最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

« ベッカムに恋して | トップページ | 茶の味 »

2005年9月28日 (水)

子猫をお願い

SD-fl6-092001年 韓国映画
監督、脚本:チョン・ジェウン
出演:ペ・ドゥナ、イ・ヨウォン、オク・ジヨン、イ・ウルシル
    イ・ウンジュ、オ・テギョン、キム・ファヨン
        チェ・サンソル、パク・ソングン、ムン・ジョンヒ

 韓国の女性観客映画賞で「韓国女性が選ぶ最高の韓国映画」に選ばれた作品だ。監督はこれが初長編のチョン・ジェウン。短髪で一見男性の様な顔立ち。年齢は30代くらいか。かなり落ち着いた感じの人だ。初めての長編なので自分の気持ちに重ねてストーリーを作ったとインタビューで語っている。それまでに短編を2本作っただけの新人がこれだけの作品を作れるところに、韓国映画の水準の高さ、映画人育成システムの充実ぶりがうかがえる。

  高校を出たての5人の女性が社会に出ても互いに友情を保とうと努力する映画である。テヒ役にペ・ドゥナ。ボーイッシュな髪型で鼻が大きく、決して美人ではない。しかし顔も雰囲気も坂井真紀似で、実に魅力的だ。「ほえる犬はかまない」ではすっかり魅了された。ここでも5人の中で一番の存在感だ。驚いたことにインタビューでは長髪になっていて、結構美人に見える。もう一つ驚いたのは、彼女はモデル出身だということだ。小柄なイメージだが実際は結構背が高いようだ。「リンダ リンダ リンダ」(未見)の写真を見ると一番背が高い。共演のイ・ヨウォンとオク・ジヨンとはモデル時代からの知り合いだという。

  大企業でOLをしている美人のヘジュをイ・ヨウォン、貧しい暮らしをしながらデザイナーになる夢を持っているジヨンをオク・ジヨン、双子の姉妹をイ・ウンシルとイ・ウンジュが演じている。ヘジュの誕生日に貧しいジヨンは拾った子猫をプレゼントする。しかしヘジュはいらないと付き返す。その後ジヨンは不運に見舞われ、ついには火事で家族を失う。警察による単なる型どおりの尋問になぜかジヨンは何も答えない。彼女は怪しまれ拘置される。テヒだけが彼女を案じて面会に行く。

  一時5人の関係が壊れかかるが、また仲が戻る。親とはそりが合わないが、優しいところがあるテヒ。美人で薄情でファッションなどに目がないが、仲間とは離れてゆきそうで離れないヘジュ。イラストレーターの才能があるのに貧しいゆえに夢をかなえられないジヨン。いつも陽気で明るい双子。それぞれの個性が絡み合い、つかず離れず関係が続く。社会に出て互いに流されそうになりながら、何とかむかしの友情を保とうとする5人の女性。監督が言うように、女性なら、誰もが誰かに自分を投影できるようだ。男には必ずしもぴんと来ないが。しかし共感は出来る。誰かに自分を重ねたりはしないが、群像劇として楽しめる。女性がたくさん出てくることだけが魅力なのではない。個性を描き分け、それぞれどこか社会の中に足場を十分築けず浮遊しながらも、精一杯生きようとする姿勢に共感できるのだ。ほとんど男性との恋愛が出てこないところがいい。韓国はそんな映画も作れるのだ。韓国映画にまた傑作が一つ加わった。

« ベッカムに恋して | トップページ | 茶の味 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133483/6150799

この記事へのトラックバック一覧です: 子猫をお願い:

» 子猫をお願い [ネタバレ映画館]
 予備知識ないまま観ると、テヒとジヨンの篤き友情に驚かされてしまう。今の日本ではこんなテーマの映画など作れそうもないとショックを受けたくらいだ。  女性中心の友情ドラマと言えば、ある程度社会経験を積んだ女性の友情物語、もしくは男性との恋愛が中心となる物語、『猟奇的な彼女』に見られるような誇張された強い女性の映画が考えられる。しかし、この映画の中にある等身大で純粋な友情は初めての経験だった。  ヘジュのように一流企業に就職... [続きを読む]

» 子猫をお願い。 [プチセレブになりたい!!]
出かける用があったけど、雨だったので断念。いや、正確には妥協。また今度ということに相成りました。 家で映画を見てしまいました。何を見たのかといえば韓国映画、『子猫をお願い』決して韓流に乗っかったわけではなく、たまたまwowowでやっていたから。 一見したところ...... [続きを読む]

» 20歳女性の無限大の可能性◆『子猫をお願い』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
仁川(インチョン)の商業高校を卒業した仲良し娘5人組は、今年で20歳になる。ヘジュ(イ・ヨウォン)は証券会社のOLとして働き、テヒ(ペ・ドゥナ)は実家のサウナの手伝い、ジヨン(オク・チヨン)は家が貧しい上に仕事が見つからない。中国人の双子・ピリュ(イ・ウンシ...... [続きを読む]

» 映画「子猫をお願い」 [ある在日コリアンの位牌]
タイトル: 子猫をお願い    10代後半~20代前半の女性は、だまされたと思って是非、見てください。お勧めです。    舞台は韓国の仁川(インチョン)。女子高の同級生だった少女5人は、卒業後、それぞれの人生を歩んでいるのですが、事あるごとに集ま... [続きを読む]

« ベッカムに恋して | トップページ | 茶の味 »

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ