・ストーリー。クライマックスからカタストロフィへの暗転。これが21世紀のリアリズムである。ただ、この最後の展開はいかにもハリウッド的だという気もする。さあ、ここが泣き所ですよ。そう思うせいか全く泣けなかった。しかし、興醒めというわけではない。そこはさすがにイーストウッド。いかにもという泣かせの演出にはしなかったことはむしろ褒めてもいい。淡々と経過を描いてゆく。開ききる前に散っていった大輪の花。劇的に盛り上げるのではなく、余韻を残して終わる。せめてジョーのように燃えつきて最期を迎えさせたかった。

 I will arise and go now, for always night and day       
 I hear lake water lapping with low sounds by the shore;       
 While I stand on the roadway, or on the pavements grey,       
 I hear it in the deep core of the heart.
 (from "The Lake Isle of Innisfree")

 マギーはイニスフリーへと旅立ったのだろうか。湖の岸部に寄せるさざなみの音を聞いている彼女の表情に無念さは浮かんでいないだろう。ロッキーにはなれなかった。しかしフランキーという「父」を得ることは出来た。フランキーが書いた手紙(マギーのリングローブに「モ・クシュラ/わが心の脈拍」と一言だけ書いた手紙)はたった一通だけ「娘」に届いたのだ。
 (11月23日 加筆訂正)

人気blogランキングへ

« オアシス | トップページ | あの頃名画座があった(改訂版)① »

映画」カテゴリの記事

コメント

 linさんコメントありがとうございます。
 これだけ深い味わいの映画は最近のアメリカ映画ではなかなか出会えなくなってしまいました。レッドフォードとイーストウッド、俳優出身の監督が活躍していることはうれしい限りです。
 そろそろ年間ベストテンを意識し始める時期になりましたが、「ミリオンダラー・ベイビー」は間違いなく各種ベストテンの上位に入ることでしょう。
 こちらからもTBさせていただきました。

イーストウッドはシンプルなラブストーリーと語っていましたが、「ミスティック・リバー」と本作の流れは自国アメリカへの彼自身の思いを投影するものになっているように感じました。
ラストの余韻は良かったですね。

いろいろみてますと。いろいろ知る事ができて勉強になります。友達に教えてもらって、この間とても役にたって私のお気に入りにいれたサイトを紹介します。
http://storemix.michikusa.jp/
役に立てばと思います。

カゴメさん コメントありがとうございます。
カゴメさんのブログにコメントを書かせていただきました。

この映画で目を見張ったのは、
やっぱりクリント兄貴の泣きの芝居でした。
あそこまでビシャビシャに泣くとは思ってなかったので…。
この作品の為に、あそこまで吹っ切れているとは。
(「許されざる者」でも泣きの入るところがあったけど、
ここまですごくはなかったですね)

私のレビュー、TBさせてくらさい。

TBありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/7257246

この記事へのトラックバック一覧です: ミリオンダラー・ベイビー:

» ミリオンダラー・ベイビー [ネタバレ映画館]
!けいを逆のとこいたりや。だんいなゃじ屈理はグンシクボ  この映画を観た直後に印象に残ったキーワードを書き出してみると、「110回目のプロポーズ」という言葉が残ってしまいました。「自分自身を守れ」とか「タフ・エイント・イナフ」よりもずっと強烈に・・・そして、アカデミー賞の結果は嘘じゃなかったと座骨神経にフックを食らってしまった気分です。ラスト30分に自然と涙が流れるというコピーも嘘じゃありませんで�... [続きを読む]

» 「ミリオンダラー・ベイビー」 [私でもいいですか?]
DVDにて、「ミリオンダラー・ベイビー」を観ました。私はこの作品をボクシングに賭ける女のサクセスストーリーだとばかり思っていました。けどれ、ボクサーのパンチを食らったくらい、大きく違っていました。予備知識なしで観ればきっと私以上の衝撃を受けるでしょう。... [続きを読む]

» ミリオンダラー・ベイビー [シネクリシェ]
 枯にして淡にあらず。……この映画を一口に表すとこういうことになるでしょう。  枯れた作品、枯れた演出というと、"枯淡の境地"という言葉があ [続きを読む]

» ミリオンダラー・ベイビー [いつか深夜特急に乗って]
「ミリオンダラー・ベイビー」★★★★★(名劇2) 2004年 [続きを読む]

» 『ミリオンダラー・ベイビー』、観ました。 [肯定的映画評論室・新館]
ミリオンダラー・ベイビーポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る  『ミリオンダラー・ベイビー』、映画舘で観ました。 小さなボクシング・ジムを経営するフランキー。一流の選手を育てるのだが、 タイトルマッチと背中合わせにある再起不能のリスクを自分の選手に 冒させようとしないため、成功を求めるボクサーは彼の元を去っていく。 そんな時、不遇の人生を送ってきた31歳の女性マギーが入門を志願してくる…。  勝負の世界�... [続きを読む]

» 私はこう観る!「ミリオンダラー・ベイビー」(byきのこヅマ) [肯定的映画評論室・新館]
ミリオンダラー・ベイビーポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る 夫・きのこスパの「ミリオンダラー・ベイビー」レビューを受けて その妻・きのこヅマが違った角度から解釈するアナザーレビュー! ※※※「ミリオンダラー・ベイビー(きのこヅマ編)」※※※ イーストウッドは常に、「行間を読む」という難解な作業を、 観る側に要求してきます。 行間に散りばめた無数のメッセージを、観た人それぞれに 想像させ、解読させる。 ... [続きを読む]

» 『ミリオンダラー・ベイビー』 [京の昼寝〜♪]
 “モ・クシュラ” ■監督・製作 クリント・イーストウッド ■脚本 ポ−ル・ハギス ■原作 F・X・トゥール ■キャスト クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー  ★第77回アカデミー賞主要4部門を制覇!   ・作品賞   ・監督賞 クリント・イーストウッド   ・主演女優賞 ヒラリー・スワンク    ・助演男優賞 �... [続きを読む]

» NO.113「ミリオンダラー・ベイビー」(アメリカ/クリント・イーストウッド監督) [サーカスな日々]
「犠牲」なくして成立しないアメリカン・ドリーム。 イーストウッド監督が「ミスティック・リバー」でアカデミー2冠に輝いたのは、記憶に新しい。そして、今回は、本作品で7部門にエントリーされ、4部門でトロフィーに輝いた。いったい、アメリカの映像関係者は、この初老の監督に、なぜ、ここまで惹かれるのだろう。 役者としてのイーストウッドはTVの「ローハイド」で名前を覚えられたが... [続きを読む]

» ミリオンダラー・ベイビー 今年の222本目 [猫姫じゃ]
ミリオンダラー・ベイビー ハッピーエンド、スポ根ものだとばかり思っていました。申し訳ございません。第77回アカデミー作品賞、主演女優賞、助演男優賞、監督賞、ですね。 途中まで快調に見ていたんだケド、この映画のメインストーリーが始まってからは、見るのがつら....... [続きを読む]

» ミリオンダラー・ベイビー [日々徒然ゆ〜だけ]
 アカデミー賞と言う最大の売り文句と,巧い役者勢揃いで,ハズレは無いと予想されつつ,既に巨匠の域なクリントおじの作品である。  これは尊厳の物語である。師匠と弟子以上の,そして腐れ縁の親友以上の,馴れ合い家族よりお互い知り合った,身体と心のぶつかり合いに... [続きを読む]

» ミリオンダラーベイビー「自分を守れ」と痛切なドラマの中に描く感動の作品 [話題のナレッジベース]
ミリオンダラーベイビーは、アカデミー賞で作品賞など主要4部門を制した話題の作品ですが、その内容は気力の充実したクリント・イーストウッド監督渾身の最新作。ミリオンダラーベイビーの... [続きを読む]

» 『ミリオンダラー・ベイビー』~My Darling, My Blood [本の林に月の船]
ミリオンダラー・ベイビークリント・イーストウッド F・X・トゥール ヒラリー・ス [続きを読む]

» 映画鑑賞感想文『ミリオンダラー・ベイビー』 [さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー]
さるおです。 『MILLION DOLLAR BABY/ミリオンダラー・ベイビー』を観たよ。 監督は、さるおが愛してやまない荒野の用心棒にして夕陽のガンマン、ダーティ・ハリー!『許されざる者』のオスカー監督でカリフォルニア州カーメル市の元市長、クリント・イーストウッド(Clint Ea..... [続きを読む]

» 絶句するほど美しい「絆」のドラマ/「ミリオンダラー・ベイビー」評 [I N T R O+blog]
『ミリオンダラー・ベイビー』(05/米/クリント・イーストウッド) Text By 膳場 岳人  筆者がこの映画を見てから一ヶ月以上が経つ。その間、ヒラリー・スワンクが演じたマギー・フィッツジェラルドの屈託ない笑顔を、クリント・イーストウッドが扮したフランキー・ダンの大きくてごつごつとした背中を、モ...... [続きを読む]

» ミリオンダラー・ベイビー [nao3 blog]
彼女が最後に思うのは、良い人生だった・・・ 作品賞・監督賞・主演女優賞・助演男優賞受賞作。 ええと、見終わった今となっては、主演男優賞と助演女優賞が誰だったかな?というくらい濃ゆい映画でしたね。(正解はジェイミー・フォックスとケイト・ブランシェット)... [続きを読む]

» ミリオンダラー・ベイビー [きよっちの発見]
 公開初日に見に行ってきました。混んでいるかなって思ってたんだけど、場内は以外に空いていてビックリ。  そして何よりこの映画を見てビックリ!、単なるボクシング映画じゃぁなかったのですね!ネタバレになってしまいますが『尊厳死』とは何かと言う事を真正面から見た映画なんですね。日本ではたいした論議にはならないと思いますが、キリスト教信者の多いアメリカではやはり論議になりますよね。  死を持って守らなければならないものとは何か・・・いい映画を見させていただきました。クリント・イーストウッド監督はいい映画を... [続きを読む]

» ミリオンダラー・ベイビー [CINEMA IN/OUT]
MILLION DOLLAR BABY クリント・イーストウッド監督作品(2004年・米) テーマとしては目新しいものではないが、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、クリント・イーストウッドが演じると、そしてイーストウッドが監督するとこんなにも味わい深いものになるのかと思った。L.A.が主な舞台だが基本的に色調は暗い。あたかもこの作品に登場するボクサーたちが光るのはリングの上だけだと語っているかのように。 以下、ネタバレです。反転すると表示されますが、未見の方はご注意を。 ... [続きを読む]

» ミリオンダラー・ベイビーを観る [I'm TK]
ミリオンダラー・ベイビー 今日は映画の日。というわけで、出かけてきました。 はっきり言えることは、これは映画史上に残る名作、ということ。 決してボクシングのお話ではないこと。 号泣するわけではないけれど、ずっと心に残る映画です。... [続きを読む]

» 「ミリオンダラー・ベイビー」 [ひなたクッポ]
ミリオンダラー・ベイビー 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イー [続きを読む]

» ミリオンダラー・ベイビー [I LOVE CINEMA +]
Clint Eastwood, Kyle / Stevens, Michael Eastwood, Lennie Niehaus, Hollywood Studio Symphony Million Dollar Baby 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン ボクシングで夢を実現するために、マギーは絶え間ない努力をし、何かに憑かれた様にボクシング一筋にひた走ります。真剣な態度には無駄なものをそ... [続きを読む]

» ミリオンダラー・ベイビー。 [耳の中には星の砂の忘れ物]
愛する人よ 俺の大切な血。 モ・クシュラ!!劇場公開していた時、とーっても見に行きたかったんやけど、タイミングが合わず。結局レンタルになってしまいました『ミリオンダラー・ベイビー 』。まずタイトルにセンスを感じます(←もうクリント・イーストウッドには... [続きを読む]

» 道草(ネタバレありません)Vol.15 [LACK OF WORDS]
「ミリオンダラー・ベイビー」MILLION DOLLAR BABY 監督:クリン [続きを読む]

» ミリオンダラー・ベイビー ★★★★ [TRUE-TIME WEB-LOG]
>ミリオンダラー・ベイビー まず誤解されないように明記しておく。これから暫くの間、クリント・イーストウッド監督への暴言が続くと思いますが、実は「ミリオンダラー・ベイビー」かなーり良かったんです。後半からはきちんとこの作品についてのポジティヴな感想になってゆくと思いますので(笑)どうか忍の一字で個人的な鬱憤晴らしにご協力下さい。もちろん読み飛ばしてくれてもOKさ(笑) この人が作品の中で一貫して訴え続けているメッセージをどうしても許容する事が出来ない。彼の発するメッセージが力を帯びて真に迫れば... [続きを読む]

» ミリオンダラー・ベイビー [WILD ROAD]
『ミリオンダラー・ベイビー』 2004年アメリカ(133分) 監督:クリント・イーストウッド 音楽:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド    ヒラリー・スワンク    モーガン・フリーマン    アンソニー・マッキー    ジ....... [続きを読む]

« オアシス | トップページ | あの頃名画座があった(改訂版)① »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ