最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

2017年6月12日 (月)

先月観た映画 採点表(17年5月)

「サンセット大通り」(1950、ビリー・ワイルダー監督、アメリカ)★★★★☆
「アルカトラズからの脱出」(1979、ドン・シーゲル監督、アメリカ)★★★★☆
「眼下の敵」(1957、ディック・パウエル監督、アメリカ)★★★★☆
「真夜中のカーボーイ」(1969、ジョン・シュレシンジャー監督、アメリカ)★★★★☆
「ヘッドライト」(1955、アンリ・ヴェルヌイユ監督、フランス)★★★★
「ナバロンの要塞」(1961、J・リー・トンプソン監督、アメリカ)★★★★
「イップ・マン 葉問」(2010、ウィルソン・イップ監督、香港)★★★★
「きっと、うまくいく」(2009、ラージクマール・ヒラニ監督、インド)★★★★
「モンパルナスの夜」(1933、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督、フランス)★★★★
「帰ってきたヒトラー」(2015、ダーヴィト・ヴネント監督、ドイツ)★★★★
「ジャズ・シンガー」(1927、アラン・クロスランド監督、アメリカ)★★★★
「ザ・ブリザード」(2016、クレイグ・ギレスピー監督、アメリカ)★★★★
「シチズンフォー スノーデンの暴露」(2014、ローラ・ポイトラス監督、米・独)★★★★
「いちご白書」(1970、スチュアート・ハグマン監督、アメリカ)★★★☆
「プロジェクトA」(1983、ジャッキー・チェン監督、香港)★★★

主演男優
 5 クリント・イーストウッド「アルカトラズからの脱出」
   ドニー・イェン「イップ・マン 葉問」
   ロバート・ミッチャム「眼下の敵」
   クルト・ユルゲンス「眼下の敵」
   ダスティン・ホフマン「真夜中のカーボーイ」
   グレゴリー・ペック「ナバロンの要塞」
   ジャン・ギャバン「ヘッドライト」
   ジョン・ヴォイト「真夜中のカーボーイ」  
 4 オリヴァー・マスッチ「帰ってきたヒトラー」
   アーミル・カーン「きっと、うまくいく」

主演女優  
 5 グロリア・スワンソン「サンセット大通り」

助演男優
 5 ヴァレリー・インキジノフ「モンパルナスの夜」
   エリッヒ・フォン・シュトロハイム「サンセット大通り」
 4 アンソニー・クイン「ナバロンの要塞」
   R・マドハヴァン「きっと、うまくいく」

助演女優
 4 フランソワーズ・アルヌール「ヘッドライト」

2017年5月29日 (月)

これから観たい&おすすめ映画・BD(17年6月)

【新作映画】公開日
5月26日
 「美しい星」(吉田大八監督、日本)
 「光をくれた人」(デレク・シアンフランス監督、イギリス・ニュージーランド・米)
5月27日
 「ちょっと今から仕事やめてくる」(成島出監督、日本)
 「おじいちゃんはデブゴン」(サモ・ハン監督、中国・香港)
 「オペレーション・メコン」(ダンテ・ラム監督、中国・香港)
 「家族はつらいよ 2」(山田洋二監督、日本)
 「光」(河瀨直美監督、日本)
 「ハロルドとリリアン」(ダニエル・レイム監督、フランス)
 「Viva!公務員」(ジェンアーロ・ヌンツィアンテ監督、イタリア)
6月1日
 「ゴールド/金塊の行方」(スティーヴン・ギャガン監督、アメリカ)
6月3日
 「20センチュリー・ウーマン」(マイク・ミルズ監督、アメリカ)
 「ブラッド・ファーザー」(ジャン・フランソワ・リシェ監督、フランス)
 「ラプチャー 破裂」(スティーヴン・シャインバーグ監督、アメリカ)
 「武曲 MUKOKU」(熊切和嘉監督、日本)
 「海辺のリア」(小林政広監督、日本)
 「ローマ法王になる日まで」(ダニエーレ・ルケッティ監督、イタリア)
 「笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ」(河邑厚徳監督、日本)
 「素敵な遺産相続」(アンディ・テナント監督、アメリカ)
 「生きとし生けるもの」(今津秀邦監督、日本)
6月9日
 「パトリオット・デイ」(ピーター・バーグ監督、アメリカ)
 「怪物はささやく」(J.A.パヨナ監督、アメリカ・スペイン)
6月10日
 「22年目の告白―私が殺人犯です―」(入江悠監督、日本)
 「セールスマン」(アスガー・ファルハディ監督、イラン・フランス)
 「ある決闘 セントヘレナの掟」(キーラン・ダーシー・スミス監督、アメリカ)
 「残像」(アンジェイ・ワイダ監督、ポーランド)
6月16日
 「山田孝之3D」(松江哲明&山下敦弘監督、日本)
 「レイルロード・タイガー」(ディン・シェン監督、中国)
6月17日
 「キング・アーサー」(ガイ・リッチー監督、英・豪・米)
 「TAP THE LAST SHOW」(水谷豊監督、日本)
 「世界にひとつの金メダル」(クリスチャン・デュゲイ監督、フランス・カナダ)
 「おとなの恋の測り方」(ローラン・ティラール監督、フランス)
 「ドッグ・イート・ドッグ」(ポール・シュレイダー監督、アメリカ)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
6月2日
 「ヒッチコック/トリュフォー」(ケント・ジョーンズ監督、米・仏)
 「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」(スティーヴン・フリアーズ監督、イギリス)
 「ドクター・ストレンジ」(スコット・デリクソン監督、アメリカ)
 「エル・クラン」(パブロ・トラベロ監督、アルゼンチン)
 「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」(ティム・バートン監督、アメリカ)
 「シーモアさんと、大人のための人生入門」(イーサン・ホーク監督、アメリカ)
 「ジュリエッタ」(ペドロ・アルモドバル監督、スペイン)
 「ブルーに生まれついて」(ロバート・パドロー監督、米・加・英)
 「母の残像」(ヨアキム・トリアー監督、ノルウェー・仏・デンマーク・米)
 「エリザのために」(クリスティアン・ムンジウ監督、ルーマニア・仏・ベルギー)
 「シーモアさんと、大人のための人生入門」(イーサン・ホーク監督、アメリカ)
 「アーバリアンズ セルビアの若きまなざし」(イヴァン・イキッチ監督、セルビア・ボスニア、他)
6月7日
 「MERU/メルー」(ジミー・チン監督、アメリカ)
 「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮」(ルカ・ルチーニ、他、監督、イタリア)
 「緑はよみがえる」(エルマンノ・オルミ監督、イタリア)
 「パシフィック・ウォー」(マリオ・ヴァン・ピーブルズ監督、アメリカ)
 「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」(ピーター・ソレット監督、米)
 「アズミ・ハルコは行方不明」(松居大悟監督、日本)
 「種まく旅人 夢のつぎ木」(佐々部清監督、日本)
 「ダーティ・グランパ」(ダン・メイザー監督、アメリカ)
 「フェンス」(デンゼル・ワシントン監督、アメリカ)
6月14日
 「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(三木孝浩監督、日本)
6月21日
 「マリアンヌ」(ロバート・ゼメキス監督、英・米)
 「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」(マテイ・ミナーチェ監督、チェコ・スロバキア)
 「人間の値打ち」(パオロ・ヴィルズィ監督、イタリア)
 「破門 ふたりのヤクビョーガミ」(小林聖太郎監督、日本)
6月28日
 「疾風ロンド」(吉田照幸監督、日本)
7月4日
 「アラビアの女王 愛と宿命の日々」(ヴェルナー・ヘルツォーク監督、米・モロッコ)
 「ネオン・・デーモン」(ニコラス・ウィンディング・レフン監督、米・仏・デンマーク)
 「疾風スプリンター」(ダンテ・ラム監督、香港・中国)
 「ヒトラーの忘れもの」(マーチン・ピータ・サンフリト監督、デンマーク・ドイツ)
 「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」(ギャビン・フッド監督、イギリス)
 「ワイルド わたしの中の獣」(ニコレッテ・クレビッツ監督、ドイツ)
 「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告白」(マイケル・アルメイダ監督、米)
 「キセキ――あの日のソビト」(兼重淳監督、日本)
7月5日
 「イングリッド・バーグマン~愛に生きた女優~」(スティーグ・ビョークマン監督、スウェーデン)
 「お嬢さん」(パク・チャヌク監督、韓国)
 「トッド・ソロンズの子犬物語」(トッド・ソロンズ監督、アメリカ)
 「ハリウッドがひれ伏した銀行マン」(ローゼマイン・アフマン監督、オランダ)
 「僕と世界の方程式」(モーガン・マシューズ監督、イギリス)
 「アイヒマンを追え!ナチスが最も畏れた男」(ラース・クラウメ監督、ドイツ)
 「人魚姫」(チャウ・シンチー監督、中国・香港)
 「バーフバリ 伝説の誕生」(S.S.ラージャマウリ監督、インド)
 「幸せなひとりぼっち」(ハンネス・ホルム監督、スウェーデン)
 「スノーデン」(オリバー・ストーン監督、米・独・仏)
 「素晴らしきかな、人生」(デヴィッド・フランケル監督、アメリカ)
7月7日
 「天使にショパンの歌声を」(レア・プール監督、カナダ)
7月12日
 「マン・ダウン 戦士の約束」(ディート・モンティエル監督、アメリカ)
 「僕らのごはんは明日で待ってる」(市井昌秀監督、日本)

【旧作DVD・BD】発売日
5月21日
 「ブーベの恋人」(64、ルイジ・コメンチーニ監督、イタリア・フランス)
5月26日
 「オーソン・ウェルズのフェイク」(73、オーソン・ウェルズ監督、仏・イラン・西独)
6月2日
 「スモーク デジタルリマスター版」(95、ウェイン・ワン監督、独・日・米)
6月7日
 「恐怖の岬」(62、J・リー・トンプソン監督、アメリカ)
6月14日
 「刑事マディガン」(67、ドン・シーゲル監督、アメリカ)

*色がついているのは特に注目している作品です。

2017年5月 2日 (火)

先月観た映画 採点表(17年4月)

「サウルの息子」(2015、ネメシュ・ラースロー監督、ハンガリー)★★★★☆
「生きうつしのプリマ」(2016、マルガレーテ・フォン・トロッタ監督、ドイツ)★★★★
「エクス・マキナ」(2015、アレックス・ガーランド監督、イギリス)★★★★
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(2016、ギャレス・エドワーズ監督、米)★★★★
「シング・ストリート」(2015、ジョン・カーニー監督、アイルランド・英・米)★★★★
「フラワーショウ!」(2014、ヴィヴィアンヌ・ドゥ・クルシ監督、アイルランド)★★★☆
「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(2016、デヴィッド・イェーツ監督、米)★★★☆

主演男優
 4 ルーリグ・ゲーザ「サウルの息子」
   フェルディア・ウォルシュ=ピーロ「シング・ストリート」

助演男優
 4 オスカー・アイザック「エクス・マキナ」

助演女優
 5 アリシア・ヴィカンダー「エクス・マキナ」

2017年4月26日 (水)

これから観たい&おすすめ映画・BD(17年5月)

【新作映画】公開日
4月21日
 「美女と野獣」(ビル・コンドン監督、アメリカ)
 「バーニング・オーシャン」(ピーター・バーグ監督、アメリカ)
4月22日
 「スウィート17モンスター」(ケリー・フレモン・クレイグ監督、アメリカ)
 「3月のライオン 後編」(大友啓史監督、日本)
 「シチリアの恋」(リン・ユゥシェン監督、中国)
4月26日
 「フリー・ファイヤー」(ベン・ウィートリー監督、英・仏)
4月28日
 「ワイルド・スピード ICE BREAK」(F.ゲイリー・グレイ監督、アメリカ)
4月29日
 「無限の住人」(三池崇史監督、日本)
 「僕とカミンスキーの旅」(ヴォルフガング・ベッカー監督、ドイツ・ベルギー)
 「草原の河」(ソンタルジャ監督、中国)
 「Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代」(ローラ・イスラエル監督、米・仏)
 「トトとふたりの姉」(アレクサンダー・ナナウ監督、ルーマニア)
 「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」(マージー・キンモンス監督、イギリス)
5月5日
 「カフェ・ソサエティ」(ウディ・アレン監督、アメリカ)
 「ノー・エスケープ 自由への国境」(ホナス・キュアロン監督、メキシコ・フランス)
5月6日
 「追憶」(降旗康男監督、日本)
 「台北ストーリー」(エドワード・ヤン監督、台湾)
 「八重子のハミング」(佐々部清監督、日本)
5月12日
 「パーソナル・ショッパー」(オリヴィエ・アサイヤス監督、フランス)
5月13日
 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(ケネス・ロナーガン監督、アメリカ)
 「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」(パコ・カベサス監督、アメリカ)
 「潜入者」(ブラッド・ファーマン監督、イギリス)
 「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」(石井裕也監督、日本)
 「トンネル 闇に鎖された男」(キム・ソンフン監督、韓国)
5月19日
 「メッセージ」(ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、アメリカ)
5月20日
 「夜に生きる」(ベン・アフレック監督、アメリカ)
 「私はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」(ガブリエーレ・マイネッティ監督、イタリア)
 「たたら侍」(錦織良成監督、日本)
 「オリーブの樹は呼んでいる」(イシアル・ボジャイン監督、スペイン)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
4月26日
 「ブラック・ファイル 野心の代償」(シンタロウ・シモサワ監督、アメリカ)
 「ミス・シェパードをお手本に」(ニコラス・ハイトナー監督、イギリス)
4月28日
 「パトリシオ・グスマン監督 DVDツインパック」(10、15、パトリシオ・グスマン監督)
  収録作品:「光のノスタルジア」「真珠のボタン」
4月29日
 「ラサへの歩き方 祈りの2400km」(チャン・ヤン監督、中国)
5月1日
 「1945年の精神」(ケン・ローチ監督、イギリス)
5月2日
 「われらが背きし者」(スザンナ・ホワイト監督、英・仏)
 「オケ老人!」(細川徹監督、日本)
 「ブルゴーニュで会いましょう」(ジェローム・ル・メール監督、フランス)
 「92歳のパリジェンヌ」(パスカル・プザドゥー監督、フランス)
 「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」(アレハンドロ・モンテヴェルデ監督、アメリカ)
 「健さん」(日比遊一監督、日本)
 「禁じられた歌声」(アブデラマン・シサコ監督、フランス・モーリタニア)
5月3日
 「ダゲレオタイプの女」(黒沢清監督、日本)
 「手紙は憶えている」(アトム・エゴヤン監督、カナダ・ドイツ)
 「マイ・ベスト・フレンド」(キャサリン・ハードウィック監督、イギリス)
 「淵に立つ」(深田晃司監督、日本)
 「とうもろこしの島」(ギオルギ・オバシュビリ監督、ジョージア・独・仏・チェコ、他)
 「みかんの丘」(ザザ・ウルシャゼ監督、エストニア・ジョージア)
5月10日
 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」(ジェイ・ローチ監督、アメリカ)
 「何者」(三浦大輔監督、日本)
 「栄光のランナー/1936ベルリン」(スティーヴン・ホプキンス監督、米・独・カナダ)
 「ぼくのおじさん」(山下敦弘監督、日本)
5月17日
 「ザ・コンサルタント」(ギャビン・オコナー監督、アメリカ)
 「シークレット・オブ・モンスター」(ブラディ・コーベット監督、英・ハンガリー・仏)
 「アスファルト」(サミュエル・ベンシェトリ監督、フランス)
 「映画 聲の形」(山田尚子監督、日本)
5月24日
 「マグニフィセント・セブン」(アントワン・フークア監督、アメリカ)
 「イエスタデイ」(ペーデル・フリント監督、ノルウェー)
5月26日
 「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」(ドン・チードル監督、アメリカ)
6月2日
 「ヒッチコック/トリュフォー」(ケント・ジョーンズ監督、米・仏)
 「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」(スティーヴン・フリアーズ監督、イギリス)
 「ドクター・ストレンジ」(スコット・デリクソン監督、アメリカ)
 「エル・クラン」(パブロ・トラベロ監督、アルゼンチン)
 「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」(ティム・バートン監督、アメリカ)
 「シーモアさんと、大人のための人生入門」(イーサン・ホーク監督、アメリカ)
 「ジュリエッタ」(ペドロ・アルモドバル監督、スペイン)
 「ブルーに生まれついて」(ロバート・パドロー監督、米・加・英)
 「母の残像」(ヨアキム・トリアー監督、ノルウェー・仏・デンマーク・米)
6月7日
 「MERU/メルー」(ジミー・チン監督、アメリカ)
 「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮」(ルカ・ルチーニ、他、監督、イタリア)
 「緑はよみがえる」(エルマンノ・オルミ監督、イタリア)
 「パシフィック・ウォー」(マリオ・ヴァン・ピーブルズ監督、アメリカ)
 「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」(ピーター・ソレット監督、米)
 「アズミ・ハルコは行方不明」(松居大悟監督、日本)
 「種まく旅人 夢のつぎ木」(佐々部清監督、日本)
 「フェンス」(デンゼル・ワシントン監督、アメリカ)
6月14日
 「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(三木孝浩監督、日本)

【旧作DVD・BD】発売日
4月28日
 「カレル・ゼマン傑作選 ブルーレイセット」(58、62、カレル・ゼマン監督、チェコ)
  収録作品:「悪魔の発明」「ほら男爵の冒険」
 「イジー・メンツェル傑作選 ブルーレイボックス」(66、69、85、イジー・メンツェル監督)
  収録作品:「スイート・スイート・ビレッジ」「つながれたヒバリ」「厳重に監視された列車」
 「ウィッカーマン」(73、ロビン・ハーディ監督、イギリス)
5月2日
 「男と女 デジタル・リマスター版」(66、クロード・ルルーシュ監督、フランス)
5月3日
 「レイズ・サ・タイタニック」(80、ジェリー・ジェイムソン監督、英・米)
5月26日
 「ディーバ」(81、ジャン・ジャック・ベネックス監督、フランス)
※ 色がついているのは特に注目している作品です。

2017年4月 8日 (土)

先月観た映画 採点表(17年2~3月)

「ブルックリン」(2015、ジョン・クローリー監督、アイルランド・イギリス・カナダ)★★★★★
「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(2015、アダム・マッケイ監督、アメリカ)★★★★☆
「ボーダーライン」(2015、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、アメリカ)★★★★
「山河ノスタルジア」(2015、ジャ・ジャンクー監督、中国・日本・フランス)★★★★
「ハーフェズ ペルシャの詩」(2007、アボルファズル・ジャリリ監督、イラン・日本)★★★★
「ガールズ&パンツァー 劇場版」(2015、水島努監督、日本)★★★★
「ハドソン川の奇跡」(2016、クリント・イーストウッド監督、アメリカ)★★★★
「ジェイソン・ボーン」(2016、ポール・グリーングラス監督、アメリカ)★★★★
「イレブン・ミニッツ」(2015、イエジー・スコリモフスキ監督、ポーランド・アイルランド)★★★★
「シン・ゴジラ」(2016、庵野秀明、樋口真嗣監督、日本)★★★
「ハサミ男」(2004、池田敏春監督、日本)★★★

主演男優
 5 クリスチャン・ベイル「マネー・ショート 華麗なる大逆転」
   トム・ハンクス「ハドソン川の奇跡」
 4 メヒディ・モラディ「ハーフェズ ペルシャの詩」
   マット・デイモン「ジェイソン・ボーン」

主演女優
 5 シアーシャ・ローナン「ブルックリン」
   チャオ・タオ「山河ノスタルジア」

助演男優
 5 ベニチオ・デル・トロ「ボーダーライン」
   スティーヴ・カレル「マネー・ショート 華麗なる大逆転」
 4 エモリー・コーエン「ブルックリン」
   ヴァンサン・カッセル「ジェイソン・ボーン」

助演女優
 4 ジュリー・ウォルターズ「ブルックリン」

2017年3月29日 (水)

これから観たい&おすすめ映画・BD(17年4月)

【新作映画】公開日 
3月24日
 「パッセンジャー」(モルテン・ティルドゥム監督、アメリカ)
3月25日
 「タレンタイム~優しい歌」(ヤスミン・アフマド監督、マレーシア)
 「娘よ」(アフィア・ナサニエル監督、パキスタン・アメリカ・ノルウェー)
 「PとJK 」(廣木隆一監督、日本)
 「未来よこんにちは」(ミア・ハンセン・ラブ監督、フランス・ドイツ)
 「クリミナル・プラン 完全なる強奪計画」(イニャーキ・ドロンソロ監督、スペイン)
 「サラエヴォの声」(ダニス・タノヴィッチカントク、仏・ボスニア・ヘルツェゴビナ)
 「世界でいちばん美しい村」(石川梵監督、日本)
 「グッバイエレジー」(三村順一監督、日本)
3月31日
 「ジャッキー ファーストレディ最後の使命」(パブロ・ラライン監督、米・チリ・仏)
 「ムーンライト」(バリー・ジェンキンス監督、アメリカ)
4月1日
 「レゴ® バットマン ザ・ムービー」(クリス・マッケイ監督、アメリカ)
 「はじまりへの旅」(マット・ロス監督、アメリカ)
 「ハードコア」(イリヤ・ナイシュラー監督、ロシア・アメリカ)
4月7日
 「ゴースト・イン・ザ・シェル」(ルパート・サンダース監督、アメリカ)
 「LION/ライオン~25年目のただいま~」(ガース・デイヴィス監督、オーストラリア)
 「夜は短し歩けよ乙女」(湯浅政明監督、日本)
4月8日
 「T2 トレインスポッティング」(ダニー・ボイル監督、イギリス)
 「ぼくと魔法の言葉たち」(ロジャー・ロス・ウィリアムズ監督、アメリカ)
 「午後8時の訪問者」(ジャン・ピエール&リュック・ダルデンヌ、ベルギー・フランス)
 「マイ・ビューティフル・ガーデン」(サイモン・アバウド監督、イギリス)
 「バーフバリ 伝説の誕生」(S.S.ラージャマウリ監督、インド)
 「作家、本当のJ.T.リロイ」(ジェフ・フォイヤージーク監督、アメリカ)
4月14日
 「グレートウォール」(チャン・イーモウ監督、中国・アメリカ)
4月15日
 「人生タクシー」(ジャファル・パナヒ監督、イラン)
 「ターシャ・チューダー 静かな水の物語」(松谷光絵監督、日本)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
3月29日
 「シアター・プノンペン」(ソト・クォーリーカー監督、カンボジア)
4月1日
 「聖の青春」(森義隆監督、日本)
4月4日
 「ある天文学者の恋文」(ジュゼッペ・トルナトーレ監督、イタリア)
 「グッバイ、サマー」(ミシェル・ゴンドリー監督、フランス)
 「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」(クーロ・サンチェス監督、スペイン)
 「PK」(ラージクマール・ヒラニ監督、インド)
 「涙するまで、生きる」(ダヴィド・オールホッフェン監督、フランス)
4月5日
 「ワイルド・シティ」(リンゴ・ラム監督、香港)
 「ピートと秘密の友達」(デヴィッド・ロウリー監督、アメリカ)
 「ジェーン」(ギャビン・オコナー監督、アメリカ)
 「お父さんと伊藤さん」(タナダユキ監督、日本)
 「怒り」(李相日監督、日本)
 「ホワイト・バレット」(ジョニー・トー監督、香港・中国)
 「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」(トム・ムーア監督、アイルランド・ベルギー・仏・他)
 「マザーズ・デイ」(ゲイリー・マーシャル監督、アメリカ)
4月7日
 「ある戦争」(トビアス・リンホルム監督、デンマーク)
4月12日
 「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」(シャロン・マグワイア監督、英)
4月19日
 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(デヴィッド・イェーツ監督、米)
 「グッドモーニングショー」(君塚良一監督、日本)
4月21日
 「永い言い訳」(西川美和監督、日本)
 「ガール・オン・ザ・トレイン」(テイト・テイラー監督、アメリカ)
4月26日
 「メン・イン・キャット」(バリー・ソネンフェルド監督、アメリカ)
 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(ギャレス・エドワーズ監督、米)
 「湯を沸かすほどの熱い愛」(中野量太監督、日本)
 「弁護人」(ヤン・ウソク監督、韓国)
4月28日
 「ストーンウォール」(ローランド・エメリッヒ監督、アメリカ)
 「フィッシュマンの涙」(クォン・オグァン監督、韓国)
5月2日
 「われらが背きし者」(スザンナ・ホワイト監督、英・仏)
 「オケ老人!」(細川徹監督、日本)
 「ブルゴーニュで会いましょう」(ジェローム・ル・メール監督、フランス)
 「92歳のパリジェンヌ」(パスカル・プザドゥー監督、フランス)
 「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」(アレハンドロ・モンテヴェルデ監督、アメリカ)
 「健さん」(日比遊一監督、日本)
5月3日
 「ダゲレオタイプの女」(黒沢清監督、日本)
 「手紙は憶えている」(アトム・エゴヤン監督、カナダ・ドイツ)
 「マイ・ベスト・フレンド」(キャサリン・ハードウィック監督、イギリス)
 「淵に立つ」(深田晃司監督、日本)
5月10日
 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」(ジェイ・ローチ監督、アメリカ)
 「何者」(三浦大輔監督、日本)
 「栄光のランナー/1936ベルリン」(スティーヴン・ホプキンス監督、米・独・カナダ)
 「ぼくのおじさん」(山下敦弘監督、日本)

【旧作DVD・BD】発売日
3月24日
 「祇園囃子」(53、溝口健二監督、日本)
3月27日
 「マルセル・パニョル/マルセイユ三部作」(31、32、36、アレクサンダー・コルダ、他)
  収録作品:「マリウス」「ファニー」「セザール」
4月5日
 「珠玉のフランス映画名作選 DVD-BOX ③」(33、34、42、43、ジャン・ルノワール、他)
  収録作品:「モンパルナスの夜」「ボヴァリー夫人」「ろくでなし」「最後の切り札」「悪魔の手」
 「かくてわが恋は終りぬ」(52、コンプトン・ベネット監督、イギリス)
4月19日
 「鷹は舞いおりた」(76、ジョン・スタージェス監督、イギリス)
 「レイズ・ザ・タイタニック」(80、ジェリー・ジェイムソン監督、英・米)

*色がついているのは特に注目している作品です。

2017年2月25日 (土)

これから観たい&おすすめ映画・BD(17年3月)

【新作映画】公開日
2月18日
 「サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ」(チュス・グティエレス監督、スペイン)
2月24日
 「ラ・ラ・ランド」(デイミアン・チャゼル監督、アメリカ)
2月25日
 「クリミナル 2人の記憶を持つ男」(アリエル・ヴロメン監督、米・英)
 「素晴らしきかな、人生」(デヴィッド・フランケル監督、アメリカ)
 「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告白」(マイケル・アルメイダ監督、米)
 「マン・ダウン 戦士の約束」(ディート・モンティエル監督、アメリカ)
 「百日告別」(トム・リン監督、台湾)
 「バンコクナイツ」(富田克也監督、日本・仏・タイ・ラオス)
 「彼らが本気で編むときは、」(荻上直子監督、日本)
 「スモーク・アンド・ミラーズ」(アルベルト・ロドリゲス監督、スペイン)
2月28日
 「バンクラッシュ」(ダニエル・カルバルソロ監督、スペイン・アルゼンチン・仏)
3月3日
 「お嬢さん」(パク・チャヌク監督、韓国)
 「ラビング 愛という名前jのふたり」(ジェフ・ニコルズ監督、英・米)
3月4日
 「アシュラ」(キム・ソンス監督、韓国)
 「ハルチカ」(市井昌秀監督、日本)
 「フレンチ・ラン」(ジェームズ・ワトキンス監督、英・仏・米)
 「汚れたミルク あるセールスマンの告発」(ダニス・タノヴィッチ監督、インド・仏・英)
 「人類遺産」(ニコラウス・ゲイハルター監督、オーストリア・独・スイス)
 「スイッチ・オフ」(パトリシア・ロゼマ監督、カナダ)
3月10日
 「ボヤージュ・オブ・タイム」(テレンス・マリック監督、仏・独・米)
 「モアナと伝説の海」(ジョン・マスカー、他、監督、アメリカ)
3月11日
 「哭声/コクソン」(ナ・ホンジン監督、韓国)
 「チア☆ダン」(河合勇人監督、日本)
 「話す犬を、放す」(熊谷まどか監督、日本)
 「残されし大地」(ジル・ローラン監督、ベルギー)
3月17日
 「SING/シング」(ガース・ジェニングス監督、アメリカ )
3月18日
 「3月のライオン 前編」(大友啓史監督、日本)
 「わたしは、ダニエル・ブレイク」(ケン・ローチ監督、英・仏・ベルギー)
 「おとなの事情」(パオロ・ジェノヴェーゼ監督、イタリア)
 「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」(神山健治監督、日本)
 「すべての政府は噓をつく」(フレッド・ピーボディ監督、カナダ)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
3月2日
 「アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲」(クロード・ルルーシュ監督、フランス)
 「イレブン・ミニッツ」(イエジー・スコリモフスキ監督、ポーランド・アイルランド)
 「ストリート・オーケストラ」(セルジオ・マシャード監督、ブラジル)
3月3日
 「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」(マイケル・グランデージ監督、イギリス)
 「オマールの壁」(ハニ・アブ・アサド監督、パレスチナ)
 「ハングリー・ハーツ」(サヴェリオ・コスタンツォ監督、イタリア)
 「歌声にのった少年」(ハニ・アブ・アサド監督、パレスチナ)
 「函館珈琲」(西尾孔志監督、日本)
3月8日
 「ジェイソン・ボーン」(ポール・グリーングラス監督、英・米・中国)
 「ザ・ギフト」(ジョエル・エドガートン監督、アメリカ)
 「後妻業の女」(鶴橋康夫監督、日本)
 「コウノトリ大作戦!」(ニコラス・ストーラー監督、アメリカ)
 「戦場のメロディ」(イ・ハン監督、韓国)
 「更年奇的な彼女」(クァク・ジェヨン監督、中国)
 「だれかの木琴」(東陽一監督、日本)
 「にがくてあまい」(草野翔吾監督、日本)
3月10日
 「オーバー・フェンス」(山下敦弘監督、日本)
3月17日
 「レッドタートル ある島の物語」(マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督、日・仏・ベルギー)
3月22日
 「ドント・ブリーズ」(フェデ・アルバレス監督、アメリカ)
 「シン・ゴジラ」(庵野秀明監督、日本)
 「フラワーショウ!」(ヴィヴィアン・デ・オルシィ監督、アイルランド)
3月24日
 「奇蹟がくれた数式」(マシュー・ブラウン監督、イギリス)
 「バースデーカード」(吉田康弘監督、日本)
3月29日
 「SCOOP!」(大根仁監督、日本)
4月1日
 「聖の青春」(森義隆監督、日本)
4月4日
 「ある天文学者の恋文」(ジュゼッペ・トルナトーレ監督、イタリア)
 「グッバイ、サマー」(ミシェル・ゴンドリー監督、フランス)
 「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」(クーロ・サンチェス監督、スペイン)
 「PK」(ラージクマール・ヒラニ監督、インド)
4月5日
 「ワイルド・シティ」(リンゴ・ラム監督、香港)
 「ピートと秘密の友達」(デヴィッド・ロウリー監督、アメリカ)
 「ジェーン」(ギャビン・オコナー監督、アメリカ)
 「お父さんと伊藤さん」(タナダユキ監督、日本)
 「怒り」(李相日監督、日本)
 「ホワイト・バレット」(ジョニー・トー監督、香港・中国)
4月12日
 「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」(シャロン・マグワイア監督、英)
4月19日
 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(デヴィッド・イェーツ監督、米)
 「グッドモーニングショー」(君塚良一監督、日本)
4月21日
 「永い言い訳」(西川美和監督、日本)

【旧作DVD・BD】発売日
2月21日
 「鉄道員」(56、ピエトロ・ジェルミ監督、イタリア)
2月24日
 「放浪の画家 ピロスマニ」(69、ゲオルギー・シェンゲラーヤ監督、ソ連)
3月24日
 「雨月物語」(53、溝口健二監督、日本)

*色がついているのは特に注目している作品です。

2017年2月12日 (日)

先月観た映画 採点表(17年1月)

「ココシリ」(2004、ルー・チュ-アン監督、中国)★★★★★
「夜のとばりの物語 ―醒めない夢―」(2011、ミッシェル・オスロ監督、フランス)★★★★☆
「無防備都市」(1945、ロベルト・ロッセリーニ監督、イタリア)★★★★
「男はつらいよ 寅次郎と殿様」(1977、山田洋次監督、日本)★★★★
「ブロンドの殺人者」(1943、エドワード・ドミトリク監督、アメリカ)★★★

主演男優
 5 デュオ・ブジェ「ココシリ」
   渥美清「男はつらいよ 寅次郎と殿様」

助演男優
 5 アルド・ファブリッツィ「無防備都市」
 4 嵐寛寿郎「男はつらいよ 寅次郎と殿様」

2017年2月 9日 (木)

これから観たい&おすすめ映画・BD(17年2月)

【新作映画】公開日
1月21日
 「沈黙―サイレンス」(マーティン・スコセッシ監督、アメリカ)
 「ザ・コンサルタント」(ギャビン・オコナー監督、アメリカ)
 「アラビアの女王 愛と宿命の日々」(ヴェルナー・ヘルツォーク監督、米・モロッコ)
 「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」(レベッカ・ミラー監督、アメリカ)
 「パリ、恋人たちの影」(フィリップ・ガレル監督、フランス)
 「ショコラ~君がいて、僕がいる~」(ロシュディ・ゼム監督、フランス)
1月24日
 「ワイルド・シティ」(リンゴ・ラム監督、香港)
1月27日
 「マグニフィセント・セブン」(アントワン・フークア監督、アメリカ)
 「スノーデン」(オリバー・ストーン監督、米・独・仏)
 「未来を花束にして」(サラ・ガヴロン監督、イギリス)
 「ドクター・ストレンジ」(スコット・デリクソン監督、アメリカ)
1月28日
 「恋妻家宮本」(遊川和彦監督、日本)
 「破門 ふたりのヤクビョーガミ」(小林聖太郎監督、日本)
 「僕と世界の方程式」(モーガン・マシューズ監督、イギリス)
 「エリザのために」(クリスティアン・ムンジウ監督、ルーマニア・仏・ベルギー)
 「エゴン・シーレ 死と乙女」(ディーター・ベルナー監督、オーストリア・ルクセンブルク)
 「ホームレス ニューヨークと寝た男」(トーマス・ヴィルデンゾーン監督、オーストリア・米)
 「キセキ――あの日のソビト」(兼重淳監督、日本)
 「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮」(ルカ・ルチーニ、他、監督、イタリア)
2月3日
 「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」(ティム・バートン監督、アメリカ)
2月4日
 「ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男」(ゲイリー・ロス監督、アメリカ)
2月10日
 「マリアンヌ」(ロバート・ゼメキス監督、英・米)
 「王様のためのホログラム」(トム・ティクヴァ監督、アメリカ)
2月11日
 「たかが世界の終わり」(グザヴィエ・ドラン監督、カナダ・フランス)
 「グリーンルーム」(ジェレミー・ソルニエ監督、アメリカ)
 「サバイバル・ファミリー」(矢口文靖監督、日本)
 「海は燃えている イタリア最南端の小さな島」(ジャンフランコ・ロージ監督、伊・仏)
 「世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方」(ファイト・ヘルマー監督、ドイツ)
2月18日
 「ナイスガイズ!」(シェーン・ブラック監督、アメリカ)
 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」(ジャン・マルク・ヴァレ監督、アメリカ)
 「一週間フレンズ」(村上正典監督、日本)
 「愚行録」(石川慶監督、日本)
 「息の跡」(小森はるか監督、日本)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
2月2日
 「ニュースの真相」(ジェームズ・ヴァンダービルト監督、米・オーストラリア)
 「神様の思し召し」(エドアルド・ファルコーネ監督、イタリア)
 「ヒトラー 最後の代理人」(エレズ・ペリー監督、イスラエル)
2月3日
 「世界一キライなあなたに」(シーア・シェアイック監督、アメリカ)
 「神のゆらぎ」(ダニエル・グルー監督、カナダ)
 「太陽のめざめ」(エマニュエル・ベルコ監督、フランス)
 「夏美のホタル」(廣木隆一監督、日本)
2月8日
 「白い帽子の女」(アンジェリーナ・ジョリー・ピット監督、アメリカ)
 「ハイ・ライズ」(ベン・ウィートリー監督、イギリス)
 「コロニア」(フロリアン・ガレンベルガー監督、ドイツ・ルクセンブルク・フランス)
 「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」(マリー・カスティーユ、他、監督、フランス)
2月15日
 「ティエリー・トグルドーの憂鬱」(ステファム・ブリゼ監督、フランス)
2月16日
 「セルフレス/覚醒した記憶」(ターセム・シン監督、アメリカ)
2月22日
 「スター・トレック BEYOND」(ジャスティン・リン監督、アメリカ)
 「インフェルノ」(ロン・ハワード監督、アメリカ)
 「ルドルフとイッパイアッテナ」(湯山邦彦、榊原幹典監督、日本)
3月2日
 「アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲」(クロード・ルルーシュ監督、フランス)
 「イレブン・ミニッツ」(イエジー・スコリモフスキ監督、ポーランド・アイルランド)
 「ストリート・オーケストラ」(セルジオ・マシャード監督、ブラジル)
3月3日
 「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」(マイケル・グランデージ監督、イギリス)
 「オマールの壁」(ハニ・アブ・アサド監督、パレスチナ)
 「ハングリー・ハーツ」(サヴェリオ・コスタンツォ監督、イタリア)
 「歌声にのった少年」(ハニ・アブ・アサド監督、パレスチナ)
3月8日
 「ジェイソン・ボーン」(ポール・グリーングラス監督、英・米・中国)
 「ザ・ギフト」(ジョエル・エドガートン監督、アメリカ)
 「後妻業の女」(鶴橋康夫監督、日本)
 「コウノトリ大作戦!」(ニコラス・ストーラー監督、アメリカ)
 「戦場のメロディ」(イ・ハン監督、韓国)
 「更年奇的な彼女」(クァク・ジェヨン監督、中国)
 「だれかの木琴」(東陽一監督、日本)
3月10日
 「オーバー・フェンス」(山下敦弘監督、日本)
3月17日
 「レッドタートル ある島の物語」(マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督、日・仏・ベルギー)

【旧作DVD・BD】発売日
1月27日
 「サッシャ・ギトリ傑作選 Blu-ray BOX」(36~38、サッシャ・ギトリ監督、仏)
  収録作品:「夢を見ましょう」「デジレ」「カドリーユ」
2月3日
 「追憶のヨーロッパ映画~死ぬまでに見たい名画100 DVD-BOX」 
  収録作品:「罪ある女」「日曜日の人々」「かくてわが恋は終りぬ」 
2月22日
 「JSA 4Kデジタルリマスター版」(00、パク・チャヌク監督、韓国)

*色がついているのは特に注目している作品です。

2017年1月 4日 (水)

2016年に観た映画 マイ・ベスト65

【新作 マイ・ベスト40】
「黄金のアデーレ 名画の帰還」(2015、サイモン・カーティス監督、英・米)★★★★★
「スポットライト 世紀のスクープ」(2015、トム・マッカーシー監督、アメリカ)★★★★☆
「ブリッジ・オブ・スパイ」(2015、スティーヴン・スピルバーグ)監督、アメリカ)★★★★☆
「人生スイッチ」(2014、ダミアン・ジフロン監督、アルゼンチン・スペイン)★★★★☆
「独裁者と小さな孫」(2014、モフセン・マフマルバフ監督、ジョージア・他)★★★★☆
「アリスのままで」(2014、リチャード・グラツァー、他、監督、アメリカ)★★★★☆
「海街diary」(2015、是枝裕和監督、日本)★★★★☆
「雪の轍」(2014、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督、トルコ・フランス・ドイツ)★★★★☆
「ナイトクローラー」(2014、ダン・ギルロイ監督、アメリカ)★★★★☆
「レヴェナント:蘇えりし者」(2015、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督、米)★★★★
「光のノスタルジア」(2010、パトリシオ・グスマン監督、フランス・ドイツ・チリ)★★★★
「エベレスト 3D」(2015、バルタザール・コルマウクル監督、アメリカ)★★★★
「草原の実験」(2014、アレクサンドル・コット監督、ロシア)★★★★
「マーシュランド」(2014、アルベルト・ロドリゲス監督、スペイン)★★★★
「オデッセイ」(2015、リドリー・スコット監督、アメリカ)★★★★
「ひつじ村の兄弟」(2015、グリームル・ハゥコーナルソン監督、アイスランド)★★★★
「グランドフィナーレ」(2015、パオロ・ソレンティーノ監督、伊・仏・スイス・英)★★★★
「殿、利息でござる!」(2016、中村義洋監督、日本)★★★★
「バードマン」(2014、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督、米)★★★★
「ハロルドが笑う その日まで」(2014、グンナル・ヴィケネ監督、ノルウェー)★★★★
「マイ・ファニー・レディ」(2014、ピーター・ボグダノヴィッチ監督、アメリカ)★★★★
「消えた声が、その名を呼ぶ」(2014、ファティ・アキン監督、独・仏・伊・トルコ、他)★★★★
「真珠のボタン」(2014、パトリシオ・グスマン監督、フランス・チリ・スペイン)★★★★
「わたしに会うまでの1600キロ」(2014、ジャン=マルク・ヴァレ監督、アメリカ)★★★★
「イタリアは呼んでいる」(2014、マイケル・ウィンターボトム監督、イギリス)★★★★
「岸辺の旅」(2015、黒沢清監督、日本)★★★★
「クーパー家の晩餐会」(2015、ジェシー・ネルソン監督、アメリカ)★★★★
「パプーシャの黒い瞳」(2013、ヨアンナ・コス&クシシュトフ・クラウゼ監督、ポーランド)★★★★
「インサイダーズ/内部者たち」(2015、ウ・ミンホ監督、韓国)★★★★
「黒の魂」(2014、フランチェスコ・ムンズィ監督、イタリア・フランス)★★★★
「ターナー、光に愛を求めて」(2014、マイク・リー監督、イギリス)★★★★
「グォさんの仮装大賞」(2012、チャン・ヤン監督、中国)★★★★
「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」(2014、スチュアート・マードック監督、英)★★★★
「黒衣の刺客」(2015、ホウ・シャオシェン監督、台湾)★★★★
「百日紅~Miss HOKUSAI~」(2015、原恵一監督、日本)★★★★
「ソロモンの偽証 前篇・事件」(2015、成島出監督、日本)★★★★
「ソロモンの偽証 後篇・裁判」(2015、成島出監督、日本)★★★★
「靴職人と魔法のミシン」(2014、トム・マッカーシー監督、アメリカ)★★★★
「神さまがくれた娘」(2011、A・L・ヴィジャイ監督、インド)★★★★
「犬どろぼう完全計画」(2014、キム・ソンホ監督、韓国)★★★★
次「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015、J・J・エイブラムス監督、アメリカ)★★★★

【旧作 マイ・ベスト25】
「流れる」(1956、成瀬巳喜男監督、日本)★★★★★
「赤線地帯」(1955、溝口健二監督、日本)★★★★★
「狩人の夜」(1955、チャールズ・ロートン監督、アメリカ)★★★★☆
「生きるべきか死ぬべきか」(1942、エルンスト・ルビッチ監督、アメリカ)★★★★☆
「ストレイト・ストーリー」(1999、デヴィッド・リンチ監督、アメリカ)★★★★☆
「レイニング・ストーンズ」(1993、ケン・ローチ監督、イギリス)★★★★☆
「潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ」(1993、ランダ・ヘインズ監督、アメリカ)★★★★☆
「オフサイド・ガールズ」(2006、ジャファル・パナヒ監督、イラン)★★★★☆
「裸足の1500マイル」(2002、フィリップ・ノイス監督、オーストラリア)★★★★☆
「ブレッド&ローズ」(2000、ケン・ローチ監督、英・独・スペイン))★★★★☆
「白熱」(1949、ラオール・ウォルシュ監督、アメリカ)★★★★☆
「サン・ジャックへの道」(2005、コリーヌ・セロー監督、フランス)★★★★☆
「アズールとアスマール」(2006、ミッシェル・オスロ監督、フランス)★★★★☆
「華麗なる一族」(1974、山本薩夫監督、日本)★★★★☆
「サムライ」(1967、ジャン=ピエール・メルヴィル監督、フランス)★★★★
「生まれながらの悪女」(1950、ニコラス・レイ監督、アメリカ)★★★★
「スパングリッシュ」(2004、ジェームズ・L・ブルックス監督、アメリカ)★★★★
「Wの悲劇」(1984、澤井信一郎監督、日本)★★★★
「めぐり逢い」(1957、レオ・マッケリー監督、アメリカ)★★★★
「タクシー・ドライバー」(1976、マーティン・スコセッシ監督、アメリカ)★★★★
「夜の人々」(1948、ニコラス・レイ監督、アメリカ)★★★★
「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」(1973、山田洋次監督、日本)★★★★
「恐怖省」(1944、フリッツ・ラング監督、アメリカ)★★★★
「ナビゲーター ある鉄道員の物語」(2001、ケン・ローチ監督、英・独・スペイン)★★★★
「追憶の女」(1942、ジョン・ヒューストン監督、アメリカ)★★★★
次「怒りの荒野」(1967、トニーノ・ヴァレリ監督、イタリア・ドイツ)★★★★

【主演男優 マイ・ベスト35】
 アラン・ドロン「サムライ」
 ロバート・ミッチャム「狩人の夜」
 マイケル・キートン「スポットライト 世紀のスクープ」
 ジェームズ・キャグニー「白熱」
 レオナルド・ディカプリオ「レヴェナント:蘇えりし者」
 リチャード・ファーンズワース「ストレイト・ストーリー」
 ハルク・ビルギナー「雪の轍」
 リチャード・ハリス「潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ」
 ロバート・デュヴァル「潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ」
 トム・ハンクス「ブリッジ・オブ・スパイ」
 ジェイソン・クラーク「エベレスト 3D」
 ジェイク・ギレンホール「ナイトクローラー」
 マット・デイモン「オデッセイ」
 ミシャ・ゴミアシュヴィリ「独裁者と小さな孫」
 シュイ・ホァンシャン「グォさんの仮装大賞」
 ジャック・ベニー「生きるべきか死ぬべきか」
 ジャン=ピエール・ダルッサン「サン・ジャックへの道」
 アルチュス・ド・パンゲルン「サン・ジャックへの道」
 ロバート・デ・ニーロ「タクシー・ドライバー」
 佐分利信「華麗なる一族」
 ティモシー・スポール「ターナー、光に愛を求めて」
 ロブ・ブライドン「イタリアは呼んでいる」
 ライアン・レイノルズ「黄金のアデーレ 名画の帰還」
 マーク・ラファロ「スポットライト 世紀のスクープ」
 ハンフリー・ボガート「孤独な場所で」
 ジュリアーノ・ジェンマ「怒りの荒野」
 ファブリツィオ・フェラカーネ「黒の魂」
 コリン・ファース「キングスマン」
 オスカー・アイザック「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」
 阿部サダヲ「殿、利息でござる!」
 マイケル・ケイン「グランドフィナーレ」
 マイケル・キートン「バードマン」
 ビョルン・スンクェスト「ハロルドが笑う その日まで」
 ブルース・ジョーンズ「レイニング・ストーンズ」
 渥美清「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」
次 オーウェン・ウィルソン「マイ・ファニー・レディ」

【主演女優 マイ・ベスト20】
 ヘレン・ミレン「黄金のアデーレ 名画の帰還」
 山田五十鈴「流れる」
 小暮美千代「赤線地帯」
 ジョーン・フォンテイン「生まれながらの悪女」
 ジュリアン・ムーア「アリスのままで」
 綾瀬はるか「海街diary」
 ミュリエル・ロバン「サン・ジャックへの道」
 イモージェン・プーツ「マイ・ファニー・レディ」
 若尾文子「赤線地帯」
 京マチ子「赤線地帯」
 黒木華「リップヴァンウィンクルの花嫁」
 パス・ベガ「スパングリッシュ」
 薬師丸ひろ子「Wの悲劇」
 ベティ・デイヴィス「追憶の女」
 エヴァーリン・サンピ「裸足の1500マイル」
 ダイアン・キートン「クーパー家の晩餐会」
 エミリー・ブラウニング「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」
 エレーナ・アン「草原の実験」
 リース・ウィザースプーン「わたしに会うまでの1600キロ」
 デボラ・カー「めぐり逢い」
次 吉永小百合「母と暮せば」    

【助演男優 マイ・ベスト15】
 リー・ヴァン・クリーフ「怒りの荒野」
 マーク・ライランス「ブリッジ・オブ・スパイ」
 リーヴ・シュレイバー「スポットライト 世紀のスクープ」
 進藤英太郎「赤線地帯」
 ウー・ティエンミン「グォさんの仮装大賞」
 リカルド・ダリン「人生スイッチ」
 オスカル・マルティネス「人生スイッチ」
 ハリー・ディーン・スタントン「ストレイト・ストーリー」
 仲代達矢「華麗なる一族」
 加藤健一「母と暮せば」
 マーク・ストロング「キングスマン」
 スタンリー・リッジス「生きるべきか死ぬべきか」
 ジョン・グッドマン「クーパー家の晩餐会」
 伊藤英明「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」
 綾野剛「リップヴァンウィンクルの花嫁」
次 松田龍平「殿、利息でござる!」

【助演女優 マイ・ベスト20】
 田中絹代「流れる」
 沢村貞子「赤線地帯」
 浅丘ルリ子「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」
 倍賞千恵子「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」
 ティア・レオーニ「スパングリッシュ」
 マリー・ビュネル「サン・ジャックへの道」
 京マチ子「華麗なる一族」
 ドロシー・アトキンソン「ターナー、光に愛を求めて」
 マリオン・ベイリー「ターナー、光に愛を求めて」
 デメット・アクバッグ「雪の轍」 賀原夏子「流れる」
 オリヴィア・ワイルド「クーパー家の晩餐会」
 ジョディ・フォスター「タクシー・ドライバー」
 レイチェル・ワイズ「グランドフィナーレ」
 シシー・スペイセク「ストレイト・ストーリー」
 エリカ・リバス「人生スイッチ」
 三益愛子「赤線地帯」
 三田佳子「Wの悲劇」
 Cocco「リップヴァンウィンクルの花嫁」
 ルーニー・マーラ「キャロル」
次 リリアン・ギッシュ「狩人の夜」

«先月観た映画 採点表(16年12月)

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ