最近のトラックバック

お気に入りホームページ

お気に入りブログ 2

  • とんとん亭
    いい映画をたくさん観ているとんちゃんさんのブログ。映画の魅力を丁寧に語っています。
  • 新・豆酢館
    カテゴリーが実にユニーク。関心の広さと深さとユニークさが魅力です。
  • 虎猫の気まぐれシネマ日記
    猫が大好きなななさんのブログ。とても丁寧に、詳しく映画を紹介しています。
  • 犬儒学派的牧歌
    一見近寄りがたいタイトルですが、とても読みやすくまた内容の濃いレビューに出会えます。
  • TRUTH?ブログエリア
    GMNさんの充実したブログ。アメコミに強い方ですが、映画の記事もすごい。読ませます。
  • It's a Wonderful Life
    kazuponさんのブログ。観ている映画がかなり重なっているのでとても参考になります。
  • no movie no life
    洋画、邦画を問わず幅広くご覧になっています。しかも取り上げている映画は良質なものばかり!
  • 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々
    おいしい物といい映画が大好きな方。味わいのある映画を選ぶ確かな目をお持ちです。
  • 再出発日記
    邦画を洋画と同じくらい観ておられます。社会的視点をしっかりとお持ちで、大いに勉強になります。
  • 藍空放浪記
    アジア映画を中心に幅広く映画をご覧になっています。レビューも長文で深い考察に満ちています。

お気に入りブログ

2016年8月 3日 (水)

先月観た映画 採点表(16年7月)

「独裁者と小さな孫」(2014、モフセン・マフマルバフ監督、ジョージア・他)★★★★☆
「エベレスト 3D」(2015、バルタザール・コルマウクル監督、アメリカ)★★★★
「草原の実験」(2014、アレクサンドル・コット監督、ロシア)★★★★
「オデッセイ」(2015、リドリー・スコット監督、アメリカ)★★★★
「ひつじ村の兄弟」(2015、グリームル・ハゥコーナルソン監督、アイスランド)★★★★
「岸辺の旅」(2015、黒沢清監督、日本)★★★★
「バードマン」(2014、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督、米)★★★★
「尚衣院-サンイウォン-」(2014、イ・ウォンソク監督、韓国)★★★★
「母と暮せば」(2015、山田洋次監督、日本)★★★★
「非常線の女」(1933、小津安二郎監督、日本)★★★☆
「キングコング対ゴジラ」(1962、本多猪四郎監督、日本)★★

主演男優
 5 ジェイソン・クラーク「エベレスト 3D」
   マット・デイモン「オデッセイ」
   ミシャ・ゴミアシュヴィリ「独裁者と小さな孫」
 4 マイケル・キートン「バードマン」

主演女優
 4 エレーナ・アン「草原の実験」
   吉永小百合「母と暮せば」

助演男優
 5 加藤健一「母と暮せば」
 4 キウェテル・イジョフォー「オデッセイ」

2016年7月26日 (火)

これから観たい&おすすめ映画・BD(16年8月)

【新作映画】公開日
7月16日
 「いしぶみ」(是枝裕和監督、日本)
 「生きうつしのプリマ」(マルガレーテ・フォン・トロッタ監督、ドイツ)
7月22日
 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」(ジェイ・ローチ監督、アメリカ)
 「ヤング・アダルト・ニューヨーク」((ノア・パームバック監督、アメリカ)
7月23日
 「ラサへの歩き方 祈りの2400km」(チャン・ヤン監督、中国)
 「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」(クーロ・サンチェス監督、スペイン)
 「ロスト・バケーション」(ジャウマ・コレット・セラ監督、アメリカ)
 「ミモザの島に消えた母」(フランソワ・ファヴラ監督、フランス)
 「シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ」(アンドレア・ツルコヴァー監督、チェコ)
7月30日
 「ロング・トレイル」(ケン・クワビス監督、アメリカ)
 「アンフレンデッド」(レヴァン・ガブリアゼ監督、アメリカ)
 「ヒップスター」(デスティン・ダニエル・クレットン監督、アメリカ)
 「ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~」(イ・ソクフン監督、韓国)
 「めぐりあう日」(ウニー・ルコント監督、フランス)
8月5日
 「ニュースの真相」(ジェームズ・ヴァンダービルト監督、米・オーストラリア)
8月6日
 「神のゆらぎ」(ダニエル・グルー監督、カナダ)
 「ハイ・ライズ」(ベン・ウィートリー監督、イギリス)
 「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」(マリー・カスティーユ、他、監督、フランス)
 「ルドルフとイッパイアッテナ」(湯山邦彦、榊原幹典監督、日本)
8月11日
 「ジャングル・ブック」(ジョン・ファヴロー監督、米・英)
 「栄光のランナー/1936ベルリン」(スティーヴン・ホプキンス監督、米・独・カナダ)
8月13日
 「きみがくれた物語」(ロス・カッツ監督、アメリカ)
 「ストリート・オーケストラ」(セルジオ・マシャード監督、ブラジル)
 「ソング・オブ・ラホール」(シャルミーン・ウベード・チナーイ、他、監督、アメリカ)
8月19日
 「ゴーストバスターズ」(ポール・フェイグ監督、アメリカ)
8月20日
 「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」(トム・ムーア監督、アイルランド・ベルギー・仏・他)
 「イレブン・ミニッツ」(イエジー・スコリモフスキ監督、ポーランド・アイルランド)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
7月22日
 「スリーピング・ボイス~沈黙の叫び~」(ベニト・サンブラノ監督、スペイン)
7月29日
 「の・ようなもの のようなもの」(杉山泰一監督、日本)
8月2日
 「ビューティー・インサイド」(ペク監督、韓国)
 「僕たちの家に帰ろう」(リー・ルイジュン監督、中国)
 「最愛の子」(ピーター・チャン監督、中国・香港)
 「COP CAR/コップ・カー」(ジョン・ワッツ監督、アメリカ)
 「砂上の法廷」(コートニー・ハント監督、アメリカ)
8月3日
 「あの頃エッフェル塔の下で」(アルノー・デプレシャン監督、フランス)
 「オートマタ」(ガベ・イバニェス監督、ブルガリア・米・スペイン・カナダ)
 「僕だけがいない街」(平川雄一朗監督、日本)
 「特捜部Q -キジ殺し-」(ミケル・ノガール監督、デンマーク・独・スウェーデン)
 「虹蛇と眠る女」(キム・ファラント監督、オーストラリア・アイルランド)
 「これが私の人生設計」(リッカルド・ミラーニ監督、イタリア)
 「裁かれるは善人のみ」(アンドレイ・ズビャギンツェフ監督、ロシア)
 「十字架」(五十嵐匠監督、日本)
 「ホテルコパン」(門馬直人監督、日本)
 「西部戦線 1953」(チョン・ソンイル監督、韓国)
 「幸せをつかむ歌」(ジョナサン・デミ監督、アメリカ)
 「パディントン」(ポール・キング監督、イギリス)
 「鬼はさまよう」(ソン・ヨンホ監督、韓国)
 「家族はつらいよ」(山田洋次監督、日本)
 「アクト・オブ・ウォー」(ヤスミン・ディスダー監督、イギリス)
8月5日
 「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」(ダグラス・マッキノン監督、イギリス)
8月17日
 「黒崎くんの言いなりになんてならない」(月川翔監督、日本)
8月24日
 「不屈の男 アンブロークン」(アンジェリーナ・ジョリー監督、アメリカ)
 「レヴェナント:甦りし者」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、米・香港・台湾、他)
 「インサイダーズ 内部者たち」(ウ・ミンホ監督、韓国)
 「俳優 亀岡拓次」(横浜聡子監督、日本)
 「ズートピア」(バイロン・ハワード、他、監督、アメリカ)
8月26日
 「キャロル」(トッド・ヘインズ監督、アメリカ)
9月2日
 「ヘイトフル・エイト」(クエンティン・タランティーノ監督、アメリカ)
 「LOVE」(ギャスパー・ノエ監督、フランス・ベルギー)
 「ボーダーライン」(ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、アメリカ)
 「カミーユ、恋はふたたび」(ノエミ・ルヴォウスキー監督、フランス)
 「ニューヨーク眺めのいい部屋売ります」(リチャード・ロンクレイン監督、米)
 「美術館を手玉にとった男」(サム・カルマン、他、監督、アメリカ)
 「蜜のあわれ」(石井岳龍監督、日本)
 「シェル・コレクター」(坪田義理史監督、日本)
 「リップヴァンウィンクルの花嫁」(岩井俊二監督、日本)
 「極秘捜査」(クァク・キョンテク監督、韓国)
 「偉大なるマルグリット」(グザヴィエ・ジャノリ監督、フランス)
 「火の山のマリア」(ジョン・マクリーン監督、英・ニュージーランド)
9月7日
 「リリーのすべて」(トム・フーバー監督、イギリス)
 「スポットライト 世紀のスクープ」(トム・マッカーシー監督、アメリカ・カナダ)
 「星ガ丘ワンダーランド」(柳沢翔監督、日本)
 「恋人たち」(橋口亮輔監督、日本)  「二重生活」(ロウ・イエ監督、中国・フランス)
 「人生は小説よりも奇なり」(アイラ・サックス監督、アメリカ)
9月9日
 「エヴェレスト 神々の山嶺」(平山秀幸監督、日本)
 「桜ノ雨」(ウエダアツシ監督、日本)
9月16日
 「ルーム」(レニー・アブラハムソン監督(アイルランド・カナダ)

【旧作DVD・BD】発売日
7月21日
 「ヘッドライト」(56、アンリ・ヴェルヌイユ監督、フランス)DVD
7月29日
 「アンドレイ・タルコフスキー傑作選 Blu-ray BOX」(60~74、アンドレイ・タルコフスキー監督)
  収録作品:「ローラーとバイオリン」「僕の村は戦場だった」「アンドレイ・ルブリョフ」他、全5作
 「炎628」(85、エレム・クリモフ監督、ソ連)
7月30日
 「ビッグ・シティ(大都会)」(63、サタジット・レイ監督、インド)
 「チャルラータ」(64、サタジット・レイ監督、インド)
8月2日
 「刑事フォイル DVD-BOX」(01~03、イギリス) TVシリーズ
8月3日
 「ニューヨーク東8番街の奇跡」(87、マシュー・ロビンス監督、アメリカ)
 「ナバロンの要塞」(61、J.リー・トンプソン監督、英・米)
 「人間の条件 Blu-ray BOX 全六部」(59~61、小林正樹監督、日本)
8月10日
 「ルーツ ブルーレイ・コンプリートBOX」(77、アメリカ)TVシリーズ
8月26日
 「ルートヴィヒ デジタル修復版」(72、ルキノ・ヴィスコンティ監督、伊・仏・西独)
8月30日
 「エイリアン2 <日本語吹替完全版>」(86、ジェームズ・キャメロン監督、英・米)

 今月はかなり充実している。劇場新作で注目しているのは「生きうつしのプリマ」、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」、「ラサへの歩き方 祈りの2400km」、「ミモザの島に消えた母」、「シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ」、「めぐりあう日」、「生きうつしのプリマ」、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」、「ラサへの歩き方 祈りの2400km」、「ミモザの島に消えた母」、「シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ」、「めぐりあう日」など。

 新作BD・DVDも続々と注目作が出る。「スリーピング・ボイス~沈黙の叫び~」、「の・ようなもの のようなもの」、「オートマタ」、「これが私の人生設計」、「裁かれるは善人のみ」、「鬼はさまよう」、「家族はつらいよ」、「アクト・オブ・ウォー」、「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」、「レヴェナント:甦りし者」、「インサイダーズ 内部者たち」、「キャロル」、「蜜のあわれ」、「リップヴァンウィンクルの花嫁」、「リリーのすべて」、「スポットライト 世紀のスクープ」、「恋人たち」、「人生は小説よりも奇なり」、「エヴェレスト 神々の山嶺」、等々。ものすごい充実ぶりだ。

 旧作BD・DVDは少しさびしいか。「ヘッドライト」、「アンドレイ・タルコフスキー傑作選 Blu-ray BOX」、「炎628」、「人間の条件 Blu-ray BOX 全六部」、「ルーツ ブルーレイ・コンプリートBOX」あたりがおすすめ。イギリスのTV刑事ドラマ「刑事フォイル DVD-BOX」は未見だが、ぜひ観てみたい。最後に一言。「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」の公開に合わせて、「黒い牡牛」をDVD化してほしい。40年ほど前の「日曜洋画劇場」で淀川長治氏の解説付きで観て以来全く観る機会がなかった。この機会にぜひ。

2016年7月 8日 (金)

先月観た映画 採点表(16年6月)

「黄金のアデーレ 名画の帰還」(2015、サイモン・カーティス監督、英・米)★★★★★
「ブリッジ・オブ・スパイ」(2015、スティーヴン・スピルバーグ)監督、アメリカ)★★★★☆
「白熱」(1949、ラオール・ウォルシュ監督、アメリカ)★★★★☆
「百日紅~Miss HOKUSAI~」(2015、原恵一監督、日本)★★★★
「ソロモンの偽証 前篇・事件」(2015、成島出監督、日本)★★★★
「ソロモンの偽証 後篇・裁判」(2015、成島出監督、日本)★★★★

主演男優
 5 ジェームズ・キャグニー「白熱」
   トム・ハンクス「ブリッジ・オブ・スパイ」
 4 ライアン・レイノルズ「黄金のアデーレ 名画の帰還」

主演女優
 5 ヘレン・ミレン「黄金のアデーレ 名画の帰還」

助演男優
 5 マーク・ライランス「ブリッジ・オブ・スパイ」

2016年6月30日 (木)

これから観たい&おすすめ映画・BD(16年7月)

【新作映画】公開日
6月24日
 「ダーク・プレイス」(ジル・バケ・ブランネール監督、英・仏・米)
 「WE ARE YOUR FRIENDS」(マックス・ジョセフ監督、米・仏・英)
6月25日
 「ふきげんな過去」(前田司郎監督、日本)
 「嫌な女」(黒木瞳監督、日本)  
 「二重生活」(岸善幸監督、日本)
 「鬼はさまよう」(ソン・ヨンホ監督、韓国)
 「極秘捜査」(クァク・キョンテク監督、韓国)
 「ブレイク・ビーターズ」(ヤン・マルティン・シャルフ監督、ドイツ)
7月1日
 「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」(ジェームズ・ボビン監督、アメリカ)
 「ブルックリン」(ジョン・クローリー監督、アイルランド・イギリス・カナダ)
7月2日
 「疑惑のチャンピオン」(スティーヴン・フリアーズ監督、イギリス)
 「フラワーショウ!」(ヴィヴィアン・デ・オルシィ監督、アイルランド)
 「全員、片思い」(伊藤秀裕監督、日本)
7月8日
 「ペレ 伝説の誕生」(ジェフ・ジンバリスト、他、監督、アメリカ)
7月9日
 「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(ローランド・エメリッヒ監督、アメリカ)
 「シング・ストリート 未来へのうた」(ジョン・カーニー監督、アイルランド・英・米)
 「死霊館 エンフィールド事件」(ジェームズ・ワン監督、アメリカ)
 「ラスト・タンゴ」(ヘルマン・クラル監督、ドイツ・アルゼンチン)
7月16日
 「ファインディング・ドリー」(アンドリュー・スタントン監督、アメリカ)
 「AMY エイミー」(アシフ・カバディア監督、英・米)
 「暗殺」(チェ・ドンフン監督、韓国)
 「映画よ、さようなら」(フェデリコ・ベイロー監督、ウルグアイ・スペイン)
 「ハリウッドがひれ伏した銀行マン」(ローゼマイン・アフマン監督、オランダ)
7月29日
 「シン・ゴジラ」(庵野秀明監督、日本)
9月10日
 「スーサイド・スクワッド」(デヴィッド・エアー監督、アメリカ)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
6月22日
 「独裁者と小さな孫」(モフセン・マフマルバフ監督、ジョージア・仏・英・独)
6月24日
 「シーヴァス」(カアン・ミュジデジ監督、トルコ・ドイツ)
7月2日
 「完全なるチェックメイト」(エドワード・ズウィック監督、アメリカ)
 「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」(コーネル・ムンドルッツォ監督、ハンガリー・他)
 「美しき人生のつくりかた」(ジャン・ポール・ルーブ監督、フランス)
 「ひつじ村の兄弟」(グリームル・ハゥコーナルソン監督、アイスランド・デンマーク)
 「消えた声が、その名を呼ぶ」(ファティ・アキン監督、独・仏・伊・露、トルコ、カナダ、他)
 「サウルの息子」(ネメシュ・ラースロー監督、ハンガリー)
 「お盆の弟」(大崎章監督、日本)
 「シーズンズ 2万年の地球旅行」(ジャック・ペラン監督、フランス)
 「神様なんてくそくらえ」(ジョシュア&ベニー・サフディ、他、監督、アメリカ・フランス)
 「縁 The Bride of Izumo」(堀内博志監督、日本)
7月6日
 「スティーブ・ジョブズ」(ダニーボイル監督、アメリカ)
 「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(アダム・マッケイ監督、アメリカ)
 「ザ・ブリザード」(クレイグ・ギレスピー監督、アメリカ)
 「アーロと少年」(ピーター・ソーン監督、アメリカ)
 「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」(ジョン・マッデン監督、英・米)
 「人生の約束」(石橋冠監督、日本)
 「エージェント・ウルトラ」(ニマ・ヌリザデ監督、アメリカ)
 「ノーザン・リミット・ライン 南北海戦」(キム・ハクスン監督、韓国)
 「GAMBA ガンバと仲間たち」(小川洋一監督、日本)
7月8日
 「ディーパンの闘い」(ジャック・オディアール監督、フランス)
 「ピンクとグレー」(行定勲監督、日本)
 「ハッピーエンドの選び方」(シャロン・マイモン、他、監督、イスラエル)
 「流れ星が消えないうちに」(柴山健次監督、日本)
7月13日
 「猫なんかよんでもこない。」(山本透監督、日本)
 「追撃者」(ジャン=バティスト・レオネッティ監督、アメリカ)
7月20日
 「探偵なふたり」(キム・ジョンフン監督、韓国)
7月29日
 「の・ようなもの のようなもの」(杉山泰一監督、日本)
8月2日
 「ビューティー・インサイド」(ペク監督、韓国)
 「僕たちの家に帰ろう」(リー・ルイジュン監督、中国)
 「最愛の子」(ピーター・チャン監督、中国・香港)
 「COP CAR/コップ・カー」(ジョン・ワッツ監督、アメリカ)
8月3日
 「あの頃エッフェル塔の下で」(アルノー・デプレシャン監督、フランス)
 「オートマタ」(ガベ・イバニェス監督、ブルガリア・米・スペイン・カナダ)
 「僕だけがいない街」(平川雄一朗監督、日本)
 「特捜部Q -キジ殺し-」(ミケル・ノガール監督、デンマーク・独・スウェーデン)
 「虹蛇と眠る女」(キム・ファラント監督、オーストラリア・アイルランド)
 「これが私の人生設計」(リッカルド・ミラーニ監督、イタリア)
 「裁かれるは善人のみ」(アンドレイ・ズビャギンツェフ監督、ロシア)
 「十字架」(五十嵐匠監督、日本)
 「ホテルコパン」(門馬直人監督、日本)
 「幸せをつかむ歌」(ジョナサン・デミ監督、アメリカ)
8月5日
 「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」(ダグラス・マッキノン監督、イギリス)
8月17日
 「黒崎くんの言いなりになんてならない」(月川翔監督、日本)

【旧作DVD・BD】発売日
6月15日
 「赤ちゃん教育」(38、ハワード・ホークス監督、アメリカ)
6月21日
 「地下室のメロディ」(63、アンリ・ヴェルヌイユ監督、フランス・イタリア)
6月24日
 「アラン・レネ Blu-ray ツインパック」(55、59、アラン・レネ監督、フランス)
  収録作品:「夜と霧」「二十四時間の情事」
 「ネオ・リアリズモ傑作集 Blu-ray BOX」(45、48、54、ヴィットリオ・デ・シーカ監督、他)
  収録作品:「無防備都市」「自転車泥棒」「イタリア旅行」
6月30日
 「ジャック・ベッケルBlu-ray ツインパック」(54、60、ジャック・ベッケル監督、仏・伊)  
  収録作品:「現金に手を出すな」「穴」
7月6日
 「イル・ポスティーノ」(94、マイケル・ラドフォード監督、イタリア・フランス・ベルギー)
7月13日
 「カサンドラ・クロス」(76、ジョルジ・パン・コスマトス監督、イタリア・イギリス)
 「カプリコン1」(77、ピーター・ハイアムズ監督、米・英)
 「いのちぼうにふろう」(71、小林正樹監督、日本)
8月3日
 「ニューヨーク東8番街の奇跡」(87、マシュー・ロビンス監督、アメリカ)

2016年6月12日 (日)

先月観た映画 採点表(16年5月)

「流れる」(1956、成瀬巳喜男監督、日本)★★★★★ 
「スポットライト 世紀のスクープ」(2015、トム・マッカーシー監督、アメリカ)★★★★☆
「華麗なる一族」(1974、山本薩夫監督、日本)★★★★☆
「ナイトクローラー」(2014、ダン・ギルロイ監督、アメリカ)★★★★☆
「黒衣の刺客」(2015、ホウ・シャオシェン監督、台湾)★★★★
「パプーシャの黒い瞳」(2013、ヨアンナ・コス&クシシュトフ・クラウゼ監督、ポーランド)★★★★
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015、J・J・エイブラムス監督、アメリカ)★★★★
「黒の魂」(2014、フランチェスコ・ムンズィ監督、イタリア・フランス)★★★★
「怒りの荒野」(1967、トニーノ・ヴァレリ監督、イタリア・ドイツ)★★★★

主演男優
 5 マイケル・キートン「スポットライト 世紀のスクープ」
   ジェイク・ギレンホール「ナイトクローラー」
   佐分利信「華麗なる一族」  
 4 マーク・ラファロ「スポットライト 世紀のスクープ」
   ジュリアーノ・ジェンマ「怒りの荒野」
   ファブリツィオ・フェラカーネ「黒の魂」

主演女優
 5 山田五十鈴「流れる」

助演男優
 5 リー・ヴァン・クリーフ「怒りの荒野」
   リーヴ・シュレイバー「スポットライト 世紀のスクープ」
   仲代達矢「華麗なる一族」
助演女優  
 5 田中絹代「流れる」
   京マチ子「華麗なる一族」  
 4 賀原夏子「流れる」

2016年5月28日 (土)

これから観たい&おすすめ映画・BD(16年6月)

【新作映画】公開日
5月21日
 「海よりもまだ深く」(是枝裕和監督、日本)
 「ディストラクション・ベイビーズ」(真利子哲也監督、日本)
 「明日の世界」(ドン・ハーツフェルト監督、アメリカ)
 「アメリカ・ワイルド」(グレッグ・マクギリヴレイ監督、アメリカ)
 「君がくれたグッドライフ」(クリスティアン・チューベルト監督、ドイツ)
5月27日」
 「スノーホワイト/氷の王国」(セドリック・ニコラス・トロイヤン監督、アメリカ)
 「神様メール」(ジャコ・ヴァン・ドルマル監督、仏・ベルギー・ルクセンブルク)
 「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」(マイケル・ムーア監督、アメリカ)
5月28日
 「エンド・オブ・キングダム」(ババク・ナジャフィ監督、(米・英・ブルガリア)
 「或る終焉」(ミシェル・フランコ監督、メキシコ・フランス)
 「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」(マイク・ファン・ディム監督、オランダ)
6月1日
 「デッドプール」(ティム・ミラー監督、アメリカ・カナダ)
6月3日
 「サウスポー」(アントワン・フークア監督、アメリカ)
6月4日
 「高台家の人々」(土方政人監督、日本)
 「団地」(阪本順治監督、日本)
 「鏡は嘘をつかない」(カミラ・アンディニ監督、インドネシア)
 「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」(ジュリアン・ジャロルド監督、イギリス)
6月10日
 「マネーモンスター」(ジョディ・フォスター監督、アメリカ)
 「シークレット・アイズ」(ビリー・レイ監督、アメリカ)
 「アウトバーン」(エラン・クリーヴィー監督、イギリス・ドイツ)
6月11日
 「エクス・マキナ」(アレックス・ガーランド監督、イギリス)
 「ノック・ノック」(イーライ・ロス監督、アメリカ)
 「教授のおかしな妄想殺人」(ウディ・アレン監督、アメリカ)
 「二ッ星の料理人」(ジョン・ウェルズ監督、アメリカ)
 「裸足の季節」(デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督、仏・トルコ・ドイツ)
 「夏美のホタル」(廣木隆一監督、日本)
6月17日
 「クローバーフィールド・レーン」(ダン・トラクテンバーグ監督、アメリカ)
 「帰ってきたヒトラー」(デヴィッド・ヴェンド監督、ドイツ)
6月18日
 「クリーピー 偽りの隣人」(黒沢清監督、日本)
 「レジェンド 狂気の美学」(ブライアン・ゲルゲランド監督、英・仏)
 「トリプル9 裏切りのコード」(ジョン・ヒルコート監督、アメリカ)
 「葛城事件」(赤堀雅秋監督、日本)
7月1日
 「アリス・イン・ワンダーランド」(ジェームズ・ボビン監督、アメリカ)
7月9日
 「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(ローランド・エメリッヒ監督、米)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
6月2日
 「リザとキツネと恋する死者たち」(ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ監督、ハンガリー)
 「サヨナラの代わりに」(ジョージ・C・ウルフ監督、アメリカ)
 「ザ・ガンマン」(ピエール・モレル監督、米・スペイン・英・仏)
 「杉原千畝 スギハラチウネ」(チェリン・グラック監督、日本)
 「ディーン、君がいた瞬間」(アントン・コービン監督、カナダ・独・オーストラリア)
 「海賊じいちゃんの贈りもの」(ガイ・ジェンキン監督、イギリス)
 「アレノ」(越川道夫監督、日本)
 「Dressing Up ドレッシングアップ」(安川有果監督、日本)
6月3日
 「メモリーズ 追憶の剣」(パク・フンシク監督、韓国)
 「フランス組曲」(ソウル・ディブ監督、イギリス・フランス・ベルギー)
 「ドリームホーム 99%を操る男たち」(ラミン・バーラニ監督、アメリカ)
 「オデッセイ」(リドリー・スコット監督、アメリカ・イギリス)
 「クリムゾン・ピーク」(ギレルモ・デル・トロ監督、アメリカ)
 「ザ・ガンマン」(ピエール・モレル監督、米・スペイン・英・仏)
 「パリ3区の遺産相続人」(イスラエル・ホロヴィッツ監督、英・仏・米)
 「ヘリオス 赤い諜報戦」(リョン・ロクマン、サニー・ルク監督、中国)
 「技術者たち」(キム・ホンソン監督、韓国)
 「レインツリーの国」(三宅喜重監督、日本)
 「Dressing Up ドレッシングアップ」(安川有果監督、日本)
 「アノマリサ」(チャーリー・カウフマン監督、アメリカ)
6月8日
 「殺されたミンジュ」(キム・ギドク監督、韓国)
 「ザ・ウォーク」(ロバート・ゼメキス監督、アメリカ)
 「ディバイナー 戦禍に光を求めて」(ラッセル・クロウ監督、豪・米・トルコ)
 「神なるオオカミ」(ジャン・ジャック・アノー監督、中国・フランス)
 「タイガー・マウンテン 雪原の死闘」(ツイ・ハーク監督、中国)
 「ブラック・スキャンダル」(スコット・クーパー監督、アメリカ・イギリス)
 「海難1890」(田中光敏監督、日本)
 「orange-オレンジ」(橋本光二郎監督、日本)
 「ディバイナー 戦禍に光を求めて」(ラッセル・クロウ監督、豪・米・トルコ)
6月9日
 「残穢」(中村義洋監督、日本)
6月15日
 「母と暮らせば」(山田洋次監督、日本)
6月22日
 「X-ミッション」(エリクソン・コア監督、アメリカ)
 「独裁者と小さな孫」(モフセン・マフマルバフ監督、ジョージア・仏・英・独)
6月24日
 「エージェント・ウルトラ」(ニマ・ヌリザデ監督、アメリカ)
7月2日  「完全なるチェックメイト」(エドワード・ズウィック監督、アメリカ)
 「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」(コーネル・ムンドルッツォ監督、ハンガリー・他)
 「美しき人生のつくりかた」(ジャン・ポール・ルーブ監督、フランス)
 「ひつじ村の兄弟」(グリームル・ハゥコーナルソン監督、アイスランド・デンマーク)
 「消えた声が、その名を呼ぶ」(ファティ・アキン監督、独・仏・伊・露、トルコ、カナダ、他)
 「サウルの息子」(ネメシュ・ラースロー監督、ハンガリー)
 「お盆の弟」(大崎章監督、日本)
7月6日
 「スティーブ・ジョブズ」(ダニーボイル監督、アメリカ)
 「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(アダム・マッケイ監督、アメリカ)
 「ザ・ブリザード」(クレイグ・ギレスピー監督、アメリカ)
 「アーロと少年」(ピーター・ソーン監督、アメリカ)
 「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」(ジョン・マッデン監督、英・米)
 「人生の約束」(石橋冠監督、日本)
7月8日
 「ディーパンの闘い」(ジャック・オディアール監督、フランス)
 「ピンクとグレー」(行定勲監督、日本)
 「ハッピーエンドの選び方」(シャロン・マイモン、他、監督、イスラエル)
 「流れ星が消えないうちに」(柴山健次監督、日本)
7月13日
 「猫なんかよんでもこない。」(山本透監督、日本)

【旧作DVD・BD】発売日
5月25日
 「スミス都へ行く/我が家の楽園」(38,39、フランク・キャプラ監督、アメリカ)
5月27日
 「サムライ」(67、ジャン=ピエール・メルヴィル監督、仏・伊)
 「フレッド・アステア&ジンジャー・ロジャース Blu-ray BOX」
  収録作品:「有頂天時代」「コンチネンタル」「トップ・ハット」「艦隊を追って」他、全7作品
 「5時から7時までのクレオ」(63、アニエス・ヴァルダ監督、仏・伊)
6月8日
 「キム・ギドク Blu-ray BOX初期編」(00、01、キム・ギドク監督、韓国)
  収録作品:「魚と寝る女」「悪い男」「受取人不明」
6月24日
 「ジャック・ドュミの初期傑作 Blu-ray BOX」(61,63,91、ジャック・ドュミ、他、監督)
  収録作品:「ローラ」「天使の入江」「ジャック・ドュミの少年期」
7月6日
 「イル・ポスティーノ」(94、マイケル・ラドフォード監督、イタリア・フランス・ベルギー)
7月13日
 「カサンドラ・クロス」(76、ジョルジ・パン・コスマトス監督、イタリア・イギリス)
 「カプリコン1」(77、ピーター・ハイアムズ監督、米・英)

2016年5月 5日 (木)

先月観た映画 採点表(16年4月)

「雪の轍」(2014、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督、トルコ・フランス・ドイツ)★★★★☆
「ストレイト・ストーリー」(1999、デヴィッド・リンチ監督、アメリカ)★★★★☆
「潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ」(1993、ランダ・ヘインズ監督、アメリカ)★★★★☆
「わたしに会うまでの1600キロ」(2014、ジャン=マルク・ヴァレ監督、アメリカ)★★★★
「イタリアは呼んでいる」(2014、マイケル・ウィンターボトム監督、イギリス)★★★★
「ターナー、光に愛を求めて」(2014、マイク・リー監督、イギリス)★★★★
「KANO ~1931 海の向こうの甲子園~」(2014、マー・ジーシアン監督、台湾)★★★

主演男優
 5 リチャード・ファーンズワース「ストレイト・ストーリー」
   ハルク・ビルギナー「雪の轍」 リチャード・ハリス「潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ」
   ロバート・デュヴァル「潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ」
   ティモシー・スポール「ターナー、光に愛を求めて」
   ロブ・ブライドン「イタリアは呼んでいる」  
 4 スティーヴ・クーガン「イタリアは呼んでいる」

主演女優
 4 リース・ウィザースプーン「わたしに会うまでの1600キロ」

助演男優
 5 ハリー・ディーン・スタントン「ストレイト・ストーリー」

助演女優
 5 ドロシー・アトキンソン「ターナー、光に愛を求めて」
   マリオン・ベイリー「ターナー、光に愛を求めて」
   デメット・アクバッグ「雪の轍」
 4 シシー・スペイセク「ストレイト・ストーリー」

2016年5月 1日 (日)

これから観たい&おすすめ映画・BD(16年5月)

【新作映画】公開日
4月22日
 「レヴェナント:甦りし者」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、米・香港・台湾、他)
4月23日
 「フィフス・ウェイブ」(J.ブレイクソン監督、アメリカ)
 「ズートピア」(バイロン・ハワード、他、監督、アメリカ)
 「アイヒマン・ショーA/歴史を写した男たち」(ポール・アンドリュー・ウィリアムズ監督、英)
 「山河ノスタルジア」(ジャ・ジャンクー監督、中国・日本・フランス)
 「緑はよみがえる」(エルマンノ・オルミ監督、イタリア)
 「花、香る歌」(イ・ジョンピル監督、韓国)
4月29日
 「追憶の森」ガス・ヴァン・サント監督、アメリカ)
 「ノーマ、世界を変える料理」(ピエール・デュシャン監督、イギリス)
 「テラフォーマーズ」(三池崇史監督、日本)
 「ちはやふる‐下の句‐」(小泉徳宏監督、日本)
4月30日
 「台湾新電影時代」(シエ・チンリン監督、台湾)
5月7日  「64‐ロクヨン‐前篇」(瀬々敬久監督、日本)
 「ヴィクトリア」(ゼバスチャン・シッパー監督、ドイツ)
 「あめつちの日々」(川瀬美香監督、日本)
5月13日
 「マクベス」(ジャスティン・カーゼル監督、イギリス)
 「ヘイル・シーザー!」(ジョエル&イーサン・コーエン監督、米・英)
5月14日
 「心霊ドクターと消された記憶」(マイケル・ペトローニ監督、オーストラリア)
 「追撃者」(ジャン=バティスト・レオネッティ監督、アメリカ)
 「ファブリックの女王」(ヨールン・ドンネル監督、フィンランド)
 「世界から猫が消えたなら」(永井聡監督、日本)
 「山猫 4K修復版」(ルキーノ・ヴィスコンティ監督、イタリア・フランス)
 「ルートヴィヒ デジタル修復版」(ルキーノ・ヴィスコンティ監督、伊・仏・西独)
5月20日
 「ガルム・ウォーズ」(押井守監督、日本)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
4月28日
 「エール!」(エリック・ラルティゴ監督、フランス)
 「Re:LIFE~リライフ~」(マーク・ローレンス監督、アメリカ)
5月3日
 「ブリッジ・オブ・スパイ」(スティーヴン・スピルバーグ監督、米・インド・独)
 「ギャラクシー街道」(三谷幸喜監督、日本)
 「きみといた2日間」(マックス・ニコルズ監督、アメリカ)
 「ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男」(ロン・マン監督、カナダ)
 「ヒトラー暗殺、13分の誤算」(オリバー・ヒルシュピーゲル監督、ドイツ)
 「顔のないヒトラーたち」(ジュリオ・リッチャレッリ監督、ドイツ)
 「草原の実験」(アレクサンドル・コット監督、ロシア)
 「尚衣院 サンイウォン」(イ・ウォンソク監督、韓国)
 「浮気のアリバイ作ります。」(マット・チェコウスキ、他、監督、オランダ・米)
5月4日
 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(J.J.エイブラムス監督、アメリカ)
5月6日
 「サム・ペキンパー 情熱と美学」(マイク・シーゲル監督、ドイツ)
5月8日
 「ダウントン・アビー シーズン5&6」(TVシリーズ)
5月11日
 「起終点駅 ターミナル」(篠原哲雄監督、日本)
5月12日
 「ミッドナイト・アフター」(フルーツ・チャン監督、香港)
 「野火」(塚本晋也監督、日本)
5月18日
 「マイ・ファニー・レディ」(ピーター・ボグダノヴィッチ監督、アメリカ)
 「白鯨との闘い」(ロン・ハワード監督、アメリカ)
 「サクラメント 死の楽園」(タイ・ウェスト監督、アメリカ)
5月25日
 「レインツリーの国」(三宅喜重監督、日本)
5月27日
 「黄金のアデーレ 名画の帰還」(サイモン・カーティス監督、アメリカ・イギリス)
 「1001グラム ハカリしれない愛のこと」(ベント・ハーメル監督ノルウェー・独・仏)
6月2日
 「リザとキツネと恋する死者たち」(ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ監督、ハンガリー)
 「サヨナラの代わりに」(ジョージ・C・ウルフ監督、アメリカ)
 「ザ・ガンマン」(ピエール・モレル監督、米・スペイン・英・仏)
 「杉原千畝 スギハラチウネ」(チェリン・グラック監督、日本)
 「ディーン、君がいた瞬間」(アントン・コービン監督、カナダ・独・オーストラリア)
 「海賊じいちゃんの贈りもの」(ガイ・ジェンキン監督、イギリス)
 「アレノ」(越川道夫監督、日本)
 「Dressing Up ドレッシングアップ」(安川有果監督、日本)
6月3日
 「メモリーズ 追憶の剣」(パク・フンシク監督、韓国)
 「フランス組曲」(ソウル・ディブ監督、イギリス・フランス・ベルギー)
 「ドリームホーム 99%を操る男たち」(ラミン・バーラニ監督、アメリカ)
6月8日
 「殺されたミンジュ」(キム・ギドク監督、韓国)
 「ザ・ウォーク」(ロバート・ゼメキス監督、アメリカ)
 「ディバイナー 戦禍に光を求めて」(ラッセル・クロウ監督、豪・米・トルコ)
 「神なるオオカミ」(ジャン・ジャック・アノー監督、中国・フランス)
 「タイガー・マウンテン 雪原の死闘」(ツイ・ハーク監督、中国)
 「ブラック・スキャンダル」(スコット・クーパー監督、アメリカ・イギリス)
 「海難1890」(田中光敏監督、日本)  「orange-オレンジ」(橋本光二郎監督、日本)
6月9日
 「残穢」(中村義洋監督、日本)
6月15日
 「母と暮らせば」(山田洋次監督、日本)

【旧作DVD・BD】発売日
4月29日
 「夜の人々」(48、ニコラス・レイ監督、アメリカ)
5月11日
 「バージニア・ウルフなんかこわくない」(66、マイク・ニコルズ監督、アメリカ)
6月8日
 「キム・ギドク Blu-ray BOX初期編」(00、01、キム・ギドク監督、韓国)
  収録作品:「魚と寝る女」「悪い男」「受取人不明」

 劇場新作はまあまあといったところか。一番気になるのはジャ・ジャンクー監督の「山河ノスタルジア」。他に注目しているのは「レヴェナント:甦りし者」、「アイヒマン・ショーA/歴史を写した男たち」、 「緑はよみがえる」、「花、香る歌」、「ノーマ、世界を変える料理」、「ヘイル・シーザー!」など。新作ではないが、ヴィスコンティ監督の「山猫 4K修復版」はぜひ観てほしい。かつてイタリア映画が世界の最高水準にあった時代に到達した頂点の一つ。かなり力を入れてレビューも書いたので、観た後でこちらも読んでいただければありがたい。 →「山猫」 

 新作DVD・BDは充実している。注目しているのは「ブリッジ・オブ・スパイ」、「ヒトラー暗殺、13分の誤算」、「顔のないヒトラーたち」、「尚衣院 サンイウォン」、「マイ・ファニー・レディ」、「黄金のアデーレ 名画の帰還」、「1001グラム ハカリしれない愛のこと」、「海賊じいちゃんの贈りもの」、「フランス組曲」、「ドリームホーム 99%を操る男たち」、「神なるオオカミ」、「母と暮らせば」(山田洋次監督、日本)あたり。TVシリーズだが、個人的に楽しみにしているのは「ダウントン・アビー シーズン5&6」。すっかりはまっているので早く観たくて仕方がない。

 旧作DVD・BDの寂しいこと。ただ「夜の人々」と「バージニア・ウルフなんかこわくない」が発売されるのは喜ばしい。

2016年4月 3日 (日)

先月観た映画 採点表(16年3月)

「人生スイッチ」(2014、ダミアン・ジフロン監督、アルゼンチン・スペイン)★★★★☆
「生きるべきか死ぬべきか」(1942、エルンスト・ルビッチ監督、アメリカ)★★★★☆
「グォさんの仮装大賞」(2012、チャン・ヤン監督、中国)★★★★
「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」(2014、スチュアート・マードック監督、英)★★★★
「恐怖省」(1944、フリッツ・ラング監督、アメリカ)★★★★
「キングスマン」(2014、マシュー・ヴォーン監督、イギリス)★★★★
「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」(2014、J・C・チャンダー監督、米)★★★★
「チャップリンからの贈りもの」(2014、グザヴィエ・ボーヴォワ監督、フランス)★★★

主演男優
 5 シュイ・ホァンシャン「グォさんの仮装大賞」
   ジャック・ベニー「生きるべきか死ぬべきか」
 4 コリン・ファース「キングスマン」
   オスカー・アイザック「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」

主演女優
 4 エミリー・ブラウニング「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」

助演男優
 5 ウー・ティエンミン「グォさんの仮装大賞」   
   リカルド・ダリン「人生スイッチ」   
   オスカル・マルティネス「人生スイッチ」
 4 マーク・ストロング「キングスマン」
   スタンリー・リッジス「生きるべきか死ぬべきか」

助演女優
 4 エリカ・リバス「人生スイッチ」

2016年3月31日 (木)

これから観たい&おすすめ映画・BD(16年4月)

【新作映画】公開日
3月25日
 「砂上の法廷」(コートニー・ハント監督、アメリカ)
3月26日
 「リップヴァンウィンクルの花嫁」(岩井俊二監督、日本)
 「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」(クリス・モーカーベル監督、アメリカ)
 「スイートハート・チョコレート」(篠原哲雄監督、日本)
 「無伴奏」(矢崎仁司監督、日本)
 「光の墓」(アピチャッポン・ウィーラセタクン監督、タイ・マレーシア・英・仏・独)
4月1日
 「LOVE(3D)」(ギャスパー・ノエ監督、フランス・ベルギー)
 「見えない目撃者」(アン・サンフン監督、中国・韓国)
 「あやしい彼女」(水田伸生監督、日本)
 「蜜のあわれ」(石井岳龍監督、日本)
4月2日
 「桜の樹の下」(田中圭監督、日本)
4月8日
 「ルーム」(レニー・アブラハムソン監督、アイルランド・カナダ)
 「更年奇的な彼女」(クァク・ジェヨン監督、中国)
4月9日
 「モヒカン故郷に帰る」(沖田修一監督、日本)
 「ボーダーライン」(ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、アメリカ)
 「COP CAR/コップ・カー」(ジョン・ワッツ監督、アメリカ)
 「ミラクル・ニール!」(テリー・ジョーンズ監督、イギリス)
 「さざなみ」(アンドリュー・ヘイ監督、イギリス)
 「シェーン デジタルリマスター版」(ジョージ・スティーヴンス監督、アメリカ)
 「ノーザン・リミット・ライン 南北海戦」(キム・ハクスン監督、韓国)
 「西部戦線 1953」(チョン・ソンイル監督、韓国)
4月15日
 「スポットライト 世紀のスクープ」(トム・マッカーシー監督、アメリカ・カナダ)
4月16日
 「獣は月夜に夢を見る」(ヨナス・アレクサンダー・アーンビー監督、デンマーク・仏)
 「ハロルドが笑う その日まで」(グンアル・ヴィケネ監督、ノルウェー)
 「グランドフィナーレ」(パオロ・ソレンティーノ監督、伊・仏・スイス・英)
 「オマールの壁」(ハニ・アブ・アサド監督、パレスチナ)

【新作DVD・BD】レンタル開始日
3月24日
 「ピッチ・パーフェクト2」(エリザベス・バンクス監督、アメリカ)
4月1日
 「グラスホッパー」(瀧本智行監督、日本)
4月2日
 「パパが遺した物語」(ガブリエレ・ムッチーノ監督、アメリカ・イタリア)
 「エール!」(エリック・ラルティゴ監督、フランス)
 「白い沈黙」(アトム・エゴヤン監督、カナダ)
 「サバイバー」(ジェームズ・マクティーグ監督、アメリカ・イギリス)
 「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」(フランソワ・ジラール、アメリカ)
 「わたしはマララ」(デイヴィス・グッゲンハイム監督、アメリカ)
 「イマジン」(アンジェイ・ヤキモフスキ監督、ポーランド・英・仏・ポルトガル)
 「午後3時の女たち」(ジル・ソロウェイ監督、アメリカ)
4月6日
 「ムーン・ウォーカーズ」(アントワーヌ・バルドー・ジャケ監督、フランス・ベルギー)
 「ミケランジェロ・プロジェクト」(ジョージ・クルーニー監督、アメリカ)
 「バクマン」(大根仁監督、日本)
 「夏をゆく人々」(アリーチェ・ロルヴァケル監督、イタリア・スイス・ドイツ)
 「マルガリータで乾杯を!」(ショナリ・ボース監督、インド)
 「サバイバー」(ジェームズ・マクティーグ監督、アメリカ・イギリス)
 「心が叫びたがってるんだ。」(長井龍雪監督、日本)
4月20日
 「サイの季節」(バフマン・ゴバディ監督、イラク・トルコ)
 「岸辺の旅」(黒沢清監督、日本)
 「クリード チャンプを継ぐ男」(ライアン・クーグラー監督、アメリカ)
4月22日
 「エベレスト3D」(バルタザール・コルマウクル監督、アメリカ・イギリス)
 「クライム・スピード」(サリク・アンドレシアン監督、アメリカ)
 「先生と迷い猫」(深川栄洋監督、日本)
4月27日
 「アクトレス~女たちの舞台~」(オリヴィエ・アサイヤス監督、仏・スイス・独)
4月28日
 「ヒトラー暗殺、13分の誤算」(オリバー・ヒルシュピーゲル監督、ドイツ)
 「シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人」(ホバルト・ブストネス監督、ノルウェー)
 「グラスホッパー」(瀧本智行監督、日本)
4月29日
 「尚衣院 サンイウォン」(イ・ウォンソク監督、韓国)
 「悪党に粛清を」(クリスチャン・レヴリング監督、デンマーク・英・南アフリカ)
 「サム・ペキンパー 情熱と美学」(マイク・シーゲル監督、ドイツ)
4月30日
 「野のなななのか」(大林宣彦監督、日本)
5月3日
 「ブリッジ・オブ・スパイ」(スティーヴン・スピルバーグ監督、米・インド・独)
 「ギャラクシー街道」(三谷幸喜監督、日本)
 「きみといた2日間」(マックス・ニコルズ監督、アメリカ)
 「ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男」(ロン・マン監督、カナダ)
5月11日
 「顔のないヒトラーたち」(ジュリオ・リッチャレッリ監督、ドイツ)
 「起終点駅 ターミナル」(篠原哲雄監督、日本)
5月12日
 「ミッドナイト・アフター」(フルーツ・チャン監督、香港)
 「野火」(塚本晋也監督、日本)
5月18日
 「マイ・ファニー・レディ」(ピーター・ボグダノヴィッチ監督、アメリカ)
 「白鯨との闘い」(ロン・ハワード監督、アメリカ)
5月27日
 「黄金のアデーレ 名画の帰還」(サイモン・カーティス監督、アメリカ・イギリス)

【旧作DVD・BD】発売日
3月25日
 「火の接吻」(アンドレ・カイヤット監督、フランス)
4月2日
 「青いパパイヤの香り」(トラン・アン・ユン監督、フランス・ベトナム)
4月6日
 「マイケル・コリンズ」(ニール・ジョーダン監督、英・アイルランド・米)
4月8日
 「ジョン・フォード Blu-ray BOX」(47~50、ジョン・フォード監督、アメリカ)
  収録作品:「逃亡者」「アパッチ砦」「黄色いリボン」「幌馬車」
4月20日
 「バスキア」(96、ジュリアン・シュナーベル監督、アメリカ)

 今月の劇場新作は非常に充実している。興味深いのは、先月に引き続き日本映画に注目作が多いこと(「リップヴァンウィンクルの花嫁」「あやしい彼女」「蜜のあわれ」「モヒカン故郷に帰る」など)。しょうもない映画を山の様に作ってはいるが、手ごたえのありそうな映画も増えてきている。ここ数年日本映画の公開数が増えてきているが、量的変化が質的変化に結びついてきたのだとすれば喜ばしいことだ。

 デンマーク映画「獣は月夜に夢を見る」、ノルウェー映画「ハロルドが笑う その日まで」、珍しいパレスチナ映画「オマールの壁」、伊・仏・スイス・英製作の「グランドフィナーレ」などにも大いに心を引かれる。

 他にも、「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」「見えない目撃者」「さざなみ」など注目作は多い。驚いたのは「シェーン デジタルリマスター版」のリバイバル。アクション型西部劇ではなく西部開拓時代の農民の生活をリアルに描いた名作。有名な作品なのに高画質のDVDが出ていなかった。ブルーレイで買っても良いくらいの画質になっていることを期待したい。

 新作DVD・BDも充実している。注目しているのは、「白い沈黙」「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」「ミケランジェロ・プロジェクト」「夏をゆく人々」「サイの季節」「岸辺の旅」「アクトレス~女たちの舞台~」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」「シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人」「尚衣院 サンイウォン」「ブリッジ・オブ・スパイ」「顔のないヒトラーたち」「マイ・ファニー・レディ」「黄金のアデーレ 名画の帰還」など。

 旧作DVD・BDは相変わらず低調。珍しい作品も混じっているが、とにかく全体に数が少なすぎる。今考えれば、VHSビデオ時代の方がよっぽど貴重な作品が出ていた。80年代、90年代にビデオで観た映画でDVD・BDが出ていないものがまだたくさんある。80年代ぐらいまでは映画館で映画を観るのが常識だった。ビデオが家庭に普及し家庭で映画が観られるようになった80年代後半から90年代、レンタルあるいは家庭用ビデオを制作している人々にはあの名作を、あの懐かしい映画をビデオにして家庭に届けようという情熱があったと思う。今はそんな情熱をあまり感じなくなってしまった。それが残念だ。

«先月観た映画 採点表(16年2月)

ゴブリンのHPと別館ブログ

フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ