最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

2018年9月20日 (木)

先月観た映画 採点表(18年8月)

「ダイ・ビューティフル」(2016、ジュン・ロブレス・ラナ監督、フィリピン)★★★★
「メアリー&マックス」(2008、アダム・エリオット監督、オーストラリア)★★★★
「風前の灯」(1957、木下恵介監督、日本)★★★★
「トレイン・ミッション」(2018、ジャウマ・コレット=セラ監督、アメリカ・イギリス)★★★★
「希望のかなた」(2017、アキ・カウリスマキ監督、フィンランド)★★★★
「マイ・ビューティフル・ガーデン」(2016、サイモン・アバウド監督、イギリス)★★★★
「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」(2016、パブロ・ラライン監督、チリ・アルゼンチン、他)★★★☆

主演男優
 5 パオロ・バレステロス「ダイ・ビューティフル」
 4 リーアム・ニーソン「トレイン・ミッション」

助演男優
 4 トム・ウィルキンソン「マイ・ビューティフル・ガーデン」
   クリスチャン・バブレス「ダイ・ビューティフル」

助演女優
 5 田村秋子「風前の灯」
 4 サカリ・クオスマネン「希望のかなた」

2018年8月26日 (日)

これから観たい&おすすめ映画・BD(18年9月)

【新作映画】公開日
8月24日
 「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」(オル・パーカー監督、アメリカ)
 「ちいさな英雄~カニとタマゴと透明人間」(米林宏昌、他、監督、日本)
 「検察側の罪人」(原田眞人監督、日本)
8月25日
 「若い女」(レオノール・セライユ監督、フランス)
 「皇帝ペンギン ただいま」(リュック・ジャケ監督、フランス)
 「輝ける人生」(リチャード・ロンクレイン監督、イギリス)
8月31日
 「判決、ふたつの希望」(ジアド・ドゥエイリ監督、レバノン・フランス)
9月1日
 「きみの鳥はうたえる」(三宅唱監督、日本)
 「寝ても覚めても」(濱口竜介、日本)
 「ディヴァイン・ディーバ」(レアンドラ・レアウ監督、ブラジル)
 「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」(ヤヌス・メッツ監督、スウェーデン・デンマーク、他)
 「妻の愛、娘の時」(シルヴィア・チャン監督、中国・台湾)
9月7日
 「泣き虫しょったんの奇跡」(豊田利晃監督、日本)
 「ブレス しあわせの呼吸」(アンディ・サーキス監督、イギリス)
 「500ページの夢の束」(ベン・リューイン監督、アメリカ)
9月8日
 「1987、ある闘いの真実」(チャン・ジュナン監督、韓国)
 「ヒトラーと戦った22日間」(コンスタンチン・ハベンスキー監督、ロシア・ドイツ・他)
9月14日
 「プーと大人になった僕」(マーク・フォスター監督、アメリカ)
 「響 HIBIKI」(月川翔監督、日本)
9月15日
 「リグレッション」(アレハンドロ・アメナーバル監督、スペイン・カナダ)
 「モアナ 南海の歓喜」(1926、ロバート・フラハティ監督、アメリカ)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
8月21日
 「ダイ・ビューティフル」(ジュン・ロブレス・ラン監督、フィリピン)
9月4日
 「犯罪都市」(カン・ユンソン監督、韓国)
 「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」(マイケル・ショウォルター監督、米)
 「目撃者 闇の中の瞳」(チェン・ウェイハオ監督、台湾)
9月5日
 「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」(リュック・ベッソン監督、フランス)
 「エンドレス・ポエトリー」(アレハンドロ・ホドロフスキー監督、・仏・チリ・日本)
 「ザ・キング」(ハン・ジェリム監督、韓国)
 「さよなら、僕のマンハッタン」(マーク・ウェッブ監督、アメリカ)
 「ダンガル きっと、つよくなる」(ニテーシュ・ティワーリー監督、インド)
 「トレイン・ミッション」(ジャウマ・コレット・セラ監督、アメリカ・イギリス)
 「ベロニカとの記憶」(リテーシュ・パトラ監督、イギリス)
 「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」(スティーヴン・スピルバーグ監督、アメリカ)
 「坂道のアポロン」(三木孝浩監督、日本)
 「馬を放つ」(アクタン・アリム・クバト監督、キルギス・仏・独・日・オランダ)
 「ザ・シークレットマン」(ピーター・ランデズマン監督、アメリカ)
 「ローマンという名の男 信念の行方」(ダン・ギルロイ監督、カナダ)
 「ミステリーロード 欲望の街」(アイヴァン・セン監督、オーストラリア)
9月12日
 「サニー/32」(白石和彌監督、日本)
9月14日
 「娼年」(三浦大輔監督、日本)
 「君の名前で僕を呼んで」(ルカ・ヴァダニーノ監督、伊・仏・ブラジル・米)
9月19日
 「ぼくの名前はズッキーニ」(クロード・パラス監督、スイス・フランス)
 「ゲティ家の身代金」(リドリー・スコット監督、アメリカ)
10月2日
 「ロスト・イン・パリ」(ドミニク・アベル、他、監督、フランス・ベルギー)
 「四月の永い夢」(中川龍太郎監督、日本)
 「友罪」(瀬々敬久監督、日本)
10月3日
 「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」(アシュリング・ウォルシュ監督、カナダ、他)
 「死の谷間」(クレイグ・ゾベル監督、アイスランド・スイス・アメリカ)
 「ピーターラビット」(ウィル・グラック監督、アメリカ)
 「ブリグズビー・ベア」(デイヴ・マッカリー監督、アメリカ)
 「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」(ショーン・ベイカー監督、アメリカ)
 「ボストン ストロング」(デヴィッド・ゴードン・グリーン監督、アメリカ)
 「ローズの秘密の頁」(ジム・シェリダン監督、アイルランド)
 「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」(ジョー・ライト監督、イギリス)
 「北の桜守」(滝田洋二郎監督、日本)
 「ちはやふる―結び―」(小泉徳宏監督、日本)
10月5日
 「BPM ビート・パー・ミニット」(ロバン・カンピオ監督、フランス)

【旧作DVD・BD】発売日
8月24日
 「デリカテッセン」(91、ジャン・ピエール・ジュネ監督、フランス)
 「リトル・ダンサー」(00、スティーヴン・ダルドリー監督、イギリス)
 「ロスト・チルドレン」(95、マルク・キャロ監督、フランス)
9月28日
 「アンジェイ・ワイダ<抵抗三部作>Blu-ray BOX」(55~58、アンジェイ・ワイダ監督)
  収録作品:「世代」「地下水道」「灰とダイヤモンド」
10月11日
 「スティング」(73、ジョージ・ロイ・ヒル監督、アメリカ)

*色がついているのは特に注目している作品です。

2018年8月 8日 (水)

先月観た映画 採点表(18年6~7月)

「六月燈の三姉妹」(2013、佐々部清監督、日本)★★★★
「シェイプ・オブ・ウォーター」(2017、ギレルモ・デル・トロ監督、アメリカ)★★★★
「スリー・ビルボード」(2017、マーティン・マクドナー監督、アメリカ・イギリス)★★★★
「シャレード」(1963、スタンリー・ドーネン監督、アメリカ)★★★★
「雨の訪問者」(1970、ルネ・クレマン監督、フランス)★★★★
「画皮 あやかしの恋」(2008、ゴードン・チャン監督、シンガポール・中国・香港)★★★★
「オリエント急行殺人事件」(1974、シドニー・ルメット監督、イギリス)★★★★
「オリエント急行殺人事件」(2017、ケネス・ブラナー監督、アメリカ)★★★☆

主演男優
  4 アルバート・フィニー「オリエント急行殺人事件」(1974)
    チャールズ・ブロンソン「雨の訪問者」

主演女優
  5 フランシス・マクドーマンド「スリー・ビルボード」
    サリー・ホーキンス「シェイプ・オブ・ウォーター」   
    吹石一恵「六月燈の三姉妹」
  4 オードリー・ヘプバーン「シャレード」

助演男優
  5 マイケル・シャノン「シェイプ・オブ・ウォーター」
    ウディ・ハレルソン「スリー・ビルボード」
  4 サム・ロックウェル「スリー・ビルボード」

2018年8月 2日 (木)

これから観たい&おすすめ映画・BD(18年8月)

【新作映画】公開日
7月14日
 「最後のランナー」(スティーヴン・シン監督、中国・香港・アメリカ)
7月21日
 「マイナス21℃」(スコット・ウォー監督、アメリカ)
 「ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談」(アンディ・ナイマン監督、イギリス)
 「クレイジー・フォー・マウンテン」(ジェニファー・ビードン監督、オーストラリア)
 「悲しみに、こんにちは」(カルラ・シモン監督、スペイン)
 「人間機械」(ラーフル・ジャイン監督、インド・ドイツ・フィンランド)
7月27日
 「ウインド・リバー」(テイラー・シェリダン監督、アメリカ)
7月28日
 「沈黙、愛」(チョン・ジウ監督、韓国)
 「性別が、ない!インターセックス漫画家のクィアな日々」(渡辺正悟監督、日本)
8月1日
 「インクレディブル・ファミリー」(ブラッド・バード監督、アメリカ)
8月3日
 「ミッション・インポッシブル/フォールアウト」(クリストファー・マッカリー監督、米)
 「スターリンの葬送狂騒曲」(アーマンド・イアヌッチ監督、アメリカ)
8月4日
 「2重螺旋の恋人」(フランソワ・オゾン監督、フランス)
 「詩季織々」(イシャオシン、他、監督、日本)
8月10日
 「オーシャンズ8」(ゲイリー・ロス監督、アメリカ)
 「追想」(ドミニク・クック監督、イギリス)
8月17日
 「タリーと私の秘密の時間」(ジェイソン・ライトマン監督、アメリカ)
 「ペンギン・ハイウェイ」(石田祐康監督、日本)
8月18日
 「オーケストラ・クラス」(ラシド・ハミ監督、フランス)
 「ゲンボとタシの夢見るブータン」(アルム・バッタライ、他、監督、ブータン・ハンガリー)
8月24日
 「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」(オル・パーカー監督、アメリカ)
 「検察側の罪人」(原田眞人監督、日本)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
7月26日
 「ニーゼと光のアトリエ」(ホベルト・ベリネール監督、ブラジル)
 「私の少女時代」(フランキー・チェン監督、台湾)
8月2日
 「スリープレス・ナイト」(バラン・ボー・オーダー監督、アメリカ)
 「聖なる鹿殺し」(ヨルゴス・ランティモス監督、アイルランド・英)
 「ロング、ロングバケーション」(パオロ・ヴィルズィ監督、イタリア)
 「ゴッホ~最期の手紙~」(ドロタ・コビエラ監督、イギリス・ポーランド)
 「星空」(トム・リン監督、台湾)
8月3日
 「女の一生」(ステファヌ・ブリゼ監督、フランス・ベルギー)
 「ナチュラルウーマン」(セバスティアン・レリオ監督、チリ・独・スペイン・米)
 「はじまりの街」(イヴァーノ・デ・マッテオ監督、イタリア・フランス)
 「ハッピーエンド」(ミヒャエル・ハネケ監督、仏・独・オーストリア)
 「ヒトラーに屈しなかった国王」(エリック・ボッペ監督、ノルウェー)
 「ジュピターズ・ムーン」(コーネル・ムンドルッツォ監督、ハンガリー・ドイツ)
 「バース・オブ・ネイション」(ネイト・バーガー監督、アメリカ)
8月8日
 「ウィスキーと2人の花嫁」(ギリーズ・マッキノン監督、イギリス)
 「ルイの9番目の人生」(アレクサンドル・アジャ監督、カナダ・イギリス)
 「ローガン・ラッキー」(スティーヴン・ソダーバーグ監督、アメリカ)
 「犬猿」(吉田恵輔監督、日本)
 「羊の木」(吉田大八監督、日本)
 「ボス・ベイビー」(トム・マクグラス監督、アメリカ)
 「コンフィデンシャル/共助」(キム・ソンフン監督、韓国)
 「長江 愛の詩」(ヤン・チャオ監督、中国)
8月9日
 「マンハント」(ジョン・ウー監督、中国)
8月17日
 「今夜、ロマンス劇場で」(武内英樹監督、日本)
 「はじめてのおもてなし」(サイモン・ヴァーホーヴェン監督、ドイツ)
8月21日
 「ダイ・ビューティフル」(ジュン・ロブレス・ラン監督、フィリピン)
8月22日
 「レディ・プレイヤー1」(スティーヴン・スピルバーグ監督、アメリカ)
8月24日
 「ワンダーストラック」(トッド・ヘインズ監督、アメリカ)
9月4日
 「犯罪都市」(カン・ユンソン監督、韓国)
 「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」(マイケル・ショウォルター監督、米)
9月5日
 「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」(リュック・ベッソン監督、フランス)
 「エンドレス・ポエトリー」(アレハンドロ・ホドロフスキー監督、・仏・チリ・日本)
 「ザ・キング」(ハン・ジェリム監督、韓国)
 「さよなら、僕のマンハッタン」(マーク・ウェッブ監督、アメリカ)
 「ダンガル きっと、つよくなる」(ニテーシュ・ティワーリー監督、インド)
 「トレイン・ミッション」(ジャウマ・コレット・セラ監督、アメリカ・イギリス)
 「ベロニカとの記憶」(リテーシュ・パトラ監督、イギリス)
 「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」(スティーヴン・スピルバーグ監督、アメリカ)
 「坂道のアポロン」(三木孝浩監督、日本)
9月12日
 「サニー/32」(白石和彌監督、日本)
9月14日
 「娼年」(三浦大輔監督、日本)
9月19日
 「ぼくの名前はズッキーニ」(クロード・パラス監督、スイス・フランス)
 「ゲティ家の身代金」(リドリー・スコット監督、アメリカ)

【旧作DVD・BD】発売日
7月27日
 「ルイス・ブニュエル《フランス時代》Blu-ray BOX」(64~77、ルイス・ブニュエル)
  収録作品:「小間使いの日記」「哀しみのトリスターナ」「ブルジョアジーの秘かな愉しみ」、他
 「サテリコン」(69、フェデリコ・フェリーニ監督、イタリア・フランス)
 「悪魔の発明」(57、カレル・ゼマンg監督、チェコスロヴァキア)
 「さよなら子供たち」(87、ルイ・マル監督、仏・西独・伊)
 「地下鉄のザジ」(60、ルイ・マル監督、フランス)
8月8日
 「歌え!ロレッタ 愛のために」(80、マイケル・アプテッド監督、アメリカ)
 「フォレスト・ガンプ 一期一会」(94、ロバート・ゼメキス監督、アメリカ)

*色がついているのは特に注目している作品です。

2018年6月26日 (火)

これから観たい&おすすめ映画・BD(18年7月)

【新作映画】公開日
6月22日
 「焼肉ドラゴン」(鄭義信監督、日本)
 「オンリー・ザ・ブレイブ」(ジョセフ・コシンスキー監督、アメリカ)
 「天命の城」(ファン・ドンヒョク監督、韓国)
6月23日
 「祝福~オラとニコデムの家~」(アンナ・ザメツカ監督、ポーランド)
 「ガザの美容室」(タルザン&アラブ・ナーセル監督、パレスチナ・フランス・カタール)
 「女と男の観覧車」(ウディ・アレン監督、アメリカ)
 「告白小説、その結末」(ロマン・ポランスキー監督、仏・ベルギー・ポーランド)
 「死の谷間」(クレイグ・ゾベル監督、アイスランド・スイス・アメリカ)
 「ブリグズビー・ベア」(デイヴ・マッカリー監督、アメリカ)
6月29日
 「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」(マイケル・スピエリッグ監督、豪・米)
7月6日
 「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」(ヴァレリー・ファリス、他、監督、アメリカ)
 「アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!」(ニック・パーク監督、イギリス・フランス)
7月13日
 「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(J.A.バヨナ監督、アメリカ)
7月14日
 「キリング・ガンサー」(タラン・キラム監督、アメリカ)
 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」(湯浅弘章監督、日本)
7月20日
 「未来のミライ」(細田守監督、日本)
8月1日
 「インクレディブル・ファミリー」(ブラッド・バード監督、アメリカ)
8月3日
 「ミッション・インポッシブル/フォールアウト」(クリストファー・マッカリー監督、米)
8月10日
 「オーシャンズ8」(ゲイリー・ロス監督、アメリカ)
8月24日
 「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」(オル・パーカー監督、アメリカ)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
6月30日
 「草原の河」(ソンタルジャ監督、中国)
7月3日
 「アバウト・レイ 16歳の決断」(ゲイビー・デラル監督、アメリカ)
 「永遠のジャンゴ」(エチエンヌ・コマール監督、フランス)
 「ゆれる人魚」(アグネシュカ・スモチンスカ監督、ポーランド)
7月4日
 「エターナル」(イ・ジェヨン監督、韓国)
 「希望のかなた」(アキ・カウリスマキ監督、フィンランド)
 「15時17分、パリ行き」(クリント・イーストウッド監督、アメリカ)
 「ダウンサイズ」(アレクサンダー・ペイン監督、アメリカ)
 「デヴィッド・リンチ:アートライフ」(ジョン・グエン、他監督、アメリカ・デンマーク)
 「デトロイト」(キャスリン・ビグロー監督、アメリカ)
 「パディントン2」(ポール・キング監督、イギリス)
 「5パーセントの軌跡 嘘から始まる素敵な人生」(マルク・ローテムント監督、ドイツ)
 「ブラックパンサー」(ライアン・クーグラー監督、アメリカ)
7月18日
 「嘘を愛する女」(中江和仁監督、日本)
 「去年の冬、きみと別れ」(瀧本智行監督、日本)
 「リメンバー・ミー」(リー・アンクリッチ、エイドリアン・モリーナ監督、米)
 「5パーセントの軌跡 嘘から始まる素敵な人生」(マルク・ローテムント監督、ドイツ)
 「サリュート7」(クリム・シベンコ監督、ロシア)
7月25日
 「トゥームレイダー ファースト・ミッション」(ロアー・ウートック監督、英・米)
8月2日
 「スリープレス・ナイト」(バラン・ボー・オーダー監督、アメリカ)
 「聖なる鹿殺し」(ヨルゴス・ランティモス監督、アイルランド・英)
 「ロング、ロングバケーション」(パオロ・ヴィルズィ監督、イタリア)
 「ゴッホ~最期の手紙~」(ドロタ・コビエラ監督、イギリス・ポーランド)
8月3日
 「女の一生」(ステファヌ・ブリゼ監督、フランス・ベルギー)
 「ナチュラルウーマン」(セバスティアン・レリオ監督、チリ・独・スペイン・米)
 「はじまりの街」(イヴァーノ・デ・マッテオ監督、イタリア・フランス)
 「ハッピーエンド」(ミヒャエル・ハネケ監督、仏・独・オーストリア)
 「ヒトラーに屈しなかった国王」(エリック・ボッペ監督、ノルウェー)
8月8日
 「ウィスキーと2人の花嫁」(ギリーズ・マッキノン監督、イギリス)
 「ルイの9番目の人生」(アレクサンドル・アジャ監督、カナダ・イギリス)
 「ローガン・ラッキー」(スティーヴン・ソダーバーグ監督、アメリカ)
 「犬猿」(吉田恵輔監督、日本)
 「羊の木」(吉田大八監督、日本)
8月9日
 「マンハント」(ジョン・ウー監督、中国)
8月17日
 「今夜、ロマンス劇場で」(武内英樹監督、日本)

【旧作DVD・BD】発売日
6月21日
 「刑事」(59、ピエトロ・ジェルミ監督、イタリア)
6月29日
 「コンドル」(75、シドニー・ポラック監督、アメリカ)
 「卒業」(67、マイク・ニコルズ監督、アメリカ)
 「冬のライオン」(68、アンソニー・ハヴェイ監督、アメリカ)
 「浮草」(59、小津安二郎監督、日本)
7月4日
 「お茶漬けの味」(52、小津安二郎監督、日本)
 「早春」(56、小津安二郎監督、日本)
 「東京暮色」(57、小津安二郎監督、日本)
7月11日
 「黒い牡牛」(56、アーヴィング・ラッパー監督、アメリカ)
7月27日
 「ルイス・ブニュエル《フランス時代》Blu-ray BOX」(64~77、ルイス・ブニュエル、仏)
  収録作品:「小間使いの日記」「昼顔」「哀しみのトリスターナ」「欲望のあいまいな対象」、他

*色がついているのは特に注目している作品です。

2018年6月10日 (日)

先月観た映画 採点表(18年5月)

「砂の器」(1974、野村芳太郎監督、日本)★★★★☆
「パピヨン」(1973、フランクリン・J・シャフナー監督、フランス)★★★★☆
「疑惑」(1982、野村芳太郎監督、日本)★★★★
「サリュート7」(2016、クリム・シペンコ監督、ロシア)★★★★
「わるいやつら」(1980、野村芳太郎監督、日本)★★★★
「ありふれた悪事」(2016、キム・ボンハン監督、韓国)★★★★
「天城越え」(1983、三村晴彦監督、日本)★★★
「三匹の侍」(1964、五社英雄監督、日本)★★★
「切り裂き魔ゴーレム」(2016、フアン・カルロス・メディナ監督、イギリス)★★☆

主演男優
 5 スティーヴ・マックィーン「パピヨン」
 4 ヴラディミール・ヴドヴィチェンコフ「サリュート7」
   ソン・ヒョンジュ「ありふれた悪事」
   丹波哲郎「砂の器」

主演女優
 5 桃井かおり「疑惑」
   田中裕子「天城越え」

助演男優
 5 加藤嘉「砂の器」
   ダスティン・ホフマン「パピヨン」
   緒方拳「わるいやつら」
 4 加藤剛「砂の器」

助演女優
 5 岩下志麻「疑惑」

これから観たい&おすすめ映画・BD(18年6月)

【新作映画】公開日
5月25日
 「友罪」(瀬々敬久監督、日本)
 「ゲティ家の身代金」(リドリー・スコット監督、アメリカ)
 「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」(山田洋次監督、日本)
5月26日
 「男と女、モントーク岬で」(フォルカー・シュレンドルフ監督、独・仏・アイルランド)
 「海を駆ける」(深田晃司監督、日・仏・インドネシア)
 「ファントム・スレッド」(ポール・トーマス・アンダーソン監督、アメリカ)
6月1日
 「レディ・バード」(グレタ・ガーヴィグ監督、アメリカ)
 「ビューティフル・デイ」(リン・ラムジー監督、イギリス)
 「バーフバリ 王の凱旋 完全版」(S.S.ラージャマウリ監督、インド)
6月2日
 「最初で最後のキス」(イヴァン・コトロネーオ監督、イタリア)
6月8日
 「羊と鋼の森」(本光二郎監督、日本)
 「30年後の同窓会」(リチャード・リンクレイター監督、アメリカ)
 「万引き家族」(是枝裕和監督、日本)
6月15日
 「空飛ぶタイヤ」(本木克英監督、日本)
 「ワンダー 君は太陽」(スティーヴン・チョボスキー監督、アメリカ)
6月16日
 「ALONE アローン」(ファビオ・レジナーロ、ファビオ・グアリューネ監督、米・伊・スペイン)
 「ダークサイド」(ティム・ハンター監督、アメリカ・カナダ)
 「ゲッベルスと私」(クリスティアン・クレーネス、他、監督、オーストリア)
 「フジコ・ヘミングの時間」 (小松莊一良監督、日本)
 「ゆずりは」(加門幾生監督、日本)
6月29日
 「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(ロン・ハワード監督、アメリカ)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
5月23日
 「グレイテスト・ショーマン」(マイケル・グレイシー監督、アメリカ)
 「ジオストーム」(ディーン・デヴリン監督、アメリカ)
6月2日
 「gifted/ギフテッド」(マーゴ・ウェブ監督、アメリカ)
 「スリー・ビルボード」(マーティン・マクドナー監督、イギリス・アメリカ)
 「リングサイド・ストーリー」(武正晴監督、日本)
 「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」(トラヴィス・ナイト監督、アメリカ)
 「シェイプ・オブ・ウォーター」(ギレルモ・デル・トロ監督、アメリカ)
6月6日
 「サーミの血」(アマンダ・シェーネル監督、スウェーデン・ノルウェー・デンマーク)
 「勝手にふるえてろ」(大九明子監督、日本)
 「DESTINY 鎌倉ものがたり」(山崎貴監督、日本)
 「南瓜とマヨネーズ」(富永昌敬監督、日本)
 「J:ビヨンド・フラメンコ」(カルロス・サウラ監督、スペイン)
6月13日
 「少女ファニーと運命の旅」(ローラ・ドワイヨン監督、フランス・ベルギー)
 「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」(パブロ・ラライン監督、チリ・アルゼンチン・仏・スペイン)
 「探偵はBARにいる3」(吉田照幸監督、日本)
6月20日
 「ジャコメッティ 最後の肖像」(スタンリー・トゥッチ監督、イギリス)
 「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」(ニキ・カーロ監督、チェコ・英・米)
 「否定と肯定」(ミック・ジャクソン監督、英・米)
6月22日
 「彼女が目覚めるその日まで」(ジェラルド・バレット監督、アメリカ)
 「こいのわ 婚活クルージング」(金子修介監督、日本)
6月27日
 「レッド・スパロー」(フランシス・ローレンス監督、アメリカ)
7月3日
 「アバウト・レイ 16歳の決断」(ゲイビー・デラル監督、アメリカ)
 「永遠のジャンゴ」(エチエンヌ・コマール監督、フランス)
 「ゆれる人魚」(アグネシュカ・スモチンスカ監督、ポーランド)
7月4日
 「エターナル」(イ・ジェヨン監督、韓国)
 「希望のかなた」(アキ・カウリスマキ監督、フィンランド)
 「15時17分、パリ行き」(クリント・イーストウッド監督、アメリカ)
 「ダウンサイズ」(アレクサンダー・ペイン監督、アメリカ)
 「デヴィッド・リンチ:アートライフ」(ジョン・グエン、他監督、アメリカ・デンマーク)
 「デトロイト」(キャスリン・ビグロー監督、アメリカ)
 「パディントン2」(ポール・キング監督、イギリス)
 「5パーセントの軌跡 嘘から始まる素敵な人生」(マルク・ローテムント監督、ドイツ)
7月18日
 「嘘を愛する女」(中江和仁監督、日本)
 「去年の冬、きみと別れ」(瀧本智行監督、日本)

【旧作DVD・BD】発売日
5月25日
 「雨の訪問者」(70、ルネ・クレマン監督、フランス・イタリア)
 「夜の訪問者」(70、テレンス・ヤング監督、フランス・イタリア)
 「狼は天使の匂い」(72、ルネ・クレマン監督、フランス・イタリア)
 「さらば友よ」(68、ジャン・エルマン監督、フランス・イタリア)
 「ダンケルク」(64、アンリ・ヴェルヌイユ監督、フランス・イタリア)
 「歩いても歩いても」(07、是枝裕和監督、日本)
 「誰も知らない」(04、是枝裕和監督、日本)
 「ワンダフル・ライフ」(98、是枝裕和監督、日本)
 「フランス・アニメーション Blu-Ray BOX」(ミッシェル・オスロ、ポール・グリモー監督)
  収録作品:「キリクと魔女」「キリクと魔女2」「王と鳥」
5月26日
 「フィッツカラルド」(82、ヴェルナー・ヘルツォーク監督、西ドイツ)
6月20日
 「ギルバート・グレイプ」(93、ラッセ・ハルストレム監督、アメリカ)

*色がついているのは特に注目している作品です。

2018年5月 7日 (月)

先月観た映画 採点表(18年4月)

「春にして君を想う」(1991、フリドリック・トール・フリドリクソン監督、アイスランド)★★★★☆
「東京暮色」(1957、小津安二郎)監督、日本)★★★★☆
「女神の見えざる手」(2016、ジョン・マッデン監督、フランス・アメリカ)★★★★
「早春」(1956、小津安二郎監督、日本)★★★★
「長く熱い週末」(1980、ジョン・マッケンジー監督、イギリス)★★★★
「スペースウォーカー」(2017、ドミトリー・キセレフ監督、ロシア)★★★★
「暖流」(1939、吉村公三郎監督、日本)★★★★
「メアリと魔女の花」(2017、米林宏昌監督、日本)★★★★
「殺しが静かにやって来る」(1968、セルジオ・コルブッチ監督、イタリア・フランス)★★★★
「誰でもない女」(2012、ゲオルク・マース監督、ドイツ・ノルウェー)★★★★
「いのちの食べかた」(2005、ニコラウス・ゲイハルター監督、ドイツ・オーストリア)★★★★
不都合な真実2 放置された地球」(2017、ボニー・コーエン、他監督、アメリカ)★★★★
「コレクター 暴かれたナチスの真実」(2016、ティム・オリーフーク監督、オランダ)★★★★
「激しい季節」(1959、ヴァレリオ・ズルリーニ監督、イタリア)★★★
「映画 立川談志」(2012)★★★☆

主演男優
 5 ボブ・ホスキンス「長く熱い週末」
   ギスリ・ハルドルソン「春にして君を想う」
 4 ジャン=ルイ・トランティニャン「殺しが静かにやって来る」
   佐分利信「暖流」

主演女優
 5 原節子「東京暮色」
   ジェシカ・チャステイン「女神の見えざる手」
 4 淡島千景「早春」
   有馬稲子「東京暮色」

助演男優
 5 笠智衆「東京暮色」
 4 クラウス・キンスキー「殺しが静かにやって来る」

助演女優
 5 山田五十鈴「東京暮色」
   岸恵子「早春」 高峰三枝子「暖流」
 4 ヘレン・ミレン「長く熱い週末」

2018年4月24日 (火)

これから観たい&おすすめ映画・BD(18年5月)

【新作映画】公開日
4月21日
 「ロンドン、人生はじめます」(ジョエル・ホプキンス監督、イギリス)
 「タクシー運転手~約束は海を越えて~」(チャン・フン監督、韓国)
 「リズと青い鳥」(山田尚子監督、日本)
4月27日
 「君の名前で僕を呼んで」(ルカ・ヴァダニーノ監督、伊・仏・ブラジル・米)
 「パティ・ケイク$」(ジェレミー・ジャスパー監督、アメリカ)
4月28日
 「ザ・スクエア 思いやりの聖域」(リューベン・オストルンド監督、スウェーデン・独・仏)
 「犯罪都市」(カン・ユンソン監督、韓国)
 「マルクス・エンゲルス」(ラウル・ペック監督、仏・独・ベルギー)
5月4日
 「サバービコン 仮面を被った街」(ジョージ・クルーニ監督、アメリカ)
 「ラプラスの魔女」(三池崇史監督、日本)
 「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」(クレイグ・ギレスピー監督、アメリカ)
5月11日
 「モリーズ・ゲーム」(アーロン・ソーキン監督、アメリカ)
 「ボストン ストロング」(デヴィッド・ゴードン・グリーン監督、アメリカ)
5月12日
 「孤狼の血」(白石和彌監督、日本)
 「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」(ショーン・ベイカー監督、アメリカ)
 「ラジオ・コバニ」(ラベー・ドスキー監督、オランダ)
 「四月の永い夢」(中川龍太郎監督、日本)
5月18日
 「ピーターラビット」(ウィル・グラック監督、アメリカ)
5月19日
 「モリのいる場所」(沖田修一監督、日本)
5月25日
 「ゲティ家の身代金」(リドリー・スコット監督、アメリカ)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
5月2日
 「オリエント急行殺人事件」(ケネス・ブラナー監督、アメリカ)
 「シンクロナイズドモンスター」(ナチョ・ヴィガロンド監督、カナダ)
 「人生はシネマティック!」(ロネ・シェルフィグ監督、イギリス)
 「セザンヌと過ごした時間」(ダニエル・トンプソン監督、フランス)
 「フラットライナーズ」(ニールス・アルデン・オブレヴ監督、アメリカ)
 「笑う故郷」(ガストン・ドゥブラット監督、アルゼンチン・スペイン)
 「世界は今日から君のもの」(尾崎将也監督、日本)
 「光」(河瀨直美監督、日本)
 「ミックス」(石川淳一監督、日本)
 「立ち去った女」(ラブ・ディアス監督、フィリピン)
 「猫が教えてくれたこと」(ジェイダ・トルン監督、トルコ)
5月9日
 「ノクターナル・アニマルズ」(トム・フォード監督、アメリカ)
 「ナラタージュ」(行定勲監督、日本)
 「ビジランテ」(入江悠監督、日本)
5月15日
 「レディ・ガイ」(ウォルター・ヒル監督、アメリカ)
5月16日
 「ルージュの手紙」(マルタン・プロボ監督、フランス)
 「静かなふたり」(エリーズ・ジラール監督、フランス)
5月23日
 「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」(滝田洋二郎監督、日本)
6月2日
 「gifted/ギフテッド」(マーゴ・ウェブ監督、アメリカ)
 「スリー・ビルボード」(マーティン・マクドナー監督、イギリス・アメリカ)
 「リングサイド・ストーリー」(武正晴監督、日本)
6月6日
 「サーミの血」(アマンダ・シェーネル監督、スウェーデン・ノルウェー・デンマーク)
 「勝手にふるえてろ」(大九明子監督、日本)
 「DESTINY 鎌倉ものがたり」(山崎貴監督、日本)
 「南瓜とマヨネーズ」(富永昌敬監督、日本)
6月13日
 「少女ファニーと運命の旅」(ローラ・ドワイヨン監督、フランス・ベルギー)
 「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」(パブロ・ラライン監督、チリ・アルゼンチン・仏・スペイン)
 「探偵はBARにいる3」(吉田照幸監督、日本)
6月20日
 「ジャコメッティ 最後の肖像」
 「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」(ニキ・カーロ監督、チェコ・英・米)

【旧作DVD・BD】発売日
4月27日
 「ヴェロニカ・フォスのあこがれ」(ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督、西独)
5月16日
 「ギルバート・グレイプ」(93、ラッセ・ハルストレム監督、アメリカ)

*色がついているのは特に注目している作品です。

2018年4月 3日 (火)

先月観た映画 採点表(18年3月)

「セールスマン」(2016、アスガー・ファルハディ監督、イラン・フランス)★★★★☆
「お茶漬けの味」(1952、小津安二郎監督、日本)★★★★☆
「セブン・シスターズ」(2016、トミー・ウィルコラ監督、英・米・仏・ベルギー)★★★★☆
「めし」(1951、成瀬巳喜男監督、日本)★★★★
「ブレンダンとケルズの秘密」(2009、トム・ムーア監督、仏・ベルギー・アイルランド)★★★★
「シェナンドー河」(1965、アンドリュー・V・マクラグレン監督、アメリカ)★★★★
「ライオン ~25年目のただいま~」(2016、ガース・デイヴィス監督、オーストラリア)★★★★

主演男優
 5 シャハブ・ホセイニ「セールスマン」
 4 ジェームズ・スチュワート「シェナンドー河」
   佐分利信「お茶漬けの味」
   サニー・パワール「ライオン ~25年目のただいま~」

主演女優
 5 小暮美千代「お茶漬けの味」
   ノオミ・ラパス「セブン・シスターズ」
   原節子{めし}
 4 タラネ・アリドゥスティ「セールスマン」

助演女優
 4 ニコール・キッドマン「ライオン ~25年目のただいま~」

«これから観たい&おすすめ映画・BD(18年4月)

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
無料ブログはココログ