最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« 中国旅行記――中国の旅は驚きの連続だ | トップページ | 大統領の理髪師 »

2005年9月19日 (月)

反則王

art-pure1504cw2000年 韓国
監督:キム・ジウン
出演:ソン・ガンホ、チャン・ジニョン、パク・サンミョン
    チャン・ハンソン、イ・ウォンジョン、チョン・ウンイン
    キム・スロ、コ・ホギョン、シン・ハギョン、キム・ガヨン

  もっとはちゃめちゃなコメディかと思ったが、意外にまともなコメディである。決してバカバカしさはない。むしろサラリーマンの悲哀感がよく出ていて出色の出来である。凡百のコメディと違うのはその点だ。その意味では名作「アパートの鍵貸します」に通じるものがある。ちょっとほめすぎか。ソン・ガンホ主演なので案外いい映画ではないかと思ってDVDを買ったのだが、予想以上によかった。

  イム・デホ(ソン・ガンホ)はさっぱり業績の上がらない銀行員。契約確保数はいまだゼロ。遅刻の常習犯でもある。韓国も出勤時間帯はラッシュ地獄があるようで、電車の窓ガラスに顔を押し付けられている冒頭のシーンが可笑しい。職場の朝礼もあるようで、彼が遅刻して行くと、お説教の真っ最中。さっそく怒鳴られる。(職場の様子が普通の企業の様な感じで、とても銀行に見えない。窓口ではなく、その奥にある部屋なのだろうか。)意地悪な上司で、トイレでデホはヘッドロックをかけられる。それをはずせなかったのが悔しくて、友人にテコンドーを教えてもらおうとするが、テコンドーにヘッドロックはないと言われる。もっともこうやればはずせると、色々技は教えてくれるがとてもやれそうにない。

   そんなある時たまたまプロレス・ジムのメンバー募集の張り紙を見かける。しかし恥ずかしがってすぐには入門しない。やがて決心して門をたたく。デホは館長に昔見た反則王ウルトラタイガーマスクの話をぺらぺらとまくし立てるが、館長に追い出される(実はその館長自身がその反則王だった)。その時他のレスラーをチラッと見かけるが、でれでれと練習していて少しも強そうでないのがこれまた可笑しい(それも二人しかいない)。そのジムの館長は、日本帰りの有名レスラーの試合に反則専門の相手役がほしいと頼まれていた。そこへまたデホが頼みに来たので館長は彼を弟子入りさせる。デホは反則王になるべく毎晩特訓を受ける。メリケン粉の様な目潰し、木に銀メッキを塗ったフォークなど、小道具がこっけいだ。ある時、間違えて本物のフォークを持ち込み、同僚のレスラーに突き刺してしまったり・・・。随所にコミカルなシーンを織り込んでいて飽きさせない。

  しかしそのうちデホはプロレスの素晴らしさに目覚め、反則技のみならず、本物の技も磨き始める。コーチは館長の娘。やがてデホはかなりの実力を身につける。しかも血を見るとかっとなって、とんでもないパワーを発揮することも練習試合で分かる。

ityou1  ついに本番の試合の日。本当は別のレスラーが日本帰りの有名レスラーと対戦するはずだったが時間になっても現れない。そこでデホが覆面レスラー「阿修羅X」となり登場(偶然見つけた師匠のウルトラタイガーマスクをかぶって出てくる)。最初は反則業を繰り出すが、そのうち血を見て興奮して本気で技をかけだす。場外乱闘になり、ともに血まみれで暴れまわる。いつしか壮絶な死闘になっていた。二人ともリングでダウンしてしまう。このレスリング場面はかなり引き締まった演出でぐいぐい観るものを引きつける。

  うだつの上がらない駄目人間が思わぬきっかけで俄然活躍してしまうというのはよくあるストーリーである。仕事人間としても駄目、同僚の美女にも無視されっぱなし、友達は同じ職場の同じように成績最低の男。家に帰れば父親にも馬鹿にされる。まったくうだつの上がらない面白くもない人生に、かろうじて光が差し込んだのがプロレスの世界。しがない銀行員の悲哀感と何とかそこから抜け出しというという願望、このメインの主題にコミカルな味付けと迫力ある試合の場面が適度にミックスされている。この絶妙なバランスがこの作品を成功させている。

  そして何と言ってもソン・ガンホの存在が大きい。アン・ソンギ、ハン・ソッキュ、チェ・ミンシクと並ぶ韓国男優の「四天王」。女性週刊誌でもてはやされている若手「四天王」など足元にも及ばない。ソン・ガンホはシリアスな役も見事にこなすが、あの顔つきからしてもやはりしがない庶民の役、それもコミカルな作品が一番似合う。「殺人の追憶」の田舎のどんくさい刑事役もこの範疇に入る。「大統領の理髪師」もこのタイプである。しかし到底はまり役には思えないシリアスな役も見事に演じてしまうところが彼の俳優としての本当のすごさだ。日本で言えばフランキー堺に近いタイプか。

« 中国旅行記――中国の旅は驚きの連続だ | トップページ | 大統領の理髪師 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/6013675

この記事へのトラックバック一覧です: 反則王:

» 反則王 [キャバリア映画館]
2000年  韓国監 督   キム・ジウン(クワイエット・ファミリー/箪笥/甘い [続きを読む]

» 映画「反則王」 [ある在日コリアンの位牌]
?タイトル: 反則王 ?  「まいにち♪ まいにち♪ ぼくらは てっぱんの~♪ うえで やかれて いやになっちゃうよ~♪」という歌ありましたね。そう、「およげたいやきくん」という歌。 思わずその歌を思い出してしまいました。サラリーマンの悲哀を感じる映... [続きを読む]

» 『反則王』 ソン・ガンホ好演!プロレスコメディー [enjoy! MOVIE☆LIFE]
ビデオメーカー 反則王 出演■ソン・ガンホ、キム・スロ、シン・ハギュン(友情出演) 監督■キム・ジウン <ストーリー> 落ちこぼれの銀行員イム・デホは、上司にヘッド・ロックをかけられては、屈辱的な日々を送っていた。そんな彼が、偶然目にしたプロレス館に... [続きを読む]

« 中国旅行記――中国の旅は驚きの連続だ | トップページ | 大統領の理髪師 »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ