最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« イブラヒムおじさんとコーランの花たち | トップページ | 座頭市物語 »

2005年10月 2日 (日)

列車に乗った男

night22002、仏・独・英・スイス
監督:パトリス・ルコント
出演:ジャン・ロシュフォール、ジョニー・アリディ
    ジャン・フランソワ・ステヴナン、イザベル・プチ・ジャック
   シャルリー・ネルソン、パスカル・パルマンティエ

   パトリス・ルコント監督作品だが、これまでとはかなり作風が違うので驚く。初老の男マネスキエを演じるジャン・ロシュフォールはおなじみのキャストだが、銀行強盗のミラン役にジョニー・アリディが出演。ルコント監督にあこがれて、出演を直訴したそうだ。この寡黙な男の存在が今までとは違う雰囲気を画面にもたらしている。ルコントの映画といえばやたらと喋り捲る印象がある。マネスキエも最初のうちはよくしゃべっていたが、寡黙なミラン相手に勝手が違うのか、彼までも寡黙になる。ミラン役のジョニー・アリディは、体は以外に貧弱な感じがしたが、顔に凄みがある。ふらりと列車を降りてある町にやってくるのだが、頭痛に悩まされて薬局に入り、そこでマネスキエと出会う。それから奇妙な同居が始まる。

   やがてミランは他の仲間と銀行強盗をたくらんでいることが観客に分かってくる。そのうちマネスキエ気付く。しかし止めるわけでもなく、むしろ手伝わせてほしいと言い出す。このあたりはロシュフォールらしい持ち味だ。最後には一応止めるのだが。マネスキエは元国語の教師で詩が好きだ。週に一度生徒を教えているが、たまたま彼が留守中に来た生徒をミランが指導する場面がある。すぐに終わってしまうのだが、生徒に色々質問をして考えさせようとする。テキストはバルザックの「ウジェニー・グランデ」。ウジェニーは男を待ち続けるのだが、電話のない時代に彼女はどうするか生徒に考えさせようとする。わずかな場面だが、印象的なシーンだ。

 マネスキエは土曜日に心臓のバイパス手術を受ける。同じ日にミランたちは銀行を襲った。なぜか機動隊が待ち伏せていた。誰かが裏切ったのか。結局ミランは撃たれて死ぬ。ほぼ同時刻にマネスキエも手術中に心臓が止まる。しかしその後蘇生する。このあたりがシュールな演出で、何が真実なのかはっきりしない。よく意味の分からない場面も出てくる。ミランが死ぬ間際に見た幻想なのか。観客の解釈に任せるというよくある演出だろうが、終わり方は余韻があって悪くない。

 ルコント監督には珍しく暗くて重たい作品だ。途中少し飽きてくるところもあるが、全体としては悪くない。佳作と言えよう。

« イブラヒムおじさんとコーランの花たち | トップページ | 座頭市物語 »

映画」カテゴリの記事

コメント

noritanさん いらっしゃいませ コメントありがとうございます。
 「列車に乗った男」は渋くていい映画です。ぜひご覧になってください。おそらく「ゴブリンのこれがおすすめ 7」からたどってこられたのだと思いますが、多少でもお役に立てたのならうれしい限りです。
 ルコント作品はまだ「列車に乗った男」しか取り上げていませんが、いずれまた他の作品もレビューしていきたいと考えています。
 今後ともよろしくお願いいたします。

ルコント監督作品は3作くらい観ているでしょうか。
今度レンタルか廉価な販売を探して「列車に乗った男」を観てみたいです。
今後共、ゴブリンさんの記事を参考にさせて頂きます。

晴薫さん コメントありがとうございます。

「名人に定跡なし」というご指摘、確かにその通りですね。何本か観ているうちにある程度固定したイメージが出来てしまいますが、優れた表現者であれば次々にそのイメージを破っていきます。

90年代前半頃にルコントの初期作品がまとまってビデオになりましたが、銀行強盗をスタイリッシュに描いた「プロフェッショナル」など、こんな作品も作っていたのかと驚いた覚えがあります。ルコント監督、まだまだ驚かせてくれそうですね。

不思議な余韻が、凡庸を超える出来にしている映画だと思いました。
名人に定跡なし、って感じでしたね、ルコント監督。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/6209814

この記事へのトラックバック一覧です: 列車に乗った男:

» 列車に乗った男 [ネタバレ映画館]
 フランス語の詩を教えているマネスキエ。  アンティークな古びた館でひっそりと一人暮らしをして、たまに来る人とおしゃべりしたくてしょうがない。この町に列車から降り立った男ミラン。謎めいたアウトローの雰囲気を漂わせ、拳銃を持っている。老人は狭心症の持病のため、土曜日には手術を受ける予定で、一方の男は土曜日に仲間と銀行強盗する計画なのだ。  今までの平凡で堅実な生活に疲れ、何もやり残せなかった人生を悔やんでいるところへ�... [続きを読む]

» 列車に乗った男 [雨の日の日曜日は・・・]
小さなリゾート地で列車から降りたアウトロー、ミランと、 そこで実直な教師として生 [続きを読む]

» 列車に乗った男 [White Screen Life]
今までその独自の感性で、『橋の上の娘』『歓楽通り』等の男女の恋愛映画を数多く作... [続きを読む]

« イブラヒムおじさんとコーランの花たち | トップページ | 座頭市物語 »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ