最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« 寄せ集め映画短評集 韓国映画10連発 | トップページ | ブログとホームページの違いに驚く »

2005年9月 1日 (木)

ある陶芸家の話

kirie_bl 食事に出かける。店に入ると年配の先客がいた。Y先生という小諸に住んでいる陶芸家の先生だと紹介された。後からKさんも来た。客が三人になった。カウンターで横に並んでいたのでマスターを挟んで色々と話をしたが、Yさんの話が面白かった。彼が独自に開発した「練りこみ」という技法の話だ。陶芸というとすぐろくろを使うと連想するが、「練りこみ」の場合はろくろが使えない。粘土を細かく切ってブロック塀を積み上げるようにして下から積み上げてゆく技法だ。粘土は何種類もの色を用意して模様をつける。上薬を塗るのではなく、一つひとつの違う色の粘土を組み合わせて模様を付けてゆく。点描画の様な手法である。写真を1枚見せてもらったが、着物の柄にヒントを得た見事な模様である。

 何と彼は50歳まで30年ほど呉服屋をやっていたそうだ。だから着物の柄に詳しかったわけだ。まさに50の手習いである。今74歳だといっていた。50歳からまったく分野の違うことに手を出してここまで来るとは。それも世界で彼にしか出来ない唯一無二の技法を編み出したのである。

 とにかく小さな粘土を一つずつ貼り付けて行くのだから気の遠くなる作業だ。写真の壷は幅50センチ、高さ50センチだからかなりの大きさである。前述のように、ろくろを使わずに下から積み上げてゆく。ろくろを使うと表面をこするわけだから、せっかく一つひとつ貼り付けた粘土が流れて混じってしまう。とにかく、空気が入らないように力を込めて押し付けながら貼り付けてゆく。

 しかも驚いたことに、粘土はあらかじめ色違いのものを何種類も分けて用意しておくのだが、焼く前はどの土も皆白い色なのだそうだ。焼いて初めて色が出る。したがって積み上げているときはほとんど白一色なのだ。粘土も間違わないように番号をつけておくのだそうである。その上、壷だから下絵の様なものは作れない。実際あらかじめ完成図を頭に描いて作ったのではないそうだ。積み上げながら模様を作り上げてゆくのだそうだ。ほとんど同じ白い色の粘土だから、組み上げた部分はどこにどういう色の粘土が入っているか頭に入れておかねばならない。それでいて完成品は見事な絵柄になっている。一体どうやったらそんなことが出来るのか。

 難しいのは一番てっぺんの部分である。壷だから口のところはすぼまっている。てっぺんのあたりはドームのようになるわけだ。ここはしっかり貼り付けないと粘土自身の重みで下にたれてきてしまう。一旦たれたら手で持ち上げて直しても、焼いたときにへこんでしまうそうである。まるで形状記憶合金だ。

 そのほかにも陶芸のいろいろな話を聞いた。実に面白かった。小諸の懐古園の近くに店があるそうなので一度行ってみたいと思った。

« 寄せ集め映画短評集 韓国映画10連発 | トップページ | ブログとホームページの違いに驚く »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

備前焼 湯乃郷窯オンラインショップ

備前焼特有の奥深さ、力強さ、それは言葉では言い表せません。私は今、陶芸の勉強中ですがその作品が良いか悪いかは人それぞれだと思います。私の選んだ作品を是非一度見てください。その内、私の作品が並ぶ日を夢見ているだけの備前焼ネットショップ店長でした。

http://egsweb.sv1.allin1.jp

他の商品もメールマガジンでどんどん紹介します。一緒に、陶芸の道を進みたいと夢見ている人は、店長山本宛にメール頂ければうれしいです。

まだまだ見難いページですが、コンテンツ増築中ですので、将来的には意見交換なども出来たらいいなって思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/5734194

この記事へのトラックバック一覧です: ある陶芸家の話:

» 20050903 今日見つけた小諸についてのブログ記事 [小諸の風]
歩いて、呑んで さんの 旅の酒(長野・小諸編) http://aobatrip.seesaa.net/article/6483098.html?reload=2005-09-03T08:10:43 銀の森のゴブリン さんの ある陶芸家の話 http://goblin.tea-nifty.com/blog/2005/09/post_de64.html 部落学序説 さんの 島崎藤村と『破戒』 http://eigaku.cocolog-nifty.com/jyosetu/20..... [続きを読む]

« 寄せ集め映画短評集 韓国映画10連発 | トップページ | ブログとホームページの違いに驚く »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ